自分磨きナビ

自分磨きナビは美容・コスメに関する最新情報を配信します。

肌質ってどう見分ければいいの?肌質を改善するケア方法やアイテムについてもご紹介!

「肌質にはどのようなタイプがあるの?」「肌質に合ったスキンケア方法とは?」と肌質に関して疑問や悩みを抱えている方に向けて、種類、改善方法など詳しくご説明します。

まずは自分がどのような肌質か認識して肌質に合わせたスキンケアを行うことが大切です。

肌質改善に役立つ美顔器も同時にご紹介するので参考にすると良いでしょう。

肌質改善の前に知っておいた方が重要?肌の仕組みとは?

人間の肌は表面から表皮、真皮、皮下組織で構成されています。

表皮はさらに細分化され、角層、顆粒層、有棘層、基底層の複数の層から成り立っているのが特徴的です。

これらの層のうち、もっと深いところにある基底層で新しい細胞が生成され、古い細胞がどんどん表面に押し出されていきます。

表皮は95%が角化細胞で、5%が色素細胞やランゲルハンス細胞から構成されており、肌を守る働きのある部位です。

真皮は表皮の数倍の厚みがあり、支持組織、汗腺、脂腺、毛包などが存在しているので重要な機能を担っています。

さらに、真皮はコラーゲンや弾性線維があるので肌の弾力を保つ部位です。

皮下組織は脂肪組織によって構成されているので、外からのダメージから肌を守る働きがあります

女性の肌と男性の肌の違い

女性と男性の肌質の違いを紹介します。

それぞれの特徴をしっかりと把握して、自分の肌質を見極めることが大切です。

男性の肌は乾燥しやすい

男性の肌は皮膚が厚く、きめが粗い傾向があります。

肌触りはザラザラとしていて、毛穴が目立ちやすいのが特徴的です。

女性の肌と比較して、皮脂の分泌量は2~3倍になっています。

皮脂の分泌量が多い一方で、水分蒸散量は2倍以上なので乾燥しやすいです。

男性のスキンケアのポイント

男性は髭剃りによって顎や口周りにダメージが加わっているため、髭剃り後の保湿をしっかりとすることが大切です。

朝晩1回ずつ洗顔を行い、過剰に分泌された皮脂を落としましょう。

洗顔後は化粧水や乳液でしっかりとスキンケアを行いましょう。

髭剃りによるダメージを軽減したい人は脱毛がおすすめです。

女性の肌は変化しやすい

女性の肌は皮膚が薄く、紫外線や乾燥などの外的要因によるダメージを受けやすくなっています。

そのため、シミや肌トラブルを引き起こしやすいのが特徴的です。

ホルモンの影響も受けやすいため、肌の状態も変化しやすいです。

例えば、生理周期や更年期はホルモンバランスが乱れやすく、肌に影響を及ぼします。

女性のスキンケアのポイント

女性の多くはメイクを頻繁に行うため、クレンジングを行う必要があります。

そこでは、クレンジングの摩擦に気を付けることが大切です。

肌を擦らないように優しく触れるように気をつけましょう。

乾燥しやすい目元や口元は保湿クリームなどでカバーしましょう。

年齢によって肌質が変化しやすいので、肌質の変化に伴ったスキンケアを行うことが重要です。

  • Point
  • 男性の肌は乾燥しやすい
  • 辞世の肌の状態は変化しやすい

肌質の4つのタイプ

肌質にはどのようなタイプが存在するのでしょうか?それぞれのタイプの特徴について詳しくご紹介します。

  • 乾燥肌
  • 脂性肌
  • 混合肌
  • 敏感肌(or普通肌)

乾燥肌

乾燥肌は油分や水分が少なく、乾燥しやすい特徴の肌を指します。

「肌が通年カサカサしている感じがする」「毎日保湿ケアが欠かせない」という人は乾燥肌の可能性が高いです。

乾燥肌の場合、適切にケアを行わないと肌がトラブルを起こしやすいです。

潤いが足りていない状態の肌は紫外線によるダメージをより一層受けやすく、抵抗力が弱いです。

さらに、潤いをキープする働きを持つセラミドが不足しているため、バリア機能が低くなっています。

乾燥肌に多い肌トラブル

肌が乾燥しているとバリア機能が低下し、肌の潤いが損なわれやすいです。

肌の潤いが失われ、弾力やハリがなくなると、小じわが目立つようになるため注意が必要です。

さらに乾燥によって肌がダメージを受けると、メラニン色素が分泌されて、くすみやシミが表出します。

脂性肌

脂性肌とはオイリー肌とも言われており、油分や水分量が多い肌のことを指します。

潤いや弾力はあるものの、肌がべたつくと感じている人が多くみられます。

Tゾーンや頬の毛穴の開きがあるので、黒ずみが目立ってしまうことに悩みを抱えている人が多いのではないでしょうか?

