Liberata

頭皮ケアでシャンプーかゆみや匂いを改善!自分にあったシャンプーの選ぼう

頭皮のかゆみやニオイが気になるという方は、かゆみやニオイ対 策ができるシャンプーを選ぶことで、お悩みを解決することが可能です。

頭皮のかゆみはニオイを改善するためには、どのようなシャンプーを使用すれば良いのでしょうか。

この記事では頭皮のお悩みを解決するための方法をまとめています。

頭皮ケアシャンプーでかゆみ・匂い・抜け毛などの悩みを改善できる

シャンプーを行う際、汚れを落とすことは大事です。

しかし、汚れだけでなく頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまうと、かゆみやフケ、抜け毛などトラブルにつながりやすくなってしまいます。

そのため、シャンプーを選ぶ際は、洗浄力はほどほどに保湿成分が配合されているものを選ぶことが大事です。

しっかり保湿しながら汚れも落とすことができれば、かゆみやニオイ、抜け毛、フケといったトラブルは改善できます。

頭皮ケアシャンプーの選び方

頭皮ケアシャンプーを選ぶ際は、洗浄成分・肌質・頭皮の悩みに合わせてご自身に合った商品を選びましょう。

洗浄成分で選ぶ

シャンプーの洗浄成分には「アミノ酸系」「ベタイン系」「たんぱく質系」の3タイプがあります。

この中でもアミノ酸系は、安全性が高く刺激が少ないシャンプーのためおすすめです。

洗浄力はやや弱めですが、頭皮を乾燥させずに汚れを落とすことができ、敏感肌の人も安心して使うことができます。

ベタイン系シャンプーもアミノ酸系シャンプーと同じように安全性は高いです。

ベビーシャンプーでも使用されているため、敏感肌の人も安心です。

たんぱく質系のシャンプーは、優しい洗浄力と髪にハリやコシを与えてくれることから、年齢を重ねた髪にもおすすめのシャンプーになります。

髪が細い、抜けやすいなどのお悩みがあるならたんぱく質系のシャンプーを選んでみると良いでしょう。

洗浄成分 特徴 主な成分
アミノ酸系 優しい洗浄力で頭皮にうるおいを与える ・ココイルグルタミン酸TEA
・ココイルメチルタウリンNa
・ラウロイルメチルアラニンNa
など
ベタイン系 ・安全性が高い
・ベビーシャンプーに使用される
・コカミドプロピルベタイン
・ココアンホ酢酸Na
・ラウラミドプロピルベタインど
タンパク質系 ・優しい洗浄力
・髪にハリコシを与える
・ココイル加水分解ケラチンKなど

市販のシャンプーに多い高級アルコール系シャンプーとは?

市販されているシャンプーの中には、安価で購入できるシャンプーも多いです。

そのようなシャンプーには高級アルコールが使用されていることがあります。

高級アルコールは、鉱物油や植物油脂などの合成界面活性剤を使用したシャンプーで、洗浄力がかなり強いです。

「ラウリル硫酸Na」「ラウレス硫酸Na」といった表示がある場合は、高級アルコール系シャンプーと言えます。

洗浄成分が強いシャンプーを使うと、頭皮の乾燥が起こりやすくなるため、乾燥しやすい人は気をつけなければいけません。

市販のシャンプーについて詳しく知りたい方は「市販のシャンプーのメリットや選び方は?」をご覧ください。

肌質に合わせて選ぶ

スキンケアアイテムを選ぶ際に肌質に合わせて選ぶのと同じように、頭皮ケアで使用するシャンプーを選ぶ際も、洗浄成分だけを確認するのではなく、肌質に合うものを選ぶようにしましょう。

