自分磨きナビ

自分磨きナビは美容・コスメに関する最新情報を配信します。

シミを消す方法とは?セルフケアによるシミの改善方法やおすすめの美顔器を紹介!

「シミを消すにはどうすればいいの?」「シミを改善するのにおすすめの美容グッズは?」と疑問を抱えている人に向けて詳しくご説明していきます。

さらにシミにはセルフケアで改善することのできるものとできないものに分かれるので、それぞれの特徴やシミを改善する方法、おすすめの美顔器についてご紹介していきます。

シミの種類

シミにはセルフケアで改善ことのできるシミとそうでないシミがあります。

それぞれの特徴をご紹介していきます。

セルフケアで改善することができるシミ

老人性色素斑

「日光性色素斑」とも呼ばれているシミの一種で、円形や楕円形に近い形状をしています。

名前から分かるように加齢にともなってできやすく、紫外線が主な原因です。

屋外でスポーツをやっているなど紫外線を浴びる機会が多い人は20代のうちからシミが出現することもあります。

さらにターンオーバーが乱れたり、ストレスを受けたりするとシミができやすくなるので注意は必要です。

炎症性色素沈着

ニキビ跡や虫刺されなど炎症が起きた後に色素沈着してできたシミのことを「炎症性色素沈着」といいます。

肌に炎症が起きてしまうとメラニンを生成するメラノサイトが刺激されて、シミができやすくなってしまうのです。

洗顔やスキンケアのときに顔を強くこすって傷つけてしまったり、ニキビをつぶしてしまったりなども原因です。

肝斑

肝斑とは両ほほ骨に沿ってできて左右対称に同じ形で現れるシミです。

肝斑は女性ホルモンが大きく関係しているとされており、ホルモンバランスが崩れた際などにシミができることがあります。

輪郭がはっきりとしておらず、もやっと広がっているのが特徴的です。

強い刺激を与えてしまうなど物理的な刺激が要因になることもあります。

紫外線により悪化することがあるため、日焼け止めなどで紫外線対策を行うことが大切です。

セルフケアでの改善が難しいシミ

そばかす

そばかすは遺伝的にできるシミの一種で「雀卵斑」と呼ばれることもあります。

色白の人によく見られるのが特徴的です。

一般的に幼少期にそばかすが出現しますが、成長に伴って色が濃くなっていき、増えていきます。

しかし思春期を越えると薄くなっていく傾向にありますが、個人差があるタイプのシミです。

遺伝要因のシミであるものの、紫外線によって皮膚がダメージを受けると、色が濃くなることもあるので紫外線対策を行うことが大切になります。

花弁状色素斑

強い日焼けが原因でできるシミが「花弁状色素斑」です。

背中から肩にできることが多く、茶色から黒褐色で花弁状の小さなシミが多くできることがあります。

海水浴などの後に見られるシミです。

  • Point
  • 老人性色素斑、炎症性色素沈着、肝斑はセルフケアで改善できる
  • そばかす、花弁状色素斑はセルフケアでの改善は難しい

シミを改善する方法

シミを改善にはどのようにケアを行えばいいのでしょうか?

シミの改善方法をご紹介します。

洗顔を見直す

洗顔方法が間違っているとシミを悪化させる可能性があります。

メイクを落とそうとして強く擦るのは逆効果です。

擦られて刺激を受けた皮膚は危険信号を感じて、シミをつくるようになります。

洗顔をするときはしっかりと泡立てて、メイクはクレンジング剤を使用して落としましょう。

食べ物を見直す

シミの改善には食生活を見直すことも大切です。

ここからはシミを目立たなくする効果が期待できる食べ物を紹介しましょう。

積極的に食事に取り入れるようにしてください。

ビタミンCを多く含む食べ物

ビタミンCにはシミの原因であるメラニン色素の過剰な生成を抑えて活性酸素を抑制する効果があります。

ビタミンCは体の中で蓄積することができない栄養素ですので、一度にたくさんを食べるのではなく、毎回の食事で取り入れられると良いでしょう。

【ビタミンCを多く含む食べ物の具体例】
のり、レモン、ピーマン、ブロッコリー、トマト、キウイ、ミカン、イチゴ
※柑橘類やキウイには食べた後に紫外線を浴びるとシミができやすくなる“ソラレン”が含まれているので、摂取は夜にしてください。

