自分磨きナビ

自分磨きナビは美容・コスメに関する最新情報を配信します。

肌はなぜ汚れるの?美顔器でのクレンジング方法やおすすめ美顔器を紹介

毎日行っているクレンジングで、肌の汚れが全て洗えていると思いますか?

クレンジング方法や汚れ方によっては、通常の洗顔のみで肌の汚れが落としきれないこともあるのです。

肌に汚れが残ってしまうと、肌は不潔な状態になり、多くの肌トラブルにつながります。

この記事では、美顔器を使ってクレンジングする方法やおすすめの美顔器を紹介します。

自分の洗顔に自信がない・美顔器を使ったクレンジングに興味があるのなら、ぜひ参考にしましょう。

肌の汚れとは

肌の汚れの落とし方を知る前に、なぜ肌が汚れてしまうのかを知りましょう。

汚れの原因が分からなくては、汚れの落とし方への理解も深まりません。

肌が汚れる原因

私たちは日常生活を送る中で、埃や花粉などの目に見えない汚れを浴びており、その汚れの一部は皮膚に付着します。

毎日行う化粧も肌にとっては異物であるため、必ず落とさなくてはいけない汚れに分類されるでしょう。

また、人間の肌は自ら皮脂を出したり、ターンオーバーの働きによって古くなった角質などの排出も行っています。

つまり、化粧もせず清潔空間から一歩も出なかったとしても、肌には汚れが付着するということです。

肌の汚れを落とす方法

肌の汚れを落とす方法には、さまざまな手段があり、中には肌にとって刺激が強すぎるようなものもあります。

クレンジング・洗顔料と言っても種類が多く、オイルクレンジング・泡クレンジング・酵素クレンジングなどのほか、ピーリング・毛穴パックなども肌の汚れを落とす手段だと言えるでしょう。

水洗いやお湯洗いでは、肌の表面にある一部の汚れしか洗浄できず、特に脂を帯びている皮脂は流すことが難しいため、何らかのクレンジング・洗顔料を使用する必要があるのです。

化粧をしていないからと言って、水やお湯のみで洗顔を済ませるのはやめましょう

しかし中には、肌の汚れを落としたいばかりに肌に必要な皮脂まで洗い流しすぎてしまい、肌を綺麗にするつもりが、肌を悪い状態にしてしまうこともあります。

  • Point
  • 肌の汚れは何もしなくても付着する
  • 肌の汚れを落とすにはクレンジングや洗顔料を使用する必要がある
  • 肌の汚れを落としたいがばかりに、必要な皮脂まで洗い流してしまう恐れもある

美顔器でのクレンジングが優れている理由

通常のクレンジングがあるにもかかわらず、美顔器のクレンジングを使用するのはどうしてでしょうか?

美顔器でクレンジングをするメリットについてご説明します。

通常のクレンジングでは落とせない汚れを落とせる

メイクの洗い残しや古くなった角質など、知らないうちに汚れが肌に溜まることがあります。

そのまま放置すると、肌トラブルが起こったり化粧水や美容液などの効果が薄まったりします

美顔器のクレンジングは肌の奥の層に入り込んだ汚れや硬くなった古い角質など、通常のクレンジングでは行き届かない部分まで綺麗にすることが可能です。

肌への刺激を抑えてクレンジングができる

美顔器のクレンジングは擦る動作がほとんどなく、肌に優しいのです。

もし、ゴシゴシ擦るなどの強い刺激を肌に与えると、シミが出来やすくなったり肌が乾燥しやすくなったりします

肌への負担を減らして、より美しい肌を目指すことが出来ます。

ニキビや毛穴の開きなど肌トラブルを一遍に改善できる

本来、美顔器は肌のケアを一度にやってくれる優れた商品です。

クレンジング効果のある美顔器は肌の汚れを落とした上で、本来のニキビ改善や毛穴の引き締めなどのお手入れをしてくれます。

  • Point
  • 美顔器を使ったクレンジングは通常のクレンジングよりも多くの汚れが落とせる
  • 美顔器を使ったクレンジングは通常のクレンジングよりも肌への負担が少ない
  • 美顔器を使ったクレンジングなら毛穴の開きやニキビなどの肌トラブルにも効果がある

クレンジング効果のある美顔器のタイプ

美顔器には様々な種類がありますが、クレンジングに効果がある美顔器の種類にはどのようなものがあるのでしょうか?

