Liberata

おすすめの安い脱毛器を紹介!機能性の高い製品や選ぶ際のポイント

「脱毛器に興味があるけど高いイメージがある」とお考えの方も多いのではないでしょうか?

確かに脱毛器は高いものも多く販売されています。

しかし、その価格帯は幅広く、中には1万円以下で購入できるものも少なくありません。

もちろん、コストだけで商品を選んでしまうと機能性や使いやすさなどで後悔することもあるので、多角的な視点で商品選びを行うことが大切です。

今回の記事では、おすすめの安い脱毛器を紹介します。

脱毛器を選ぶ際のポイントを紹介するので、自分にあった商品を選びましょう。

安い脱毛器の効果はあるの?

値段の安いものから高いものまで、さまざまなタイプの脱毛器が販売されています。

ただ、価格が安い脱毛器は効果があるのか疑問を抱いている方も少なくありません。

脱毛器は効果は値段と関係しているのでしょうか?

結論から述べると、価格が安くても効果を実感できる脱毛器は存在します。

 

機能が1つに特化していたり、利用できる期間が短かったりなどの理由で価格が安く設定されていますが、効果自体には問題がないのです。

ただ、値段に関わらず脱毛器で効果を実感できないという方も一定数存在するため、効果には個人差があるといえます。

安い脱毛器の費用相場

安い脱毛器はどれくらいの料金で販売されているのでしょうか?

