自分磨きナビ

自分磨きナビは美容・コスメに関する最新情報を配信します。

コラーゲンの効果って何?美肌を目指す人必見!

お肌に潤いを与える成分として有名な「コラーゲン」ですが、そもそもコラーゲンとは何なのか、働きや摂取方法はご存じでしょうか?

この記事では、コラーゲンについて詳しく解説し、コラーゲンを増やす方法や効果の高い摂取方法をご紹介します。

健康と美容のためにコラーゲンを摂取したい方、肌の内側からふっくらと弾力のあるお肌を目指したい方はぜひ参考にしてください。

コラーゲンとは?

コラーゲンとはどのような成分で、どういった効果をもたらすことができるのか、まずは理解しておきましょう。

そもそもコラーゲンとは?

コラーゲンとはたんぱく質の一種で、たんぱく質は炭水化物・脂質とともに三大栄養素の一つです。

コラーゲンは人間の身体を作っているたんぱく質のうちで最も多く、約30%がコラーゲンとされていて、皮膚の約70%はコラーゲンが占めています。

そのため、美肌にはコラーゲンは欠かせない成分とされています。

しかし、コラーゲンは25歳をピークに減少をし始め、40歳では約1/2、60歳で約1/3まで減少してしまいます。

これは加齢によって新陳代謝が遅くなるため、古くなったコラーゲンが分解されずに硬くなり、新陳代謝によって生み出されるはずの新しいコラーゲンの量が激減してしまうからです。

加齢とともに肌のたるみやシワが気になるのは、コラーゲンの減少が原因だったのです。

コラーゲンの効果

美肌に欠かせない成分であるコラーゲンには具体的にどのような効果があるのでしょうか?

コラーゲンの効果について理解した上で、コラーゲン摂取の方法を知るようにしてください。

肌に対するコラーゲンの効果

コラーゲンは肌に弾力を与え、必要な水分を保持して潤いを保ちます。

水分が十分にある肌は若々しくハリがあり、シワやたるみを防ぐのです。

つまりコラーゲンは、美肌のための成分だと言っても良いでしょう。

また、コラーゲンは食べ物・サプリメント・化粧品などさまざまな方法で摂取することができますが、すぐに効果が出るものではなく毎日継続して摂取する必要があります。

その他のコラーゲンの効果

コラーゲンは摂取後にアミノ酸に分解されて全身に届けられ、肌だけでなく、骨・関節・髪などを作る材料になります。

また、コラーゲンは細胞と細胞を繋接着剤のような役割があるため、コラーゲンがなければ人間の体はガタガタになってしまうのです。

  • Point
  • コラーゲンは肌の潤いを保ってくれる
  • 骨・関節・髪などを作ってくれる

コラーゲン不足で起きること

コラーゲン不足になると、肌だけでなく体中に多くの問題が発生します。

ここからは、コラーゲン不足の問題について理解を深めましょう。

シワやたるみができる

コラーゲンが不足すると、肌からハリがなくなります。

その結果肌がくすんでたるみ、老けて見られることもあるでしょう。

必要な水分が保てなくなるので、肌が乾燥します。

そのままの状態の肌を放置していると、より表面がカサカサになり、シワやほうれい線ができてしまうのです。

一度できたシワはどんどん深くなり、見た目年齢をより高くしてしまうでしょう。

それだけでなく、皮膚細胞が生まれ変わる周期であるターンオーバーも乱してしまうので、多くの肌トラブルを引き起こす原因でもあるのです。

骨がもろくなる

コラーゲンが不足するとお肌が荒れてしまうだけでなく、骨粗しょう症になる恐れがあります。

骨粗しょう症になると、骨の質が悪くもろくなり、ふとしたことで骨折しやすくなるのです。

その理由は、骨はコラーゲン線維というコラーゲンが束になったものによって形成されるためです。

コラーゲンが不足したりコラーゲンの質が悪くなると、本来のようなきれいな束にならず、骨自体が弱くなってしまうということです。

髪のボリュームがなくなる

コラーゲンが髪に関係性があることを知らない人がいるようですが、コラーゲンが不足すると髪のボリュームも失ってしまいます。

頭皮もコラーゲンでできているため、頭皮のハリがなくなると血流が滞って髪に必要な栄養が届けられなくなるのです。

実際に行われた実験では、コラーゲンを継続的に摂取すると髪の毛が太くすることができるという結果が発表されています。

太くなった髪はツヤが出てまとまりやすくなり、美しい状態を保つことができるのです。

  • Point
  • 肌トラブルを起こしてしまう
  • 骨や髪がもろくなる

コラーゲン摂取で起きるトラブル

コラーゲンは肌だけでなく、骨や髪などにも影響のある人間に必要な栄養素であることが分かりましたが、コラーゲンを摂取することで起こり得るトラブルについて考えてみましょう。