クレンジングができる2種類の美顔器を紹介していきます。

超音波タイプ

超音波タイプは周波数を利用して、肌を細かく振動させる美顔器です。

肌の汚れを落としてくれるクレンジング効果があったり肌を引き締めるマッサージ効果があったりします。

超音波は肌に水分があった方が通りやすくなります。

そのため化粧水やジェルなどを利用して、潤った肌に美顔器を利用するのがオススメです。

超音波タイプのクレンジング効果

超音波美顔器は、肌を震わせることで毛穴汚れや硬くなった角質などを浮かせることで肌を綺麗にします

周波数によって効果が異なりますが、クレンジング効果が目的の際は高周波のものを使うことをオススメします。

1秒間の振動数が多く、ヘルツ数が大きいものの方が高いクレンジング効果を実感しやすいです。

イオン導出入タイプ

イオン導出入タイプは肌に弱い電流を流すことで、汚れを落としたり肌の奥の層をケアしてくれる美顔器です。

主にイオン導出がクレンジング効果を持ち、イオン導入が化粧水や美容液の成分を肌の奥まで届ける役割をします。

一般的にはイオン導出入タイプとして、どちらも一緒になっている場合が多いです。

イオン導出入タイプのクレンジング効果

クレンジング効果が期待できるのは、イオン導出タイプになります。

電気の正(プラス)と負(マイナス)が引きつけ合う性質を利用して、美顔器に負の電流を流して正の電気の性質を持つ汚れを取り除きます。

そのため、通常のクレンジングでは落ちにくい細かな汚れも落とすことが可能です。

  • Point
  • 超音波タイプのクレンジングでは肌を震わせて古くなった角質や毛穴の汚れを落とす
  • イオン導入タイプのクレンジングでは電気の性質を使って細かな汚れを落とす

美顔器を選ぶ時のポイント

クレンジングのために美顔器を選ぶ際には、どのようなポイントに注意するべきなのでしょうか?

ここからは、美顔器選びのポイントを紹介しましょう。

効果

美顔器で行うクレンジングには先ほども説明したように種類があります。

自分が求めている効果が期待できる機能がある美顔器を選びましょう。

また、通常美顔器はクレンジング以外の機能も搭載されているため、美顔器を購入することで利用できる他の機能にも着目すると良いです。

具体的な美顔器の機能と期待できる効果は下記のようなものです。

イオン導入

クレンジング以外にも、美容成分を浸透しやすくする効果もあります。

RF・高周波・ラジオ波

肌をじんわり温めながら刺激し、フェイスラインを整えます。

EMS

電気的に表情筋に刺激を与えて顔のたるみを予防します。

エレクトロポーション

エステなどで使用されている機能で、コラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分を肌の奥底まで届きやすくします。

LED光

色ごとに効果が変わり、肌荒れや肌質の改善を促します。

黄色:肌に透明感を与える
青色:皮脂の正常化
赤色:肌荒れの改善

価格

美顔器は商品によって価格が大きく変わり、数千円で購入可能なものから5万円以上するものまであります。

もちろん搭載されている機能や内容が変わるので、費用対効果を考えた商品選びが必要でしょう。

エステに行くのと同じような効果が得られる美顔器であれば美顔器自体が数万円だとしても、長期的に見てお得であるためです。

実際に使用してみるまで効果の確認は難しいので、口コミなどを確かめるのもおすすめです。

使いやすさ

美顔器をどのような頻度で、どこで使用するかによって使いやすさは変わってきます。

お風呂場で使用を希望するのなら防水性が必要ですし、出張が多い場合には携帯性に優れているものが良いでしょう。

また充電に面倒を感じるのなら電池タイプ・電池タイプは重いと感じるのなら充電タイプなど、自分が使用する環境をよく考えてから商品選びを行います。

  • Point
  • 美顔器選びは効果・価格・使いやすさで選ぶ
  • 自分が求める効果が得られる機能が搭載されているかを確認する
  • 費用対効果を考えた商品選びが大切
  • 自分が美顔器を使用する環境を考えておく

