自分磨きナビ

自分磨きナビは美容・コスメに関する最新情報を配信します。

正しいクレンジング方法で毛穴のない美肌へ!意外と知らないメイク落としの順番について解説

メイクを落とすのにクレンジングは欠かせないアイテムです。

クレンジングがトラブルを引き起こす可能性があることを知らずに使っている人もいるのではないでしょうか?

しかし、間違った方法でクレンジングすると、毛穴が目立ってきたり、シミができたりと肌トラブルを招くことになりかねません。

そこで今回は、正しいクレンジングの方法を詳しく解説します。

肌の不調で悩んでいる人も、正しい方法でクレンジングすれば、少しずつ肌が変わってくるはずです。

この記事を参考にして、あなたも毛穴のない美肌を手に入れましょう。

クレンジングが必要な理由

メイクを落とすのに、欠かせないものがクレンジングです。

さらに、クレンジングの役割はそれだけではありません。

実は、美しい素肌を保つために重要なアイテムなのです。

メイクを落とす

化粧品は、油性成分から作られています。

このため、水だけで洗顔してしまうと、水と油が混ざらないため、化粧品を落とすことは出来ません。

すなわち、水だけの洗顔では、メイクを落とすのに不十分です。

このため、化粧品と同じように油分があるクレンジングを使うと、化粧品とのなじみがよく、メイクを綺麗に落とすことができます。

ニキビ予防になる

化粧品が顔に残ったままだと、ニキビなどの肌トラブルを引き起こします。

油分成分と界面活性剤を含むクレンジングは、化粧品や皮脂など油性の汚れを水になじませて洗い流すことが可能です

そのため、洗顔料だけでなく、油性の汚れを落とせるクレンジングで、ニキビなどの肌トラブルを予防できるのです。

さらに、クレンジングはメイクを落とすだけではなく、ニキビなどの肌トラブルを予防することができるのです

毛穴汚れを落とす

ポツポツと目立つ毛穴は、毛穴に汚れがたまることが原因です

皮脂などの油性成分が毛穴に詰まると、皮膚の細胞が生まれ変わるターンオーバーが乱れ、毛穴が開いてしまいます。

美肌になるためには、毛穴汚れを落とすことが大切ですが、洗顔だけでは落とすことができません。

そこで、油性の汚れと毛穴汚れの両方を落とせるクレンジングを使いましょう。

毛穴の黒ずみの原因については「黒ずんだ毛穴をなくす!正しい洗顔の方法やスキンケアに役立つアイテムについて解説します!」で詳しく解説しています。

  • Point
  • 油性の汚れを落とせるクレンジングで、ニキビなどの肌トラブルを予防できる
  • 美肌になるためには、毛穴汚れを落とす必要がある
  • 油性の汚れと毛穴汚れの両方を落とせるクレンジングを使うことが大切

クレンジングのタイプ

クレンジングには、クリームやジェル、オイルなど、さまざまなタイプがあります。

タイプの違いは、油性成分の配合比率の違いなのです。

そのため、タイプによって洗浄力にも違いがあります。

クリーム

クリーム状のテクスチャーが特徴的です。

肌にやさしく、しっとりと洗い上げることができるので、乾燥肌や敏感肌の人におすすめです。

注意点は洗浄力が弱いため、濃いメイクを落としたいときや油性肌には向きません。

オイル

オイルを主成分に作られたクレンジングで、洗浄力が高いことが特徴です。

メイク落ちがよく、素早くメイクを落とすことができます。

注意点は乾燥肌の人には向いていないことです。

なぜなら、洗浄力が高いクレンジングオイルは、肌に必要な油分まで洗い流してしまうからです。

リキッド

油性成分が少なく、アルコールや保湿剤が多く配合されていて、比較的サッパリとした使用感が特徴です。

洗浄力も高く、しっかりメイクもきちんと落とすことができます。

注意点は油分が少ない分、界面活性剤がたくさん配合されている点に注意が必要です。

高い洗浄力は界面活性剤のおかげでもありますが、肌に必要な潤いや皮脂まで落としてしまうことも少なくありません。

(界面活性剤が少ないタイプだと洗浄力が小さくなります)

