Liberata

おでこの毛穴が目立つ原因とは?改善方法やおすすめアイテムを徹底解説

「おでこの毛穴が目立つのはどうして?」「おでこの開いた毛穴を改善するにはどうすればいい?」と疑問をお持ちの方に向けて、おでこの毛穴について詳しく解説します。

おでこの毛穴は目立ちやすいため、多くの人が悩んでいるポイントです。

毛穴が広がってしまう原因をしっかりと把握して、改善を目指しましょう。

 

おでこの毛穴が目立つ?

おでこは皮脂の分泌が盛んに行われる場所であるため、毛穴が目立ちやすく、実際に多くの人が悩んでいます。

皮脂の分泌が過剰に行われると、毛穴の開きが目立つようになるのです。

前髪で目立つ毛穴を隠そうとしても、髪の毛によるチクチクとした刺激によって状態が悪化する恐れがあります。

そのため、おでこは開いた毛穴や黒ずんだ毛穴を隠すのが難しいのです。

 

おでこの毛穴が目立つ理由

おでこの毛穴が目立つ理由を紹介します。

脂性肌

脂性肌はオイリー肌とも呼ばれていますが、皮脂が分泌されやすい肌質のことを指します。

「おでこがテカリやすい」「ニキビできやすい」という人は脂性肌の可能性が高いです。

皮脂が過剰に分泌されると、皮脂が外に出ようとして毛穴は広がっていきます。

古い角質と皮脂が混ざって角栓が形成されて毛穴に詰まるので、さらに毛穴が拡大してしまうのです。

脂性肌を持つ人で、10代など早い時期から毛穴について悩む人が多く存在します。

広がった毛穴だけでなく、ニキビなど炎症が起きてしまうと、より肌荒れが目立つようになってしまうのです。

脂性肌のスキンケアについて詳しく知りたい方は脂性肌は改善できる!効果的なスキンケアや生活習慣をご紹介をご覧ください。

乾燥肌

肌が乾燥していると肌の水分をキープする役割のあるバリア機能が低下してしまいます。

バリア機能が低下すると、肌のハリや弾力が損なわれてしまうのです。

肌のたるみとともに、毛穴もたるんでいきます。

よく見ると毛穴の形状が縦長であるという人は、乾燥によって肌がたるんでいる可能性が高いです。

ただし、おでこの毛穴は皮脂の過剰分泌によるものがほとんどであるため、正しいスキンケアや洗顔を行うことが求められます。

加齢による肌のたるみ

おでこの毛穴は、加齢によって肌の弾力を支える成分が減ったり、顔の筋力が低下したりすることで肌にたるみが生じます。

また、顔にある表情筋は年齢とともに衰え、徐々にそのハリを失うことでたるみが発生するのも一つの原因です。

加齢による肌のたるみを改善するには、紫外線の予防や食生活の改善、表情筋を活用して鍛えるなどを行うことが求められます。

 

おでこの毛穴をなくす方法【スキンケア編】

おでこの目立つ毛穴を改善するにはどうすればいいのでしょうか?

クレンジングや洗顔

皮脂が過剰に分泌されて、肌に残ってしまうと毛穴の開きや肌トラブルに繋がります。

クレンジングや洗顔をしっかりと行って、余分な皮脂を落とすことが大切です。

ただし洗浄力の強すぎる洗顔料を使用すると、肌の潤いを保つのに必要最低限の皮脂まで損なわれてしまう可能性があるため、肌に優しい製品を使用しましょう。

洗顔をする際は洗顔料をしっかりと泡立てて、肌を傷つけないように注意してください。

タオルで顔を拭くときも、ゴシゴシと擦りすぎないように、ポンポンと優しく叩くように水分を拭き取りましょう。

スキンケア

肌が乾燥していると毛穴が目立ちやすくなるため、保湿ケアを徹底することが大切です。

化粧水、美容液、乳液を使用しておでこまでしっかりとケアをしましょう。

乾燥肌の人だけでなく、脂性肌やインナードライ肌の人も、皮脂が過剰に分泌されないように、保湿力の高いスキンケアグッズを選ぶことをおすすめします。

お風呂や洗顔後は肌が乾燥しやすい状態になっているため、すぐにスキンケアを行ってください。

正しいスキンケアについて詳しく知りたい方はスキンケアとは?正しいスキンケアについて解説!をご覧ください。

美容液

美容液は、おでこを含めた毛穴トラブルの予防や対策に役立ちます。

ハリ・弾力などの求める効果に特化したものや、目元用・毛穴の気になる部分用などの特定の部分にアプローチできるものまで目的に合わせて選べるのがメリットです。

毛穴のトラブルの予防や対策のために、化粧水をつけたあとのケアとしてスキンケアラインへ取り入れてみましょう。

おでこの毛穴をなくす方法【美顔器】

おでこの毛穴をなくすアプローチは様々ありますが、中でも代表的な美顔器を使った方法を以下に分けて紹介します。

  • 保湿やスキンケアに特化したスチーム・イオン導入機器
  • 年齢によるたるみやハリを解消するRF・EMS

美顔器を選ぶ際には、毛穴だけに目を向けず、肌の悩みに合わせたものを選びましょう。

保湿やスキンケアに特化したスチーム・イオン導出入器

スチームやイオン導出入器は、保湿やスキンケアに特化した美顔器です。

スチームでは、肌に水蒸気(スチーム)を当て、水分を角層までの浸透を手助けし、ふっくらと柔らかい肌へ導きます。

また、毛穴汚れの原因となるメイクや汚れを浮かせて落としやすくする効果も期待でき、毛穴の黒ずみ予防・改善にも役立ちます。

一方で、イオン導出入器は、毛穴の奥にある皮脂や汚れの除去を手助けしてくれるのが特徴です。

クレンジングだけでは落としきれない古い角質や汚れ(マイナス)を、プラスのイオンでしっかりと吸着して除去する手助けをしてくれるため、清潔かつ肌トラブルのない肌へ導いてくれます。

