自分磨きナビ

自分磨きナビは美容・コスメに関する最新情報を配信します。

化粧水には使用期限がある?意外と知られていない化粧水のその後

大容量の化粧水を購入した場合や、いくつかの化粧水を使い分けている方の中には、使いかけの化粧水を長期間使い続けてしまうことがあります。

しかし実際には化粧水には使用期限があり、その期限を守る必要があるのです。

化粧水は自分のお肌につけるものであるため、誤った使い方をしていると、肌トラブルを招く恐れもあるでしょう。

この記事では、化粧水の使用期限や保管方法などを説明します。

自分が正しい方法で化粧水を利用できているのかを確認してみましょう。

化粧水の使用期限

食品に賞味期限があるのと同じように、化粧水にも使用期限が設けられています。

商品によってその期限が変わるものもありますが、ここでは一般的な化粧水の使用期限の目安を紹介しましょう。

開封前

日本の法律では、3年以上品質を保てるものについては使用期限を記載しなくて良いことになっています。

そのため使用期限の記載がなく開封していない化粧水は、3年程度を目安に使い切るようにしましょう。

注意すべき点は、購入時ではなく製造日から3年を計算するということです。

もちろん使用期限の記載があれば、その記載に従います。

開封後

一般的には、開封後の化粧水は3ヶ月程度で使い切ると良いと言われています。

記載されている使用期限は開封前の状態での期限であるため、開封後はワンシーズンで化粧水を替える習慣をつけると良いでしょう。

使用期限の確認方法

化粧水の使用期限は、ボトルの裏面・底面などに記載されていますが、食品のように年/月/日の記載ではなく、数字だけが並んでいるような理解が難しいものが多いです。

また、先ほども説明したように、化粧水の中には使用期限が記載されていないものもあるでしょう。

正確な使用期限が知りたい場合には、販売元に問い合わせるか販売サイトを確認すると良いです。

  • Point
  • 一般的な開封前の化粧水の使用期限は3年・開封後は3ヶ月。
  • 化粧水は使用期限の記載がないか、記載があっても分かりにくいものが多い。

期限切れの化粧水を気にしないで使った場合

化粧水の使用期限について説明しましたが、期限切れの化粧水を使用してしまった場合、どのような問題につながる恐れがあるのでしょうか。

特に使用期限を気にせずに化粧水を使ってしまう方は、具体的なトラブルを知っておきましょう。

化粧水の見た目

使用期限が切れた化粧水は、分離・変色・濁りなど見た目の変化が確認できることがあります。

このような変化は異物・雑菌の混入や成分の酸化による変質が起こっている可能性があるため、使用期限に関係なくすぐに使用を中止するべきでしょう。

見た目の変化と同じように、化粧水の匂いの変化・テクスチャーの変化が現れることもあります。

化粧水が購入時と同じ状態であるかは、常に確認するようにしましょう。

肌への影響

使用期限切れの化粧水を使用しても、本来期待できる効果が得られない可能性が高いです。

さらに、内容物の劣化によって肌トラブルを招いてしまう恐れもあるのです。

ここでは使用期限が切れた化粧水が招く肌トラブルについて説明しましょう。

【シミ・シワ・色素沈着を誘発する】
使用期限が過ぎて酸化した化粧水は、その内容物が肌を刺激する物質に変化します。

そのため、毎日のスキンケアでシミ・シワ・色素沈着を誘発してしまうのです。

つまり、肌を老化させると言っても良いでしょう。

酸化は皮を剥いたリンゴと同じように、空気と触れることで進むため、なかなか防止できません。

【ニキビや毛穴の黒ずみができる・増えてしまう】
開封した化粧水に細菌が入り込むと、化粧水の中で雑菌が増殖していきます。

そのような状態の化粧水を肌につければ、炎症・ニキビ・吹き出物ができたり、毛穴の黒ずみが目立ってしまう恐れがあるのです。

本来肌を美しい状態に保つべき化粧水によって、肌が汚れてしまうということです。

  • Point
  • 使用期限の切れた化粧水は分離・変色・濁ることがある。
  • 化粧水に何らかの変化がある場合には、期限に関係なく使用を中止する。
  •    

  • 使用期限の切れた化粧水は肌の老化や肌トラブルを招く。

化粧水の使用期限が切れた場合

使用期限が切れたからと言って、化粧水を捨てることをもったいないと感じる方もいるでしょう。

先ほども説明したように、使用期限切れの化粧水をお肌につけることはリスクを伴う行為です。