注意点はサラッとしたテクスチャーであるがゆえに、手の力が直接肌に伝わってしまい摩擦を増やしてしまうことも。

特にコットンに含ませて使うタイプは力加減に要注意です。

ミルク

クリームより水性成分が多く、しっとりながらサッパリとした洗い上がりが特徴的です。

べたつきや重さを抑えつつも肌への摩擦刺激を小さくできるので、敏感肌や乾燥肌の人にもおすすめできます。

注意点は洗浄力自体はそれほど高くないので、それほどメイクが濃くないナチュラルメイク派の人に向いています。

ジェル

油性タイプと水性タイプがあり、種類が多いのが特徴です。

肌なじみが良く使いやすいクレンジングで、厚みのあるジェル状のテクスチャーが、肌への摩擦や刺激を抑えます。

保湿力が高い水性タイプは敏感肌に、洗浄力が高い油性タイプは、毛穴ケアをしたい人に向いています。

注意点はは洗浄力の低さです。

特に、水分の多い水性タイプだと濃いメイクをきちんと落とすことができません。

また、油分が少ないため界面活性剤が多く配合されることもあるので、購入する前にテスターなどで肌との相性を確かめることをおすすめします。

バーム

オイルをミツロウなどで固形にかため、体温でとろりと溶けるテクスチャーが特徴的です。

オイルのようにメイクをスルスル落としてくれます。

保湿成分などの美容成分が配合されているものも多く、メイクを落としながら潤いも届けられるというメリットもあります。

W洗顔不要のものもあり、スキンケアの時短につながります。

注意点はフェイスマッサージにも使用した時に、時間をかけすぎたり力加減を間違えると肌に負担がかかりすぎるので注意が必要です。

シート

洗い流し不要で手軽に使えることが特徴的です。

注意点は物理的刺激でメイクを落とすため、肌への刺激が強すぎることです。

日常使いよりも、旅行やお泊まり、緊急時の使用がおすすめです。

さまざまなタイプのクレンジングがありますが、肌に合わないクレンジングを使い続けると、黒ずみやシワなど肌トラブルの原因になるので注意が必要です

皮脂が気になるときはオイル、乾燥しているときはクリームなど、肌の悩みに合わせてクレンジングを使い分けましょう

  • Point
  • クレンジングにはさまざまなタイプがある
  • 悩み別にクレンジングを使うことが大切
  • 肌に合うクレンジングを使うことが大切

メンズのクレンジング方法

男性と女性では肌の性質が違うため、クレンジングの方法も変わってきます。

ここでは男性におすすめのクレンジング方法を紹介します。

基本的に、どのパターンでも洗顔料での洗顔前にクレンジングを行うのがポイントです。

(W洗顔不要のクレンジングはその限りではありません)

理由その1:ウォータープルーフの日焼け止めを落とすため

日焼け止めにはメイクと同じでウォータープルーフタイプのものがあります。

水や汗に強いウォータープルーフタイプを選ぶ人も多いですが、これは洗顔料だけでは落とすことができません。

肌に日焼け止め料を残さないためにはクレンジングが欠かせません。

ウォータープルーフでなくても、日焼け止めをしっかり落としたいのであればクレンジングの使用がおすすめです。

理由その2:メイクを落とすため

日焼け止め同様、最近はファンデーションやコンシーラー、BBクリームなどで軽く肌を整えている男性が増えています。

こうしたメイク料はクレンジングでしっかり落とさないと、毛穴の詰まりや開きなどのトラブルや肌荒れの原因になってしまうため、夜の洗顔前にクレンジングできちんと落としましょう。

