自分磨きナビ

自分磨きナビは美容・コスメに関する最新情報を配信します。

スキンケアとは?スキンケアのおすすめ方法や根本的な肌の構造も!

スキンケアは毎日行わなくてはいけないものですが、なぜスキンケアが必要なのかを知っていますか?

スキンケアをすることの意味を知らないままでは、適切なケアができず、期待しているような効果が得られなくなってしまうこともあるでしょう。

この記事では、スキンケアの役割や意味について分かりやすくまとめました。

「なんとなく」という気持ちで、スキンケアをしてしまっているのなら、ぜひ参考にしてください。

スキンケアとは

 

まずは、スキンケアの意味について説明していきます。

スキンケアの意味

スキンケアとは、皮膚についたさまざまな汚れを洗浄し、肌の見た目や状態を良くすることです。

汚れは、外界からのほこりや細菌、体内から出た汗や皮脂などがあげられます。

また、スキンケアには、紫外線から肌を守ることや、肌に栄養を与え皮膚をやわらかく保つことなども含まれます。

生まれ持った肌タイプやコンディションによっても、日々のスキンケアの方法は変わってきます。

見た目や肌の状態を良くするためには、ピーリングやマイクロダーマブレーションによる角質除去、また、レチノール療法やレーザー治療によるシミ、シワの改善などが行われています。

さらに医療の分野では、スキンケアは創傷治癒や放射線療法にも応用されています。

  • Point
  • スキンケアには肌を清潔にすること・外的刺激から守る役割がある
  • スキンケアには人の見た目を左右する働きがある

乾燥

乾燥肌には、生活習慣が原因している水分不足の肌と、もともと生まれもった乾燥肌の2種類のタイプがあります。

水分不足の肌は、水をたくさん飲み、保湿などのスキンケアをしっかりとすれば改善できます。

しかし、生まれ持った乾燥肌の場合水分不足はほとんど関係なく、毛穴が小さく油分をあまり分泌できないことが主な原因となります。

ここでは、水分不足が原因の乾燥肌について説明していきます。

なぜ肌は乾燥するのか

肌が乾燥する原因は大きく分けて4つの原因があります。

また、複数の原因が同時に起こっている場合も考えられるでしょう。

空気の乾燥

日本では季節によって空気中の水分量である湿度が変わります。

地域で違いはありますが、基本的に夏は湿度が高く蒸し、冬は湿度が低く乾燥します。

特に秋から冬にかけての季節の変わり目では、湿度が大きく変化するため、肌は急激に乾燥してしまうのです。

真冬まで乾燥対策を怠ってしまう人もいるようですが、秋から対策は必要だと覚えておいてください。

また、真夏であってもクーラーの効いた室内の湿度は低くなります。

自分でクーラーの調整がしにくい職場などでは、夏も保湿を考える必要があるでしょう。

紫外線

紫外線は、肌の表面にある「肌バリア機能」である保護膜を酸化させます

この保護膜は肌の潤いを保護する役割を持っているため、保護膜が傷つけば紫外線による刺激によって肌の水分が蒸発し、肌の乾燥を招きます。

さらにその後、肌は紫外線を避けるために角質を厚くし、ますます水分を蓄えにくい状態になってしまうのです。

紫外線は一年中降り注いでいるものですが、真夏以外は紫外線対策をしていない方もいます。

暑い時期以外も紫外線が肌に悪影響を与えていることを忘れないようにしましょう。

間違った洗顔方法

温度の高過ぎるお湯を使った洗顔・ゴシゴシと肌を擦るような洗顔など、間違った洗顔をしていると、肌を傷つけたり本来肌に必要な皮脂まで洗い流してしまうことがあります。

洗顔の回数が多過ぎてもいけません。

皮脂が不足した肌は乾燥を避けるために過剰に皮脂を分泌させ、肌は乾燥しているのに顔の表面は脂っぽいような状態を招いてしまいます。

正しい洗顔方法については、後ほど説明いたしますので、ぜひ参考にしてください。

保湿不足

保湿不足によっても、肌は乾燥します。

水分を角質層に十分保持できていない肌は、乾燥しやすくなります。

そのため、洗顔や角質除去をしたあとは、必ず保湿することが大切です。

保湿クリームには、肌の毛穴にフタをする油分が多いタイプのものがあり、水分が肌から蒸発するのを防いでくれます。

また、角質層に水分を補うだけでなく、空気中の水分も肌にとりこむ作用がある保湿剤でもあります。

特に、乾燥しやすい時期は、毎日の保湿を怠らないようにしましょう。

乾燥するとどんな肌になるのか?