捨てるのではなく、肌に使う以外の方法で化粧水を利用できると良いでしょう。

ここでは、使用期限が切れた化粧水の使い道を紹介します。

掃除に使う

化粧水にはアルコールが含まれることが多いため、身の回りのものの拭き掃除に利用できます。

油汚れやしつこい汚れを落とすような成分は含まれていませんが、手垢汚れなどを簡単に落とせるのです。

化粧水には有害な化学物質が含まれていないため、小さなお子様やペットのいるご家庭でも安心して利用できるでしょう。

具体的には、化粧水をティッシュやコットンに含ませて、気になる部分を拭き掃除します。

綿棒を使えば、普段掃除が行き届かないような細かな部分も綺麗にできるでしょう。

水分量に注意する必要がありますが、化粧水を含ませた綿棒でキーボードの隙間を綺麗にすることも可能です。

曇り止めに使う

化粧水には鏡の曇りを抑える効果もあります。

化粧水をたっぷり含ませたティッシュやコットンでお風呂場や洗面台の鏡を拭き、仕上げに乾拭きをすれば、鏡の汚れを落としながら曇り止めとしての役割も果たすのです。

この効果を知っている方の中には、スキンケアに使用後のコットンを使って鏡掃除をすることが習慣化している方もいるようです。

お風呂場や洗面台の鏡は、洗顔・入浴の度に汚れてしまうため、なかなか綺麗な状態を保ちにくいものです。

化粧水を使った掃除なら、気軽に生活に取り入れることができるでしょう。

  • Point
  • 化粧水をティッシュ・コットン・綿棒に含ませて使えば、手垢汚れを落とせる。
  • 鏡掃除に化粧水を利用すると、掃除だけでなく曇り止め効果も得られる。

化粧水の保管方法

化粧水は使用期限以外に保管方法にも注意しなくてはいけません。

誤った方法で化粧水を保管してしまうと、使用期限よりも早く化粧水を劣化させてしまうのです。

正しい化粧水の保管方法を知り、その品質が定められた期間まで保てるようにしましょう。

保管場所

化粧水の保管方法の基本は、直射日光の当たらない涼しい場所での保管です。

多くの方は、化粧水を洗面所の上やドレッサーの上に置いているのではないでしょうか。

実は、その保管方法は日光が当たってしまう恐れがあり、最適な状態と言えないのです。

出し入れの手間かかりますが、化粧水は洗面所やドレッサーの引き出しの中にしまう習慣をつけましょう。

さらに、化粧水は湿気の多い場所の保管も適していません。

お風呂場は家の中でも特に高温多湿になりやすい場所になりますので、化粧水はお風呂に保管しないようにします。

また、冷蔵庫で化粧水を保管すると、使用の度に化粧水の温度が上下してしまいます。

化粧水は温度差に弱いという特徴もあるため「冷蔵庫での保管」が指定されている化粧水以外であれば、常温で保管するようにしましょう。

注意事項

保管場所以外に注意するべき点として、使いかけの化粧水への異物混入・雑菌混入を防ぐために化粧水の口の部分にはできるだけ触れないようにします。

人間の手には、目に見えない雑菌がたくさん付着していることを忘れないようにしましょう。

そのため、手ではなくコットンを使用して化粧水を使うと良いです。

化粧水を含ませたコットンは擦らないようにして肌に優しくプレスします。

また、空気に触れる時間を短くするために、化粧水の蓋はこまめに閉めるなどの心がけも必要です。

お気に入りの化粧水こそ、その品質を長く保てるように注意しながら扱いましょう。

また、化粧水が使用期限内に使い切れない可能性がある場合には、コットンなどにたっぷり化粧水を含ませて化粧水パックをするという手もあります。

化粧水パックを活用すれば、化粧水に含まれた美容成分をじっくりお肌に浸透させられるでしょう。

  • Point
  • 化粧水は常温で直射日光が当たらない場所に保管する。
  • 化粧水は温度変化に弱いため、冷蔵庫保管は適していない。
  • 化粧水の容器の口に触れると化粧水内に異物や雑菌が混入してしまう恐れがある。
  • 化粧水が期限内に使い切れない可能性がある場合には、化粧水パックなどで消費する手段もある。

まとめ

使用期限切れの化粧水を使うリスクや、化粧水の正しい保管方法を説明しました。

化粧水は毎日お肌につけるものであるため、その取り扱いはもちろん成分にもこだわらなくてはいけません。

超濃密プラセンタが含まれたリベラータの化粧水では、肌の奥までプラセンタを浸透させて肌バリアに栄養をチャージさせることができます。

リベラータの化粧水を使用し続ければ、ハリがある若々しい肌が手に入るでしょう。