理由その3:毛穴詰まりを落とすため

クレンジングはメイクを落とすだけではなく、メイクと同じ油性の汚れである毛穴汚れの除去にも効果的です。

とくに男性は皮脂の分泌量が女性よりも多く、もともと毛穴に角栓が詰まりやすいもの。

角栓は放っておくと黒ずみや毛穴の開きにつながり、見た目が悪いだけではなく毛穴に炎症を起こしてしまうこともあります。

1週間に2,3回、朝でも夜でもかまいません。

毛穴が気になったときにクレンジングを使用すると、毛穴汚れがすっきりさっぱりします。

角栓については「角栓はなぜできてしまうの?気になる顔のポツポツに効果的なスキンケア方法について」で詳しく解説しています。

  • Point
  • 肌質によってクレンジングを変える必要がある
  • 男性は女性よりも皮脂の分泌量が多い
  • メイクをしていなくてもクレンジングをする必要がある

正しいクレンジングの順番とは

クレンジングは汚れを落とすのになくてはならないので、美肌になるためにも、毎日のクレンジングは欠かせません。

しかし、間違ったやり方では肌にダメージを与えてしまいます。

そこで、正しいクレンジングの順番を確認しておきましょう。

目元や口元の汚れを落とす

まずは、目元や口元のポイントメイクからクレンジングしていきます。

アイメイクやリップは専用のリムーバーで落とすと良いでしょう。

目元や口元は皮膚が薄い部分なので強くこすらないように、綿棒やコットンを使ってやさしく触れましょう

Tゾーンの汚れを落とす

次に、Tゾーンを洗っていきます。

おでこや鼻のTゾーンは、皮脂の分泌が多く、ニキビができたりと肌あれしやすい部分なので丁寧に洗いましょう

乾いた手でクレンジングを適量とり、顔に伸ばすようにのせていき、内側から外側へとクルクルとなじませて洗います。

頬の汚れを落とす

最後に、頬を洗いましょう。

指の腹を使って、下から円を描くように、頬を持ち上げながらクレンジングします。

肌に圧力をかけないように、やさしく洗っていましょう

オイルの場合は、油分と水分がなじんで乳化と呼ばれる白っぽい状態になったら、ぬるま湯で洗い流しましょう。

その後洗顔をしてから、化粧水やクリームなどでたっぷりと保湿ケアをしてください。

  • Point
  • 間違った順番でクレンジングすると肌に良くない
  • ぬるま湯で流すことが大切
  • クレンジングをした後は保湿をすることが大切

正しいクレンジングの時間

クレンジングは短すぎても長すぎてもNG

クレンジングはメイクを落とすと同時に、肌にとって必要な潤いや皮脂も少なからず落としてしまうものです。

肌への刺激性はスキンケアアイテムの中でももっとも高く、肌に触れている時間はなるべく短いほうが無難といえます。

とはいえ、短すぎてはメイクをきちんと落とすことができません。

以上を踏まえて、クレンジング時間の目安はだいたい1分程度が理想です。

1分ではメイクを落としきれないのであれば、それはメイクとクレンジングの洗浄力が釣り合っていない証拠です。

クレンジングはメイクの濃さと見合ったものを選ぶことが大切です。

それによってクレンジング時間が適切になり、メイクをきちんと落としつつ肌の潤いも守れます。

常にひとつのクレンジングを使い続けるより、複数のクレンジングを持っておき、メイクの濃さによって使い分ける必要があります。

落ちにくいアイメイクなどは事前にポイントメイクリムーバーで軽く落としておくのも良いでしょう。

  • Point
  • 短すぎるクレンジングはメイクを落としきれない
  • 長すぎるクレンジングは肌へのダメージが大きい
  • メイクの濃さにあったクレンジングを使うことが大切

