自分磨きナビ

自分磨きナビは美容・コスメに関する最新情報を配信します。

ほうれい線が目立つのは骨格のせい?原因や改善方法をご紹介

ほうれい線と骨格には深い関係があるということを知っていましたか?
実はほうれい線が目立ちやすい骨格が存在します。

さらに年齢を重ねるとほうれい線が目立つようになるのはどうしてでしょうか?
ほうれい線に関する疑問やマッサージや美顔器などのケア方法も同時にご紹介していきます。

ほうれい線ができる原因は骨格って本当?

「ほうれい線が目立つのには骨格が関係している」という噂を聞いたことはありませんか?
ほうれい線と骨格の関係性についてご説明していきます。

ほうれい線は「構造上の溝」

ほうれい線は加齢に伴って出来るものというイメージがありますが、実際は年齢に関わらず誰にでもある「構造上の溝」です。

年齢を重ねるとともにほうれい線が目立っていくというのも事実ですが、骨格の関係上自然に出来るものになります。
笑顔の時にほうれい線が目立ちやすい人も多くいるように、頰と口の境目には構造上、線が出来る仕組みになっているのです。

ほうれい線が目立つ人って?

ほうれい線が目立ちやすい人とはどんな顔の特徴があるでしょうか?大きくて分けて「頬骨が高い」「口元が前に出ている」といったように東洋人に頻繁に見られる特徴を持つ人は、ほうれい線が目立ちやすくなっていきます。

口元が出ていたり、エラが張っている人は、ほうれい線の悩みを抱えている人が多いのではないでしょうか?

しかし、ほうれい線はあくまで構造上自然に出来るものなので悲観的になる必要はなく、適切なケアを行うことで自分らしい美しさを手に入れることが大切です。

年齢を重ねるとほうれい線が目立つのは?

年齢を重ねるとほうれい線が目立つようになるのはどうしてでしょうか?
ほうれい線の上にあった脂肪が加齢とともに落ちていき、頰と口の境目が目立ちやすくなっていきます。

さらに加齢による顔の筋肉が衰えは、皮膚がたるみほうれい線が目立ちやすくなる一因です。
ほうれい線は30代頃から気になり始め、さらに年齢を重ねると溝が長く深くなっていきます。

早い人では20代からほうれい線が気になってくるパターンも存在し、悩みの種やほうれい線の原因は多種多様です。

ほうれい線ケアの方法とは

ほうれい線のケア方法には何が挙げられるでしょうか?
ケア方法をご紹介します。

マッサージ

気軽に始められるケア方法として人気の高いマッサージですが、リンパの流れを促進するマッサージは皮膚のたるみの改善に繋がります。

マッサージを行う際は美容液やクリームなどを肌につけて、肌が傷つかないように考慮しながら行いましょう。

唇の下から小鼻にかけてほうれい線をつまんで流したり、頬骨を支えるようにプッシュしたり様々なマッサージ方法が存在します。

毎日数分でも継続することが大切です。日々のルーティンにできるように意識しましょう。

顔のエクササイズ

顔のエクササイズはほうれい線のケア方法の一つです。例えば、舌をぐるりと歯茎の上を覆うイメージで回して、内側からほうれい線の解消を目指します。

さらに顔の表情筋を鍛えることは皮膚のたるみの予防となるので、ほうれい線付近だけでなく、顔全体のエクササイズを取り入れてみましょう。

美容クリニックで治療する

美容クリニックでほうれい線の根本的な改善を目指すというのも一つの手段です。
ヒアルロン酸注入など手軽に即効性のある治療方法が存在します。

クリニックでの治療は施術後にすぐに効果が見られるのが人気の理由です。
他にも皮膚のたるみが気になる場合は糸リフトによる治療などの方法もあります。

クリニックで治療を受ける場合には、しっかりと悩みをカウンセリングで相談して、治療を受けることが必要です。
サポート体制が整っている美容クリニックを選びましょう。

20代でほうれい線ができることもある?

