自分磨きナビ

自分磨きナビは美容・コスメに関する最新情報を配信します。

肌の赤みの原因とは?予防法や改善方法についても解説!

お肌に関する悩みで多く挙げられるのが「肌の赤み」。

特に、敏感肌の人で肌の赤みに関して悩んでいる人が多く見受けられます。

赤みをなくそうとスキンケアを頑張っても、改善されないという敏感肌の人は多いのではないでしょうか。

メイクなどで一時的にカバーできたとしても、すっぴんの時のお肌がキレイでないと気分も違ってきます。

そこで今回は、敏感肌、「肌の赤み」の原因や予防・改善方法について解説します。

敏感肌について

肌の赤みを引き起こしやすい原因として、敏感肌であることが理由に挙げられます。

この章では、敏感肌について詳しく解説します。

敏感肌とは

敏感肌とは、外部からの刺激に敏感な肌質です。

普通肌の人にとっては、何も刺激にならない物質でも敏感肌の人にとっては刺激となることがあります。

肌トラブルを引き起こしやすい傾向にあるため、悩んでいる人が多いのです。

普通肌の場合でも、様々な要因で敏感肌になってしまうことがあります。

そのため、現在は敏感肌ではないという人も、将来的に敏感肌になる可能性があるため、気をつけましょう。

敏感肌になってしまう原因

敏感肌になってしまう原因として、肌のバリア機能が低下していることが考えられます。

肌のバリア機能とは、皮膚上に十分な水分を保ち、刺激を受けにくい状態にする機能です。

バリア機能が低下する原因は様々ですが、間違ったスキンケア、肌のターンオーバーの乱れ、紫外線等による外部からのダメージなどが挙げられます。

他にも、睡眠、食事、運動など、生活習慣が乱れていると、肌のバリア機能が低下しやすいため、注意が必要です。

敏感肌のトラブル

敏感肌のトラブルの代表例として挙げられるのが「肌の赤み」です。

外部からの刺激を受けることで、炎症を引き起こしたり、毛細血管が拡張したりして肌に赤みが生じてしまいます。

さらに、敏感肌の人は、肌の赤みだけでなく、かゆみや、湿疹、ニキビなどを伴うことがあります。

そのため、肌トラブルを引き起こしやすい傾向にある敏感肌の人は、肌が荒れないようにしっかりと対策をすることが大切です。

  • Point
  • 敏感肌とは外部からの刺激を受けやすい肌質
  • 敏感肌になってしまう原因は肌のバリア機能が低下するから
  • 敏感肌の人は、肌の赤みだけでなく、かゆみや、湿疹、ニキビなどの炎症を伴うことがある

敏感肌の赤みの原因とは?

敏感肌で赤みが生じる原因には、何が挙げられるでしょうか?

赤みが生じてしまう原因を紹介します。

外的要因

外的要因とは、外部からの刺激によって肌に赤みが引き起こされる場合を指します。

外的要因は自分でコントロールしやすいものと、コントロールしにくいものに分けられますが、それぞれの具体例は以下の通りです。

自分でコントロールしやすい外的要因

・冷え
・化粧品
・衣服
・エアコン
・紫外線

自分でコントロールしにくい外的要因

・湿度の変化
・汗
・ほこり
・ダニ

紫外線は肌に大きなダメージを与えますが、日焼け止めクリームやUV対策アイテムでダメージを軽減させることができます。

しかし、自然発生する汗や、ほこり、ダニなどは自分で防ぐのが難しいです。

内的要因

内的要因とは、体の内側が変化をすることで肌に影響が出る要因のことを指します。

内的要因の具体例は以下の通りです。

・心理的疲労
・睡眠不足
・生理
・妊娠
・更年期障害
・ストレス
・栄養の偏り
・暴飲暴食

特に、生理や妊娠の時期に崩れやすいホルモンバランスですが、ストレスや心理的疲労を感じても、ホルモンバランスが乱れやすくなります。

また、睡眠不足や栄養の偏りなど、生活習慣が乱れてしまうと、ターンオーバーの周期が乱れやすいです。

  • Point
  • 自分でコントロールしやすい外的要因には、冷えや紫外線が挙げられる
  • 汗や、ほこり、ダニなどは自分で防ぐのが難しい外的要因
  • 生理や妊娠、ストレスや心理的疲労などが内的要因

