自分磨きナビ

自分磨きナビは美容・コスメに関する最新情報を配信します。

ゆらぎ肌のタイプを診断しよう!タイプごとのスキンケアについてもご紹介

「ゆらぎ肌とはどのような肌質のこと?」「ゆらぎ肌を改善するにはどうすればいいの?」とスキンケアや肌質改善に関して疑問を抱えている方に向けて、ゆらぎ肌のタイプ、改善方法を詳しくご紹介します。
保湿ケアをより効率的に行うことができる美顔器も併せてご紹介しますので、肌質改善を目指している人は必見です。

ゆらぎ肌とは?

ゆらぎ肌とはどのような特徴を持った肌のことを指すのでしょうか?

ゆらぎ肌とは

ゆらぎ肌とは「外気の変化が影響して状態が安定しない肌」のことを指します。
特に春に気温の変化が激しく、花粉が飛んで肌に付着しやすい季節です。
また、ストレス、栄養バランス、生活習慣など、肌がゆらぐのには様々な要因が考えられます。
「季節の変わり目になると、いつも使用している化粧品が合わなくなる」「生理の前後は肌荒れしやすい」という人はゆるぎ肌の可能性が高いです。

ゆらぎ肌と敏感肌の違いは?

ゆらぎ肌と敏感肌の違いは「一時的なものであるか、慢性的なものであるか」という点です。
ゆらぎ肌の場合は季節の変わり目や、ストレスを感じたときに肌の調子が悪くなるという特徴を持ちますが、敏感肌の場合は細胞間脂質の生成が低下することが原因で、慢性的に肌トラブルが起きやすくなる肌のことを指します。
敏感肌は生まれつき荒れやすい肌が弱いケースが多いですが、ゆらぎ肌は環境要因によるところが大きいです。

  • Point
  • ゆらぎ肌とは「外気の変化が影響して状態が安定していない肌」
  • 春などの季節の変わり目にゆらぎ肌になることが多い

ゆらぎ肌のタイプを知って診断してみよう

ゆらぎ肌にはいくつかのタイプがあります。自分はどのタイプが診断してみましょう。タイプ別におすすめのスキンケアも併せてご紹介します。

「カサカサ」タイプ

以下の経験がある人は「カサカサ」タイプの人と考えられるでしょう。
肌にうるおいが少なく、乾燥しやすい状態になっています。

  • 洗顔後に肌にツッパリを感じる
  • 肌がゴワついている感覚がある
  • 洗顔時に熱めのお湯を使用している
  • 冷暖房を使用する機会が多い
  • ファンデーションが浮きやすい
  • 肉や魚を食べる機会が少ない

カサカサタイプの人におすすめのケア

動物性たんぱく質を摂取できていないなど、肌が乾燥しやすい生活習慣を送っている人は「カサカサ」タイプになりやすいです。
乾燥しやすい肌質なので、こまめに保湿ケアを行うようにしてください。
保湿成分の配合された化粧水やクリームを使用することをおすすめします。

「ヒリヒリ」タイプ

「ヒリヒリ」タイプのゆらぎ肌を持つ人は乾燥状態がさらに進行し、肌のバリア機能が低下しています。

  • 化粧水が肌にしみることがある
  • スキンケアコスメが合わないことが多い
  • 洗顔はシャワーで済ませている
  • 日焼け止めをあまり使用しない
  • 赤みやかゆみが季節の変わり目などに出る
  • 自炊をあまりしない

ヒリヒリタイプの人におすすめのケア

ちょっとした刺激でも肌が敏感になっている状態なので、肌のコンディションを整える必要があります。
化粧水がしみる場合は無理して使用するのをやめましょう。
日焼け止めクリームやクレンジングを選ぶ際は刺激が少ないタイプの商品を選ぶことが大切です。

「ブツブツ」タイプ

新陳代謝が悪くニキビや吹き出物ができやすい人は「ブツブツ」タイプと言えるでしょう。

  • オイルクレンジングを使用しないことが多い
  • 生理前は肌が荒れやすい
  • 紫外線によるダメージを受けている
  • 甘党である
  • 便秘体質である
  • 十分な睡眠時間が確保できていない

