自分磨きナビ

自分磨きナビは美容・コスメに関する最新情報を配信します。

肌が乾燥してしまう原因とは?改善方法も紹介!

年齢を重ねるごとに肌悩みも増えてゆきますが、中でも多くの方を悩ませているのがお肌の乾燥ではないでしょうか。

乾燥することによってメイクが崩れやすくなったり、肌が敏感になってしまったり、様々なトラブルを引き起こすこともあります。

乾燥を改善するため色々と試しても、結局すぐに乾いてしまうという経験のある方も多いでしょう。

そこで、この記事では、乾燥肌の原因や改善法について紹介していきます。

乾燥した肌の種類

乾燥した肌にはいくつかの種類があり、その種類によって対処法や予防法が変わります

まずは自分の肌の状態を知ることから始めましょう。

乾燥肌

その名前通り、水分が不足して乾燥しやすくなっている肌のことです。

肌がかさつく・粉を吹く・表面がザラつくなど代表的な乾燥の症状があります。

空気中の水蒸気が減少する冬は、肌が特に乾燥しやすい状態になりやすく、体調の変化で肌の状態が左右されてしまうことも多いです。

乾燥肌はさらに乾燥性敏感肌・インナードライ肌に分けられることもあり、乾燥敏感肌の場合には、乾燥だけでなく痒みや赤みという症状も表れます。

インナードライ肌では、肌はベトベトテカテカとしていて脂性肌のような症状と、乾燥じわなど肌の一部の乾燥が共存します。

肌の水分量が不足しているため、皮膚が過剰に皮脂を分泌してしまっているのです。

乾燥性皮膚炎

乾燥性皮膚炎は「肌荒れ」と感じられることが多い症状ですが、別名「皮脂欠乏症湿疹」という治療が必要な病気です。

肌の乾燥が進んで乾皮症と言われる状況になり、さらに悪化すると乾燥性皮膚炎になってしまいます。

その具体的な症状は皮膚のひび割れ・皮むけ・強いかゆみ・赤み・水膨れ・湿疹などです。

足のすねや脇腹など比較的皮膚が乾燥しやすい場所に出やすいため、早めの対策が必要でしょう。

乾燥性皮膚炎の主な原因は加齢であり、特にゴシゴシと体を洗い過ぎる方は肌の乾燥を進めてしまう恐れがあります。

しっかりとした保湿や体の皮脂を失いすぎない工夫で予防することが可能ですが、症状がひどい場合には、痒みを抑える抗ヒスタミン薬や炎症を抑えるステロイド外用剤を使った治療が勧められています。

  • Point
  • 乾燥肌は乾燥肌以外に乾燥肌皮膚炎の可能性もある
  • 乾燥肌皮膚炎になってしまったら医師に相談をする必要がある

乾燥肌の症状

乾燥肌になると、具体的にどのような症状が表れるのでしょうか?

本来、皮膚の表面には角質層があり、角質層は水分や保湿成分を含んで肌に潤いを与えます。

さらに角質層の上にある皮脂膜は、角質層から水分が蒸発しないように肌を乾燥から保護しているのです。

乾燥肌になると、これらの機能が正常に機能しなくなり、多くの不快な症状が表れます。

皮剥け

角質層の水分が不足すると皮膚は柔軟性を失います

その状態が続けば、やがて皮膚にヒビが入って皮がむけてくるのです。

放置しておくと悪化しやすく、徐々に痒みや赤みも伴う可能性が高くなるでしょう。

痒みを感じて肌を掻いてしまうと、その状態はより悪くなります。

我慢できないほどの痒みがあるのなら、皮膚科に相談する必要があるでしょう。

粉吹き

皮剥けと同じ原因で、乾燥した角質層がめくれあがり、粉のように細かく剥がれてしまう状態です。

粉吹き肌は空気が乾燥する冬のみに起こりやすいものだと考える方もいますが、現在は建物の機密性が上がり、冷暖房の影響で室内の乾燥が真夏でも起こりやすいため、どの季節にも起こり得るトラブルだと言えます。

放置すると状態は悪くなる一方なので、急ぎで保湿ケアが必要でしょう。

赤み

乾燥による赤みは、外的刺激によって肌が炎症している状態のことを言います。

炎症とは体が外敵から身を守るためにある免疫システムなのですが、乾燥でなぜ炎症が起きてしまうのでしょうか?