敏感肌の赤みの予防・改善方法

炎症による肌の赤みも、毛細血管拡張による肌の赤みも、どちらも肌のバリア機能を回復させることが必要となります。

また、日頃から肌のバリア機能を整え、炎症が起こらないようにすることも肌の赤みを解決するために重要です。

そこで、肌の赤みを予防・解決する具体的な方法を紹介します。

乾燥を抑える

汗と皮脂でできた皮脂膜と水分を蓄える角質層によってバリア機能は形成されています。

バリア機能が正常に働くようにするためには、肌のうるおいを保つことが何よりも重要なのです。

また、乾燥したお肌はより炎症を起こしやすいためそのまま放ってくと悪循環となってしまいます。

普段から肌が乾燥してしまわないようにする事で、肌の赤みを抑えることにつながります。

スキンケアを見直す

乾燥を抑えるために、まずは自分にあったスキンケアを心がけましょう。

敏感肌用や保湿に特化した製品を選んでみてください。

洗顔後は化粧水で肌に水分を与え、うるおいを閉じ込めるために乳液やクリームでふたをします。

この時、肌をこすって刺激を与えてしまわないようやさしく押し込むようになじませます。

また、洗顔などで肌をこすってしまう事も乾燥の原因なため、しっかり泡だてた洗顔料で優しく撫でるように洗ってください。

熱いお湯を使うと必要な皮脂まで流してしまうことがあるので、水またはぬるま湯で流す事も大切です。

紫外線対策をする

紫外線もまた、肌のバリア機能を低下させる要因です。

微量な紫外線であっても繰り返し浴びることで肌はダメージを受け、乾燥してしまいます。

紫外線は1年中降り注いでいるので、季節を問わず対策する必要があります。

外出する際は必ず日焼け止めを塗ることを心がけましょう。

日傘やUVカット成分が配合された上着を着ることも効果的です。

また、意外と忘れやすいのが室内にいるときの紫外線対策です。

窓からの日差しだけでも肌は紫外線の影響を十分に受けるので、カーテンやフィルムなどで紫外線をカットするようにしましょう。

生活習慣を整える

乱れた生活習慣は肌の赤みの原因です。

健康的な生活習慣を心がけ、体の内側からも肌の赤みを予防しましょう。

栄養バランスの整った食事や十分な睡眠、適度な運動は健康的なお肌のために重要です。

またエアコンのなどの使用は室内を乾燥させてしまうため、使い過ぎには注意し、加湿器などを上手に利用しましょう。

そして何よりもストレスを溜めないことが大切です。

ストレスを感じた時は自分なりの解消方法で適度に発散するようにしてください。

  • Point
  • 乾燥を抑えるために、スキンケアを見直そう
  • 肌のバリア機能を低下させないために、紫外線対策を徹底することが大切
  • 健康的な生活習慣を心がけ、体の内側から改善を目指そう

敏感肌の赤みを抑えるには?

予防方法がわかったところで、すでに起こってしまった肌の赤みを抑える方法を紹介します。

様々な方法があるので、自分にあったものを探してみてください。

炎症を鎮める治療薬

皮膚用の薬にはいろいろな種類がありますが、症状に合わせて使用することが大切です。

軽い炎症の場合には穏やかな作用のステロイド成分や抗ヒスタミン成分を配合したもので治療できます。

炎症が肌の弱い部分にある場合はノンステロイドタイプの鎮痒消炎薬の使用もおすすめです。

炎症がひどい場合や強いかゆみを伴う場合は、ストロングステロイドやミディアムステロイドを使用して早めに患部の炎症を抑えるようにしてください。

わからないことがある際は専門医に相談するようにしましょう。

美顔器を使用する

肌の赤みを解決するために、美顔器の使用もおすすめです。

美顔器というとシミやシワの改善、リフトアップへの効果を想像されやすいですが肌の赤みを引き起こす炎症や乾燥にも効果的です。

  • Point
  • 炎症が起きている状態は、治療薬などで治療を行うことが大切
  • 少しでも異変があったり、不安に感じたりしたら専門医に相談するようにしよう
  • 肌の赤みを解決するために美顔器がおすすめ

おすすめの美顔器「ララルーチュRF」を紹介

肌の赤みを抑えるのに効果的な美顔器について詳しく紹介します。

リベラータの美顔器ララルーチュRFは、肌の小ジワやくすみだけでなく乾燥やニキビも防いでくれます。

単にスキンケアするよりも、美顔器の使用によってより効果的に乾燥を防ぎ、バリア機能の回復を助けることで肌の赤みを抑えることができるようになります。

RF波

ララルーチュRFが搭載するRF波はお肌の中の水分に反応し、あたためる作用によって血流の循環を促します。

それによって美容液が浸透しやすいお肌をつくってくれます。

また、肌が温まることによって新陳代謝がアップし、肌のターンーバーが正常に機能するため、肌の赤みを改善するのにも効果的です。

特にむくみやたるみでお悩みの方は、RF波によるケアをおすすめします。

コアパルス

コアパルスという技術によって、皮膚細胞に一時的に隙間をつくり有効成分を肌の深層部まで浸透させることができます。

専用の美容液は不要で、自分にあった美容液を使ってケアすることが可能です。

肌の赤み改善にも効果的な美容成分を内部に届けることができます。

また、保湿効果が高い機能なので、ほうれい線やしわでお悩みの方にもおすすめです。

LEDトリートメント

ララルーチュRFは赤・青・黄の3色のLEDを搭載し様々なお肌の悩みに効果を発揮することが可能です。

特に青色LEDはアクネ菌を殺菌する作用があり、ニキビやニキビ跡による赤みを和らげてくれます。

乾燥だけでなくニキビなどの炎症自体にも効果があるため、肌の赤みをより早く改善することにつながります。

赤色LEDは、コラーゲン生成を促す働きがあり、シワやたるみを改善する機能です。

他にも、肌のクマやつや、ハリなどに効果的に作用します。

一方で、黄色LEDはリンパの流れを活性化し、細胞の修復を促進します。

角質層のターンオーバーが正常に機能するため、健康的な肌の生成が可能です。

まとめ

今回の記事は、肌の赤みや敏感肌でお悩みの方に向けて原因や改善方法を詳しく解説しました。

敏感肌は「外部からの刺激に敏感な肌質」です。

肌のバリア機能が低下している状態なので、肌の赤みやかゆみ、炎症などを引き起こしやすくなります。

汗やほこりなどの外的要因から、ストレスや睡眠不足、栄養の偏りなどの内的要因まで、敏感肌になってしまう原因は様々です。

スキンケアや生活習慣を見直したり、紫外線対策を行ったりすることで、敏感肌や肌の赤みの改善が期待できます。

リベラータの「ララルーチュRF」は、複数の機能を兼ね備えた多機能美顔器であるため、あらゆる角度から肌質の改善を目指すことができます。

敏感肌や肌の赤みに対して、効率的にケアを行いたいという方は、ぜひチェックしてみてください。

リベラータ
LINE公式アカウント

お得なキャンペーンや抽選などを
配信してまいります!!
あなたの肌診断実施中!

関連テーマから探す