ブツブツタイプの人におすすめのケア

皮脂分泌量が多くニキビができやすい人は、クレンジングオイルでしっかりと皮脂の汚れを落とすことが大切です。
刺激が強いクレンジングは肌の状況を悪化させる可能性があるので、低刺激のアイテムを選ぶようにしましょう。

洗顔後のスキンケアについては「スキンケアの正しい順番とは?各アイテムの種類や特徴・選び方についても解説」で詳しく紹介しています。

  • Point
  • ゆらぎ肌には「カサカサタイプ」「ヒリヒリタイプ」「ブツブツタイプ」の3種類がある
  • カサカサタイプは保湿ケアを入念に行う
  • ヒリヒリタイプは洗顔や化粧水で刺激を与えないように注意する
  • ブツブツタイプは皮脂の汚れをしっかり落とし、刺激に注意する

ゆらぎ肌を改善する方法

ゆらぎ肌を改善するにはどうすればいいのでしょうか?改善方法をご紹介します。

クレンジング・洗顔

ゆらぎ肌の大きな要因の一つである乾燥を防ぐために、低刺激のクレンジングオイルや洗顔フォームを選ぶようにしましょう。
刺激が強いアイテムは、肌に必要なうるおい成分まで取り除いてしまうことがあります。
特に界面活性剤入りのオイルクレンジングなど、刺激が強いものは避けてください。

保湿ケア

バリア機能が低下している肌をサポートするために、保湿ケアを欠かさないようにしましょう。
保湿成分が配合された化粧水や乳液などを肌に塗布します。
スキンケアを行うときは肌を傷つけないように、優しく丁寧に染み込ませることが大切です。

生活習慣の見直し

健康的なライフスタイルであるかか、自分の生活習慣を一度見直すようにしましょう。
十分な睡眠時間が確保できていないと、肌のターンオーバーが乱れてしまい、肌トラブルに繋がります。
栄養バランスの取れた食事もゆらぎ肌を改善する上で重要です。
抗酸化作用の高いフィトケミカルが含まれたブロッコリーやトマトなどをスープにして食べることをおすすめします。
他にもストレスはゆらぎ肌の原因となるため、適度な運動などを行ってストレスをためないように意識するようにしましょう。

美顔器を使う

美顔器を使用してケアをするのもゆらぎ肌を改善する一つの方法です。
保湿成分を肌の深層部に行き渡らせる機能を持つ美顔器など、より効率的にスキンケアを行うことができます。
毛穴の汚れを解消できるウォーターピーリング、肌を柔らかくできるスチーマーなど様々なタイプの商品が販売されされているので、肌の悩みに合った美顔器を選ぶようにしましょう。

美顔器の効果的な使い方については「美顔器の効果的な使い方について紹介!」で詳しく紹介しています。

  • Point
  • 低刺激のクレンジングオイルや洗顔フォームを選ぶ
  • 保湿ケアでバリア機能の低下を防ぐ
  • 美顔器を使って保湿成分を行き渡らせる

おすすめ商品をご紹介

リベラータの「ララルーチュRF」は様々な機能を持つ注目の美顔器です。
RF波、コアパルス、LEDトリートメントなどゆらぎ肌で悩んでいる人に嬉しい機能があります。
保湿ケアだけでなく、フェイスラインのたるみやシワを改善するEMS機能も兼ね備えており、多角的なスキンケアを行うことができます。

まとめ

今回の記事では「ゆらぎ肌ってどんな肌のこと?」「肌トラブルを改善するには?」と肌質やスキンケアに関して悩んでいる方に、ゆらぎ肌について詳しくご紹介しました。
季節の変わり目や生活習慣などが原因で肌の状態が悪化してしまうゆらぎ肌を改善するには、保湿ケアを行い、生活習慣を見直すことが大切です。
美顔器などの美容グッズを利用して効率的にケアを行うことをおすすめします。