Open

BLOG

美顔器の効果とは?おすすめの美顔器も紹介!

美顔器の効果とは?

美顔器を使用することで得られる効果は美顔器のタイプにもよりますが、様々なものがあり、

・ほうれい線を目立たなくする
・シワを目立たなくする
・たるみを改善してリフトアップする
・毛穴を目立たなくして、肌をなめらかにすることができる
・ニキビをできにくくすることができる
・美白効果がある
・保湿・美肌効果がある
・クマを目立たなくすることができる

簡単に挙げただけでもこれだけの効果が期待できます。

美顔器の種類別の機能について

スチーマータイプ

温かい蒸気を肌に当て、毛穴を開かせたり、肌を柔らかくすることができる美顔器です。

細かい粒子の水蒸気を肌に当てることで、肌表面だけでなく肌の奥まで潤いを届けることができるので、乾燥肌には有効ですが、リフトアップやたるみへの効果はありません。

超音波タイプ

超音波美顔器は、微細な振動を肌に与えることにより、汚れを浮き上がらせて落としたり、美容液の浸透を高めたりする、という美顔器です。

この「超音波」については単なる振動に過ぎないので、美容効果についてはエビデンスが不明です。

超音波の振動で美容成分を微細にすることにより浸透を高めることを謳う美顔器がありますが、分子が細かくなったからと言って、浸透が高まるとは限りません。

イオン導入タイプ

イオン導入は、電気的な力を与えることで水溶性の有効成分をマイナスイオン化し、浸透させる方法です。

成分がイオン化することによるph変化で、肌への刺激が生じる上に、美容に有効な成分の中でイオン化できるのはビタミンCのみとも言われています。

コラーゲンやヒアルロン酸などはイオン化することはできず、また、美容成分によってはイオン化することで成分が変化してしまうものもあります。

エレクトロポレーション(コアパルス)タイプ

エレクトロポレーションとは、特殊な電気パルスにより、皮膚細胞に一時的に隙間を作り、安全に有効成分を肌の奥まで届けることができる技術です。

イオン導入では導入できないコラーゲンやヒアルロン酸も浸透させることができ、また、イオン化に伴うph変化がないので、お肌に刺激を与えることがありません。

また、美容成分を変化させることなく肌の奥まで浸透させることができます。

EMSタイプ

筋肉に微弱な電流を流し、表情筋を刺激して収縮させる美顔器です。

たるみの原因になる筋肉の衰えに直接アプローチできるので、むくみ・たるみ解消とフェイスラインのリフトアップ効果、ひきしめ効果があります。

たるみでお悩みの方には一番オススメの機能となります。

RFタイプ

RFとは「Radio Frequency」の略で「ラジオ波」と呼ばれる高周波のことです。

肌内部の水分に反応して肌を温め、血流の循環を促し、美容液の浸透を高めます。

また、新陳代謝を活性化させ、肌のターンオーバー周期を整えたり、肌奥のコラーゲン組織に刺激を与え、コラーゲンの産生を促します。

LEDタイプ

LED美顔器は、LEDの光を肌に照射することで血行を良くしたり、細胞の代謝を活性化したりする効果があります。

LEDの光の色によって、その効果に違いがあります。

「青」は殺菌効果があるので、ニキビ対策に有効です。

「赤」はコラーゲン産生を刺激し、自然治癒力を早めたり、肌のくすみ改善やハリをもたらす効果があります。

「黄色」はメラニンの排出を助けたり、新陳代謝を促進し、肌のターンオーバーを正常化させます。

ローラータイプ

顔の上でコロコロと転がしマッサージする美顔器です。

電源を必要としない美顔器なので、手軽に使用できることも魅力の1つです。

顔のたるみやシワ、ほうれい線など、気になる部分に美顔ローラーを当て、コロコロと転して使います。

接触面がゲルマニウムなどで作られているものが多く、主に血流促進を目的とします。

滞っていた老廃物が流れることで、むくみやくすみの改善が期待できます。

美顔器のメリット・デメリット

美顔器のメリット

自宅で簡単に使用することができる

美顔器のメリットは、何より、自宅で簡単にエステ並みのケアができることです。

エステに通うには時間と費用がかかりますが、美顔器を一台買ってしまえば、面倒な予約など一切いらずに、好きな時にケアすることができます。

エステに比べ安く肌をケアすることができる

一般的なフェイシャルエステは1回5,000円〜10,000円くらいの費用がかかります。