20代でもほうれい線ができてしますこともあるのでしょうか。
結論からいうと、20代でもほうれい線はできます。

ほうれい線ができる原因は年代によって異なる

ほうれい線ができてしまう原因は年代によって異なるのです。

40代のほうれい線は加齢による肌のたるみが原因で起こることが多いですが、20代の場合、その原因が異なるのです。

20代のほうれい線ができてしまう原因や改善方法を見ていきましょう。

20代でほうれい線ができる原因

20代のほうれい線にはどのような原因があるのでしょうか。

乾燥によるシワ

お肌が乾燥することで弾力がなくなり、シワができやすくなります。

このできてしまったシワがほうれい線に繋がるのです。

肌が冷えることによるむくみ

肌が冷えると、顔がむくみやすくなります。

顔がむくむことで血行が悪くなり、その結果ほうれい線ができてしまいます。

特に冬などの寒い季節はむくみによるほうれい線ができやすくなるため、注意が必要です。

20代のほうれい線を改善する方法

改善策を知って、20代のほうれい線をなくしていきましょう。

保湿ケアをしっかり行う

20代によるシワは主に肌の乾燥によってできます。

そのため、正しい順序で保湿を行う必要があります。

保湿の正しい順序について知りたい方はスキンケアの正しい順番とは?各アイテムの種類や特徴・選び方についても解説をご覧ください。

肌の冷えを防ぐ

冷えを改善・予防する方法として、お風呂はシャワーだけで済ませず、湯船に浸かるようにしましょう。

湯船に浸かることで、冷えた体を温められます。

さらに全身の血行が良くなり、血液がしっかり循環するようになるので、体が温められて冷えを改善することができるのです。

忙しいからとシャワーで済ませずに、しっかり湯船に浸かる習慣をつけましょう。

美顔器を使う

美顔器を使うことで、保湿効果を高めることができます。

コアパルス機能が搭載された美顔器を使うと、美容液などの有効成分が肌の奥に浸透するため、保湿効果を高めてほうれい線を改善することができるのです。

さらに、RF(ラジオ波)機能を搭載した美顔器を使用することで血行を促進する事ができ、肌の冷えによるほうれい線を改善することができます。

ほうれい線を改善する美顔器を選ぶ際はこれらの機能が搭載されたものを選ぶことをおすすめします。

ここから、コアパルス・RF(ラジオ波)が搭載された美顔器をご紹介します。

美顔器の機能についてさらに詳しく知りたい方は美顔器の機能って何があるの?各種類の美顔器について解説!をご覧ください。

おすすめの美顔器を紹介

ほうれい線のケア方法としてご紹介した美顔器ですが、おすすめの美顔器をご紹介していきますので、興味のある人は必見です。

リベラータ「ララルーチュRF」

リベラータの「ララルーチュRF」は小ジワ、くすみ、黒ずみ、乾燥、肌荒れなどの悩みを抱えた人におすすめの美顔器です。

たるんでしまったフェイスラインを引き締めることで、リフトアップの効果が見られます。
気になるほうれい線の原因となる皮膚のたるみの改善にも繋がるのが嬉しいポイントです。

RF機能

RF(ラジオ波)は肌の内側を温めることで血行を促進したり、コラーゲンの生成を促進することができます。

このRF(ラジオ波)機能により、20代のほうれい線の原因である肌の乾燥や冷えによるむくみを改善することができるのです。

EMS機能

EMSとは「エレクトリック・マッスル・スティミュレーション」の略で、筋肉を電気刺激によりほぐす働きがあります。プロのアスリートもトレーニングやケアにこのEMSを取り入れています。

このEMS機能があることによって、トリートメント時間が短縮され1日たったの5分でケアを行うことができるのが特徴です。

コアパルスの効果

コアパルスとは肌に美容液をより深く浸透させる技術のことを指します。しっかりと美容液を皮膚の深層部に行き渡らせることで、肌の乾燥を防ぎ、肌のハリやツヤを生み出すのです。

「ララルーチュRF」は特定の美容液でなくお好みの美容液でケアを行うことができます。
さらにRF波により有効成分がさらに浸透するのです。

まとめ

今回の記事では「ほうれい線は骨格と関係があるの?」と疑問を抱えた方に向けて、ほうれい線と骨格の関係性について詳しくご説明しました。
頬骨が高かったり、口元が出ていたりといったような骨格の特徴を持つ場合には、ほうれい線が目立ちやすくなります。

しかしほうれい線はあくまで骨格の構造上自然にできる溝なので、美顔器やマッサージなど自分に合ったケアを行うことで本来の美しさを目指しましょう。

リベラータ
LINE公式アカウント

お得なキャンペーンや抽選などを
配信してまいります!!
あなたの肌診断実施中!

関連テーマから探す