自分磨きナビ

自分磨きナビは美容・コスメに関する最新情報を配信します。

混合肌に効果的な美容液とは?選び方や注意点もご紹介!

「混合肌を改善するのに美容液が効果的なのか」「美容液を選ぶときのポイントが分からない」と お悩みの方に向けて、混合肌と美容液について詳しくご説明します。

まずは混合肌の特徴をしっかりと理解した上で、美容液を選ぶことが大切です。

混合肌におすすめの美容液をご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

混合肌の悩みに美容液が効果的?

美容液は混合肌の悩みを集中的にケアするのに効果的です。

しかし、美容液には様々な製品が存在するのでケアの目的をはっきりさせてから美容液を選ぶことが求められます。

目的に合わない効果の美容液を使用しても意味がありません。

混合肌の特徴をまずは一緒に理解していきましょう。

  • Point
  • 美容液は混合肌の悩みを集中的にケアできる
  • 目的に合わない効果の美容液を使用しても意味がない
  • ケアの目的をはっきりさせてから美容液を選ぼう

混合肌とは

混合肌とはどのような肌質のことを指すのでしょうか?

他の肌質と比較して自分の肌タイプを見極めましょう。

混合肌【油分量多い×水分量少ない】

油分が多く、水分が少ない肌質の人は「混合肌」の可能性が高いです。

「インナードライ」とも呼ばれる肌質で、全体的にカサカサと乾燥しているのにも関わらず、Tゾーンや頬は毛穴が目立つなど皮脂が過剰に分泌されています。

混合肌の人は皮膚が硬い傾向にあり、ファンデーションが崩れやすいです。

乾燥と皮脂のどちらによっても肌トラブルが引き起こされる可能性があるので、ケアをしっかりと行うことが求められます。

混合肌のスキンケア方法については混合肌の人必見!混合肌の悩みを改善するスキンケア法をご紹介!をご覧ください。

乾燥肌【油分量少ない×水分量少ない】

油水分ともに少ない 肌は「乾燥肌」です。

キメは細かいですが、乾燥している状態は非常にデリケートなので注意する必要があります。

乾燥によって吹き出物やかゆみなどの肌トラブルを引き起こしたり、肌がざらつくようになったりする可能性が高いです。

冬やエアコンを使う夏など、季節によって乾燥しやすくなる人も多く存在します。

脂性肌【油分量多い×水分量多い】

油水分共に多い肌は「脂性肌」である可能性が高いです。

「オイリー肌」とも呼ばれることがあり、油っぽくテカリが見られる場合は脂性肌が考えられます。

うるおいや肌の弾力は十分ありますが、皮脂が分泌されやすいTゾーンやおでこなどに毛穴汚れやニキビができやすい特徴を持つ肌質です。

ファンデーションが崩れやすい肌なので、夕方になるとメイクが崩れて困るという人も多いのではないでしょうか?

普通肌【油分量適量×水分量適量】

「普通肌」の人は他の肌質と比較して全体のバランスが取れています。

うるおいが適度に保たれており、肌触りが滑らかです。

メイクも崩れにくく、乾燥や皮脂によって生じる悩みが少ないという特徴を持ちます。

しかし肌質は年齢や環境によって変化することがあるので、健康的な肌を保つためにケアを継続することが大切です。

それぞれの肌タイプに合った保湿方法を知りたい方は肌を保湿する効果とは?乾燥肌やオイリー肌それぞれにあった正しい保湿方法を解説!をご覧ください。

  • Point
  • 油分量多くて水分量少ない肌質は「混合肌」
  • 乾燥肌や脂質肌の人も肌トラブルが起きやすい
  • 肌質は年齢や環境によって変化することがあるので普通肌の人も注意

混合肌に合う美容液の選び方

混合肌の悩みを改善するにはどのような美容液を選べばいいのでしょうか?