また、1回でたるみなどのお悩みが解消するわけではありませんので、何回か通う必要があります。

1年間、月1回通うと想定すると、年間で60,000円〜120,000円もの費用がかかってしまいます。

短時間で使用することができる

エステに通うとなると、予約を取ったり、現地まで行く準備、時間の調整など、意外と時間と手間がかかるものです。

それが、自宅に美顔器一台さえあれば、外に出るために着替えたり、ヘアスタイルを整えたり、前後の予定を気にしたりせず、自由な時間に手軽にケアできます。

美顔器のデメリット

購入前に試すことができない

家電量販店等に商品がある場合は、試せる場合もありますが、基本的に美顔器はお化粧を落とした、すっぴんの状態で使うものがほとんどなので、顔で試して購入することが難しい商品ではあります。

費用が高い

美顔器の価格は家庭用のものでも10万円程するものから、1万円前後で手に入るものまで、様々な価格帯のものがあります。

また、商品の機能性や保証内容、壊れにくさ等は価格に比例することが多いので、より良い効果を得たいということであれば、それなりに予算を高くする必要があります。

使い慣れるまでに時間がかかる

美顔器によっては、様々な機能が搭載されており、それぞれの機能を独立して使用することができるので、使い方を覚えるまでは大変かもしれません。

しかし、慣れてしまえば、一台でクレンジングから保湿、リフトアップのケアまでできるものもあるので、エステに通うよりも短時間で質の高いケアを行うことができます。

おすすめの美顔器とは?

ララルーチュRFは一台に
・エレクトロポレーション(コアパルス)
・EMS
・RF(ラジオ波)
・LED3色(赤・青・黄)
・ゲルマ配合半導体チップ
の5つの機能が搭載された、多機能な美顔器です。

ララルーチュRFの一押しの機能「コアパルス」はエステサロンでよく使われる「エレクトロポレーション(電気穿孔法)」技術を家庭用に応用したものです。

これまで、美容成分の浸透を追求した機能には「イオン導入」と「超音波」がありました。

イオン導入はイオン化させることにより、有効成分を浸透させるものですが、イオン化できない成分(コラーゲン・ヒアルロン酸・プラセンタなどの高分子成分)は浸透させることができません。

また、イオン化することで成分が変化したり、お肌に刺激を与えてしまうこともあります。

超音波は振動により美容成分を浸透させる、というものですが、振動によるマッサージ効果や汚れを浮き上がらせる効果は得られるものの、「美容成分の浸透」という視点ではエビデンスがないため、効果的とは言えません。

一方、ポレーションについては医療認可もされている技術です。

ノンニードルセラピーとも言われ、特殊な電気パルスにより、一時的に皮膚の細胞と細胞の間に隙間を作ることで、高分子成分(コラーゲン・ヒアルロン酸・プラセンタなど)を肌深部までダイレクトに浸透させます。

その浸透力はイオン導入の約20倍とも言われています。

塗るだけでは届かない、コラーゲン・ヒアルロン酸・プラセンタなどのお肌の若々しさを保つために必要な有効成分を、肌の奥までそのまま届けることができるので、ハリと潤いのある美肌を保つことができます。

また、美白美容液を使用することで、気になるシミ部分に美白成分をそのまま届けることもできます。

他にも、
・EMS→リフトアップ・しわ、たるみ改善・むくみ解消
・RF(ラジオ波)→ハリ・ツヤUP
・LED3色(赤・青・黄)→ニキビ対策・美白・シミ予防・
・ゲルマ配合半導体チップ→ターンオーバーの正常化
といった、様々な効果が得られる、多機能な美顔器です。

また、電源を入れると全ての機能が同時に作動するので、使用方法を覚える手間がありません。

ご自宅に届いたら電源を入れて、すぐに気軽にお手入れできます。

また、充電をする必要もありませんので、思い立ったらすぐにお手入れしていただけます。

まとめ

一口に美顔器といっても様々な機能、価格帯のものがあります。

本格的なケアを必要とするのか、緩やかな効果で良いのか、望む効果によっても買うべき美顔器は変わってきます。

全般的に価格の安い商品ではないので、本当に自分が得たい効果を得られるのかを良く検討して選択しましょう。

また、何度か使って終わりというものではなく、日常的に使い続けるものですので、保証内容や製品の品質を考慮して購入した方がいいでしょう。