頭皮の肌質をチェックするポイントとして、シャンプーを行ってどれくらいで髪がべたついてくるのかを見る方法があります。

普通肌の場合は、シャンプーの後になにもつけなくても1週間くらいは脂っぽくなりません。

乾燥肌の人は、1時間しても油っぽくならず、反対に乾燥してきます。

髪や頭皮がパサパサしているような状態であれば乾燥肌です。

脂性肌の場合は、シャンプーの後1日から2日で脂が出てきてしまいます。

べたつきが気になるなら脂性肌です。

普通肌の場合

普通肌の場合は、健康な頭皮と髪と言えるため、特にどのようなシャンプーを使用しても問題ありませんが、髪や頭皮への優しさを考慮するならアミノ酸系がおすすめです。

乾燥肌の場合

乾燥肌の場合は、低刺激で赤ちゃんでも使えるベタイン系がおすすめです。

ベタイン系は、肌への刺激を緩和させる作用があるため、頭皮が荒れている時でも安心して使えます。

髪だけでなく環境にも優しい洗浄成分です。

脂性肌の場合

脂性肌の場合は、石鹸系のシャンプーがおすすめです。

すっきり洗いあげてくれて頭皮にも優しいシャンプーです。

石鹸カスが残らないように、しっかりと洗い流しましょう。

肌質 おすすめ洗浄成分 洗浄力
普通肌 アミノ酸系 弱い(低刺激)
乾燥肌 ベタイン系 弱い(低刺激)
脂性肌 せっけん系 強い

肌質について詳しく知りたい方「肌質ってどう見分ければいいの?肌質を改善するケア方法やアイテムについてもご紹介!」をご覧ください。

頭皮の悩みに合わせて選ぶ

頭皮ケアシャンプーを選ぶ際は、今抱えている悩みを改善できるシャンプーを選ぶ必要があります。

そこで、お悩み別にどのような成分が配合されていると良いのかまとめておきます。

頭皮が乾燥する、髪がパサついているというようなお悩みがある場合は、保湿成分がたっぷりと配合されているシャンプーを選びましょう。

セラミドやヒアルロン酸などが保湿成分として代表的です。

フケが気になる場合は、薬用シャンプーを選ぶことでフケに有効な成分が配合されているものを購入することができます。

おなじくかゆみや炎症、頭皮のニオイが気になる場合も、薬用シャンプーや医薬部外品扱いのシャンプーがおすすめです。

有効成分として下記のような成分が記載されていれば、気になるフケやかゆみ、炎症、ニオイなどをケアできます。

頭皮の悩み 有効成分
保湿 コラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸、グリセリン、植物エキス
フケ防止 ジンクピリチオン、ピロクトンオラミン、ミコナゾール硝酸塩など
かゆみ・炎症を予防 アラントイン、グリチルリチン酸2Kなど
抗菌・消臭 サリチル酸、ピロクトンオラミン(オクトピロックス)、ミコナゾール硝酸塩

女性ならではの頭皮の悩み

女性の場合、加齢やホルモンバランスの乱れなどで女性特有の髪の悩みが生じやすいです。

特に女性の薄毛や抜け毛は、加齢やホルモンバランスの乱れで起こると言われています。

そのため、それらに対応できる女性専用の頭皮ケアシャンプーを使用するのがおすすめです。

女性におすすめの頭皮ケアシャンプー

では、女性の頭皮や髪の悩みを改善してくれるシャンプー選びでは、どのような点に注意すれば良いのでしょうか。

お悩み別にシャンプーを選ぶ際のポイントをまとめておきます。

髪のボリュームが気になる人

年齢とともに髪のボリュームが無くなってきたと悩まれているなら、アミノ酸やタンパク質系のシャンプーでハリコシが出るようにしましょう。

添加物の多いシャンプーは、頭皮や髪に負担を与えてしまいます。

できるだけ無添加で髪や頭皮に優しいものを選ぶことで、抜け毛予防にもつながり、髪のボリュームを減らさないようにできます。

髪のツヤや乾燥が気になる人

美しい髪は、ツヤと潤いがあります。

髪のツヤや乾燥でお悩みであれば、タンパク質系シャンプーや保湿成分を豊富に含んでいるものを選ぶようにしましょう。

カラーやパーマをしている場合は、髪や頭皮にダメージが蓄積しやすくなるため、ツヤも出にくくなってしまいます。

ダメージケアも同時に行えるものを選ぶのがおすすめです。

メンズも頭皮ケアが大事!

男性は女性と比べて皮脂量が多くため、頭皮のべたつきやニオイ、かゆみ、フケで悩まれている方も多いと言えます。

そのため、男性も頭皮ケアが大事になってきます。

男性の場合は、男性特有のお悩みに最適なシャンプーを選びましょう。

男性におすすめの頭皮ケアシャンプー

男性の場合、べたつきやかゆみ、フケといったお悩みとは別に、抜け毛で悩まれている人もいるのではないでしょうか。

シャンプーを選ぶ際は、下記のようにお悩みに合わせて選びましょう。

洗浄力を重視したい人

頭皮のべたつきやフケ、かゆみなどが気になる場合、石鹸系シャンプーを使用するのがおすすめです。

洗浄力が高いですが、頭皮や髪に優しいです。

きしみが気になることがあるため、リンスやトリートメントも合わせて使用しましょう。

洗浄力の高いシャンプーとして、高級アルコール系がありますが、こちらは頭皮が乾燥してしまう可能性もありおすすめできません。

育毛効果を得たい人

抜け毛や薄毛が気になるという場合は、健やかな髪が生えてきやすい環境を作ることができるシャンプーを選びましょう。

育毛成分を配合した医薬部外品のシャンプーや、穏やかな洗浄力で頭皮環境を整えてくれるアミノ酸系シャンプーがおすすめです。

シャンプーの際に気をつけるポイント

シャンプーを行う際は、正しい方法で行うことで頭皮ケアシャンプーの効果もより発揮されやすくなります。

正しいシャンプーのやり方をまとめておきます。

  • 予洗い

    予洗いを丁寧に行うことで、しっかりと頭皮の汚れを落としやすくできます。
    予洗いを行う前に、ブラッシングも行いましょう。
  • お湯の温度

    熱いお湯を使用してしまうと、頭皮に必要な皮脂やうるおい成分も洗い流してしまうことになります。
    必要な皮脂を洗い流してしまうことがないように、37度前後のぬるま湯を使用しましょう。
  • マッサージ

    頭皮マッサージを行うことで、血行を促進させるとともに汚れも落としやすくなります。
    爪をたてないように注意しながら行いましょう。
  • しっかり洗い流す

    シャンプー剤を洗いの残すと、頭皮トラブルの原因になってしまいます。
    すすぎ残しがないように丁寧に洗い流して下さい。

まとめ

頭皮ケアのためのシャンプー選びについてお伝えしました。

女性も男性も、健康な頭皮と髪を維持していくためにはシャンプー選びが重要です。

ご自身に合うシャンプーを選び、正しいシャンプーの方法を実践して頭皮のトラブルを改善させましょう。