自分磨きナビ

自分磨きナビは美容・コスメに関する最新情報を配信します。

朝は化粧水をつけたほうが良いのか?おすすめの化粧水も紹介します

夜のスキンケアではたっぷりの化粧水と乳液を使い、肌に水分を補給して保湿するという流れが身に付いている方も多いでしょう。

朝のスキンケアも同じように行うべきかを疑問に感じる方もいるようです。

朝は時間に余裕がない中で、スキンケア後にメイクアップもしなくてはならず、なるべく素早く楽に身支度を済ませたいと考えるのも自然のことでしょう。

この記事では、特に朝の化粧水を含むスキンケアの方法を紹介します。

毎朝のスキンケアに悩んでいるのなら、ぜひ参考にしましょう。

朝化粧水を使うメリット・デメリット

朝化粧水を利用するとどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

それぞれを比較して考えてみましょう。

メリット

化粧水は肌に水分を補給し、固くなってしまった肌を柔らかくする効果が期待できます。

優しい洗顔料を使用しても、洗顔とともに肌の水分が減少してしまうため、洗顔後の肌に化粧水を使うことで、肌は失われた水分を素早く補給するのです。

多くの化粧水には保湿成分が含まれており、水分を長期的に維持することが可能なので、スキンケア後のメイクアップも行いやすくなります。

肌のキメも整えられるため、ファンデーションのノリも良くなり、特に乾燥しやすい目元であってもアイシャドウが浮いてしまう・よれてしまうことがなくなります。

化粧水後に乳液などを使ってしっかり保湿ができれば、時間が経ってもメイクが崩れにくくなるでしょう。

化粧水は朝の肌を整えるだけでなく、メイクしやすい肌にする・メイクを長持ちさせる効果も期待できるということです。

デメリット

朝の化粧水のデメリットは一つ、スキンケアの時間がかかることでしょう。

化粧水はただパシャパシャと付ければ良いとうものではなく、じっくりと肌に馴染ませなくてはいけません。

洗顔後の肌はナイーブな状態なので、特に優しく扱う必要があるのです。

1分でもスキンケアの時間を短くしたいと考えている人にとっては、その作業時間が惜しいと思う方もいるでしょう。

  • Point
  • 朝の化粧水でメイクがしいやすくなり・メイク崩れが防げるようになる
  • 朝の化粧水は洗顔後の肌を整える
  • 朝の化粧水のデメリットはスキンケアの時間が長くなることのみ

