自分磨きナビ

自分磨きナビは美容・コスメに関する最新情報を配信します。

ほうれい線対策はいつから必要?効果的に消すための方法4選も合わせて紹介

自分の写真を見て、若い頃と変わってしまったなと思う方も多いのではないでしょうか。
老けて見えるいちばんの原因は、やはりほうれい線でしょう。
仕方ないものとはいえ、歳を重ねていくと気になっていますよね。
頬にほうれい線があるだけでぐっと老けて見えてしまうため、なんとかしてほうれい線をなくしたい、薄くしたいという思うのは当然のことです。
そして、ほうれい線対策はいつから始めればいいのでしょうか?
そこで、今回はほうれい線についての知識や予防法をまとめていきます。

いつからほうれい線対策は必要?

ほうれい線が目立ち始めるのは、一般には30代後半〜40代ですが、対策を始めるのは、ほうれい線が気になり始めてからでいいのでしょうか?
実は、ほうれい線対策は、できるだけ早く始めたほうがいいのです。
では、そもそもほうれい線の原因とはなんなのでしょうか?
主なほうれい線の原因を年代別に見ていきましょう。

年代別ほうれい線の原因

20代

20代のほうれい線の原因となるのは、乾燥、むくみ、栄養不足による肌の老化などが挙げられますが、若いうちからほうれい線が目立つことは多くありません。
そのほか、全年代を通してですが、頬杖をつく、横を向いて寝る、スマホを長時間利用するなどの癖もほうれい線を引き起こすことがあります。

30代

紫外線による肌の劣化が目立ち始めるのが30代です。
蓄積されたダメージによりコラーゲンやエラスチンが減少し、肌のハリがなくなってきます。
その結果、ほうれい線が徐々に目立ち始めてしまうのです。

40代

40代以降になると、肌のたるみが本格化しはじめ、30代の頃よりも深く長いほうれい線が刻まれてしまいます。
コラーゲンやエラスチンが、いよいよ肌を支えることができなくなり、深いシワとなって現れてしまうのです。
また、日焼けケアをしていなければ、その分蓄積された紫外線によるダメージも大きく、よりくっきりとしたほうれい線がになります。

対策は若いうちから行うべき

ほうれい線の主な原因は皮膚のたるみです。
そのため、肌にハリがある20代では、あまり目立つことはありませんが、生活習慣によっては目立つ場合もあります。
ほうれい線の対策は、早すぎるということはありません。
未来の自分の顔のため、深く刻まれてしまう前に対策を始めてしまいましょう。

ほうれい線対策に効果的な方法4選

ほうれい線の主な原因を見てきましたが、それらの原因はどうしたら取り除くことができるのでしょうか?
ほうれい線対策に効果がある4つの方法を紹介します。

マッサージや顔周りのエクササイズをする

マッサージやエクササイズで顔まわりのコリをほぐし、リンパの流れを良くすることで、ほうれい線を薄くするる方法です。
ほうれい線を薄くするだけではなく、頬も上がり、若々しい印象を取り戻すことができる、コリがほぐれて小顔になるといったほかの、メリットもあります。

しかし、力加減に気をつけないと、かえってほうれい線を濃くしてしまったり、余計に顔がたるんでしまったりするので、肌に負担をかけない強さで行うようにしましょう。

スキンケア商品を利用する

乾燥はほうれい線の大敵です。
丁寧なスキンケアを行い、肌をしっかり保湿してあげることでほうれい線を予防することができます。
肌を吊り上げてくれるコラーゲンやエラスチンの含まれたスキンケア製品を使って、老化していく肌のサポートをしてあげるのもいいでしょう。

肌のハリを取り戻す役割をしてくれるビタミンC誘導体やレチノール、プラセンタエキスなどの成分もオススメです。

生活習慣を見直す

よくない生活習慣も、ほうれい線を作る大きな原因です。
日常的な行動を見直すことで、ほうれい線の予防につながります。
ほうれい線対策となる行動を見ていきましょう。

寝方の癖を治す

うつ伏せや横向きで寝ていると、重力に頬が引っ張られてしまい、たるみが起こる可能性があります。
どちらか一方の頬を下にする癖があると、片方だけほうれい線が深くなる、ということもあります。
一番頬に負担がかからない寝方は仰向けです。

スマホの利用を少なくする

また、スマホの使い過ぎもほうれい線にとってはよくありません。
下を向く姿勢を長時間続けることは、顔の筋肉に悪影響を与えてしまいます。
ほうれい線や頬のたるみどころか、視力低下などほかの影響もありますので、スマホの使用はほどほどにしましょう。

顔の筋肉を鍛える

筋肉の衰えがたるみにつながります。
逆に言えば、顔の筋肉を鍛えれば、ほうれい線は予防できるのです。
筋肉を鍛えるといっても、特別なことをする必要はありません。
日常的に少し意識して過ごすだけでいいのです。

特に、笑顔は頬を引き上げるのに最適な表情です。
日常的に笑顔を心がけていれば、ほうれい線の予防とともに、周りからの印象のアップも期待することができます。

美顔器を利用する

近年、ほうれい線対策に特化した美顔器は電機屋や雑貨屋で売られており、安価で手軽に購入することができます。
デザインやサイズも様々で、ハンズフリーで利用することができるものもあります。
ほうれい線対策のほかにも、頬のリフトアップ、顔まわりの引き締めなど、嬉しい効果が多数見込めますので、普段のケアに美顔器を取り入れてみるのもいいでしょう。

毎日5分でほうれい線を消したいなら

リベラータならば特別定期コースやお試しコースがあり、お得に大人気美顔器ララルーチュRFを取り入れることができます。
ララルーチュRFは多数の雑誌やテレビ番組で注目され、多くのお客様にご満足していただいています。
ララルーチュRFの周波数には3種類の強さがあり、自分の肌の強さ、その日の調子に合わせて最適なケアをすることができます。
1日たったの5分でまるでエステに行ったかのようなケアを実現してくれるララルーチュRFを、ぜひお試しください。
また、合わせて使うと効果がアップする効果アップグッズも多数取り扱っています。

99%以上が美容成分で構成されたクリアアップセラムには、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、プラセンタエキスといった様々な成分を含んでおり、美顔器の滑りをよくして美肌効果を高めてくれます。
肌のことを第一に考えて開発した通常のスキンケアも充実しており、敏感肌や乾燥肌の方でも安心してお使いいただけます。
外からのケアだけでなく、美容成分を配合した美容茶やサプリメントで内側から肌を整えることができます。

まとめ

ほうれい線は、頬のたるみや筋肉の衰え、乾燥肌が主な原因です。
若いうちから目立つことは多くありませんが、人によっては20代から気になり始めることもあります。
ほうれい線を防ぐためには、若いうちから意識して対策するのが大切です。
予防策としては、横向きやうつ伏せで寝ずに仰向けで寝る、スマホの利用を控える、表情筋を意識して過ごす、美顔器やスキンケア製品を使うなどがあります。
特に、肌のことを考えて開発された美顔器は、大きな効果が見込めます。
顔の印象を大きく左右するほうれい線は、早めに対策しておかないと、気付いた時には深く刻まれてしまいます。
ずっと若々しい印象を保つために、今日からでもほうれい線対策を始めてみてはいかがでしょうか。