まず、乾燥した状態というのは本来肌を刺激から守る役割を持っている皮脂膜や角質層が敏感になってしまっています。

そのため、バリア機能が働かず、些細なことで肌が刺激を受けやすくなるのです。

例えば、普段なら問題なく使用できる化粧品に刺激を感じ、赤くなってしまうなどです。

乾燥肌の赤みを放置すると、その赤みがより広がる・強くなる・シミやシワに繋がる恐れがあるでしょう。

かゆみ

痒みは赤みと同じ原因で発生する、肌の炎症症状の一つです。

刺激に敏感になってしまった肌は、衣類の擦れなどのわずかな刺激でも痒みを感じるようになります。

乾燥から来る痒みは市販薬で緩和することもできますが、正しいものを選ばなければ状態が悪化してしまう恐れもあります。

可能な限り医師の診断を受けて痒み止めを処方してもらった方が良いでしょう。

  • Point
  • 乾燥の症状には皮剥け・粉吹き・赤み・痒みなどがある
  • どの症状も悪化させる前に対処する必要がある

肌が乾燥してしまう原因とは?

では、乾燥肌の原因は何でしょうか。

様々な原因が考えられますが、ここではいくつか大きな原因を挙げていきます。

年齢

肌内部の水分を守る肌のバリア機能は、角質層がしっかりと角層細胞や細胞間脂質によって埋まっていることによって機能します。

ところが、年齢とともに角質内で重要な働きをするセラミドなどの細胞間脂質、アミノ酸や尿素などの天然保湿因子(NMF)や皮脂などの分泌が減っていくのです。

これにより、角質層のバリア機能が低下してしまうのです。

生活習慣

乾燥肌を引き起こしがちな生活習慣はいくつかあります。

睡眠不足

睡眠中に脳下垂体から分泌される成長ホルモンは、肌細胞の修復や再生に大きく関わっています。

したがって、睡眠が足りないと肌のターンオーバーも乱れ、乾燥肌へと繋がってしまうのです。

偏った食生活

栄養が偏り、ビタミン類などが不足すると肌にも影響が出てきます。

次の項目で、肌に良いビタミンなどを具体的に紹介していきます。

間違ったスキンケア

汚れを落とそうとゴシゴシ洗ったり、42度以上のお湯を使うと、必要な皮脂まで落としたり、肌を傷つける原因となります。

そこから肌のバリア機能が低下し、肌の乾燥が引き起こされるのです。

紫外線

紫外線というと、シミや日焼けのイメージを持つ方も多いかもしれませんが、乾燥肌の原因にもなります。

紫外線は角質層にダメージを引き起こすため、水分を保持する肌のバリア機能が低下してしまうのです。

空気の乾燥

また、外的な要因としては、空気の乾燥があります。

空気の乾燥により、肌のバリア機能は低下しやすくなります。

それゆえ、冬に乾燥肌が悪化するという方も多いですが、実は夏もエアコンの使用で室内の空気は乾いているので、一年を通して空気の乾燥には気をつける必要があります。

  • Point
  • 肌が乾燥してしまう原因には年齢・生活習慣・紫外線・空気の乾燥がある
  • 生活習慣を理由とした肌の乾燥は食生活や習慣の見直しを行う必要がある

肌の乾燥を改善する方法とは?

ここまでで、乾燥肌の原因について紹介してきましたが、どのような対策をとれば良いのでしょうか。

紫外線対策

紫外線対策は、シミや日焼けの予防以外にも、乾燥肌対策としても重要です。

日焼け止めはこまめに塗り直し、日傘などで物理的に遮るなどの対策をしましょう。

また、日焼け止めには、SPFとPAという数値があります。

SPFはUV-B、PAはUV-Aを防ぐ効果を示す値ですが、高ければ高いほどいいという訳ではありません

日常生活では、SPF20〜30・PA++程度で十分であり、スポーツなど屋外で長時間過ごす場合は、SPF40〜50・PA+++以上のものを選ぶようにしましょう。

正しい保湿ケアをおこなう

保湿はスキンケアの基本ですが、正しいやり方で行うことによって効果が上がります。

洗顔

これまでの項目で確認したように、皮脂のとりすぎやこすりすぎは肌にダメージを与えて、乾燥肌の原因となります。

洗顔は1日2回まで、たっぷりとあわ立てて肌をこすらないように洗いましょう。

また、すすぎ残しも肌トラブルの原因となるので、しっかりと洗顔料を落とすことも肝心です。

保湿クリームなどを塗る

洗顔後の肌は乾燥しやすくなっています。

入浴後や洗顔後はなるべく早めにケアしましょう。

また、使うスキンケアはヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分や、スクワラン・セラミドなどのエモリエント成分を含んだものが良いでしょう。

