自分磨きナビ

自分磨きナビは美容・コスメに関する最新情報を配信します。

美肌を作る!?美肌菌の効果とは?育て方についても解説!

いくつになっても、綺麗なお肌はみんなの憧れでしょう。

しかし、美肌はそう簡単に手に入らないものです。

普段はファンデーション等でカバーしていて、すっぴんのお肌には自信がないという人も多いでしょう。

そこで、今回は、体内から肌荒れを改善する「美肌菌」について解説します!

人間は、腸や胃など、体内に住む微生物の力を借りて生きています。

それと同じように、美肌菌の力を借りることで、体の内側からお肌に働きかけることができるのです。

そもそも美肌菌とは?

では、そもそも美肌菌とはどういったものなのでしょうか?

美肌菌とは、その名の通り肌に棲む常在菌であり、お肌を守り、美しく整えてくれる働きを持っています。

しかし、お肌にいるのは美肌菌だけではありません。

お肌には美肌菌と悪玉菌がおり、基本は両者のバランスは一定に保たれています。

このバランスが狂い、悪玉菌が増えすぎてしまうと、乾燥を招き、肌荒れが引き起こされてしまうのです。

美肌菌そのものというよりも、二つの菌のバランスを一定に保つことが美肌へのステップと言えるでしょう。

表皮ブドウ球菌や、アクネ菌といった菌が代表的な美肌菌です。

ただ、アクネ菌はストレスなどで善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れた場合に毛穴の詰まりを引き起こすこともあります。

美肌菌の効果とは?

美肌菌と一口にいっても、その効果は様々です。

美肌に導いてくれると言われる美肌菌のはたらきを詳しく見ていきましょう。

表皮ブドウ球菌

「表皮ブドウ球菌」は美肌菌の一種で、角質の間に存在する駐在菌です。

顔だけでも数億個の表皮ブドウ菌が生息していると言われています。

肌に潤いを与える物資の分泌を促したり、肌荒れを引き起こす菌を退治する物質を生成したりする役割を持ち、美肌を作り出すのに効果的です。

表皮ブドウ菌は、アトピー性皮膚炎や肌荒れの原因である黄色ブドウ球菌に対して、抗菌ペプチドを生成することで肌を守ってくれます。

アクネ菌

アクネ菌と聞くと、「ニキビの原因となる菌?」と疑問を持つ方も多いと思います。

表皮ブドウ菌よりも多くのアクネ菌が顔に存在すると言われ、その数は数十億個にも及ぶのです。

アクネ菌は肌を弱酸性に保つ働きがあり、肌を保護してくれる菌です。

アクネ菌によってニキビが引き起こされるのは、毛穴が詰まっている場合に限ります。

汚れや皮脂などが詰まった状態だと、アクネ菌はニキビの原因となる因子を生成してしまうのです。

そのため、毛穴詰まりのない肌にとっては、アクネ菌は良い働きをしてくれます。

  • Point
  • 美肌菌の効果は様々ある
  • 表皮ブドウ球菌は美肌を作り出すのに効果的る
  • アクネ菌は肌を保護してくれる

悪玉菌の注意点とは?

悪玉菌は肌トラブルを引き起こす要因となります。

菌の役割をしっかりと理解して、バランスの取れた肌をキープすることが大切です。

黄色ブドウ球菌

悪玉菌の代表例として挙げられるのが「黄色ブドウ球菌」です。

黄色ブドウ球菌とは成人の約30〜40%が保有している菌で、平常時は肌に害を与えることはありません。

黄色ブドウ球菌はアルカリ性の状況を好むため、肌のバランスが崩れると増殖してしまいます。

結果的に、乾燥を引き起こしたり、アトピーや肌荒れを起こしたりする原因となるのです。

そのため、黄色ブドウ球菌が増えすぎないように、洗顔やケアに注意を払う必要があります。

  • Point
  • 悪玉菌は肌トラブルを起こす
  • 黄色ブドウ球菌はアトピーや肌荒れを起こす

美肌菌のメカニズム

世間で話題になっている美肌菌ですが、どうして綺麗な肌を生み出すのに重要なのでしょうか?

