自分磨きナビ

自分磨きナビは美容・コスメに関する最新情報を配信します。

たるみを防止するには?原因や対策方法を詳しくご紹介!

「たるみを防止する方法とは?」「たるみが生じる原因とは?」と疑問をお持ちの方に向けて、顔のたるみについて詳しくご説明します。

顔にたるみが生じると老けて見られてしまうため、皮膚がたるんでしまう原因を理解して対策を行っていきましょう。

顔のたるみを防止する方法やたるみの防止におすすめ商品をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

顔のたるみで老け顔に

顔にたるみが生じると老けている印象を与えてしまいます。

頬のたるみやほうれい線がはっきりしていると実年齢よりも老けて見られてしまうため、エイジングケアを行うことが大切です。

生活習慣や姿勢などによって顔にたるみが生じやすくなるため、たるみが生じる原因を理解して予防していきましょう。

  • Point
  • 顔のたるみは老け顔の原因に
  • エイジングケアでたるみを防止することが大切
  • まずはたるみの原因を理解しよう

顔のたるみの原因を知って予防しよう

顔にたるみが生じる原因を理解して予防しましょう。

猫背

猫背など、姿勢が悪い人は顔がたるみやすい傾向にあります。

全身は1枚の皮で繋がっていますが、猫背だと顔の筋肉が下に引っ張られてしまうためです。

表情筋自体の衰えも顔にたるみが現れる原因となります。

年齢を重ねると表情筋が次第に衰えていきますが、姿勢が悪いとたるみを悪化させてしまうのです。

弾力不足

肌はいくつかの層によって構成されていますが、真皮部分には肌の弾力を保つのに大切なヒアルロン酸、エラスチン、コラーゲンが存在しています。

加齢によってこれらの成分が損なわれてしまいますが、肌の弾力不足はたるみの大きな原因の一つです。

コラーゲンは細胞に刺激を与えることで再生可能ですが、エラスチンは減少する一方で再生することはできません。

肥満

肥満によって顎の下部分にたるみが生じやすくなります。

表情筋が支えきれないほど脂肪が顔についてしまうと、皮膚もたるんでしまうのです。

「二重顎が最近気になり始めた」という人は肥満の可能性があります。

顎にたるみが見られると相手にぼやけた印象を与えてしまうため注意しましょう。

痩せすぎ

「肥満よってたるみが生じるのはイメージしやすいが、痩せすぎでもたるみが出てしまうって本当?」と疑問をお持ちの方が多いのではないでしょうか?

痩せすぎているとほうれい線が目立ちやすくなり、頬の下のたるみが悪化してしまいます。

急激に体重が減少すると、皮膚が余ってしまうのです。

無理なダイエットや不規則な食生活は避けましょう。

  • Point
  • 姿勢が悪いとたるみが生じやすくなる
  • 肌のハリを保つ成分が減少するのはたるみの原因の一つ
  • 痩せすぎや太りすぎはたるみを引き起こすので適正体重を保つことが大切

顔のたるみを防止する方法

顔のたるみを防止するにはどうすればいいのでしょうか?

ストレッチ

猫背はたるみを引き起こす原因となるため、ストレッチで改善を目指しましょう。

まず、四つん這いの姿勢になって、肩の真下に肘を置いてください。

息を吐きながら両手を少しずつ伸ばします。

額が床につくまでゆっくりと伸ばしていき、元の体勢に戻してください。

この動作を何回か繰り返してストレッチを行いましょう。

表情筋のエクササイズ

表情筋は普段使用していない部分が多いですが、エクササイズを行うことで筋肉が衰えるの防ぎます。

二重顎や口周りのたるみを改善するため表情筋のエクササイズを行いましょう。

口先を思いっきり尖らせて10秒間キープするのを数回繰り返してください。

生活の中で気づいた時にエクササイズを行って継続することが大切です。

表情筋を鍛えられるエクササイズは顔のリフトアップにエクササイズは効果的?たるみ改善におすすめの方法や商品をご紹介をご覧ください。

食生活

肌のハリを保つのに効果のある栄養素を摂取することが大切です。

コラーゲンやエラスチンはタンパク質からできています。

鶏肉、豚肉、牛肉、魚、卵、大豆製品などはタンパク質を多く含む食材です。

タンパク質を意識した食生活を心がけましょう。

肌に良い食べ物について詳しく知りたい方は肌に良い食べ物って何がある?美肌効果のある食事や飲み物を紹介をご覧ください。

体重管理

痩せすぎ、太りすぎのどちらもたるみを引き起こす原因となります。

体重管理を徹底して適正体重をキープするようにしましょう。

体重管理で大切なのは定期的に体重を測ることです。

体重が増加していたら食事量を調整したり、運動を行ったりしてください。

また、極端なダイエットは体調を崩す原因となります。

栄養素をしっかりと摂取しながら体重を調整していきましょう。

美顔器

美顔器には様々な種類がありますが、たるみを防止するのに効果的な機能を持つ美顔器が多く販売されています。

EMS機能は「エレクトリック・マッスル・スティミュレーション」と呼ばれ、電流によって筋肉に刺激を与える機能です。

筋肉をほぐすことで肌を柔らかくします。

また、超音波は皮膚の深層部に熱を与えてコラーゲンの生成を促す機能です。

コラーゲンが生成されることで肌のハリや弾力が保たれます。

美顔器の機能について詳しく知りたい方は美顔器の機能って何があるの?各種類の美顔器について解説!をご覧ください。

  • Point
  • ストレッチや表情筋のエクササイズを継続しよう
  • 食生活や体重管理など生活習慣に気をつけることが大切
  • 美顔器などのアイテムも有効活用しよう

たるみの防止におすすめ商品をご紹介

たるみを防止するのにおすすめのアイテムをご紹介します。

ララルーチュRF

リベラータの美顔器ララルーチュRFはたるみの改善に効果的なEMS機能が搭載されている美顔器です。

EMSとは先述した通り電流によって筋肉に刺激を与えて顔を引き締める機能で、プロのアスリートもトレーニングやダイエットなど注目を集めています。

さらに、RF波は肌に熱を与えることで、顔のむくみやたるみの原因となる老廃物の排出を促す機能です。

他にもLEDトリートメント、コアパルスなどの機能を完備しており、乾燥、くすみ、ニキビ、毛穴詰まりなどの悩みを改善します。

まとめ

今回の記事では「たるみを防止する方法とは?」「たるみが生じる原因とは?」と疑問をお持ちの方に向けて、顔のたるみについて詳しくご説明しました。

たるみは姿勢の悪さ、肥満、痩せすぎ、弾力不足によって引き起こされます。

ストレッチや表情筋のエクササイズを継続してたるみを防止しましょう。

食生活や体重管理など生活習慣にも気をつかうことが大切です。

リベラータの「ララルーチュRF」はたるみを防止するのに効果的なアイテムになります。

たるみを防止したい人はぜひ商品をチェックしてみてください。