自分磨きナビ

自分磨きナビは美容・コスメに関する最新情報を配信します。

ヒアルロン酸にはどんな効果がある?種類や美容効果について解説!

ヒアルロン酸には、いくつか種類があり、ヒアルロン酸には、いくつか種類があり、それぞれ効果が違います。

ヒアルロン酸は人間の身体にも存在しますが、化粧品のヒアルロン酸とは別の働きを持っています。

効果を得るためには、いくつかのコツがあり、それを知ることで、更に肌の深部へ浸透させることができます。

この記事では、ヒアルロン酸の種類と美容効果、そして更に効果を得るコツを解説します!

ヒアルロン酸とは?

ヒアルロン酸は、人の身体にもとから存在する成分で、真皮にふくまれています。

真皮は、人間の皮膚の3層構造のひとつで、表面よりも一つ下にあるエリアです。

真皮は、コラーゲンやエラスチンといった、肌の弾力を保つ働きをしています。

ヒアルロン酸も、肌の弾力や保湿を保つ成分のひとつです。

高い保湿力のあるヒアルロン酸がふくまれた化粧水を使用することで、肌の表面や表皮の角質層をみずみずしく保ち、高湿度の空気から水分を肌に取り込むことも可能です。

そのうえ、紫外線や乾燥からも肌を守ってくれます。

ヒアルロン酸には3つの種類がある

ヒアルロン酸には3つの種類があります。

ヒアルロン酸Na

ヒアルロン酸Naは、肌表面の潤いをキープする効果があります。

これは、ヒアルロン酸Naの分子が大きく、角質層の深部まで浸透しないためだと言われています。

このため、乳液やクリームとして使われることがほとんどです。

表皮の上の部分にとどまり、しっかりと皮膚から水分が蒸発するのを防いでくれます。

そのうえ、ほとんどのヒアルロン酸は、毛穴を詰らせにくい性質なので、ニキビなどができる心配もありません。

目の下の小じわ対策に、目元クリームとして使われたり、ほうれい線にハリを出すために使われたりすることが多いです。

加水分解ヒアルロン酸

加水分解ヒアルロン酸は、肌の内部に浸透しやすいタイプのヒアルロン酸です。

ヒアルロン酸Naと比べて、分子が小さく、角質層の奥まで届きます。

角質層に届いた加水分解ヒアルロン酸は、ターンオーバーの乱れなどで乾燥した角質層をうるおしてくれます

主に、美容液や化粧水に使われています。

アセチルヒアルロン酸Na

アセチルヒアルロン酸Naは、非常に保湿力が高いヒアルロン酸です。

ヒアルロン酸Naと比べると、2倍の水分保持力があると言われています。

また、肌の内部と外部の両方を保湿できることから、美容液、化粧水、クリームなど、さまざまな化粧品に使われており、スーパーヒアルロン酸とも呼ばれています。

  • Point
  • ヒアルロン酸には3種類あり、それぞれ特徴が異なる
  • 美容液や化粧水には浸透しやすい加水分解ヒアルロン酸が配合されている

ヒアルロン酸の減り始める時期

一般的にヒアルロン酸は30代から急減し、40代半ばには赤ちゃんの頃に保有していた量の半分になります。

さらに、60代になるとヒアルロン酸は25%までに減少すると言われているのです。

ヒアルロン酸は加齢にともなって失われていくため、年齢を重ねるとたるみやしわが目立つようになります

ほうれい線やマリオネットラインなど、しわやたるみが深くなることで、顔を一気に老けさせてしまうのです。

「実年齢より老けて見られることが多い」という方は、ヒアルロン酸がすでに減少し始めている可能性があります。

保湿ケアをしっかりと行って肌の潤いを保つことが大切です。

ヒアルロン酸にはどんな美容効果がある?

ヒアルロン酸の美容効果にはどのようなものがあるのでしょうか。

肌にハリ・弾力を与える

ヒアルロン酸は、肌の表面の保湿力を高め、肌の水分をキープします

ヒアルロン際に含まれる保湿成分は、高湿度の場合、空気中の水分を肌に取り込み、潤いをキープすることもできます。

このため、肌にハリ・弾力を与える効果があります。

最近では、その美容効果の高さから、エイジングケアの美容液として人気があり、ほうれい線や目の下の小じわを軽減する効果も認められています。

ターンオーバーを正常化する

ヒアルロン酸は、皮膚の表面を保湿し、乱れたターンオーバーを正常化する効果があります。

肌の一番上層にある表皮には、4つの層があり、肌の表面に近いほうから、角質層(かくしつそう)、顆粒層(かりゅうそう)、有棘層(ゆうきょくそう)基底層(きていそう)に分かれています。