妊娠中や授乳中の摂取

サプリメントを使ったコラーゲンの摂取は、妊娠中や授乳中の女性の体に対しての安全性に十分なデータがありません。

食事で摂取するコラーゲンは過剰摂取につながりにくいため気にする必要はないのですが、サプリメントなどを使ったコラーゲンの多量摂取は避けた方が良いでしょう。

もしサプリメントを利用したいと思う時は、服用可能かどうかを担当の医師に確認するようにしてください。

太る

コラーゲンはゼラチンに含まれているため、グミ・ゼリー・ムースなど糖分が多く含まれているものもあります。

そのような食べ物ばかりを食べてコラーゲンを摂取しようとすると、糖分などの過剰摂取となり、結果的に太ってしまうのです。

また、分解されてアミノ酸になったコラーゲンが余ると脂肪になり、セルライトができてしまうこともあるでしょう。

コラーゲンの摂取方法には注意する必要があるということです。

ニキビができる

先ほどもお伝えしたように、コラーゲンには糖分などが多く含まれていることが多いです。

そのため、過剰摂取を理由としてニキビができてしまうこともあるでしょう。

美肌を目指してコラーゲン摂取をしているのに、ニキビができてしまったら本末転倒です。

むくむ

コラーゲンの過剰摂取は腎臓や肝臓に負担がかかります。

特に腎臓・肝臓が弱い人は、コラーゲンの過剰摂取で排尿が上手くできなくなり、むくみにつながることもあります。

コラーゲンに限らず栄養素の過剰摂取は体に負担がかかるものなので、注意しましょう。

  • Point
  • 妊娠中や授乳中は医師に相談する必要がある
  • 過剰摂取するとニキビや太りやすくなる

コラーゲンを減らさない方法

コラーゲンは加齢とともに減少してしまうものだとお伝えしましたが、その他にもコラーゲンが減少する原因があります。

コラーゲンを減らさないために、その方法を知っておきましょう。

紫外線対策をする

コラーゲンは紫外線を浴びることで減少してしまいます

夏や外にいる時に限らず、日常的に日焼け止めや日傘などを活用して、しっかりとした紫外線対策をしましょう。

紫外線対策はコラーゲンの減少を防ぐ以外にも、美肌のために非常に良い影響があるものなので、積極的に実施してください。

どんなにコラーゲンの摂取を心がけても、紫外線対策が不足していては意味がありません。

バランスの良い食事を心がける

コラーゲンはサプリメントを導入するよりも、日々の食事から取り入れることで過剰摂取を防げます。

そのため、可能な限り毎日の食事からコラーゲンを摂取できるようにしましょう。

コラーゲンが含まれている料理には、豚肉・鶏の手羽先・牛スジ・フカヒレ・鮭・うなぎの蒲焼・エビ・イカなどがあり、普段から取り入れやすいものばかりです。

先ほどご紹介したグミや一部のスイーツにもコラーゲンが含まれていますが、過剰な糖分摂取を防ぐためにも上記のような料理を選ぶようにしてください。

日々のスキンケアを大切にする

コラーゲンは毎日のスキンケアで減少を防ぐことができます

特に肌が乾燥していると紫外線のダメージを受けやすくなってしまうので、しっかりと保湿された状態を保てると良いでしょう。

コラーゲン配合の化粧品を使用しても、コラーゲンを増やすことはできませんので、コラーゲンを減少させないために高額な化粧品を購入するのではなく、基本的なスキンケアを十分に行うことが大切です。

継続したケアがコラーゲンの減少を防止すると考えると良いでしょう。

  • Point
  • 紫外線を浴びないように気を付ける
  • コラーゲンを含む飲食物を摂取する
  • 乾燥や紫外線のダメージでコラーゲンが減らないように保湿をする

コラーゲンを増やす方法とは?

