Liberata

おうちでのセルフ脱毛は簡単にできる?やり方やポイントを解説

「セルフ脱毛は効果があるの?」「おすすめのセルフ脱毛の方法は?」と疑問をお持ちの方はいませんか。

毛抜きやワックス・テープ、家庭用脱毛機など、セルフ脱毛にはさまざまな種類があります。

果たしてどの方法で自己処理すればいいのでしょうか。

今回の記事では、セルフ脱毛の種類やメリット・デメリット、セルフ脱毛のやり方を解説します。

おすすめの家庭用脱毛機も紹介しますので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

 

セルフ脱毛は簡単にできる?


結論から述べると、セルフ脱毛の方法によってその難易度は変わってきます。

例えば、毛抜きで処理する場合、時間がかかるだけでなく、肌にダメージを加える可能性が高いため、毛抜きで全てのムダ毛を処理するのは難易度が高いでしょう。

一方、家庭用脱毛機などの自動処理できるアイテムがあれば、比較的スムーズに処理を行えます。

それでは、セルフ脱毛にはどのような方法があるのでしょうか?

 

おうちでできるセルフ脱毛の種類


ここでは、セルフ脱毛の種類を紹介します。

 

毛抜き

毛抜きは、根元から毛を引き抜いて処理する脱毛方法です。

根元から引き抜くので、比較的長く効果が持続します。

1本1本抜いていくため、脇毛など目で見やすい太い毛を処理しやすいアイテムといえるでしょう。

しかし、「抜く」タイプの脱毛方法は肌にダメージを与えてしまい、毛穴や肌トラブルを引き起こす可能性があります。

さらに、状態が悪化すると毛嚢炎(毛穴の炎症)になってしまうかもしれません。

手軽ではありますが、全身を毛抜きで処理するのは避けたほうがよいでしょう。

 

ワックス・テープ

ワックス・テープは、一度に広い範囲のムダ毛を処理できる脱毛方法です。

毛抜きと同様に根元から引き抜いて処理します。

ドラッグストアなどで手軽な価格で入手することが可能です。

しかし、一気にテープを剥がすので痛みを感じるかもしれません。

特に敏感肌の人は肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。

また、顔をワックス・テープで脱毛することはできません。

 

家庭用脱毛器

家庭用脱毛機は、自宅でムダ毛を処理できるアイテムです。

家庭用脱毛機を使用することで毛が生えてくるスピードを遅くできますし、フラッシュ式の脱毛器は光(IPL)を当てる場合は美肌を目指すこともできます。

しかし、家庭用脱毛機を購入するにはある程度の費用がかかります。

さらに、レーザー式の脱毛器で処理すると、人によっては痛みを感じてしまうかもしれません。

脱毛サロンのような仕上がりを目指したいものの、通う時間がないという方におすすめです。

 

カミソリ・電気シェーバー・除毛クリームは脱毛ではなく”除毛”

「普段カミソリや除毛クリームを使用している」、「電気シェーバーで処理している」という方も多いのではないでしょうか。

いずれも手軽な方法で、ムダ毛を処理する手段として人気があります。

しかし、これらは脱毛ではなく「除毛」です。

除毛は皮膚の表面に出ている毛を処理するので、毛根からムダ毛を処理する脱毛とは異なります。

除毛で処理する場合、すぐに毛が伸びてきてしまうので、処理頻度は高くなります。

 

セルフ脱毛でのおすすめは”家庭用脱毛器”


ここまで、おうちでできるセルフ脱毛の種類を紹介しました。

それでは、どの方法でムダ毛を処理するのがよいでしょうか?