ファンデーションが崩れてしまったり、上手く馴染まなかったり、メイクをするのが大変と感じている人が多いです。

脂性肌に多い肌トラブル

過剰に皮脂が分泌される脂性肌の人は赤ニキビ、吹き出物などの肌トラブルを引き起こしやすい傾向にあります。

さらに、古い角質と分泌された皮脂によって角栓が形成され、毛穴が目立つ原因となるため注意が必要です。

皮脂が十分にあるからといって、保湿ケアを怠ってしまうと、肌の潤いを保とうとしてより皮脂が分泌されてしまうため、保湿ケアを徹底する必要があります。

混合肌

「肌がベタつくときもあるし、乾燥してしまうときもある」という人は混合肌の可能性があります。

混合肌の特徴は油分が多く水分が少ないという点です。

肌のキメは比較的粗く、ゴワゴワとした肌触りになっています。

ファンデーションが崩れやすくなっており、メイクに関する悩みを抱えている人が多いです。

部分的に油分を調整する必要があるので、スキンケアに使用する化粧品を使い分けることが大切です。

混合肌に多い肌トラブル

混合肌の人は顔の部位により肌質が異なるため、部位ごとにスキンケア方法を変えるようにしましょう。

Tゾーンと呼ばれる額、鼻、顎は皮脂が分泌されやすいため、洗顔をしっかりと行なって、保湿ケアを行うことが大切です。

口元や目元は乾燥しやすいため、美容液や保湿クリームでカバーするようにしましょう。

敏感肌(or普通肌)

油分と水分のバランスが丁度良く、適度なツヤがある人は普通肌といえるでしょう。

普通肌の人も睡眠不足やストレスがたまると敏感肌に近い状態になります。

肌の状態を健康に保つために正しい生活習慣を心がけることが大切です。

このように肌質によってスキンケアの方法は異なります。

敏感肌に多い肌トラブル

外的要因によるダメージを受けやすい敏感肌は、湿疹、炎症、かゆみ、赤みなどの肌トラブルが生じやすい傾向にあります。

ちょっとした環境の変化や刺激によって、肌がダメージを受けてしまうため、皮膚に刺激を与えないように気をつけましょう。

  • Point
  • 乾燥肌は小じわが目立ちやすくなる
  • 脂性肌はニキビや吹き出物ができやすい
  • 混合肌は肌がベタツク時と乾燥する時がある
  • 敏感肌は少しの外的要因でもダメージを受けやすい