美顔器でクレンジングのやり方

美顔器を使用してクレンジングを行う方法はとても簡単です。

商品によってそのやり方に違いがある場合も考えられますが、ここでは一般的な美顔器を使用したクレンジング方法を説明しましょう。

超音波タイプの場合

1.クレンジング:洗顔

美顔器を使ってクレンジングを行う前には、必ず事前にクレンジング・洗顔を行います。

普段の、洗顔後に溜まってしまった汚れを取り除くイメージを持ちましょう。

また、超音波タイプのクレンジングでは、肌が濡れている必要があるため、洗顔後の肌は拭かずにそのままにしておきます。

2.美顔器を肌にあてる

美顔器をクレンジングまたはクリーンモードにして優しく肌をなぞりましょう。

美顔器の動かした方は商品によって変わるため、取扱説明書を確認すると良いです。

皮膚が十分に濡れていない場合には、水や化粧水を追加します。

3.いつも通りのスキンケア

美顔器を使用した後はいつも通りのケアを行います。

イオン導入タイプの場合

1.クレンジング・洗顔

超音波タイプの美顔器と同じように、美顔器を使ってクレンジングを行う前には必ず事前にクレンジング・洗顔を行います。

2.コットンの準備

多くのイオン導入タイプの美顔器では、クレンジングにコットンを使用してコットンに汚れを付着させます。

コットンに化粧水などをつけて、指定の方法で美顔器に装着しましょう。

3.美顔器を肌にあてる

美顔器をクレンジングまたはクリーンモードにして、優しく肌をなぞりましょう。

美顔器の動かした方は商品によって変わるため、取扱説明書を確認すると良いです。

4.汚れの確認

所定の時間美顔器を肌にあてた後、コットンについた汚れを確認してみましょう。

普段のクレンジング・洗顔では落としきれていなかった汚れに気がつくと思います。

5.いつも通りのスキンケア

超音波タイプの美顔器と同じように、美顔器を使用した後はいつも通りのケアを行います。

  • Point
  • 超音波タイプの美顔器のクレンジングは、肌を濡らした状態にしておく必要がある
  • イオン導入タイプの美顔器のクレンジングは別途コットンが必要なことが多い

美顔器でクレンジングをするときのポイント

間違った美顔器の利用は肌に負担を与えます。

しっかりと使い方を確認してクレンジング効果を高める使い方をしましょう。

ここでは、美顔器でクレンジングをする際に注意するポイントを紹介していきます。

美顔器は必ず洗顔後に行う

美顔器でのクレンジングはメイクを落とすためにするものではありません。

メイクをしたまま美顔器を使ってしまうと、反対に肌に悪い影響を与えてしまいます

必ず通常のクレンジングでメイクや大まかな汚れを落としてから、美顔器を使うようにしましょう。

不要な成分が含まれていないジェルや美容液を使う

美顔器は肌の奥までジェルや美容液を浸透させる機能を持つことが多いです。

裏を返すと、肌の奥には向かない成分も届けてしまう可能性を秘めています。

合成着色料やパラベン(防腐剤)などが含まれているものは避け、水溶性で肌の奥に浸透させてもよい成分のものを選ぶようにしましょう。

摩擦が起きないよう優しく美顔器を当てる

肌は敏感な部分で、摩擦などの強い刺激に弱いです。

強い刺激はシミやくすみなどの原因となり、肌に悪影響を与えることに繋がります。

美顔器を使う際は強すぎず優しすぎずの最適な強さで当てるようにしてください。

  • Point
  • 美顔器は必ず洗顔後に使用し、摩擦を起こさないようにする
  • 美顔器を使用する際に使うジェルや美容液は、その成分にこだわる

おすすめの美顔器ララルーチュRFについて

紹介するリベラータのララルーチュRFは1回5分で美しい肌を手に入れられる画期的な商品です。

コアパルスをはじめ、EMSやRF波、3色のLEDに加えてゲルマ配合半導体チップの5つがセットになっています。

3つの効果

これらは大きく分けて3つの効果があります。

EMSが電気によって顔の筋肉を鍛え、しわやたるみを解消してフェイスラインを整えます。

続いてコアパルスが美容成分を肌の内側に届け、RF波が血行を促すことでより美容成分を浸透させていきます。

そしてゲルマ配合半導体チップと色によって効果の変わるLEDが肌の様々なケアを請け負い、引き締めます。

これら全てが入って卵1個分という軽さであり小型な商品なので、片手でスムーズにお使いいただけます。

また、難しい操作方法がないため、機械が苦手という方でも安心です。

さらに、ララルーチュRFは顔だけでなく首や肩、デコルテまでお手入れが可能となっています。

手軽に様々な部位をお手入れできるのは嬉しいですよね。

ララルーチュRFはクレンジングをした後に、最後の総仕上げとして全てのケアを完成させることができます。

より美しい肌を目指すためにも、購入を検討されてみてはいかがでしょうか。

※ララルーチュRF本体にクレンジング機能はございません。

より効果を実感していただくためには、クレンジング機能付きの美顔器を使用した後にララルーチュRFを使用していただくことがおすすめです。

  • Point
  • ララルーチュRF は1日たった5分で美顔器ケアが完了する
  • ララルーチュRF を使用するとシワやたるみの改善が期待できる
  • ララルーチュRF は顔だけでなくデコルテや肩などのケアも可能

まとめ

美顔器でクレンジングをする方法を紹介しました。

美顔器のクレンジング機能を使用すれば、通常のクレンジング・洗顔では落としきれていなかった汚れも落とし、肌を美しい状態に保つことができます。

さらに美顔器によっては、クレンジング以外にシワ・たるみの改善など多くのフェイスケア効果が期待できます。

毎日のスキンケアを美顔器でレベルアップさせてみましょう。

リベラータ
LINE公式アカウント

お得なキャンペーンや抽選などを
配信してまいります!!
あなたの肌診断実施中!

関連テーマから探す