Liberata

おすすめシャンプーは?選び方も合わせて紹介!

毎日利用するシャンプーが自分の髪質に適していないと、どんなに重点的にヘアケアをしても、期待している効果が得にくくなってしまいます。

しかし、世の中にはさまざまなシャンプーが存在しているため、その中から自分の髪質に最適なシャンプーを見つけられないという方が多いのではないでしょうか。

この記事では、髪質別におすすめのシャンプーを紹介します。

本当に良いシャンプーとは

本当に良いシャンプーを選ぶには、まずシャンプーの選び方を知る必要があります。

ここからはシャンプー選びの際にチェックするべきポイントを紹介します。

種類

シャンプーは基本的に3種類に分けられます。

【アミノ酸系シャンプー】
アミノ酸系洗浄成分を配合したシャンプーのことで、洗浄力がマイルドな上に低刺激です。

肌と同じ弱酸性なので、洗い上がりも髪がきしみにくく、必要以上に皮脂を取り除きすぎないという特徴があります。

【高級アルコール系シャンプー】
泡立ちが良く洗浄力や脱脂力が強めです。

洗い心地は良いのですが、髪や頭皮のダメージ修復には不向きで、人によっては頭皮・髪のトラブルを招いてしまうでしょう。

【石けん系シャンプー】
石けん系の洗浄成分を配合したシャンプーのことで、洗浄力と脱脂力が強いです。

石けんカス残りが残りやすく、洗い上がりの髪がキシキシした印象を受けてしまうこともあるでしょう。

頭皮をしっかり洗いたい方におすすめです。

配合成分

シャンプー選びはまず配合成分のチェックをすることから始めます。

【アミノ酸系シャンプーの成分】
・タウリン系(ココイルメチルタウリンNa、ラウロイルメチルタウリンNaなど)
・アラニン系(ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルメチルアラニンTEAなど)
・グリシン系(ラウイルサルコシンTEA、ラウイルサルコシンNaなど)
・グルタミン系(ラウイルグルタミン酸Na、ココイルグルタミン酸TEAなど)
・アスパラギン酸系(ラウイルアスパラギン酸Na)

【高級アルコール系シャンプー】
・ラウリル硫酸
・ラウレス硫酸
・スルホン酸 など

【石けん系シャンプー】
・カリ石けん素地
・ラウリン酸K
・オレイン酸K
・ミリスチル酸K など

肌質

シャンプーは自分の肌質の悩みに合ったものを選ぶ必要があります。

肌質別におすすめできるシャンプーの特徴を知っておきましょう。

【乾燥肌】
乾燥肌の方は皮脂の取り除きに注意するためにマイルドなシャンプーを使うのがおすすめです。

また、保湿成分も含まれていると、より安心して使用できるでしょう。

【脂性肌】
脂性肌の方はシャンプーにも適度な洗浄力が必要です。

皮脂をしっかり取り除きつつ、髪への負担が少ないものを選びましょう。

【敏感肌】
敏感肌の方は少しの刺激で頭皮のトラブルを招いてしまう恐れがあります。

低刺激で優しい使い心地のシャンプーを選ぶようにしてください。

髪の状態

シャンプーは肌質だけでなく髪質によって最適なものが変わります。

【くせ毛・剛毛】
くせ毛・剛毛の方は植物性のオイルなどを用いた髪を柔らかくする効果があるシャンプーを使います。

【猫っ毛】
猫っ毛の方は、低刺激で手触りを良くする効果のあるシャンプーを選んでください。

  • Point
  • シャンプーにはアミノ酸系・高級アルコール系・石けん系の3種類がある
  • シャンプーは自分の肌質と髪質に合わせて選ぶ必要がある
  • シャンプー購入時には成分を確認する

使ってはいけないシャンプーとは

シャンプーの選び方を説明いたしましたが、ここからは利用を避けるべきシャンプーの特徴をまとめました。

肌質

避けるべきシャンプーは肌質ごとに変わります。

肌質ごとに避けるべきシャンプーを知っておきましょう。

【乾燥肌】
乾燥しがちな肌であるため、皮脂を取り除きすぎないようにします。

強い洗浄力を持っているシャンプーを避けるようにしましょう。

【脂性肌】
あまりに低刺激かつマイルドなシャンプーを選んでしまうと、過剰な皮脂を落としきれず、汚れが溜まってしまう恐れがあります。

優しすぎる洗い心地のものを避け、しっかりと頭皮を洗浄できるものを選びます。

【敏感肌】
トラブルが起こりやすい肌だと言えますので、極力低刺激なシャンプーを選びましょう。

特に高級アルコール系のシャンプーは避けた方が良いです。

どうしても頭皮の汚れをしっかり落としたいと考えているのなら、毎日ではなく週に一度などに限定して洗浄力の強いシャンプーを使うようにしてください。

髪の状態

髪の毛の状況によって利用を避けるべきシャンプーがあります。

自分の紙の状態を理解した上でシャンプー選びを行いましょう。

【ヘアカラー後の髪】
ヘアカラーをした後は24時間シャンプーを控えると、色素がしっかり定着します。

またヘアカラーの色落ちを避けるため、その後も洗浄力が強すぎるシャンプーを避け、マイルドな使い心地のアミノ酸系シャンプーを選ぶと良いでしょう。

【パーマ後の髪】
パーマをかけた後の髪は48時間程度洗わないのが理想的です。

また、パーマ後の髪の毛は非常に不安定な状態なので、シャンプー選びには注意しましょう。

美容室で販売されているパーマ用シャンプーを使用するのが一番良いのですが、市販のシャンプーを使う場合には、弱酸性のアミノ酸系シャンプーを選ぶと良いです。

まとめ

シャンプーは自分の髪にぴったりのものを選ばなければ、期待する効果が得られません。

この記事を参考に、自分の髪質・肌質・髪の状態に合ったシャンプーを見つけるようにしましょう。

最適なシャンプーを使えば、毎日のシャンプーでしっかりしたヘアケアが行えることになります。

サロンでヘアケアをするだけでなく、自宅でも継続してケアを続け、美しい髪を手に入れてください。