肌質の見分け方

先述の特徴をチェック

まずは上記で説明した肌の特徴と自分の肌に見られる特徴を比較しましょう。

自分の肌質をしっかりと認識しておくことは、スキンケアやメイクのアイテムを選ぶときに非常に重要です。

肌に合わない製品を使用して、肌トラブルを引き起こしてしまったという事態にならないように気を付けましょう。

間違えやすい肌質

肌質を自分で判断するのはとても難しく、間違える人が多くなっています。

なぜなら肌質は環境や体の状態、年齢によって変化する可能性があるからです。

他にも生理周期、ストレス、食事、睡眠など様々な要因が肌の状態に関わってきます。

「自分の肌質は絶対に○○肌」と思いこまないことが大切です。

  • Point
  • 自分の肌質を認識しておくことは重要
  • 肌質は環境や体の状態、年齢によって変化する可能性がある

肌質改善のためのケア方法

肌質を改善するためのケア方法をご紹介します。

スキンケアの見直し

まずは正しいスキンケアを行えているか、自分のスキンケア方法を見直してみましょう。

洗顔

肌質に関わらず、洗顔を行うときはしっかりと泡立てて肌を傷つけないようすることが大切です。

特に脂性肌の人は皮脂が肌に残りやすくなっているため、洗顔時は皮脂をしっかりと取る必要があります。

泡立て用のネットなども販売されているので、洗顔グッズを上手く利用して、顔の汚れを落としていきましょう。

洗顔方法については「自分にあった洗顔料の選び方って?おすすめの洗顔料もご紹介」で詳しく解説しています。

クレンジング

メイクが顔に残っている状態は肌荒れの原因となってしまうので非常に危険です。

「メイクをしたまま寝てしまう」という人は特に気をつけましょう。

乾燥肌の人は潤い成分が配合されており、洗浄力の強すぎないものを選びましょう。

洗浄力が強すぎると潤いを保つために必要な皮脂まで取り除かれてしまいます。

一方で脂性肌の人は洗浄力と肌への優しさを兼ね備えて製品を選びましょう。

オイル、ジェル、バームタイプがおすすめです。

混合肌や普通肌、敏感肌の人は肌の刺激になる成分が少ないものを選ぶようにしましょう。

クレンジング方法については「正しいクレンジング方法で毛穴のない美肌へ!意外と知らないメイク落としの順番について解説」で詳しく解説しています。

化粧水

脂性肌の人は既に肌に潤いがある状態なので過多になりすぎないように、メーカー推奨の規定量を守って化粧水を使用するようにすることが大切です。

乾燥肌の人も基本的にはメーカー推奨の規定量を使用しますが、足りないと感じた場合は随時足してカバーしていきましょう。

普通肌や敏感肌、混合肌の人も肌の状態を見ながら化粧水を塗布するようにしましょう。

生活習慣

生活習慣で肌質を改善するには何を心がければよいのでしょうか?

食事

必要な栄養素をしっかり摂取することは健康的な肌を作る上で大切です。

特にビタミン、ミネラルは肌に潤いをもたらしてくれます。

糖分や脂質の過剰摂取は肌の状態に悪影響を及ぼす可能性が高いです。

バランスの整った食事を心がけましょう。

美肌効果のある食べ物については「肌に良い食べ物って何がある?美肌効果のある食事や飲み物を紹介」で詳しく解説しています。

睡眠

水分不足は美肌の大敵です。

「忙しくて十分な睡眠時間を確保できない」という人は注意しましょう。

特に22〜2時はホルモンの分泌が活発になる時間と言われています。

質の良い睡眠を心がけて、肌質の改善を目指しましょう。

美顔器でのお手入れ

肌質を改善するために有効的なアイテムとして美顔器が挙げられます。

ラジオ波LED機能のある美顔器は特におすすめです。

美容液に含まれる美容成分を皮膚の深層部分に浸透させてくれます。

肌質の改善だけでなく、フェイスラインのたるみを解消したり、シミやクマを解消して表情を明るくしたり、掲載されている機能によっては様々な効果が期待できる話題の美容グッズです。

ララルーチュRF

雑誌やテレビでも話題の「ララルーチュRF」は多機能美顔器として高い人気を誇ります。

肌質を改善するのに最適なコアパルス、LEDトリートメントなどの機能が掲載されており、一人ひとり異なる肌質への多面的なアプローチが可能です。

他にもEMS、ゲルマ配合半導体チップ、RF波など機能性に優れています。

肌質だけでなく、シミ、小ジワ、たるみ、くすみなどにお悩みの方はぜひララルーチュRFで効果を実感してみてください。

  • Point
  • スキンケアを見直して外側から肌質を改善する
  • 生活習慣を見直して内側から肌質を改善する
  • 美顔器を使えば肌質に多面的にアプローチできる

まとめ

今回の記事では「肌質にはどのような種類があるの?」「肌質を改善するにはどのようなケアを心がければいいの?」と肌質に関して悩みや疑問を抱えている方に詳しくご説明しました。

肌質には、乾燥肌、脂性肌、混合肌、普通肌、敏感肌など様々な種類があります。

肌質によってスキンケアのアプローチ方法が異なるため、まずは自分の肌の状態をしっかりと把握することが大切です。

しかし肌質は健康状態、環境などによって変化することがあります。

自分の肌をしっかりと定期的に観察してケアを行いましょう。

美顔器などの美容グッズを利用してより高い効果を実感するのも一つの手段です。

ララルーチュRFなど多面的機能を持つ美顔器をおすすめします。