朝の正しいスキンケア

朝の化粧水で得られるメリットは多いことを説明しました。

ここからは、朝のスキンケアの商品選びや順番について説明しましょう。

使用する物

【洗顔料】

「寝ているだけだから汚れていない」と考えて水洗いのみで済ませてしまう方もいますが、夜間に分泌された皮脂は水では洗い流せないので、必ず洗顔料を使用しましょう。

夜行う洗顔では日中に溜まった汚れやメイクを落とす作業が必要ですが、朝の洗顔には強い洗浄成分は必要ありません

【化粧水】

保湿成分の高い化粧水を選ぶと良いでしょう。

化粧水にはウォーター状・ジェル状などいくつかのテクスチャがありますので、自分が使用しやすいものを選ぶと良いです。

【乳液】

この後のメイクに響きますので、あまりベタつかない乳液を選び、化粧水で補給した水分を肌に閉じ込めます。

【日焼け止め】

季節に関わらず日焼け止めは必要です。

肌に負担が少なく、使い心地の良いものを選びましょう。

順番

朝のスキンケアの順番は下記のような流れです。

一般的な流れですので、覚えてしまいましょう。

①洗顔

②化粧水

③乳液

④日焼け止め

美容液を使用する場合には、②化粧水と③乳液の間が良いです。

商品によっては違った順番を勧めるものもありますので、その商品ごとの説明を確認するようにしましょう。

  • Point
  • 自分にぴったりの洗顔料・化粧水・乳液・日焼け止めを用意する
  • スキンケアの順番は商品よって違うこともある

朝のスキンケアのやり方

先ほど、朝のスキンケア方法について必要なものや順番を説明致しましたが、ここからはその方法をより細かく説明しましょう。

【洗顔】

まずは洗顔料をよく泡立てて泡を作り、泡で顔を包み込むように洗います。

洗顔で使用するお湯が熱すぎる場合、本来肌に必要な皮脂や潤いまで奪われてしまうので、人肌程度のぬるま湯を使うようにします。

洗顔料の流し残しは肌トラブルにつながりますので、しっかりとヌメリがなくなるまで顔を流しましょう。

特にフェイスラインやこめかみは、流しにくい部分です。

また、洗顔後の肌はナイーブなので、タオルでこすらないように水分を吸い取ります。

【化粧水】

洗顔後は肌が乾燥しやすい状態になっているため、できるだけ早く化粧水を使います。

適量の化粧水をコットンや手に馴染ませて、優しく肌に浸透させましょう。

目尻や小鼻などの細かな部分にも指先を使ってしっかり馴染ませます。

化粧水が肌に染み込むと、手のひらに肌が吸い付くような感覚になります。

一回の化粧水で不足を感じる場合には、重ね付けをする必要もあるでしょう。

【乳液】

美容液を使用する場合には、乳液をつける前の段階が良いタイミングです。

化粧水や美容液を乳液で肌に閉じ込めるような感覚を持つと良いでしょう。

乳液を使用することで肌のキメを整え、外からの刺激を防ぐ効果も期待できます。

【日焼け止め】

紫外線は夏だけでなく一年中存在しています。

そのため、紫外線対策も常に行うようにしましょう。

最近は乳液にUV効果が一体となっているものもあるため、そのような商品を取り入れるのも良いです。

直接メイクに響く部分なので、ベタつかず肌に負担が少ないものを選びましょう。

  • Point
  • 洗顔時にはぬるま湯を使用し、水分は優しく拭き取る
  • 化粧水は肌を包み込むように肌に染み込ませる
  • 乳液を使用して肌に水分を閉じ込める
  • 日焼け止めは夏以外の季節にも必要

美肌効果の期待できるおすすめ化粧水の紹介

化粧水を選ぼうと思った時には、その量の多さに驚く方もいるでしょう。

化粧水は水分以外にも商品によって特徴があり、自分に最適なものを選ぶ必要があるのです。

ここからは、たっぷりの美容成分が含まれたおすすめの化粧水「リベラータの化粧水」を紹介しましょう。

特徴

リベラータの化粧水には肌に必要な栄養素が凝縮されています。

タンパク質・ビタミン・ミネラル・糖質・脂質という五大栄養素とアミノ酸だけでなく、「奇跡の滋養成分」と呼ばれているやんばる豚プラセンタが含まれており、肌に素早く栄養をチャージ可能です。

そのやんばる豚プラセンタは製品は製法と原料に拘った超高品質で、一般的な化粧品原料と比べて圧倒的な高さのアミノ酸濃度を誇っているため、その成分を十分に肌に行き届かせることができるでしょう。

リベラータの化粧水はさらに、美容成分の分子サイズを微小化した「リン脂質」というカプセルに包み込んでおり、肌の奥底まで美容成分をしっかり浸透させています。

効果

リベラータの化粧水は寸時に肌の奥底まで水分と美容成分を届けるため、キメ細かくしっとりとしたみずみずしい肌を手に入れられます。

敏感肌の人でも使いやすく、朝夜のスキンケアに使用する化粧水を変えるだけで理想的な肌になるでしょう。

たっぷりと水分が含んだ肌はメイクのノリも良く、メイク崩れも起こりにくくなります。

リベラータの化粧水は早く効果が感じやすいという口コミが多いため、利用してみればすぐにリベラータの化粧水が他社のものとは違うということが分かるでしょう。

料金

リベラータの化粧水はお得な定期コースが用意されています。

通常価格は7,000円ですが、定期購入の場合は常に20%OFFでの購入が可能で、初回はお試し価格として1,980円で商品を手に入れることができるのです。

おすすめの人

リベラータの化粧水をおすすめできる人は下記のような方です。

・自分に合った化粧水が見つからない
・その化粧水を使っても変わらないと思っている
・肌トラブルが多い
・脂性肌・乾燥肌
・メイクが崩れやすい
・メイクのノリが悪い
・敏感肌で使用できるスキンケア用品を選ぶ

  • Point
  • リベラータの化粧水には肌に必要な栄養素が凝縮されている
  • リベラータの化粧水を使用すると肌のキメが整う
  • リベラータの化粧水を使用するとメイクのノリが良くなり・メイク崩れがしにくくなる
  • リベラータの化粧水は定期購入がお得

まとめ

朝のスキンケアの方法や朝の化粧水の役割について分かりやすく説明しました。

化粧水は朝・夜ともに肌に必要なものであり、化粧水がなくては肌が乾燥しやすくなってしまいます。

この記事で紹介したリベラータの化粧水であれば、肌を乾燥から守りながら美容成分を肌の奥底まで送り込み、保湿だけでなく多くの美肌効果を得られるのです。

自分に最適な化粧水を見つけ、毎日のケアで肌を労れるようにしましょう。