コラーゲンは体内で生成できる成分ですが、内側と外側からのケアをすることでより多く増やすことができます。

コラーゲンの生成にはたんぱく質の他に、鉄分とビタミンCが必要です。

それでは、コラーゲンを効率よく摂取する方法をご紹介します。

グミのコラーゲンの効果

グミと言うと、あまり体に良いと言うイメージがないと思いますが、グミには多くのコラーゲンが含まれています。

グミの主成分であるゼラチンがコラーゲンでできているためです。

ただし、グミには糖分なども含まれていますので、効果を感じるほどグミからコラーゲンを摂取するのは難しく、糖分の過剰摂取などの問題につながってしまうでしょう。

摂取する

摂取する方法は「食事」と「サプリメント」です。

食事

コラーゲンを多く含む食事には、動物性食品と海洋性食品の2種類があります。

コラーゲンを多く含む動物性食品は、
・鶏の皮
・手羽先
・軟骨
・豚バラ肉
・豚足
・牛スジ
・牛テール
・海洋性食品は、
・スッポン
・フカヒレ
・エイヒレ
・魚の皮
・うなぎ
・なまこ
・エビ
などがあります。

日常の食事では海洋性食品よりも動物性食品の方が摂りやすいでしょう。

また、デザートでは、ゼリー・プリン・杏仁豆腐といったゼラチンが含まれている食品でもコラーゲンを摂取できます。

他にも美肌効果のある食べ物については「肌に良い食べ物って何がある?美肌効果のある食事や飲み物を紹介」で詳しく解説しています。

サプリメント

コラーゲンは毎日の食事でバランスよく摂取するのは難しいので、手軽に摂れるサプリメントもおすすめです。

コラーゲンのサプリでもいいですが、体内でコラーゲンを生成させるには「たんぱく質」「ビタミンC」「鉄分」の3つの成分が必要です。

そのため、サプリメントを上手に利用して毎日摂れるようにしましょう。

たんぱく質をプロテインで摂取して、鉄分とビタミンCはサプリメントでも大丈夫です。

ビタミンCには抗酸化作用があるので、シミやくすみの原因となるメラニンの生成を抑制する働きがあります。

また、鉄分は血液中のヘモグロビンを増やして血行をよくし、顔色を明るくします。

どの成分も健康と美容のためには欠かせないので、積極的に摂っていきましょう。

体内で生成する

コラーゲンは外側からのケアでも生成を促進することができます。

LED機能のある美顔器には、普段人間が体内で行っているコラーゲンの生成を促進する効果があります。

可視光線と呼ばれる目に見える光の波長に含まれていて、肌にダメージを与える紫外線とは波長が違うため、肌にダメージを与える心配がありません。

また、ただLEDの光を当てるだけなので手軽で、痛みや熱さは感じないので安心です。

コラーゲン生成におすすめの美顔器

ララルーチュRF

LED機能を備えた美顔器「ララルーチュRF」をご紹介します。

コンパクトサイズで持ちやすく、1台でLEDの光美容・表情筋の筋肉運動・温熱効果・浸透効果を兼ね備えた画期的な美顔器です。

ララルーチュRFは3色のLEDの光美肌効果があり、肌の奥まで浸透してお肌を活性化させ、コラーゲン生成を促します。

3色それぞれ美容効果が違います。

赤・・・コラーゲンの生成量をUPする
青・・・活性酸素に作用し肌環境を整える
黄・・・肌の修復と老廃物の排出
特に赤は光の波長が長いため皮膚の内側まで届くのでコラーゲンを生成したり、血行を促進する効果があります。

ララルーチュRF1台あれば、コラーゲン生成ができるだけでなく、多機能な美顔器なのでリフトアップや引き締めもできるためアンチエイジング効果があります。

エステサロンに行かなくても自宅で光美容ができ、毎日のスキンケアの後に使うだけで簡単なので、自宅ケアにおすすめです。

美顔器の効果については「美顔器ってどんな効果があるの?美顔器には様々な肌の悩みを解消する機能があります!」で詳しく解説しています。

まとめ

コラーゲンについてや、摂取方法、美顔器についてご紹介してきました。

コラーゲンは何も対策をしなければ減少する一方です。

毎日の食事内容や習慣を変えることで生成し増やすことができるので、ぜひ今日からでも生活習慣を見直してみてください。

コラーゲンを増やすような生活スタイルは美容と健康にも効果的です。

お肌を改善させるだけでなく、血行がよくなり骨が丈夫になったりなどの相乗効果も得られます。

ぜひこの機会にコラーゲンを積極的に摂取して、外側からも生成をサポートする習慣に切り替えてみてはいかがでしょうか。