Liberata

脱毛は痛いって本当?原因や痛みを緩和する方法を紹介

夏になると肌を露出する機会が増え、腕や足の毛が気になるという方も少なくありません。

そのため、ムダ毛を生えてきにくくする「脱毛」を検討している人も多く見受けられます。

しかし、「脱毛時の痛みが不安」「肌がダメージを受けそう」と不安をお持ちの方も多くいるのが実状です。

実際に脱毛ではどれくらいの痛みを感じるのでしょうか?

今回の記事では、脱毛の原因や痛みを緩和する方法を紹介します。

痛みが不安な方は脱毛する部位を冷やしたり、脱毛サロンで麻酔を使用してもらったりして対策できますので、痛みを和らげる方法を確認していきましょう。

脱毛は痛いって本当?

脱毛は痛いという噂を耳にしたことはありませんか?また、この噂は本当なのでしょうか?

結論から述べると、脱毛時の痛みの感じ方には個人差があります。

全く痛みを感じないという人もいますし、かなり痛みを感じる人も見受けられます。

痛みの感じ方は肌の状態や脱毛を行う部位、脱毛の方法によっても変わってきます。

痛みが気になる方は、比較的痛みが少ない脱毛を選ぶことをおすすめします。

それでは、脱毛時に感じる痛みとはどのような種類の痛みなのでしょうか?

脱毛で感じる痛みの種類

脱毛時に感じる痛みは、弾いたような痛みや、ヒリヒリとした痛みといわれることが多いです。

継続的に痛みが続くのではなく、瞬間的な痛みが発生します。

痛みが瞬間的に生じるため、なかなか慣れないという意見もあります。

なお、どのような痛みを感じるか脱毛サロンの担当者に聞いたり、注意点を説明書などで確認することが大切です。

脱毛が痛いと感じる理由

脱毛時に痛みを感じる理由には何が挙げられるでしょうか?ここでは、脱毛時の痛みの原因を紹介します。

熱が加わるから

光・レーザーを照射する際に、毛根部分にあるメラニンが反応すると熱が発生します。

熱が発生するとじんわりと広がるような痛みを感じるのです。

なお、毛が他の部分よりも濃いVIOや脇はメラニン色素が多いため、より強い痛みを感じる可能性があります。

また、黒ずみがある部分や、皮膚の色素が濃い部分は反応しやすいので注意しましょう。

毛が少なくなるにつれて痛みは軽減していくので、ケアを継続することが大切です。

ホルモンバランスが乱れているから

ホルモンバランスが乱れている状態だと、肌がデリケートになりやすいため注意が必要です。

肌がデリケートになってしまうと、痛みを通常よりも感じやすくなります。

生理前後はホルモンバランスが変動しますし、寝不足などでもホルモンバランスが乱れることがあります。

さらに、VIOなどの元々デリケートな部分はホルモンバランスによる影響を受けやすいので注意が必要です。

針を使うケースもあるから

脱毛の中には針を使用して処理する方法もあります。

もしこの方法を選択した場合は、施術時にチクッとした痛みを感じるかもしれません。

ただ、麻酔クリームを使用することが多いので、施術中の痛みを感じるケースは少ないです。

もちろん、麻酔クリームの効き方によっては痛みを感じる可能性があります。

針による脱毛は確実に毛根にダメージを加えられるので高い効果を期待できますが、痛みについて不安を感じている方はカウンセリングで相談するようにしましょう。

肌が乾燥しているから

先述した通り、肌がデリケートになっていると痛みを感じる傾向にあります。

肌が乾燥しているということは、バリア機能が低下しており、痛みを感じやすい状態になっています。

肌が乾燥しやすい方や、スキンケアを習慣化できていない方などは、痛みを感じる可能性があるので注意が必要です。

痛みを緩和するためにも日頃からスキンケアを徹底し、肌の健康状態を保つとよいでしょう。

また、脱毛後も肌がダメージを受けている状態なので、しっかりとケアをしてください。

脱毛で痛みを感じやすい部位とは

痛みの感じやすさは部位によって異なります。

それでは、どのパーツが痛みを感じやすいのでしょうか?

脇は他の部分と比較すると皮膚が薄くなっているため、痛みを感じやすいです。

また、他の部分と比較すると毛質も濃く、メラニンに反応しやすいので痛みが強くなります。

さらに、衣服の擦れなどで黒ずみが発生していたり、乾燥のケアを忘れやすかったりする場所なので、痛みが起こりやすくなるのです。

ただ、脇は施術を希望する人が多いため、痛みを少しでも緩和するためにも冷やすなどして対策を取ることをおすすめします。

VIO

VIOとは、「Vライン(ビキニライン)、Iライン(陰部の両脇)、Oライン(肛門周辺)」の総称です。

VIOも脇と同様に肌がデリケートな状態であり、黒ずみは発生しやすいため、痛みを感じやすくなります。

 

