自分磨きナビ

自分磨きナビは美容・コスメに関する最新情報を配信します。

エラスチンはシワ・ハリに有効?コラーゲンとの違いや効果をご紹介!

「エラスチンとは一体何のこと?」「エラスチンの持つ効果とは?」と疑問をお持ちの方に向けて、エラスチンについて詳しくご説明します。

エラスチンは弾力のある肌を作り出すのに大切な成分です。

エラスチンの効果や仕組みを知って、ハリのある肌を目指しましょう。

おすすめの美顔器や美容液もご紹介します。

肌のたるみやシワで悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

エラスチンとは

エラスチンとは

インターネットや雑誌で「エラスチン」という言葉を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか?

エラスチンとは線維性タンパク質のことです。

肌にハリや弾力を与え、血管や靭帯の伸縮性を保つ働きを持ちます。

エラスチンは全身の様々な組織に分布しており、組織をサポートしているため、身体に不可欠な成分です。

エラスチンは加齢とともに減少するとされています。

コラーゲンはエラスチンと何が違う?

エラスチンとよく比較される成分がコラーゲンです。

コラーゲンもエラスチンと同じ線維性タンパク質の一種ですが、エラスチンとは違う働きをします。

コラーゲンが組織を丈夫にする役割を担うのに対し、エラスチンの機能は組織を柔らかく、しなやかに保つことです。

例えると、エラスチンはゴムのようなイメージで、コラーゲンは鋼のようなイメージになります。

血管や靭帯のような柔らかい組織はエラスチンの割合が多く、皮膚やアキレス腱のような丈夫な組織はコラーゲンの割合が多いです。

コラーゲンの効果について詳しく知りたい方はコラーゲンの効果って何?美肌を目指す人必見!をご覧ください。

  • Point
  • エラスチンとは線維性タンパク質
  • 肌にハリや弾力を与え、血管や靭帯の伸縮性を保つ働きがある
  • コラーゲンはエラスチンとは違う働きをする

エラスチンの効果

エラスチン 効果

エラスチンの持つ効果には何が挙げられるでしょうか?

ハリや弾力

エラスチンは肌のハリや弾力を保つのに欠かせない要素です。

肌のハリが年齢とともに失われるのは、エラスチンが減少していることが原因に考えられます。

人間の皮膚は表皮、真皮、皮下組織などの層から構成されていますが、エラスチンは真皮に存在するクッションのようなものです。

コラーゲン同士を結びつける働きを持つため、肌のハリや弾力を保ちます。

エラスチンがダメージを受けると繊維構造のバランスが崩れてしまい、シワやたるみが生じるのです。

動脈硬化の予防

エラスチンは心臓や全身の血液にも多く存在し、弾力を保つ機能を担っています。

臓器や血液の弾力性が損なわれると動脈硬化、心筋梗塞、脳血栓などの疾病にかかるリスクが高くなってしまうのです。

動脈硬化症患者の可溶性エラスチンの濃度が増加していることが報告されています。

血液を正常に循環させるためにもエラスチンは必須の要素なのです。

靭帯の伸縮性を維持

靭帯の伸縮性はエラスチンやコラーゲンなどの繊維で保たれています。

靭帯は関節をサポートしたり、動きを制御したりする働きを持ちますが、エラスチンがあることで動きがしなやかになるのです。

エラスチンが不足すると動きが鈍くなったり、怪我をしやすくなったりします。

靭帯断裂などの大きな怪我にもつながる可能性があるので注意が必要です。

肌のハリを改善する方法を知りたい方は肌のハリがなくなってしまう原因とは?改善方法やおすすめ美顔器をご紹介をご覧ください。

  • Point
  • ハリや弾力をを保つ働きがあるエラスチン
  • 動脈硬化の予防にも効果的
  • 靭帯の伸縮性を維持できるのはエラスチンのおかげ

エラスチンは体内で生成される?

エラスチンの生成

基本的にエラスチンは生前から赤ちゃんの時期までに生成されて、加齢とともに破壊されていきます。

コラーゲンは体内で生成することができますが、エラスチンは体内で新しく生成されません

そのため失われたエラスチンを補うためには摂取する方法が採用されています。

現在エラスチンについて研究が行われていますが、サプリメントなどで摂取するのが一般的です。

弾力のある肌を生み出すには?

エラスチン 生成

エラスチンは加齢とともに失われていくことが分かりましたが、弾力のある肌を生み出すためには何が大切なのでしょうか?