基底層で作られた新しい細胞が、少しずつ上の層に上がってきて、最終的には角質層まで達し剥がれ落ちる、というサイクルが、基本的には28日周期で行われます。

このことを、ターンオーバーといいますが、そのサイクルが崩れて、古い細胞が角質層にとどまり、いつまでたっても剥がれ落ちないことがあります。

ヒアルロン酸には、ターンオーバーが乱れた角質層の表面を保湿成分で潤し、古い角質細胞を剥がれやすくする効果があります。

ターンオーバーについては「肌のターンオーバーが乱れる原因や改善方法を詳しく解説!」で詳しく紹介しています。

  • Point
  • ヒアルロン酸は肌の表面の保湿力を高める
  • ヒアルロン酸によって古い角質細胞が剥がれやすくなる

ヒアルロン酸が含まれる食べ物

ヒアルロン酸を多く含む食べ物を紹介します。

動物性の食品

ヒアルロン酸を多く含む動物性の食材は以下の通りになっています。

・ウナギ
・魚の目
・フカヒレ
・鶏の手羽
・鶏の軟骨
・鶏の皮

コラーゲンが多く含まれる部分にヒアルロン酸も多く含まれます。

ヒアルロン酸は肝臓で単糖として分解され、体内に吸収されるのです。

しかし、ヒアルロン酸は加熱調理すると効能が損なわれてしまうため、スープにするなど調理方法に工夫が必要です。

ムコ多糖類の食品

動物性の食材の他にも、ヒアルロン酸はぬめりの多い野菜に含まれています。

ヒアルロン酸を多く含む野菜は以下の通りです。

・山芋
・納豆
・おくら
・もずく
・海藻

動物性のヒアルロン酸にも同じことが言えますが、食品から摂取する分子は大きくて、体内に吸収されにくい傾向にあります。

そのため、サプリメントで摂取したり、ヒアルロン酸の注射をしたり、他の方法もあわせて取り入れることが大切です。

ヒアルロン酸の効果を得る摂取の仕方は?

ヒアルロン酸の効果をより得るための摂取の仕方をご紹介します。

サプリメントでとる

サプリメントでヒアルロン酸を効率的に摂取するのも一つの手段です。

外食することが多く、食事だけでは補えきれないという方はサプリメントで栄養素バランスを調節しています。

サプリメントを選ぶ際は、身体に吸収されやすいように低分子かされているか確認しましょう。

分子が大きいと体内に吸収されにくいです。

さらに、配合量も購入前にしっかりと確認するようにしましょう。

年齢や体の状態によって摂取するべき量は異なります。

各メーカーの提示している摂取目安量を参考にしましょう。

ヒアルロン注射をする

ヒアルロン酸は表皮の奥にある真皮の部分に多くありますが、加齢によってヒアルロン酸の量が減少することで、表皮にまで影響を及ぼします。

ヒアルロン酸が損なわれた真皮にヒアルロン酸を注入することで、肌のハリや弾力が復活するのです。

基本的に施術後のダウンタイムはなく、施術後のメイクや当日のシャワーも可能になっています。

美顔器や美容液などでもエイジングケアを行うことができますが、結果を得られるまでに時間がかかるのが気になる方におすすめです。

しかし、効果が持続するのは半年間程度になっているため、永続的なケアではないことを留意しておきましょう。

肌になじませるように塗る

ヒアルロン酸は、肌にとどまっている間のみ効果が期待できます。

実は、クリームや乳液で保湿するだけでは、効果を持続するのは難しいものです。

それは、分子が小さくて、角質層の深部まで浸透できる加水分解ヒアルロン酸であっても、同じことです。

そのため、ヒアルロン酸の効果を持続させるには、常日頃からこまめに塗ることが大切です。

化粧水や美容液の場合は、肌になじませるように塗ることをおすすめします。

まずは、手にとって体温であたためてから塗るようにすると、浸透性が高まります。

最初に半分の量をとり、顔全体を手のひらで包み込むように塗り、のこり半分を、特に乾燥がひどい部分に塗るようにしましょう。

洗顔後のスキンケアについては「スキンケアの正しい順番とは?各アイテムの種類や特徴・選び方についても解説」で詳しく紹介しています。

塗るヒアルロン酸の選び方

ヒアルロン酸を含むスキンケアグッズはどのように選べばいいのでしょうか?