保湿力

混合肌の人に必要なのは「保湿力」です。

肌が乾燥していると皮膚を守ろうとして過剰に皮脂が分泌されます。

しっかりと保湿ケアをすることで過度な皮脂分泌を抑制できるのです。

ハリのある肌を生み出すコラーゲン、角質細胞に必要なセラミド、保湿効果の高いヒアルロン酸などの成分が配合されている美容液を選びましょう。

紫外線によって引き起こされる乾燥にはビタミンC誘導体がおすすめです。

テクスチャー

美容液は継続して使用することで効果を実感できます。

続けてケアを行うためにも自分好みのテクスチャーの美容液を選びましょう。

液状タイプの美容液は角質細胞にまで深く浸透します。

乳液タイプは保湿力が高いです。

クリームタイプは集中的なケアに効果があります。

それぞれの特徴を把握した上で、肌質に合ったテクスチャーの美容液を選びましょう。

  • Point
  • 保湿力の高い美容液が効果的
  • 美容液は継続して使用することが大切
  • 自分好みのテクスチャーの美容液を選ぼう

混合肌のスキンケアは注意が必要!

混合肌のスキンケアで注意するべきポイントを紹介します。

クレンジングで肌をこすらない

クレンジングをするときに肌を傷つけないよう注意しましょう。

強くこすってしまうと肌がダメージを受ける可能性があります。

中指と薬指を使ってメイクを肌に馴染ませるように、クレンジングオイルを塗布していきましょう。

皮脂によって毛穴汚れが起きやすいTゾーン、小鼻、頬なども丁寧にクレンジングしてください。

目の周りや口周りは皮膚が薄くなっているので、より一層注意が必要です。

洗顔をしすぎない

洗顔をしすぎると肌のうるおいを保つのに必要な皮脂まで落ちてしまいます。

洗顔の頻度は1日2回が目安です。

起床時(メイクの前)とメイクを落とすときに洗顔をしましょう。

洗顔をするときは肌に刺激を与えないために、熱湯ではなくぬるま湯を使用することが大切です。

洗顔剤のすすぎ残しがないようにしっかりと洗い流しましょう。

スキンケアの順番を守る

スキンケアを行う際に順番を守ってケアを行うことが大切です。

まず、化粧水で肌の水分を補い状態を整えていきましょう。

次に美容液を使用して集中ケアを行います。

最後に乳液を使用してうるおいを肌に閉じ込めてください。

洗顔をした後は肌が乾燥しやすい状態になっているので、すぐにスキンケアを行いましょう。

正しいスキンケアの順番について知りたい方はスキンケアの正しい順番とは?各アイテムの種類や特徴・選び方についても解説をご覧ください。

  • Point
  • クレンジングの際は肌を傷つけないよう注意
  • 洗顔の頻度は1日2回が目安
  • 順番を守ってケアを行うことが大切

混合肌におすすめの美容液をご紹介

混合肌の人におすすめしたい美容液をご紹介します。

モイスチャー エクセレント セラム

保湿成分がたっぷりと配合された高濃度の美容液であるモイスチャーエクセレントセラム

プラセンタエキスとα-アルブチンがハリのある肌を生み出します。

乾燥や小じわなどのエイジングの悩みも解決できるので、肌に変化が見られ始めたかにも人気です。

ローションタイプの美容液でもっちりとした肌質を生み出します。

まとめ

今回の記事では「混合肌の悩みを解決するのに美容液とは?」「混合肌に効果的な美容液の選び方は?」と疑問をお持ちの方に向けて、混合肌と美容液について詳しくご説明しました。

混合肌とはインナードライとも呼ばれる肌質で、乾燥しやすいのにも関わらず、皮脂の分泌量が多いという特徴を持ちます。

美容液は混合肌の悩みを改善するのに効果的です。
混合肌を改善する美容液を選ぶ際は保湿力の高さとテクスチャーに注意しましょう。

スキンケアを行う際は肌を傷つけないように意識して、スキンケアグッズの順番を守って使用することが大切です。

美容液選びで悩んでいる方はおすすめの美容液「モイスチャー エクセレント セラム」をぜひ使用してみてください。

リベラータ
LINE公式アカウント

お得なキャンペーンや抽選などを
配信してまいります!!
あなたの肌診断実施中!