生活習慣を改善する

これまで確認したように、生活習慣の乱れは肌の乾燥に繋がります。

紫外線対策やスキンケアなど外からの対策だけではなく、内側からの対策も並行して行うことで、より効果的な乾燥肌対策が行えます。

質の良い睡眠

睡眠不足は乾燥肌の原因の一つですが、寝る時間を長くするだけではなく、質の良い睡眠を取ることが大切です。

睡眠の質をあげるには、入眠後の3時間をきちんと眠ることが重要であると言われています。

そのため、ベッドに入る1〜2時間前には入浴を済ませて、寝るときに体温が少し下がっているようにしましょう。

また、テレビやスマホなどの視聴は脳を覚醒させてしまうため、眠る1時間前くらいにはやめると良いでしょう。

バランスの良い食生活

偏った食生活は、身体に影響を及ぼすのはもちろんのこと、結果として肌トラブルにも繋がってしまいます。

肌に良いとされている栄養はいくつかありますが、代表的なものは肌細胞を生成するタンパク質、新陳代謝を促すビタミンA、皮膚や粘膜を保護するビタミンB2やB6、抗酸化作用で肌を守るビタミンC、Eなどです。

これらをバランスよく取ることが肝心です。

  • Point
  • 肌の乾燥対策には紫外線対策・保湿ケア・生活習慣の見直しが必要
  • 紫外線対策は用途にあった商品を選ぶ
  • 保湿ケアはその成分にこだわる
  • 生活習慣の見直しには質の良い睡眠や肌に良い栄養を摂取する

肌の乾燥対策におすすめの商品を紹介!

このように乾燥肌対策には、外側からの保湿ケアと内側からのケアが必要です。

外側からのケアとして、保湿スキンケアは市場に多く出回っているため、どれを選んだら良いか悩んでしまうのではないでしょうか。

スキンケアは、肌悩みに対応する成分を含んだものを選び、肌に合ったものを選びましょう。

リベラータのスキンケア

リベラータのスキンケアは肌の乾燥に直接アプローチし、美しい肌を取り戻すことができます

乾燥肌などの肌トラブルの悩みを根本から解決し、いつまでも健やかで美しい肌が手に入ると、多くの良い評判を集めています。

特徴

どんなに優れた美容成分が含まれているスキンケアでも、肌の奥底まで届かなくては意味がありません。

リベラータでは美容成分の分子サイズを微小化し、リン脂質というカプセルに包み込みました。

リン脂質は生体膜と似た構造で構成されているため、肌の奥底まで素早く美容成分を浸透させることができるのです。

配合成分

リベラータのスキンケアには、「奇跡の滋養成分」と呼ばれるプラセンタが含まれています。

その他にも女性の体に必須の栄養素であるアミノ酸・ミネラル・ビタミンなどが凝縮されているのです。

お肌に使うものだからこそ、その製法と原料にこだわっているため、いつものスキンケアをするだけで最高品質の高栄養を肌にチャージできるでしょう。

お試し

リベラータでは多くの方に安心して商品を使用してもらうため、手ごろな価格のお試しセットが販売されています。

クレンジング・洗顔フォームお14日間トライアルセットは、通常価格の2,000円割引で2,980円、化粧水だけ試したいという方は初回のみ5,000円引きの1,980円でジェントルリッチローションが手に入るのです。

さらにクレンジング・洗顔フォーム・化粧水・美容液・クリームのスキンケアの全てのケア用品がセットになったスキンケアセットは、初回購入に限らず個別販売の10,000円割引である25,000円で販売されています。

このようなお得なトライアルやセット割引を活用すれば、実際に自分の肌で使ってみてから、購入をじっくり考えられるでしょう。

  • Point
  • リベラータのスキンケアはこだわりのプラセンタが配合されている
  • リベラータのケア用品に含まれている美容成分は肌の奥底まで届く
  • リベラータはお得なトライアルセットが用意されている

まとめ

この記事では、乾燥肌の原因や対策などについて紹介しました。

乾燥肌は、肌のバリア機能が低下し、肌内部の水分が蒸発してしまうことによって起こり、ひどくなるとかゆみやひび割れが引き起こされることもあります。

乾燥肌の原因は様々ですが、加齢による肌のバリア機能の低下や睡眠不足、偏った食生活、間違ったスキンケアなどの生活習慣、紫外線などが主な要因とされています。

そのため乾燥肌対策には、紫外線予防、肌に刺激を与えず、必要な成分を補うスキンケア、質の良い睡眠や栄養バランスの整った食事など生活習慣の改善といった内側と外側からの対策が重要なのです。

リベラータ
LINE公式アカウント

お得なキャンペーンや抽選などを
配信してまいります!!
あなたの肌診断実施中!

関連テーマから探す