ビタミンEを多く含む食べ物

ビタミンEは「若返りのビタミン」と呼ばれ、活性酸素を抑制しつつビタミンCの働きを助ける効果があります。

脂と一緒に摂取すると吸収率が良くなるため、炒め物など調理の過程で油を使用するメニューで取り入れるようにしましょう。

ただし、ビタミンEは摂取量の上限がある栄養素なので、過剰摂取に注意してください。

【ビタミンEを多く含む食べ物の具体例】
アーモンド、うなぎ、モロヘイヤ、かぼちゃ、卵黄

Bカロテンを多く含む食べ物

Bカロテンは植物や動物に含まれる”カロチノイド”という色素成分で、人間の体内でビタミンAに変換されます。

そのビタミンAは、肌の新陳代謝を高めてターンオーバーを促す効果やニキビの予防・改善効果も期待できる栄養素です。

Bカロチンは必要な量のみがビタミンAに変換されるため、過剰摂取の心配はいりません。

【Bカロテンを多く含む食べ物の具体例】
シソ、人参、ホウレンソウ、スイカ

ピーリングを行う

ピーリングとは薬剤により角質を柔らかくすることで、古くなった角質を取り除く美容方法のことをいいます。

ピーリングはクリニックなどで行うだけでなく、家でもジェルやクリームを使用して行うことができるので人気です。

ピーリング後は肌が敏感になっているので、しっかりとスキンケアを行いましょう。

保湿ケアを行う

肌が乾燥してしまうと肌のターンオーバーが遅れてしまったり、老廃物がたまりやすくなったりする可能性があるので、保湿ケアはしっかりと行っていきましょう。

化粧水、美容液、乳液やクリームの順番でスキンケアを行うのが一般的です。

乾燥肌の人やオイリー肌の人は肌質に合った美容液を使用するようにするとより効果が期待できます。

美顔器を使用する

美顔器はおうちでできる本格的なケア方法として注目を集めている美容グッズです。

美顔器に掲載されている機能によって効果が異なりますが、一般的に保湿、シミ、シワ、くすみなどの改善につながります。

メイクアップの前や就寝前などに美顔器を使用すると、化粧のノリが良くなったり、肌に浸透しやすくなったりします。

紫外線対策をする

紫外線は肌にダメージを与える可能性があるので、日焼け止めなどでしっかりと紫外線対策を行いましょう。

紫外線は体内にビタミンDを生み出すので有害な面ばかりではありませんが、15分以上紫外線を浴びてしまうと過剰摂取になってしまいます。

直射日光には気をつけて、しっかりと紫外線対策を行っていきましょう。

  • Point
  • 間違ったケアはシミを悪化させてしまう
  • 内側からのケアは食べ物が大事
  • 美顔器を使えば自宅で簡単に本格的なケアができる

ためしてガッテンで放送された自力でシミを消す方法

NHKで放送されている「ためしてガッテン」では以前自力でシミを消す方法が紹介され、多くの方がその方法を試してシミへの効果を感じているようです。

番組を見逃した方のために、ここからは「ためしてガッテン」で紹介された方法をお伝えしましょう。

茶色いシミは摩擦が原因?

「ためしてガッテン」の番組内では、摩擦の少ない生活を続けるという実験を行いました。

実験後の肌を機械で測定すると、実験前の肌に比べて炎症の度合いが減少してシミの濃さも薄くなったことが分かりました。

つまり、この実験によって茶色いシミの原因は肌の摩擦が原因であることが立証されたということです。

ただし、その結果が自分の目で確認できるほどの効果に至るまでには数カ月程度の時間が必要であるため、長期的な考えで挑まなくてはいけません。

また、シミの全ての原因が摩擦だとは限りませんので、摩擦を止めれば全てのシミに効果があるとは言えないでしょう。

摩擦を減らすには

摩擦を減らした生活によってシミを改善させる効果が期待できることをお伝えいたしましたが、具体的になどのようにして摩擦を減らすのでしょうか?