理由を述べると、美肌菌は肌のバリア機能を向上させるためです。

物理的バリア、生物学的バリア、免疫学的バリアの3方向からのアプローチで、肌を保護してくれるのです。

物理的バリアは、美肌菌の存在によって細胞同士の結合力が強まり、外部からの刺激から肌を保護することを意味します。

生物学的バリアは、肌荒れの原因である菌を退治する「抗菌ペプチド」を生成するということです。

免疫学的バリアとは、免疫細胞である「T細胞」に働きかける役割を指します。

これらのバリア機能によって、総合的なアプローチが可能になるのです。

  • Point
  • 美肌菌は肌のバリア機能を向上させる
  • 免疫学的バリアによって肌が保護される

美肌菌を減らしてしまうもの

美肌菌を減少させる要因は、紫外線や防腐剤など様々です。

どうして美肌菌が減少してしまうのでしょうか?

原因ごとに詳しく解説します。

紫外線

紫外線によって肌が乾燥すると、肌は悪玉菌が増加しやすい状態になります。

美肌を目指すには弱酸性の状態を保つことが大切です。

紫外線は天気や季節を問わず、年中放出されています。

そのため、外出する際は日焼け止めクリームを塗布して、肌を紫外線から保護するようにしましょう。

日傘や帽子などのアイテムも、直射日光を避けることができます。

長時間屋外に滞在する必要がある場合、日焼け止めクリームを塗り直すなどして工夫しましょう。

防腐剤

防腐剤とは、雑菌の繁殖を防ぐために化粧品などの商品に配合されている成分です。

防腐剤が含まれている化粧品や洗顔料を使用することで、肌のバリア機能を保つのに必要な美肌菌まで、失われてしまうことがあります。

さらに、防腐剤は肌に刺激を与えることもあり、肌荒れが起きている状態の肌にはおすすめできません。

敏感肌の人は特に、防腐剤が含まれているかどうか、製品を購入する前に確認するようにしましょう。

抗生物質

肌荒れの原因となる菌の繁殖を抑制するために、抗生物質の含まれた飲み薬や塗り薬が処方されることがあります。

抗生物質の摂取により、善玉菌が減少すると、乾燥しやすくなったり、肌トラブルが起きやすくなったりするのです。

しかし、症状を改善するために、抗生物質を摂取しないといけない場合があります。

使用頻度をしっかりと守り、サプリメントや食事で菌のバランスを調整するようにしましょう。

  • Point
  • 紫外線や防腐剤は美肌菌を減少させてしまう
  • 日焼け止めクリームはこまめに塗りなおす
  • 抗生物質も美肌菌を減少させてしまうことがある

美肌菌のを増やす方法

美肌菌は美しい肌の強い味方ですので、美肌菌が多いほど美肌効果が望めます。

では、美肌菌を増やすにはどうしたらいいのでしょうか?

何か特別なスキンケア用品を使ったり、美容クリニックの治療を受けたりする必要があるのでしょうか?

実は、日常生活でちょっと意識を変えるだけで、簡単に美肌菌を増やすことができるんです!

美肌菌に効果的な食べ物を食べる

美肌菌は紫外線や防腐剤などによって損なわれてしまいますが、美肌菌に効果的な食べ物を摂取することでバランスを保つことができます。

どのような食材が綺麗な肌を目指すのに役立つのでしょうか?

発酵食品

発酵食品は善玉菌のエサとなり、美肌を作り出すのに重要な役割を担います。

ぬか漬けや酢漬け、粕漬けなどの漬物や、乳酸菌を含むヨーグルトやチーズなどが、発酵食品の一例です。

発酵食品は胃酸によって消化されてしまうため、日々の食事の中でバランス良く摂取する必要があります。

納豆や味噌、醤油など、食事に取り入れやすい発酵食品も多いので、食生活を意識するようにしましょう。

食物繊維

食物繊維は善玉菌を増やすのに重要な食材です。

食物繊維は「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」に分けられます。

豆、きのこ、里芋、ごぼう、アボカド、キウイフルーツ、わかめ、昆布などが水溶性食物繊維です。

これらの食材は有害物質を体外へ排出するのをサポートします。

不溶性食物繊維には、あずき、大豆、さつまいも、かぼちゃ、りんご、しめじなどが挙げられますが、便通を促進するのに効果的です。

腸内環境を整えることで、美肌を目指すことができます。

サプリメントを飲む

食事だけで必要な食材を摂取するのは難しいです。

仕事や学校などで、なかなか料理をする時間が確保できずに、外食やコンビニ色になってしまうという人も多いのではないでしょうか?

