Open

BLOG

横顔のフェイスラインが無いのはなぜ?原因・改善策を知って今すぐ対策しよう!

「横顔のラインがぼやついてしまう」「顔は太って見える」と横顔から見えるフェイスラインで悩みを抱えている方に、原因や改善方法を詳しくご説明します。
フェイスラインのたるみには様々な要因が考えられますが、ケアを行っていくことが大切です。
おすすめの美顔器も同時にご紹介しますので、顔をすっきりと見せたい人はぜひ参考にしてみてください。

横顔のフェイスラインとは

フェイスラインとは簡単に言えば「顔の輪郭」のことを指し、あご先からからこめかみ、さらに髪の生え際までの肌の見えるラインです。
フェイスラインがすっきりとしている人は、若々しくシャープな印象を与えます。
逆に横顔のラインがもたついている人は、全体的にぼんやりとした印象を与え、老けて見られることが多いです。
横顔から見えるフェイスラインを美しくすることで、スタイルも良く見せることができます。

横顔のフェイスラインがない原因

横顔のフェイスラインがない原因には何が挙げられるでしょうか?原因を詳しくご紹介します。

余分な脂肪

全体的にぽっちゃりとしている人は、顔周りにも余分な脂肪がついています。
特に顔周りが太りやすいという人は、あごや首などがもたつき、境目がはっきりとしません。
身長に対して標準体重を超えている肥満体質の人は、余分な脂肪を解消することが必要です。
ただし、急減なダイエットは体に悪影響を及ぼす可能性があるので避けましょう。

皮膚のたるみ

無理なダイエットやストレスで体重が急減すると皮膚が余ってしまい、たるみが目立つようになります。
「体重は減っているのに顔周りはすっきりと見えない」という人は皮膚がたるんでいる状態です。
皮膚のたるみを防ぐために。無理なダイエットを避けてストレスをためないように改善していきましょう。

表情筋のたるみ

目のまわりやほほ・口のまわりにある表情筋が衰えてしまうと、フェイスラインがもたついてしまいます。
年齢を重ねたり、普段表情筋を動かしたりしないと、筋肉が緩んでしまうため、顔周りがすっきりとしないことが多いです。
日本人は表情筋の3割しか日常的に使用していないと言われており、残りの7割は普段使われることがありません。
顔の体操やマッサージなどで表情筋を鍛えることが大切です。

猫背

「スマートフォンを見ているときについつい猫背になってしまう」「デスクワークでずっと同じ姿勢をとっている」という人は猫背である傾向が高いです。
猫背は首の皮が引っ張られてしまい、顔まわりの皮膚がもたつく原因となります。
自分では猫背ではないと思っていても、無意識のうちに姿勢が悪くなっていることがあるので、意識して綺麗な姿勢を保つようにしましょう。

口呼吸

口呼吸は鼻から上の筋力が衰えてしまうため、横顔のフェイスラインがたるむ原因です。
さらに、鼻ではなく、口を使って日常的に呼吸をしている人は、口をいつも開けているため、だらしない印象を与えてしまいます。
口角が下げたり、ハリをなくしたりしないために口呼吸の人は改善が必要です。

むくみ

むくみや老廃物の停滞はフェイスラインのたるみに繋がります。
アルコールや塩分を多量に摂取している人や、運動不足の人は特に注意が必要です。
顔がむくんでいると他人に太った印象を与えてしまうので、マッサージなどでリンパの流れを促進するようにしましょう。

  • Point
  • 脂肪や皮膚・表情筋のたるみがフェイスラインがはっきりしない原因となっている
  • 口呼吸をすると顔の筋力が衰えてしまうため、鼻呼吸を意識する
  • マッサージはリンパの流れを促進してむくみの解消に繋がる