自分は肌を大切に扱っていると思っていても、実際には化粧や洗顔・肌を触る癖などによって肌に刺激を与えてしまっています。

まずは、デジタルカメラやスマートフォンなどで自分のスキンケアの様子の動画を撮影し、客観的にみてみると良いでしょう。

仕事中や空いた時間などのふとした時に肌に触っていないかもよく考え、自分の行動を振り返ってみてください。

また、すぐに行える対策は下記のようなものです。

・やわらかい素材の化粧道具や洗顔方法などを選ぶ

・ホイップクリームのような優しい泡の洗顔を行う

自分の持っている癖や習慣を改善させるのは簡単ではないと感じるかもしれませんが、普段の生活の中で小さなことを変えていくだけでも、シミの改善効果が期待できます。

  • Point
  • 茶色いシミは摩擦を減らすことで改善できる
  • 普段の癖でも摩擦は起きている
  • 普段の癖を客観的に見ることが大切である

シミに効果のある成分

多くの女性がシミへの悩みや問題を抱えていることから、シミを改善させるためのスキンケア用品・ビタミン剤・ドリンクなどは非常に多くの種類が流通しています。

しかし、それぞれの成分にどのような役割があるのかが分かりにくいと言えるでしょう。

ここでは、シミに効果のある成分を分かりやすく説明したいと思います。

新たなシミを予防する役割

新しいシミができるのを予防する役割のある成分を毎日のスキンケアに取り込んでいれば、今あるシミの改善に取り組みながら、これ以上シミが発生しないようにできます。

これらの成分は美容液や化粧水に含まれることが多いので、その成分に注目してスキンケア用品を選ぶと良いでしょう。

【新たなシミを予防する役割がある成分の例】
・ビタミンC誘導体
・エナジーシグナル
・リノール酸S
・レチノール

ターンオーバーを促進させる役割

肌は定期的にターンオーバーによって一定のサイクルで生まれ変わっています。

このサイクルが乱れるとシミ以外にもニキビ・吹き出物・肌荒れなどのトラブルにつながるのです。

しかし現代の生活は寝不足・ストレス・ダイエットなどそのサイクルを乱しやすい環境であると言えるでしょう。

肌のターンオーバーを促進させる成分を取り入れれば、このサイクルが乱れることもなく肌を常に美しい状態に保てます。

【肌のターンオーバーを促進させる役割のある成分の例】
・プラセンタ
・セラミド

色素の沈着を抑える役割

シミの原因となるメラニン色素は本来肌のターンオーバーとともに排出されるのですが、このシステムがうまく働かないと肌の内部に色素が沈着してシミになってしまいます。

色素の沈着を抑える役割のある成分を使えば、シミの発生自体を防ぐことができるでしょう。

【肌への色素沈着を抑える役割がある成分の例】
・トラネキサム酸
・グリチルリチン酸ジカリウム
・グリチルレチン酸ステアリル
・アラントイン

美白成分配合のもの

いくつかシミの改善に効く成分をご紹介しましたが、この他にもさまざまなものがあります。

リノール酸やアルブチン、4-MSKなど種類がとても豊富です。

シミ消しクリームはさまざまな種類の成分が多様な配合になっていますので、これらの成分が入っているものを選べばよいでしょう。

  • Point
  • 成分によって効果のある役割が違う
  • シミに効果のあるクリームを選ぶと良い

おすすめ商品をご紹介

美容ケアにおすすめの美顔器をご紹介します。

リベラータの「ララルーチュRF」

リベラータの「ララルーチュRF』は小ジワ、くすみ、黒ずみ、乾燥、肌荒れなどの肌の悩みを改善してくれると定評があります。

EMS機能、LED、コアパルス、RF波など、それぞれの悩みを改善するための機能がたくさん備わっている美顔器です。

1日たったの5分でケアを行うことができるので忙しい人も手軽にケアを行うことができます。

まとめ

今回の記事では「シミを改善にはどうすればいい?」「消えるシミと消えないシミがあるって本当?」と疑問を抱えている人に向けて、シミの種類や改善方法について詳しくご紹介しました。

シミはホームケアで改善することのできるものと、できないものに分かれます。

セルフケアで改善ことができるか見極めて、ケアを行っていきましょう。

リベラータの「ララルーチュRF」はシミを改善するのに役立つアイテムです。

スキンケアや洗顔を見直し、美顔器などを利用して保湿を行っていくことが大切です。

リベラータ
LINE公式アカウント

お得なキャンペーンや抽選などを
配信してまいります!!
あなたの肌診断実施中!

関連テーマから探す