肌バリアを失った乾燥した肌が起こしてしまう肌トラブルは下記のようなものです。

  • 肌がカサカサして粉をふいてしまう
  • 刺激に敏感になり、些細なことで傷つきやすい肌になる
  • メイクが難しくなり崩れやすい
  • 肌が炎症して痒み・痛み・赤みを引き起こす

肌が乾燥している状態は、見た目の問題だけでなく、痛みや痒みを伴うこともあるのです。

また、肌は環境・体調の変化にも敏感なので、普段通りのスキンケアが常に正解であるとは限りません。

季節や体調に合わせたスキンケアをするようにしましょう。

  • Point
  • 肌が乾燥してしまう原因は空気の乾燥・紫外線・間違った洗顔・保湿不足
  • 肌が乾燥していると多くの肌トラブルを招く

肌の汚れ

肌が汚れる理由や汚れの種類について、詳しくご説明します。

なぜ肌が汚れるのか

肌は、なぜ汚れるのでしょうか?
肌は、常に空気中のほこりや化粧品、さらには体内から分泌される皮脂や汗で汚れています。

それぞれの理由を、以下で説明していきます。

化粧

肌の汚れは、化粧による汚れもふくまれます。

化粧をメイク落としやクレンジングで洗浄しても、落としきれなかった油分の汚れなどが毛穴に少しずつたまってきいきます。

これが、透明感のないくすんだ肌を作ってしまう原因になってしまうのです。

透明感のある肌を保つには、ピーリングなどによって定期的に角質除去する必要があります

空気中の汚れ

空気中には、細菌、ウイルス、ほこりなどが浮遊しており、肌はつねに外界の汚れにさらされています。

このため、スキンケアで肌表面についた汚れを洗浄し、取り除くことが大切です。

こうすることで、肌表面に対する刺激と負担を減らし、つねに清潔に保つことができます

皮脂

人間の皮膚は肌のターンオーバーの機能を使って、肌の中にある不要物を排出します。

具体的な皮膚の排出物は皮脂・古い角質のことで、皮脂は脂肪酸や油分でできています。

これらの不要物が肌に留まってしまうと、細菌の温床になってしまうので、毎日の洗顔や定期的な角質除去が必要なのです。

不要物が取り除かれた肌は、スキンケアで使用する美容成分が浸透させやすくなるため、よりスキンケアの効果を感じやすい状態を維持できるでしょう。

  • Point
  • 肌が汚れる原因は化粧・空気の汚れ・皮脂
  • 不要物が取り除かれた肌はよりスキンケアの効果を得やすい

肌の構造

ここでは、肌の構造や保湿剤の役割について、詳しく説明していきます。

肌の構造

本来肌にはバリア機能があるため、健康な肌が維持できるようになっています。

肌のバリア機能とは肌表面の角質層のことで、角質層に水分がたっぷり蓄えられていれば、角質層は肌をしっかり守ることができるのです。

しかし、先ほど説明したように、紫外線などの外的要因や加齢・生活習慣の乱れによって角質層が思うように機能しなくなってしまうこともあるでしょう。

適度な水分と油分のバランスを整えることで成り立っている肌バリアを強く維持するためには、スキンケアが欠かせません

ここからは、スキンケア(化粧水・乳液・クリーム)の役割について説明しましょう。

保湿剤の役割

保湿剤は下記のような役割を持っています。

  • ① 角質層に浸透して水分を補う
  • ② 硬くなってしまった角質層を柔らかくする
  • ③ 肌の表面から水分が乾燥するのを防ぐ

保湿剤にはいくつもの種類がありますので、それぞれの特徴や役割をまとめました。

どのスキンケア用品にも重要な役割があることを知りましょう。

【化粧水】肌へ水分をたっぷり補給

化粧水は主に水を主成分として作られており、洗顔後の肌表面に直接水分を与える役割を持っています。

そのため、化粧水はたっぷりの量を利用するのがお勧めです。

【乳液】うるおいを保ち肌を柔らかくする

乳液は水分と油分を混合させて作られているため、化粧水よりも油分が多いです。

肌に浸透させた水分に蓋をして、肌から蒸発させないようにする役割を持っています。

乳液を使用すれば、肌をしっとりとさせた状態で長時間維持できるでしょう。

【クリーム】ふたをして乾燥を防ぐ

美容成分が豊富に含まれているクリームを使えば、水分を保湿させながら肌を美しい状態に保てます。

乾燥しやすい目元や口元を中心に利用すると良いでしょう。

似た商品として、美容液やパックなどがあります。

自分が使いやすいと感じるものを選ぶようにしてください。

  • Point
  • 角質層は肌を守る役割がある
  • 保湿剤は角質層をサポートする役割がある
  • 保湿剤の種類には化粧水・乳液・クリームなどが用意されている