年齢によるたるみやハリを解消するRF・EMS

RF(ラジオ波)やEMSは、年齢による肌のたるみやハリの悩みを解消することに特化した美顔器です。

RFでは、温めることで肌の環境とコンディションを整え、ハリ・弾力を取り戻す手助けをしてくれます。

また、ラジオ波はコラーゲンに刺激を与える効果まで期待でき、肌を本来の状態へ導く効果も期待できます。

一方でEMSは、微弱な電流を用いて筋肉を刺激し、表情筋を鍛えるアプローチが大きな特徴です。

加齢によって起きるたるみやハリの減少は表情筋の衰えによっても発生するため、EMSで鍛えることで肌を引き締めたり、小顔に導いたりする効果が期待できます。

おでこの毛穴をなくす方法【食事】

おでこの毛穴を食事でなくすなくす方法は、ビタミン類を含めた栄養素を意識し、食生活を見直すことです。

中でも重要なのはビタミンB2やB6で6でで、それぞれの働きが異なります。

よりわかりやすく、おでこの毛穴を食事でなくす方法を、以下に分けて紹介するので参考にしてください。

ビタミンB2、ビタミンB6の重要性

ビタミンB2、ビタミンB6は「皮膚ビタミン」とも呼ばれ、人間の皮膚を構成する重要な栄養素であるタンパク質・脂質の代謝に関わります。

肌のターンオーバーを活性化させて代謝を手助けし、健康的で美しい肌を維持する役割を担います。

また、脂質代謝を改善に導くことで、過剰な皮脂分泌を抑制し、毛穴の開き・ニキビ・毛穴の黒ずみ・肌荒れなどを予防する効果も期待できるでしょう。

また、ビタミンB2とB6の働きには違いがありますので、あわせて紹介します。

ビタミンB2

ビタミンB2は、元気・美容のビタミンと呼ばれることもあり、皮膚や粘膜を健やかに守る働きがあります。

不足してしまうと脂質の代謝が促進されず、ベタつくような脂性になったり、毛穴の詰まりやブツブツになったりするため、積極的に摂取したい栄養素です。

ビタミンB2は、以下の食材に多く含まれています。

  • 豚レバー
  • アーモンド
  • パルメザンチーズ
  • 鶏卵
  • ブロッコリー
  • アボカド
  • 牛乳 など

ビタミンB2は、ターンオーバーを手助けすることで、なめらかかつ弾むような肌を守るアプローチする役割も担いますから、美肌ケアには欠かせないでしょう。

ビタミンB6

ビタミンB6は、皮膚のターンオーバーを手助けする働きがあります。

また、皮脂の量を調整する作用によって、過剰な皮脂によって起きる毛穴の黒ずみやニキビの予防も期待できるでしょう。

ビタミンB6は、以下の食材に多く含まれています。

  • マグロ、カツオ、さんまなどの魚類
  • とりささみ
  • ニンニク
  • バナナ
  • 赤ピーマン
  • 玄米
  • アボカド
  • じゃがいも など

ビタミンB6は、ニキビ治療薬や肌荒れの薬にも使われることもある成分ですから、積極的に摂取したい栄養素です。

食生活の見直し

おでこの毛穴をなくすためにも、これまで行ってきた食生活を見直すのも大切なことです。

例えば、ビタミンを多く含む野菜や果物をあまり取り入れてなかったり、ファストフードやチョコレートなどの脂質・糖質が多い食べ物の摂リすぎはよくありません。

中でも、以下の食材やおやつ、ファストフードや飲み物は意識的に減らしてみると良いでしょう。

  • ファストフード
  • 脂っこい食べ物全般
  • スナック菓子
  • アルコール
  • カフェイン

特定のものだけを取り除くと栄養素が足りなくなる恐れがあるため、やや控えめにしながらも栄養バランスのとれた食生活を送ることが成功のコツです。

また食事の内容を改善するのにあわせて、朝を7時・昼を12時・夕を18時などのように決める、夜9時をすぎてから食べないようにする、食事は90分以内に終わらせるようにするのような飲食のタイミングを気をつけるとより効果的なので、意識してみるとよいでしょう。

まとめ

おでこの毛穴が目立つのは、脂性はだや乾燥肌、加齢による肌のたるみが主な原因です。

スキンケアや美容液、ピーリングや美顔器などを活用し、肌の調子を整えたり、ターンオーバーの促進をするなどして対策しましょう。

また、日ごろから肌に必要な栄養素を取り入れるために、食生活を見直してみてください。

おでこの毛穴は内側から徐々に綺麗へ導く必要があるため、本記事を肌に優しい生活を送る参考にしてください。