自分磨きナビ

自分磨きナビは美容・コスメに関する最新情報を配信します。

表情筋の鍛えすぎは逆効果?過度なトレーニングは控えたほうが良い理由

「表情筋を鍛えすぎると逆効果って本当?」「表情筋の効果的なトレーニングとは?」と疑問をお持ちの方に向けて、表情筋のトレーニングについて詳しくご説明します。

表情筋の鍛えすぎが逆効果な理由、効果的なトレーニングのポイント、表情筋を適度に鍛える方法を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめの美顔器「ララルーチュRF」も併せてご紹介しますの必見です。

表情筋に鍛えすぎは逆効果?

「アンチエイジングのために表情筋を鍛えすぎると逆効果って本当?」と疑問を持っている方も多いのではないでしょうか?

表情筋を鍛えることで顔のたるみやシワを防ぐことができますが、鍛えすぎると逆効果になる可能性があります。

表情筋をトレーニングすることは肌のハリを保つために大切ですが、鍛えすぎにならないように注意を払いながらケアを行いましょう。

程度を守らないとせっかくの努力が水の泡になってしまいます。

  • Point
  • 表情筋を鍛えすぎると逆効果になる可能性がある
  • 表情筋をトレーニングすることは肌のハリを保つために大切
  • 鍛えすぎないように注意を払いながらケアを行おう

表情筋の鍛えすぎが逆効果な理由

表情筋に鍛えすぎが逆効果になる理由には何が挙げられるでしょうか?

シワが増える

表情筋を鍛えてほうれい線などのシワの防止しようとしても、表情筋を鍛えすぎることでシワが増える可能性があります。

「シワを増やさないために鍛えているのに…」と驚いている方も多いのではないでしょうか?

表情筋を鍛える時に顔の皮膚も一緒に動かすことになります。

皮膚を動かしすぎるとシワができる原因になるので注意が必要です。

例えば、アイメイクをするときやスマホを見るときなどに、目の周りの皮膚を動かすことで目尻のシワができやすくなります。

たるみに繋がる

表情筋を鍛えることでたるみを防止できますが、トレーニングの方法が間違っていると逆効果でたるみが生じます。

普段使用している筋肉と使用していない筋肉に差があると、たるみが現れやすくなりますが、表情筋を鍛えるときにトレーニング箇所が偏っているとたるみの原因となるのです。

鍛えたい部位をしっかりと把握して正しく表情筋のトレーニングを行いましょう。

フェイスラインのたるみの原因について詳しく知りたい方は
フェイスラインのたるみの原因は?改善方法やおすすめのアイテムをご紹介!
をご覧ください。

  • Point
  • 皮膚を動かしすぎるとシワができる原因になる
  • トレーニングの方法が間違っていると逆効果
  • トレーニング箇所が偏らないように気をつけよう

表情筋を鍛えすぎないで効果を得るには?

表情筋のトレーニングが逆効果にならないためには、先述した通り、正しく鍛えることが大切です。

トレーニング箇所が偏らないように、顔の筋肉をまんべんなく使うように意識しましょう。

例えば、ご飯を食べるときに片側だけで噛んでいると歪みが生じますが、両方で噛むように意識することで全体の筋肉を使用できます。

表情は無意識のうちに作られますが、鏡などで自分の表情筋の癖を見直してみましょう。

  • Point
  • 表情筋のトレーニングは正しく行うことが大切
  • 顔の筋肉をまんべんなく使うように意識しよう
  • 鏡などで自分の表情筋の癖を見直してみよう

表情筋を適度に鍛える方法

表情筋を鍛えすぎないで適度に鍛えるようにする方法をご紹介します。

短時間でトレーニング

表情筋のトレーニングを行うときに時間を設けるのも一つの手段です。

たるみやシワを解消したいあまり、長時間トレーニングすると逆効果になってしまいます。

1分間程度のシンプルケアでも継続することで効果を得られるので、鍛えたい場所を明確にして短時間のトレーニングを行いましょう。

老け顔の大きな要因であるほうれい線を解消するために、舌をぐるりと口内でまわしてケアを行いましょう。

左回り、右回りを30秒ずつ均等に鍛えることが大切です。

リフトアップマッサージ

リフトアップとは顔にできたたるみやシワを改善する美容法のことを指しますが、マッサージすることで年齢を重ねるとともに気になるたるみやシワを改善することができます。

マッサージには様々な方法がありますが頬骨のあたりに手を置いて、耳にかけてゆっくりと10秒程度で滑らせください。

5回程度繰り返してマッサージを行っていきましょう。

肌を傷つけないようにクリームた美容液などを使用することをおすすめします。

リフトアップの方法についてさらに詳しく知りたい方はフェイスリフトアップの方法って?施術やマッサージ、美顔器などの方法をご紹介!をご覧ください。

美顔器

美顔器はたるみやシワを改善するのに役立つアイテムです。

美顔器には様々な種類がありますが、たるみやシワを改善するのに効果のあるEMSなどの機能が搭載されている美顔器を選びましょう。

しかし、美顔器による過度なケアも逆効果になる恐れがあるので注意が必要です。

週に2回から3回程度のケアを推奨している製品が多いですが、取扱説明書に記載されている使用頻度を守ってください。

EMS美顔器の効果について詳しく知りたい方はEMS美顔器の効果とは?使用方法や使用する際の注意点も解説!をご覧ください。

  • Point
  • 表情筋のトレーニングを行うときに時間を設けよう
  • リフトアップマッサージも効果的
  • EMS機能が搭載されている美顔器がおすすめ

表情筋を適度に鍛えられるアイテムをご紹介

表情筋を鍛えすぎないで程よいケアができるアイテムをご紹介します。

美ルルリバース



美ルルリバースは、EMS機能やRF温熱、振動エステなど計6つの機能をバランス良く働かせることができる美顔器です。

ヘッドの形は顔の輪郭にぴったりと沿うU字型ヘッドなので、肌のすみずみまで美顔器を当てることができます。

普段自分では動かすことの少ない筋肉を鍛えることで、肌のたるみやゆるみを効果的に防ぐことができます。

詳細はこちら  

ララルーチュRFがシワやたるみに効果的

リベラータのララルーチュRFたるみやシワを改善するのに効果的なEMSが搭載されています。

最新型のララルーチュRFはEMS機能が向上し、5分程度のシンプルなケアで十分な効果を期待できるのです。

他にもシワ、くすみ、クマ、ニキビなど様々な悩みに多角的にアプローチできる機能が搭載されています。

まとめ

今回の記事では「表情筋の鍛えすぎは逆効果?」「表情筋を鍛えすぎはどうして効果が実感できないの?」と疑問をお持ちの方に向けて、表情筋トレーニングについて詳しくご説明しました。

表情筋の鍛えすぎはシワを増やしたり、たるみを引き起こしたりする可能性があるので注意が必要です。

表情筋のトレーニングをする際はまんべんなく筋肉を使用し、短時間で行いましょう。

リフトアップマッサージや美顔器もたるみやシワの改善に効果的です。

ぜひ自分に合ったケアでたるみやシワの改善を目指しましょう。