フェイスラインのたるみを改善する方法

フェイスラインのたるみを改善するのに効果的な方法をご紹介します。

マッサージを行う

顔周りの筋肉が衰えていくのを防ぐためにマッサージは効果的です。
第一関節、第二関節の間の平面を使って首と頭蓋骨の境目あたりをマッサージしていきます。
耳から頭の中心に向かって3回ずつ行っていきましょう。
ジグザグと握り拳を小刻みに動かすのがポイントです。

ツボを押す

耳たぶの真裏にある「翳風(えいふう)」をゆっくりと時間をかけて押していきましょう。
翳風のすぐ後ろにある「翳明(えいめい)」もフェイスラインの引き締めに効果的です。
ぐるりと回るように刺激をすることで、むくみの解消だけでなく、目の疲れも解消することができます。
神経などが集結している場所なので、強く刺激を与えすぎないように注意することが大切です。

リフトアップに効果的なツボは「リフトアップに効果的なツボとは?たるみの原因や解消方法をご紹介」で詳しく紹介しています。

姿勢を正す

仕事中デスクに座っているときなど、無意識のうちに猫背になっているということはありませんか?
姿勢が悪いと肩甲骨がゆがみ、頭部が前に出てきてしまいます。
頭部が前に出ることであごの筋力が弱化し、顔がたるんでしまうのです。
姿勢を改善するためのストレッチなども取り入れることをおすすめします。

食事に気を付ける

肌のハリを保つためには「コラーゲン」を意識的に摂取するようにしましょう。
軟骨、牛スジ、牛テール、豚バラ肉、豚足、鶏の皮、手羽先などの食材には動物性コラーゲンが多く含まれています。
スッポン、フカヒレ、うなぎなどの海洋性食品にもコラーゲンが含まれているので、意識して食事に取り入れることが大切です。

コラーゲンの効果は「コラーゲンの効果って何?美肌を目指す人必見!」で詳しく紹介しています。

美顔器を使用する

美顔器を使用することでフェイスラインの引き締めを期待することができます。
多くの種類の美顔器が販売されていますが、マッサージ機能を持つ美顔器を選ぶようにしましょう。
例えば、RF(ラジオ波)や、EMS(電気刺激)の機能を持つ美顔器はたるみを改善するのに効果的です。

美顔器でむくみを解消する方法は「美顔器のリフトアップ効果とは?選び方やおすすめの美顔器も紹介」で詳しく紹介しています。

  • Point
  • マッサージやツボ押しを日頃取り入れることでたるみの解消に繋がる
  • 正しい姿勢はフェイスラインの改善にも効果的
  • コラーゲンは肌のハリを保つために積極的に摂取しよう

おすすめの美顔器をご紹介

リベラータ「ララルーチュRF」

リベラータの美顔器「ララルーチュRF」は様々な悩みに対して総合的にケアを行うことができる美顔器です。
美容成分の浸透をサポートする「コアパルス」や、肌のターンオーバーを整える「半導体チップ」、効果的なスキンケアを行うことができる「3色LED」などがあります。
特にフェイスラインのたるみが気になる人には嬉しい「EMS」や「ラジオ波」の機能もあり、数々のメディアで注目を集めているアイテムです。

まとめ

今回の記事では「フェイスラインの引き締めを行うにはどうすればいいの?」「横顔のフェイスラインがないように見えるのはどうして?」と疑問を抱えている方に向けて詳しくご説明しました。
表情筋の衰えやむくみなど、様々な要因が孕んでいる顔周りのたるみを解消するには、食事や睡眠など健康的な生活を意識することが大切です。
ツボ押しや表情筋の体操、美顔器を使ったマッサージなども効果的なので、自分に合ったケア方法を見つけるようにしましょう。
ララルーチュRFはフェイスラインの引き締めに効果的なEMS機能を完備しています。
顔をシャープに見せたいという人はぜひチェックしてみてください。

リベラータ
LINE公式アカウント

お得なキャンペーンや抽選などを
配信してまいります!!
あなたの肌診断実施中!