Liberata

自宅で脱毛はできる?家庭用脱毛器の効果や注意点を解説

近年、自宅で簡単に脱毛できる家庭用脱毛器の人気が高まっています。

医療脱毛やサロン脱毛に比べて、通う時間が掛からず費用も安いのでおすすめです。

最近では、VIOや顔を含めた全身を脱毛できる機種も増えています。

家庭用脱毛器は効果があるのか、実際に商品を比較しながら見ていきましょう。

自宅で脱毛するにはどうしたらいい?

カミソリ・除毛クリーム・脱毛テープ・家庭用脱毛器などで、自宅で簡単に脱毛できます。

特に家庭用脱毛器は、他のアイテムに比べて費用が掛かりますが、その分効果が高いです。

より効率的に脱毛したいなら、家庭用脱毛器がおすすめです。

自宅での脱毛とサロン脱毛どっちがいいの?

ここで、セルフ脱毛とサロン脱毛の違いについて説明します。

手軽に自分のペースで脱毛するなら『セルフ脱毛』

サロンに通う時間やお金がない・他人に裸を見せるのに抵抗がある方におすすめなのが、家庭用脱毛器でのセルフ脱毛です。

サロン脱毛の場合、カウンセリングを受けて契約した上で、予約を取りサロンに通わなければなりません。

なかなか予約が取れなかったり、次回まで長い期間を空けなければならなかったりと、自分のペースで脱毛することが難しい場合があります。

一方、家庭用脱毛器では、好きな時間に好きな場所で脱毛できます。

誰でも安全に使用できるように、サロンの機械よりも出力が低く、脱毛と脱毛の間に空ける期間も短くて済むのもポイントです。

ただし、背中やうなじ・VIOなど、手の届きにくい場所にムラができやすいので注意が必要です。

家族に協力してもらうなど工夫しましょう。

全身ムラなく脱毛するなら『サロン脱毛』

安心かつムラなく脱毛したいなら、プロが施術する医療脱毛やサロン脱毛がおすすめです。

特に医療脱毛では、永久脱毛ができるので、近年人気が高まっています。

1回ごとに価格が決まっており、回数を重ねるたびに費用が掛かってしまいます。

毛の量が多いと、その分多く通わなければなりません。

回数券を購入すると安くなる場合でも、通える期間が決められており、期限切れになり無駄にしてしまうこともあります。

家庭用脱毛器の種類は?

家庭用脱毛器には、レーザー式・フラッシュ式・ローラー式があります。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

レーザー式 フラッシュ式 ローラー式
脱毛効果 非常に高い 高い 低い
痛み 強い 弱い 普通
照射範囲 狭い 広い
脱毛部位 VIO、鼻下、指など狭い範囲 腹部、大腿部をはじめ全身の広い範囲 全身
価格 4万円程度 2〜5万円程度 1万円程度