セルフ脱毛では「家庭用脱毛器」を使用することをおすすめします。

家庭用脱毛器は、自宅で自分の好きなタイミングで処理できますし、脱毛サロンに移動する必要がありません。

「脱毛時にムダ毛を他の人に見られたくない」という人でも、自分の手で処理できるので安心です。

フラッシュ式脱毛器とレーザー式脱毛器で特徴が異なるので、自分にあった製品を選ぶようにしましょう。

 

セルフ脱毛のメリット


脱毛サロンに行くべきか、セルフ脱毛をするべきか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

ここでは、セルフ脱毛のメリットを紹介するので脱毛方法を決める際の参考にしてください。

 

価格が抑えられる

セルフ脱毛のメリットとして、価格が抑えられる点が挙げられます。

脱毛サロンに通う場合、通う頻度によって変わりますが、脱毛してもらうたびに費用がかかります。

一方、セルフ脱毛はアイテムを用意してしまえばコストがかかりません。

家庭用脱毛器など比較的高価なアイテムもありますが、長期的に見ればセルフ脱毛のほうが低コストなのです。

 

人目を気にせず好きなタイミングで行える

セルフ脱毛は自宅で行えるので人目を気にする必要がありません。

他人に自分のムダ毛を見せるのに抵抗を感じる人は多く存在します。

例えば、脇毛など普段見せることのない部分を見せるのが恥ずかしいと感じてしまうのです。

しかし、セルフ脱毛は自分で処理を進めるので他人の目を気にする必要がないですし、好きなタイミングで実施できるのでストレスなく処理できます。

 

セルフ脱毛のデメリット


それでは、セルフ脱毛にはどのようなデメリットがあるのでしょうか?デメリットについても理解を深めることが大切です。

 

ムラになりやすい

セルフ脱毛は自分で処理を進めるので、ムラになりやすいです。

特に自分からは見えない部分だとムダ毛が残ってしまうこともあります。

例えば、背中やVIO、デリケートゾーンは自分で処理するのが難しいパーツです。

背中などは家族に確認してもらったり、手鏡を使ったりして処理していきましょう。

 

脱毛効果が短く永久脱毛はできない

セルフ脱毛は、脱毛効果が短く永久脱毛はできないことが懸念されます。

毛抜きやワックス・テープで処理したとしても再び生えてきてしまいます。

また、家庭用脱毛器を使用する場合でも脱毛サロンの機器と比較すると出力が低いので、永久脱毛することはできません。

自己処理する頻度が高くなるので、面倒に感じてしまう人も見受けられます。

 

家庭用脱毛器でのセルフ脱毛のやり方【パーツ別】


では、家庭用脱毛器でセルフ脱毛するにはどうすればいいのでしょうか?

パーツ別に脱毛方法を紹介します。

 

家庭用脱毛器では顔の産毛などを処理することもできます。

ただ、脱毛器によっては照射できない可能性があるので、対応している製品を選びましょう。

顔はデリケートな部分なので、刺激を与えすぎると肌荒れを起こしてしまう可能性があります。

家庭用脱毛器を使用する際は、低出力で処理を進めるようにしましょう。

 

腕・足

腕や足はムダ毛が目立ちやすい場所です。

また、膝や肘は凹凸が多いので照射しにくい可能性があります。

家庭用脱毛器を使用する際は、残っているムダ毛がないか確認しながら処理を進めることが大切です。

 

おなか

水着やクロップドトップスなどを着用する際に気になるおなかのムダ毛

お腹は産毛が多いだけでなく、背中との境目がわかりづらいのでムラになりやすいです。

特におそへ周りなどは細かい毛が生えているので、しっかりと家庭用脱毛器を動かして処理しましょう。

 

背中

背中は広範囲にムダ毛が生えており、自分ではなかなか処理しづらい場所です。

無理矢理処理しようとすると、怪我につながってしまいます。

自己処理が難しい場合は、家族や友人に協力してもらうとよいでしょう。

 

おしり・VIO

おしりやVIOはデリケートで自分では処理しづらい部分です。

おしりのムダ毛を処理する際はカーブに沿って動かすことを意識しましょう。

また、VIOに対応した家庭用脱毛器を選ぶ必要があります。

 

家庭用脱毛器の効果より発揮させるために


家庭用脱毛器でより高い効果を実感するためにはどうすればいいのでしょうか?