紫外線対策

紫外線は細胞にダメージを与えるため、肌のハリや弾力が失われる大きな原因です。

ハリのある肌を保ちたい人は紫外線対策を徹底するようにしましょう。

日焼け止めクリームを塗ったり、日傘や帽子などのアイテムを利用したりして工夫することが大切です。

屋外にいる時間が長い場合は、日焼け止めクリームを定期的に塗り直すなどして、紫外線によるダメージを防いでください。

紫外線対策について詳しく知りたい方は紫外線の対策って何があるの?対策グッズやアフターケア方法も解説!をご覧ください。

スキンケア

肌が乾燥していると、あらゆる肌トラブルが引き起こされる可能性が高いです。

スキンケアをしっかりと行って肌を保湿しましょう。

お風呂上がりや洗顔後は肌が非常に乾燥しやすい状態にあります。

セラミド、ヒアルロン酸、アミノ酸などの成分は保湿に効果的です。

肌が乾燥しやすいという人は特に保湿効果の高いスキンケアアイテムを利用しましょう。

食事

肌のハリを保つにはタンパク質、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、鉄分などの栄養素が大切です。

タンパク質と鉄分を多く含む牛ヒレ肉、ビタミンCが豊富なブロッコリー、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEを全て含むかぼちゃ、ビタミンEが多いアーモンド、鉄分に富んでいるレバーなどの食材がおすすめになります。

日々の食事の中でバランスよく摂取するようにしましょう。

肌にいい食べ物を知りたい方は肌に良い食べ物って何がある?美肌効果のある食事や飲み物を紹介をご覧ください。

サプリメント

アンチエイジングケアとしてサプリメントを取り入れている人が多く存在します。

食事だけでは必要な栄養素を補いきれないという方におすすめです。

アミノ酸やビタミンC、エラスチンなど様々な成分のサプリメントが販売されています。

美顔器

美顔器はクマ、シワ、シミ、くすみ、たるみ、毛穴詰まりなど肌のあらゆる悩みを改善するのに役立つアイテムです。

美顔器の持つ機能によって肌に現れる効果は異なります。

弾力やハリを保ちたい方は超音波やEMSなどの機能を持つ美顔器を選びましょう。

複数の悩みをお持ちの方は様々な機能を兼ね備えた多機能美顔器がおすすめです。

専用のジェルと一緒にケアをすることで、最大限の効果を期待できます。

美顔器の効果について詳しく知りたい方は美顔器ってどんな効果があるの?美顔器には様々な肌の悩みを解消する機能があります!をご覧ください。

  • Point
  • 紫外線による細胞へのダメージを防ごう
  • 食事やサプリメントで必要な栄養素を摂取
  • 美顔器などのアイテムもおすすめ

エラスチンを効果的に得られるアイテムをご紹介

エラスチン アイテム

エラスチンを効果的に得られるアイテムをご紹介します。

クリア アップ セラム

クリア アップ セラムエラスチンを含む美容ジェルです。

美容成分を99.5%以上配合しており、たるみを解消するのに役立ちます。

エラスチンの他にも、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド5種、プラセンタなどの成分が含まれており、ハリのある肌を生み出すのに効果的です。

ララルーチュRFと併せて使用することで高い効果を期待できます。

ララルーチュRFとセットでさらに効果的

ララルーチュRFリベラータの多機能美顔器です。

クリアアップセラムとララルーチュRFをセットで使用することで、効率的にエラスチンの効果を得られます。

ララルーチュRFはEMS、LEDトリートメント、コアパルスなど様々な機能を完備しており、あらゆる肌の悩みにアプローチ可能です。

エイジングケアの役立つアイテムを探している方に人気があります。

まとめ

今回の記事では「エラスチンの効果とは?」「エラスチンは体内で生成されるの?」と疑問をお持ちの方に向けて、エラスチンについて詳しくご説明しました。

エラスチンは組織の弾力や柔軟性を保つのに欠かせないタンパク質で、コラーゲンとともに重要な役割を果たしています。

体内で新しく生成されず、年齢とともに減少していくため、たるみやシワが生じるのです。

弾力やハリのある肌を保つには紫外線対策、食事、スキンケアなどを意識しましょう。

美顔器でのケアもエイジングケアに人気があります。

おすすめのアイテムも併せてご紹介したのでお悩みの方はぜひチェックしてみてください。