部分脱毛に最適『レーザー式』

レーザー式は、医療脱毛で使用されることが多く、フラッシュ式よりもパワーが強いのが特徴です。

ただし、安全に使用できるように、医療用よりも出力が低く設定されています。

毛根の黒い部分に反応して毛を薄くしていく過程で、ゴムでパチンと弾かれたような痛みを伴うので、痛みに弱い方は注意しましょう。

照射口が狭いので、VIOや鼻下・指など部分的にしっかりと脱毛したい方におすすめです。

ムラなく仕上がる『フラッシュ式』

最も一般的で扱いやすいのが、フラッシュ式です。

照射口が広く、広範囲を照射できるので、一回のお手入れ時間が短くて済みます。

全身を効率的に脱毛したい方は、フラッシュ式を選ぶと良いでしょう。

毛根の黒い部分に反応して毛を薄くする仕組みはレーザー式と同じですが、パワーが弱めで痛みが少ないのが特徴です。

低価格で効率的にお手入れ『ローラー式』

ローラー式は、今生えている毛を抜くだけなので、効果は一時的です。

抜いた毛はまた生えてくるので、根本的な解決にはなりません。

しかし、他のものと比べて安価なので、手軽にムダ毛を処理したい方にはおすすめです。

脱毛機の選び方のポイント

ここからは、家庭用脱毛器を選ぶときに気を付けたいポイントを説明します。

脱毛したい部分にアプローチできるか

メーカーや機種によって、使用可能な部分が違います。

特に顔とVIOはデリケートなので、使用不可の機種が多く、注意が必要です。

購入前にしっかりとチェックしましょう。

照射レベルが選べるか

照射レベルが高いほど痛みも強くなります。

特に、VIOや顔は痛みを感じやすいので、断念しやすい部位でもあります。

照射レベルを自由に調節できれば、痛みを感じやすい部分を低レベルで照射するなど、オーダーメイドの施術が可能です。

痛みに弱い方は、冷却機能が付いた機種を選ぶのもおすすめです。

カートリッジの交換ができるか

家庭用脱毛器には、カートリッジを交換しなければならないものと、一回買い切りのものがあります。

追加費用が気になる場合、カくても良い機種を選ぶと良いでしょう。

安全かつより効果を実感するために

ここからは、家庭用脱毛器を使用する際の注意点を見ていきましょう。

使用前に無駄毛の処理を徹底する

家庭用脱毛器を使用する前に、しっかりとシェービングしておきましょう。

そうしなければ、生えている毛にダメージが集中し、毛根の中まで効果が届きません。

そればかりか、毛が熱を持って火傷の原因となるので注意が必要です。

脱毛後は冷却・保湿を心がける

脱毛後の赤みやひりつきを抑えるため、冷やした濡れタオルで冷却しましょう。

湯船に浸かったり激しい運動をしたり、体が過度に温まる行為も避けるべきです。

照射部位は乾燥しやすくデリケートになっているので、しっかりとした保湿が必要です。

普段から保湿することによって、毛根に光が通りやすくなり、次回の脱毛効果も高まります。

脱毛のペースを守る

脱毛は肌に負担を掛ける行為です。

メーカーが推奨しているペースを超えて使用するのはやめましょう。

また、同一箇所に重ねて照射すると、火傷や炎症を起こしてしまう恐れがあるので注意が必要です。

生理中や日焼けをしている日の使用は避ける

生理中や体調が悪いときは肌が敏感になっています。

また、日焼けは肌に炎症が起こっている状態です。

このようなときに脱毛を行うと、普段よりも痛みを強く感じたり、炎症を起こしやすかったりします。

脱毛は、体調が良く日焼けしていないときに行いましょう。

日焼けしにくい秋冬に始めるのがおすすめです。

おすすめの家庭用脱毛器3選

最後におすすめの家庭用脱毛器をご紹介いたします。

トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4X



トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4Xは波長が比較的長く、皮下組織までアプローチして様々な毛質に対応できる医療機関での脱毛にも使用するダイオードレーザーで脱毛を行います。

トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4Xはダイオードレーザーを開発したレーザーの専門家が開発した製品で、全世界で500万人のユーザーがいる人気と性能がどちらも高い家庭用脱毛器です。

2週間に1度の簡単ケアで3か月後には、ツルスベなお肌にすることができます。

商品名 トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4X
価格 ・48,000円(2年保証)
・52,000円(3年保証)
おすすめユーザー 簡単なお手入れで脱毛したい方

\ おうちで簡単セルフ脱毛! /

詳細はコチラ

ケノン(KE-NON)



ケノン(KE-NON)はカートリッジ方式の脱毛器で、10段階の出力調整が可能です。

カートリッジは4種類、その1つに美顔器として使えるカートリッジがあるので美顔器としても使うことができます。

ケノン(KE-NON)は、ほくろに照射すると皮膚がんになるという噂がネット上にあります。

皮膚がんは紫外線などが原因ですが、ケノン(KE-NON)を含め、家庭用脱毛器は紫外線を照射しないのでがんになる心配はありません。

ケノン(KE-NON)は、日本人の肌に合わせて作られた日本製の脱毛器です。

出荷台数110万台以上という数字が、ケノン(KE-NON)が安全な脱毛器であることを証明しています。

商品名 ケノン(KE-NON)
価格 69,800円
おすすめユーザー 脱毛器と美顔器としても使いたい方

\ おうちで簡単セルフ脱毛! /

詳細はコチラ

スムーズスキン(SMOOTHSKIN)



スムーズスキン(SMOOTHSKIN)は、週に1度のケアで家庭用脱毛器でありながら、サロンクオリティの上質な脱毛が可能です。

センサーがお肌の色を感知して、自動的に出力調整を行うので面倒な出力調整から解放されるだけでなく、最適な出力で照射してくれるので高い脱毛効果が期待できます。

体毛が濃い箇所を処理するパワーモード、痛みに敏感な方に照射出力を弱めたジェントルモード、照射面積が広い箇所やメンテナンスケアに使えるスピードモードの3つの照射モードを選択できるのもスムーズスキン(SMOOTHSKIN)の魅力です。

商品名 スムーズスキン(SMOOTHSKIN)
価格 46,200円~52,800円
おすすめユーザー サロンクオリティの脱毛をしたい方

\ おうちで簡単セルフ脱毛! /

詳細はコチラ


 

まとめ

今回は、家庭用脱毛器を使ったセルフ脱毛について説明しました。

サロン脱毛に比べ、家庭用脱毛器は自分のペースで脱毛できて、費用も抑えられます。

VIOや顔などには使用できない機種もあるため、購入前にしっかりとチェックしましょう。

脱毛後は冷却・保湿することで、赤みやひりつきを抑えられます。

家庭用脱毛器を正しく使って、美しい肌を手に入れましょう。