食事で摂取できなかった分は、サプリメントで補うと良いでしょう。

美肌菌が配合されたサプリメントなどが販売されています。

必要に応じて、サプリメントで不足分を補うようにしてください。

適度な水分補給をする

水分を摂取することは体にいい、と聞いたことはありませんか?

適度な水分補給には、糖尿病や高血圧など様々なメリットがありますが、実は肌を綺麗にしてくれるはたらきもあるんです。

水分は、成人の体の約60%を占めています。

体の過半数を構成する成分が不足すると、体の諸機能がうまくはたらかなくなってしまいます。

すると血液の流れが悪くなり、体内に老廃物が溜まってしまうことや、お肌に栄養がいかなくなってしまうことでお肌の状態が悪くなります。

体内の不調がお肌に現れ、結果として肌荒れを招いてしまうのです。

また、水分の不足はそのままお肌の乾燥につながります。

年齢を重ねるごとに、お肌の水分量はだんだん減ってしまい、結果としてシミやシワを引き起こしてしまいます。

そんな日常的なことでいいの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は普段からしっかりと水分補給を心がけることこそが、美肌への近道なのです。

美肌はもちろん、健康のためにも、1日1.5〜2リットルの水分補給を目安にしましょう。

洗顔をしすぎない

お肌を清潔に保つことは美肌にとってもいいはずだと、1日に何度も洗顔をしていませんか?

実は、過度な洗顔はかえって肌荒れや乾燥の原因となってしまうことがあるんです。

洗顔料を使った洗顔は、もちろん垢や汚れも落ちますが、同時に皮脂や菌も洗い流してしまいます。

皮脂は、過剰にならない量なら美肌に必要な要素で、皮脂が少なくなりすぎてしまうと乾燥の原因になりますので、皮脂を完璧に洗い流そうとするのはむしろお肌にとっては逆効果です。

正しい洗顔の方法について

また、洗顔の方法も大きく関係しています。

顔を洗うときの水の温度が、高すぎたり低すぎたりはしていませんか。

お肌に負担をかける温度の水はやめ、36〜38度の、人肌程度のぬるま湯で洗い流すようにしましょう。

洗顔料を使うときは、必ずネットや手で泡だてて、爪を立てず、優しく撫でるように洗い、1日1回にとどめておくのが大切です。

水だけ洗顔を取り入れるのもいいでしょう。

洗顔をしたあとは必ず化粧水や乳液で保湿し、乾燥させないように心がけましょう。

  • Point
  • 食べ物で美肌菌を増やせる
  • 美肌菌を減らさないように優しく洗顔する

オススメのスキンケア商品とは?

美しいお肌を作るためにオススメなのは、リベラータのスキンケア商品です。

グリセリンやプラセンタエキス、フランス海岸松樹皮エキス、ハス胚芽エキスなど、自然由来の美容成分を配合したリベラータのスキンケア製品は、美肌菌のはたらきを助け、相乗的な美肌効果が期待できます。

特にクレンジング、フォーム、ローション、クリーム、セラムのスキンケア商品5点セットは、ラインづかいすることで肌のキメを整え、若々しい肌を保ってくれます。

リベラータでは、お肌を優しく整えるスキンケア商品を多数取り揃えております。

代表自身が100%満足することを品質基準とし、お客様に日々のケアをより軽く、より楽しんでもらうため、10年以上研究を続け、こだわりと努力を詰め込んだシンプルかつ即効性のある製品を開発しました。

リベラータが提供するスキンケア製品は、美顔器、クレンジング、セラムから、美容茶やサプリメントなど、様々なニーズに合わせて多岐に渡ります

他社の製品が合わなかった、というお客様でも、必ず肌質に合う製品を見つけることができます。

リベラータのスキンケア商品について

まとめ

人々が憧れてやまない美肌の影には、美肌菌の存在が隠れていることがわかりました。

お肌に棲んでいる美肌菌と悪玉菌のバランスを整えることが、美肌へのいちばんの近道です。

美肌菌は、ニキビや吹き出物の原因となる皮脂などの皮膚の汚れを食べてくれる、グリセリンやセラミドなどの保湿成分を作り出してくれるなど、お肌を綺麗にするはたらきをしてくれます。

美肌菌を増やすには、水分補給で体の調子を整える、洗顔をしすぎないといった方法が最適です。

また、質のいいスキンケア用品を使うことで、美肌効果をさらに高めることができます。

これからは、ファンデーションに頼らない、すっぴん美肌を目指してみませんか。