体内に取り入れるケアの他に、塗ることで皮膚の潤いを補うことができます。

いつものスキンケアにヒアルロン酸を含むアイテムをプラスして、ケアを徹底しましょう。

【ヒアルロン酸の配合されている種類】

まず、どのような種類のヒアルロン酸が配合されているか確認しましょう。

先述した通り、ヒアルロン酸は主に3種類に分類されますが、それぞれの特性を踏まえて選ぶことが大切です。

例えば、スーパーヒアルロン酸と呼ばれるアセチルヒアルロン酸Naは、通常のヒアルロン酸に比べて2倍近くの水分保持力を持つので、乾燥しやすいという方におすすめです。

【その他配合されている成分】

ヒアルロン酸の他にもどのような成分が配合されているか確認することが大切です。

セラミドやコラーゲン、プラセンタなどの保湿成分が配合されているアイテムは、保湿効果を最大化してくれます。

レチノールやビタミンE、ビタミンC、ビタミンEなど、美白効果の高い成分や、ターンオーバーの機能を正常化させる役割を持つ成分など、スキンケアグッズによって含まれる成分が異なるため、成分表をしっかりと購入前に読みましょう。

【スキンケアの手軽さ】

スキンケアは継続して行うことで効果を得られます。

手軽にスキンケアを行えるようなスキンケアグッズを選ぶことが大切です。

例えば、しっとりタイプやさらさらタイプなど、自分にとって使い心地の良いテクスチャーの製品であるかなどのポイントをチェックするようにしてください。

使用頻度や使い方などもしっかりと確認しておきましょう。

美顔器を使う

ヒアルロン酸の効果を更に得るためには、美顔器とあわせて使用ことをおすすめします。

両方をあわせて使うことで、美容液の吸収を高め、より高い効果が期待できます。

最近では、エレクトロポレーション(電気穿孔法)やラジオ波など、エステサロンで使われている技術と同じ機能を搭載した美顔器も市販されています。

エレクトロポレーション(電気穿孔法)とは、電気パルスで肌の細胞膜に、非常に小さな穴をあけ、美容液を導入する手法のことです。

普段、なかなか浸透しにくい高分子の美容成分を、角質層の深部まで浸透させるのに役立ちます。

ラジオ波は、高音波の一種で、皮膚にあてると熱を発します。

この温熱作用が、肌を内部からあたため、血行を良くし、ヒアルロン酸などの美容成分の浸透性を高めます。

ラジオ派は、コラーゲンを作る線維芽細胞のはたらきを活発にし、新陳代謝を促進する効果もあるので、むくみやシミを改善し、肌にハリを与える効果が期待できます。

  • Point
  • ヒアルロン酸は肌の表面の保湿力を高める
  • ヒアルロン酸によって古い角質細胞が剥がれやすくなる

ヒアルロン酸配合の化粧品をご紹介

ヒアルロン酸を配合したアイテムや効果をさらにアップするアイテムをご紹介します。

リベラータのクリアアップセラム

リベラータのクリアアップセラムは、美顔器ララルーチュ専用の美容ジェルです。

成分は、99.5%が美容成分を含んでおり、ヒアルロン酸Na、コラーゲン、エラスチン、プラセンタ、セラミド5種など、肌にハリを与える成分を豊富に含んでいます。

リベラータのララルーチュRF

美顔器のララルーチュRFと専用美容ジェルのクリアアップセラムを使用することで、ヒアルロン酸が、さらに角質層の深部まで届きます。

ララルーチュRFは、美容液の浸透を促すための電気穿孔法を応用したコアパルスや、ラジオ波といった機能を搭載しています。

リベラータが特許を取得した半導体チップは、ターンオーバーを正常化し、肌のキメを整えます。

さらに、EMS機能で、表情筋にはたらきかけ、たるみを引き締めます

エステサロンで人気のフォトトリートメント機能も採用しており、3色LEDの光で、シミ・くすみをケアします。

まとめ

この記事では、ヒアルロン酸の種類や、それぞれが持つ美容効果、そして効果を更に得るコツをご紹介しました。

ヒアルロン酸は、高い保水力持っており、肌にハリ・弾力を与えてくれます。

また、肌に水分を閉じ込めフタをするので、ターンオーバーを正常化させ、古くなった角質が剥がれ落ちるのをサポートします。

効果をさらに得るためには、手に馴染ませ肌温度に上げてから、顔に塗ると浸透しやすくなります。

また、美顔器とあわせて使うことも、おすすめします。

リベラータ
LINE公式アカウント

お得なキャンペーンや抽選などを
配信してまいります!!
あなたの肌診断実施中!

関連テーマから探す