クレンジングでやってはいけないこと

ここからは、クレンジングにおける意外とやってしまいがちなNG行為を紹介します。

オイルクレンジングで長時間のマッサージ

オイルのテクスチャーはマッサージに最適ですが、クレンジングに時間をかけすぎるのは厳禁です。

洗浄力の高いオイルが肌の潤いを奪ってしまい、肌を乾燥させてしまいます。

また、オイルに含まれる界面活性剤が肌に刺激を与えてしまう可能性もあります。

オイルクレンジングをしながらのマッサージをする時には長時間やりすぎないように気を付けましょう。

ミルククレンジングは肌に優しいと思ってこすってしまう

やわらかくて軽いテクスチャーのミルクはうっかり力が入りがちです。

洗浄力もそれほど高くないので、つい力を入れてこすってしまうことがあります。

、強い力でこするのであればオイルでしっかり落とした方が肌のためです。

ミルクで力が入ってしまう人は、クレンジングの乗り換えを検討してみてください。

毎日帰宅したらクレンジングシートで素早くオフ

疲れて帰宅すると、クレンジングやスキンケアがとても面倒に感じる方も多いでしょう。

そんなときに便利なのが拭き取りタイプのシートクレンジングです。

でも、シートでのクレンジングは物理的刺激が強い上に、もともと洗浄力の高いクレンジング料が使われているので、肌にはとても大きな負担がかかります。

シートタイプを毎日使うのは厳禁です。

「どうしても」のときの最終手段と考えましょう。

蒸しタオルで毛穴を広げてからメイクオフ

毛穴のメイクをしっかり落とそうと、クレンジング前に蒸しタオルで肌を温めていませんか?
実はこれ、あまり意味がありません。

クレンジング効率が上がるどころか、蒸しタオルの蒸気で肌が濡れてしまうとメイクとクレンジング料がうまくなじまず、むしろ効率を下げてしまう行為です。

また、肌への急激な温度変化は赤ら顔の原因になることもあるので、蒸しタオルはほどほどにしましょう。

W洗顔不要なのにW洗顔してしまう

W洗顔不要のクレンジングのあとに洗顔料を使うと、汚れを落とすにとどまらず肌の潤いまで根こそぎ奪ってしまいます。

W洗顔不要なのは、洗顔しなくても十分に汚れを落とすことができるからです。

油分を奪われたカサカサの乾燥肌にならないために、W洗顔不要のクレンジングを使うなら洗顔は控えましょう。

その他のスキンケア方法については「スキンケアの正しい順番とは?各アイテムの種類や特徴・選び方についても解説」で詳しく解説しています。

  • Point
  • 肌に刺激の強い行為は良くない
  • 群れた状態でクレンジングをすると効果が下がる
  • 必要以上に洗顔をしてしまうのは良くない

おすすめのクレンジング製品

リベラータヴェルヴェティリッチクレンジングジェル

【主な美容成分】プラセンタエキス、ハス胚芽エキス、ビタミン、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲンなど
【香り】天然のフランキンセンスの香り

女優やタレントとして活躍する杉本彩さんが、女性の「進化する美しさ」を追求し、研究・開発したコスメティックブランド『リベラータ』から生まれたクレンジングジェルです。

オイルをジェル化した「ヴェルヴェティリッチクレンジングジェル」は、肌の潤いを守りながら、メイクや毛穴汚れもしっかり落とすことができます

肌にのせると柔らかくなるジェルが、すっとなじむので肌に負担をかけません。

さらに、プラセンタエキス、ハス胚芽エキス、ビタミンA、ビタミンEなどの美容成分が配合されており、透明感のある肌に導きます

しっとりとした洗いあがりで、天然のフランキンセンスの華やかな香りも好印象です。

肌にやさしく、乾燥肌や敏感肌でも使うことができます。

まとめ

メイクや毛穴の汚れを落とすために欠かせないクレンジングですが、正しい使い方をしないと肌にダメージを与えてしまいます。

肌トラブルにお悩みの方は、クレンジングの使い方を一度見直してみてください。

肌に汚れが残っていると、美容液などの美容成分がしっかりと肌の奥まで届きません。

また、肌の汚れが、肌荒れを引き起こしてしまうこともあります。

つまり、スキンケアで一番にやるべきことは、「汚れを落とす」ことなのです。

美肌になるためには、クレンジングの正しい使い方を理解し、自分の肌に合ったクレンジングを選ぶことが大切です。

あなたも、毎日のクレンジングで美肌を手に入れましょう。

リベラータ
LINE公式アカウント

お得なキャンペーンや抽選などを
配信してまいります!!
あなたの肌診断実施中!