正しいスキンケアの順番

正しいキンケアの順番をご説明します。

1.洗顔をする前に、メイク落としで化粧を落とします。

メイク落としにはオイルタイプ・クリームイプ・拭き取りタイプなどさまざまな種類があるため、自分の肌やメイクに合ったものを選びましょう。

2.化粧を落としたら、洗顔をします。

メイク落としと同じく、自分の肌タイプにあった洗顔フォームやクリームを選んでください。

洗顔フォームや石鹸を使う場合には、よく泡立てると肌の汚れを優しく洗い流せます。

3.タオルでしっかりと水分を拭き取ります。

このとき、あまりゴシゴシと擦らず、やさしく顔におしつけるようにして水分を取り除くと、肌を傷つけずに済みます。

4.ピーリング(角質除去)のパックをする場合は、このタイミングで行います。

洗顔後に実施することで、より高い効果が得られるでしょう。

5.洗顔が済んだら、なるべく時間を空けずに肌にあった化粧水を使い、肌に水分を与えます。

6.美容液を使用する方はこのタイミングで美容液を使いましょう。

乳液で保湿を行う前は、美容成分が浸透しやすいタイミングです。

7.美容成分が多く含まれた夜用の乳液を使って保湿をしてください。

8.アイクリームを使う方は、このタイミングが良いです。

9.ナイトクリームを使う方は、このタイミングが良いでしょう。

ナイトクリームを使えば、寝ている間もしっかりと肌を保湿できます。

  • Point
  • 正しいスキンケアの順番を知ると、ケア用品の効果を高められる
  • 化粧水の後はしっかり保湿剤で蓋をする

正しいスキンケア方法

肌を乾燥から守るには、保湿が重要であるということを説明いたしました。

ここからは、スキンケアのポイントを紹介しましょう。

今自分が行っているスキンケアと比べてみてください。

クレンジングと洗顔

クレンジングはメイクを落とすために行うことです。

肌の汚れを落とすのは洗顔なので、クレンジングで全ての汚れを落とそうとしないようにしてください。

クレンジングでは肌の汚れは落とせていないということを理解して、クレンジング後は必ず洗顔をします。

また洗顔時に肌を傷つけてしまうことがないよう、洗顔料は泡立てて使い、擦るのではなく肌を包み込むようなイメージを持つようにしましょう。

汚れが気になる部分は指の先ではなく腹を使って撫でるように洗います。

保湿

保湿のためには、化粧水・乳液・クリームなどを使います。

保湿に使う商品は化粧水・乳液を最低限使用し、その他のクリーム・パック・ナイトクリーム・部分保湿用品は自分の肌の状態に合わせて取り入れましょう。

保湿時にも洗顔時と同様に肌を傷つけないように注意し、優しく肌に馴染ませます

美容液

美容液にはたっぷりの美容成分が含まれており、化粧水では不足している栄養・水分を肌に与えることができます。

肌に使え・衰え・乾燥が気になる場合などに使用すると良いでしょう。

  • Point
  • クレンジングと洗顔は必ず両方行う必要がある
  • 保湿のスペシャルケアとして美容液を取り入れると良い

スキンケアにこだわりたい方におすすめの商品

保湿に優れたスキンケア商品として、リベラータのスキンケアセットが注目を集めています。

リベラータのスキンケアセットは乾燥肌の予防に最適な商品です。

リッチ クレンジング ジェル

リッチ クレンジング ジェルは肌の刺激を最小限に抑えるために、オイルをジェル化したクレンジングです。

肌を摩擦することなくメイクや付着してしまった汚れを吸着します。

シルキー リッチ フォーム

シルキー リッチ フォームはヤシ油由来の肌に優しい洗顔フォームです。

きめ細やかな低刺激の泡で毛穴汚れや、余分な角質層も優しく洗い流します。

ヒトオリゴペプチドを配合しており、角質層のバリア効果を高めるためにも効果的です。

ジェントル リッチ ローション

ジェントル リッチ ローションは美白効果の高い成分を配合しており、とろっとしたリッチな使用感が特徴です。

パワーペプチド配合で、潤いを与えるだけではなく、肌そのものの保湿効果を高めてくれます。

ジェントル リッチ クリーム

ジェントル リッチ クリームはやわらかく、伸びの良いクリームで、肌の潤いを長時間キープしてくれます。

細胞一つひとつに潤いを浸透させ、パワーペプチドやプラセンタの力でバリア効果を高める役割も果たしてくれます。

モイスチャー エクセレント セラム

モイスチャー エクセレント セラムは、外部から受けてしまったダメージを肌の奥から修復し、表皮のターンオーバーを促進します。

もっちりとハリのある肌を作るプラセンタエキスも入っているので、乾燥による小じわも目立たなくなるでしょう。

  • Point
  • リベラータのスキンケアセットを使えば、肌をしっかり保湿できる
  • リベラータのスキンケアセットには肌のターンオーバーを整える効果が期待できる

まとめ

スキンケアは「スキンケアをすること」が目的ではなく「美しい肌を手に入れる・保つこと」が目的です。

正しいスキンケアの方法を知り、自分に最適なスキンケアを取り入れれば、その目的を果たすことができるでしょう。

肌を乾燥から守るために、この記事を参考にしてスキンケアの見直しをしてみてください。

健康的で美しい肌が手に入れば、より輝いた生活を送れるようになりますよ。