脱毛器の費用相場は3万円程度ですが、1万円以下で販売されているものもあります。

ただ、コストだけで選んでしまうと、使用できる部位に制限があったり、すぐに使い切ってしまったりする可能性があるので、他のポイントも確認することが大切です。

次章で脱毛器を選ぶポイントを確認していきましょう。

安い脱毛器を選ぶ際のポイント

ここでは、安い脱毛器を選ぶ際のポイントを紹介します。

使用できる部位

脱毛器によっては使用できる部位に制限がある可能性があります。

「脱毛器を購入したのに処理したい部分に対応していなかった」などの事態にならないように、購入前に使用可能部位を確認することが大切です。

特に値段が安い脱毛器の中には、顔やデリケートゾーンなどに対応していないものもあります。

全身を脱毛器で処理したい方は使用できる範囲とコストのバランスを見て、最適なアイテムを決めるとよいでしょう。

1回の照射あたりのコスト

コストを重視している方は、購入時の値段だけでなく1回の照射あたりのコストを確認することが重要です。

数十万回から数百万回のものまで、照射限度の制限は脱毛器によって大きく異なります。

例えば、5000円で50万回の脱毛器は、1回の照射で0.01円になりますが、10000円で120万回の脱毛器は1回の照射あたり約0.008円となります。

このように販売価格だけで判断すると1回の照射あたりのコストが高く、長期的に考えて損をする可能性があるので、1回の照射あたりのコストも重要な判断ポイントです。

照射面積

スピーディーにケアをしたい方は照射面積に着目しましょう。

照射面積が大きいものは広い面積にレーザーや光が届くので、早く処理を進められます。

さらに、1回に照射できる面積が大きいほど照射回数が少なくて済むので、コストを抑えることも可能です。

また、照射面積が大きいものはムラのない仕上がりを目指せるので、脱毛器初心者の方にも向いています。

カートリッジの交換

カートリッジにどれくらいのレパートリーがあるかを確認することをおすすめします。

脱毛処理のしにくい脇などは専用のカートリッジに変えることでスムーズに処理できます。

また、照射範囲の広いカートリッジを選べば、スピーディーにケアを進められます。

さらに、カートリッジを交換できるタイプの脱毛器を選べば、使い切った後でも本体を新たに購入しなくてもカートリッジを交換すれば再び使用できるようになります。

脱毛の方法

脱毛器は大きく分けて「フラッシュ式」と「レーザー式」にわけられます。

フラッシュ式は光を照射するタイプで、レーザー式はレーザー光を照射するタイプです。

フラッシュ式は比較的照射面積が広く、スピーディーに処理を行えます。

しかし、薄い毛や産毛には反応しづらいので人によっては効果を感じないこともあります。

一方、レーザー式はピンポイントの処理に効果的です。

フラッシュ式よりもパワーが強いので効果を実感しやすくなります。

ただ、その分痛みを感じやすかったり、仕上がりにムラができやすかったりします。

口コミ

脱毛器を購入する際は、商品ページだけでなく、口コミも確認しましょう。

商品ページに掲載されている情報だけでは、本当に効果があるか判断できません。

もちろん、個人によって効果があるかは変わってきますが、ある程度口コミで情報を集めることで、信頼性の高さや実際の使用感を理解できます。

ブログやSNSなども併せて確認するとよいでしょう。

もちろん、全ての情報を鵜呑みにせず、信頼性のある情報を見極めることが重要です。

販売実績

販売実績も信頼性や商品の性能を見極める一つの判断基準です。

多くのユーザーから支持されている製品であれば、使いやすさや機能が優れていることが予想されます。

また、販売実績だけでなく、サポート体制なども確かめましょう。

サポート体制が不十分だと、万が一商品に不備があった際にすぐに対応してもらえないなどの事態に陥ります。

ただ、商品ページに掲載されている情報は大きく見えるように記載されている可能性があるので、複数の商品を比較することをおすすめします。

おすすめの安い家庭用脱毛器3選

最後におすすめの家庭用脱毛器をご紹介いたします。

トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4X



トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4Xは波長が比較的長く、皮下組織までアプローチして様々な毛質に対応できる医療機関での脱毛にも使用するダイオードレーザーで脱毛を行います。

トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4Xはダイオードレーザーを開発したレーザーの専門家が開発した製品で、全世界で500万人のユーザーがいる人気と性能がどちらも高い家庭用脱毛器です。

2週間に1度の簡単ケアで3か月後には、ツルスベなお肌にすることができます。

商品名 トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4X
価格 ・48,000円(2年保証)
・52,000円(3年保証)
おすすめユーザー 簡単なお手入れで脱毛したい方

\ おうちで簡単セルフ脱毛! /

詳細はコチラ

ケノン(KE-NON)



ケノン(KE-NON)はカートリッジ方式の脱毛器で、10段階の出力調整が可能です。

カートリッジは4種類、その1つに美顔器として使えるカートリッジがあるので美顔器としても使うことができます。

ケノン(KE-NON)は、ほくろに照射すると皮膚がんになるという噂がネット上にあります。

皮膚がんは紫外線などが原因ですが、ケノン(KE-NON)を含め、家庭用脱毛器は紫外線を照射しないのでがんになる心配はありません。

ケノン(KE-NON)は、日本人の肌に合わせて作られた日本製の脱毛器です。

出荷台数110万台以上という数字が、ケノン(KE-NON)が安全な脱毛器であることを証明しています。

商品名 ケノン(KE-NON)
価格 69,800円
おすすめユーザー 脱毛器と美顔器としても使いたい方

\ おうちで簡単セルフ脱毛! /

詳細はコチラ

スムーズスキン(SMOOTHSKIN)



スムーズスキン(SMOOTHSKIN)は、週に1度のケアで家庭用脱毛器でありながら、サロンクオリティの上質な脱毛が可能です。

センサーがお肌の色を感知して、自動的に出力調整を行うので面倒な出力調整から解放されるだけでなく、最適な出力で照射してくれるので高い脱毛効果が期待できます。

体毛が濃い箇所を処理するパワーモード、痛みに敏感な方に照射出力を弱めたジェントルモード、照射面積が広い箇所やメンテナンスケアに使えるスピードモードの3つの照射モードを選択できるのもスムーズスキン(SMOOTHSKIN)の魅力です。

商品名 スムーズスキン(SMOOTHSKIN)
価格 46,200円~52,800円
おすすめユーザー サロンクオリティの脱毛をしたい方

\ おうちで簡単セルフ脱毛! /

詳細はコチラ


 

自分に合った脱毛器を見つけよう

今回の記事では、脱毛器に興味がある方に向けて、安いおすすめ脱毛器を紹介しました。

「安い製品は本当に効果があるの?」と疑問をお持ちの方も多いですが、安い製品であっても効果が出るものは多く販売されています。

ただし、値段を問わず効果の感じ方には個人差があるので、その点を留意しておくことが大切です。

また、コストだけでなく、使用できる部位や照射面積、カートリッジなどをポイントにして選ぶことをおすすめします。

総合的にみて納得のいく脱毛器を選びましょう。