 

ムダ毛処理は剃り残しがないようにする

家庭用脱毛器を使用する前日には、剃り残しがないように気をつけながらムダ毛を電気シェーバーで処理しておきましょう。

剃り残しがあると火傷を引き起こす危険性があります。

さらに、脱毛の効果が軽減してしまいます。

また、家庭用脱毛器で処理する前に脱毛する部分を洗うことも重要です。

 

クールダウンをはさみながら行う

家庭用脱毛器を使用することで肌にダメージが加わってしまうことがあります。

そのようなダメージを軽減するためには、クールダウンをはさみながら処理を進めることが大切です。

濡らしたタオルなどを使用して、脱毛した部分を冷やしてください。

家庭用脱毛器の中には冷却機能を搭載しているものもありますし、冷却クリームなどで冷やすこともできます。

 

終わったあとはしっかりと保湿を行う

家庭用脱毛器を使用した後は、処理したまま放置するのは避けましょう。

脱毛が終了した後はしっかりと保湿ケアをしてください。

家庭用脱毛器を肌にあてると肌のかさつきや粉ふき、炎症、かゆみなどのトラブルが生じる可能性があります。

そのようなトラブルを防ぐためにも、保湿ケアをすることが大事なのです。

 

おすすめの家庭用脱毛器3選

最後におすすめの家庭用脱毛器をご紹介いたします。

トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4X



トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4Xは波長が比較的長く、皮下組織までアプローチして様々な毛質に対応できる医療機関での脱毛にも使用するダイオードレーザーで脱毛を行います。

トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4Xはダイオードレーザーを開発したレーザーの専門家が開発した製品で、全世界で500万人のユーザーがいる人気と性能がどちらも高い家庭用脱毛器です。

2週間に1度の簡単ケアで3か月後には、ツルスベなお肌にすることができます。

商品名 トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4X
価格 ・48,000円(2年保証)
・52,000円(3年保証)
おすすめユーザー 簡単なお手入れで脱毛したい方

\ おうちで簡単セルフ脱毛! /

詳細はコチラ

ケノン(KE-NON)



ケノン(KE-NON)はカートリッジ方式の脱毛器で、10段階の出力調整が可能です。

カートリッジは4種類、その1つに美顔器として使えるカートリッジがあるので美顔器としても使うことができます。

ケノン(KE-NON)は、ほくろに照射すると皮膚がんになるという噂がネット上にあります。

皮膚がんは紫外線などが原因ですが、ケノン(KE-NON)を含め、家庭用脱毛器は紫外線を照射しないのでがんになる心配はありません。

ケノン(KE-NON)は、日本人の肌に合わせて作られた日本製の脱毛器です。

出荷台数110万台以上という数字が、ケノン(KE-NON)が安全な脱毛器であることを証明しています。

商品名 ケノン(KE-NON)
価格 69,800円
おすすめユーザー 脱毛器と美顔器としても使いたい方

\ おうちで簡単セルフ脱毛! /

詳細はコチラ

スムーズスキン(SMOOTHSKIN)



スムーズスキン(SMOOTHSKIN)は、週に1度のケアで家庭用脱毛器でありながら、サロンクオリティの上質な脱毛が可能です。

センサーがお肌の色を感知して、自動的に出力調整を行うので面倒な出力調整から解放されるだけでなく、最適な出力で照射してくれるので高い脱毛効果が期待できます。

体毛が濃い箇所を処理するパワーモード、痛みに敏感な方に照射出力を弱めたジェントルモード、照射面積が広い箇所やメンテナンスケアに使えるスピードモードの3つの照射モードを選択できるのもスムーズスキン(SMOOTHSKIN)の魅力です。

商品名 スムーズスキン(SMOOTHSKIN)
価格 46,200円~52,800円
おすすめユーザー サロンクオリティの脱毛をしたい方

\ おうちで簡単セルフ脱毛! /

詳細はコチラ


 

まとめ

今回の記事では、セルフ脱毛に興味がある方に向けて、セルフ脱毛の種類やメリット・デメリット、セルフ脱毛のやり方などを紹介しました。

セルフ脱毛は自宅で手軽に処理できますし、価格を抑えられるので人気があります。

中でも、家庭用脱毛器は脱毛サロンのようなケアを自宅でできるのでおすすめです。

なお、製品によって脱毛タイプや対応している箇所、特徴、機能などが異なります。

購入前に比較検討して自分にあった製品を選びましょう。