また、VIOは神経や血管が集まっているだけでなく、毛が集中しているので、強い痛みにつながりやすいのです。

特にIラインは粘膜に近い部位なので、痛みを感じる人が多く見受けられます。

痛みを感じにくい方法を選びましょう。

脱毛の痛みを軽減するためのポイント

夫次第では、脱毛の痛みを緩和させることができます。

ここでは、脱毛の痛みを軽減するためのポイントを紹介します。

スキンケアを徹底する

普段からスキンケアをしっかりと行うことが大切です。

先述した通り、肌が乾燥しているとダメージを受けやすくなり、痛みを感じやすくなります。

クリームやジェル、化粧水、乳液などのスキンケア製品を選ぶ際は、セラミドやコラーゲンなどの保湿成分が含まれたものを選ぶとよいでしょう。

特に肌が乾燥しやすいお風呂上がりは、時間を空けずにスキンケアを行うことをおすすめします。

脱毛する部位を冷やす

脱毛する部位を冷やすのも1つの手段です。

脱毛器によって発生する熱を和らげることができます。

熱によるダメージを軽減できるので、痛みだけでなく、肌への刺激を軽減することが可能です。

保冷剤や冷却ジェルなどを利用して施術部分を冷やしましょう。

なお、脱毛器の中には冷却機能が搭載されているものもあるので、商品を選ぶ際のポイントにすることをおすすめします。

麻酔を使用する

脱毛サロンで施術を受ける場合は、麻酔を使用することも可能です。

カウンセリング時に「痛みに対して不安を感じている」と伝え、麻酔を使用してもらいましょう。

他にも、痛みを感じにくいように出力を調整してくれたり、痛みを確認しながら施術を進めたりしてくれます。

また、脱毛方法によっても痛みの感じ方が異なるので、相談して痛みの感じにくい施術を選ぶようにしましょう。

光脱毛を選ぶ

光脱毛とは、光による熱で毛根にダメージを加える脱毛器のことです。

レーザー脱毛と比較すると出力が低く設定されており、痛みを感じにくいといえます。

ただ、出力が低い分、効果を感じにくいという人もいるので、メリットとデメリットのどちらについても理解を深めることが大切です。

痛みを感じやすい場所は光脱毛を選ぶなどして、痛みを緩和させましょう。

おすすめの家庭用脱毛器3選

最後におすすめの家庭用脱毛器をご紹介いたします。

トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4X



トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4Xは波長が比較的長く、皮下組織までアプローチして様々な毛質に対応できる医療機関での脱毛にも使用するダイオードレーザーで脱毛を行います。

トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4Xはダイオードレーザーを開発したレーザーの専門家が開発した製品で、全世界で500万人のユーザーがいる人気と性能がどちらも高い家庭用脱毛器です。

2週間に1度の簡単ケアで3か月後には、ツルスベなお肌にすることができます。

商品名 トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4X
価格 ・48,000円(2年保証)
・52,000円(3年保証)
おすすめユーザー 簡単なお手入れで脱毛したい方

\ おうちで簡単セルフ脱毛! /

詳細はコチラ

ケノン(KE-NON)



ケノン(KE-NON)はカートリッジ方式の脱毛器で、10段階の出力調整が可能です。

カートリッジは4種類、その1つに美顔器として使えるカートリッジがあるので美顔器としても使うことができます。

ケノン(KE-NON)は、ほくろに照射すると皮膚がんになるという噂がネット上にあります。

皮膚がんは紫外線などが原因ですが、ケノン(KE-NON)を含め、家庭用脱毛器は紫外線を照射しないのでがんになる心配はありません。

ケノン(KE-NON)は、日本人の肌に合わせて作られた日本製の脱毛器です。

出荷台数110万台以上という数字が、ケノン(KE-NON)が安全な脱毛器であることを証明しています。

商品名 ケノン(KE-NON)
価格 69,800円
おすすめユーザー 脱毛器と美顔器としても使いたい方

\ おうちで簡単セルフ脱毛! /

詳細はコチラ

スムーズスキン(SMOOTHSKIN)



スムーズスキン(SMOOTHSKIN)は、週に1度のケアで家庭用脱毛器でありながら、サロンクオリティの上質な脱毛が可能です。

センサーがお肌の色を感知して、自動的に出力調整を行うので面倒な出力調整から解放されるだけでなく、最適な出力で照射してくれるので高い脱毛効果が期待できます。

体毛が濃い箇所を処理するパワーモード、痛みに敏感な方に照射出力を弱めたジェントルモード、照射面積が広い箇所やメンテナンスケアに使えるスピードモードの3つの照射モードを選択できるのもスムーズスキン(SMOOTHSKIN)の魅力です。

商品名 スムーズスキン(SMOOTHSKIN)
価格 46,200円~52,800円
おすすめユーザー サロンクオリティの脱毛をしたい方

\ おうちで簡単セルフ脱毛! /

詳細はコチラ


 

脱毛の痛みを軽減しよう

今回の記事では、脱毛時の痛みに不安を感じている方に向けて、その原因や痛みを緩和する方法を紹介しました。

痛みの感じ方には個人差があり、脱毛時に絶対痛みを感じないとは言い切れません。

ただ、痛みが生じにくい方法を選択できますし、工夫次第で痛みを緩和することもできます。

脱毛にはメリットもたくさんあるので、メリットとデメリットの両方を踏まえた上で脱毛するかどうか決めることが大切です。

脱毛サロンのほかに、自宅で気軽にケアできる家庭用脱毛器を使用することもできます。