Liberata

化粧品でアレルギー起こる?原因と対処法を解説

化粧品を試してみたところ、かゆみやかぶれの症状が出てしまったという方も多いのではないでしょうか?

化粧品には、様々な成分が含まれていることから、アレルギー反応があらわれることも珍しくありません。

ここでは化粧品に起因するアレルギー症状に悩んでいる人に向けて、アレルギーを引き起こす原因や解決方法などを解説していきます。

化粧品でアレルギーが起きてしまう原因とは?

化粧品でアレルギーが起きてしまう原因とは何なのでしょうか。

原因を理解していくことは、適切なケアや対処をすることができるので詳しく解説していきます。

化粧品にアレルギーの原因となる成分が含まれている

化粧品に起因するアレルギー症状の多くは、化粧品の香料や色素に含まれるアレルゲンに起因しています。

アレルゲンとは、アレルギーの原因となる成分のことを指す言葉です。

肌とアレルゲンを含んだ化粧品の相性が悪かった場合、脳が異物だと判断し免疫機能を活性化させ、接触性皮膚炎など様々なアレルギー反応が起きてしまうのです。

肌の『バリア機能』が低下している

過剰な疲れを感じているときや、花粉の時期に入るころになると、肌のバリア機能が低下してしまいます。

バリア機能とは、肌の表面を保護するバリアの役目を果たす機能のことです。

健康な肌では外部からの刺激をバリアによって守ることができますが、バリア機能が低下した肌では、外部からの刺激をまともに受けてしまうことから、アレルギー反応が起こりやすくなってしまいます。

化粧品と金属アレルギー

化粧品の中には、銅や鉄などが微量に含まれているものがありますが、夏の時期になると汗と、これらの金属の成分が混じり合い、金属アレルギーを起こしてしまう可能性があるんどえ注意しましょう。

化粧品でアレルギーの原因となる代表的な成分一覧

化粧品でアレルギーの原因となる成分には、いったいどういったものがあるのでしょうか。

ここでは、アレルギー症状を引き起こす成分をまとめています。

アレルギー体質の場合は下記のような成分に注意して、化粧品を購入するようにしましょう。

成分名 含まれている主な製品 特徴
香料 ファンデーションやルージュなど、化粧品一般に使用されている。 化粧品に香り付けをする。
アレルギー反応を起こすとかぶれなどの原因となる。
保存料 水・油を多く含む化粧品全般に使用されている。 雑菌やカビの繁殖を防止する。
アレルギー反応を起こすと皮膚炎、発疹の原因となる。
色素 主に、口紅などの着色料として使用されている。 化粧品の着色に使用される。 
アレルギー反応を起こすと、かゆみなどが発生するが、重篤化した場合、呼吸困難などの症状にいたることもある。
界面活性剤 クリーム状の化粧品、洗顔料、乳液などに多く使われる。 水と油など、本来は混じり合わない成分をつなぎ合わせる目的で使用される。
アレルギー反応を起こすと、かゆみなどの症状があらわれる。
ラノリンアルコール(乳化剤) クリーム状の化粧品全般に使われている。 化粧品の有効成分の肌への浸透性を高める。
アレルギー反応を起こすと、皮膚炎の原因になる。
パラフェニレンジアミン 主に、ヘアカラー製品などに使用されている。 染毛の際のベース色となる成分。
かぶれやかゆみの症状のアレルギーの原因となる。

化粧品でアレルギーが起きてしまったときの対処法

どんなに安全性をうたっている化粧品であっても、必ずしも肌に合うとは限りません。

アレルギーの成分に反応してしまうと、かゆみやかぶれなどの症状に見舞われてしまいます。

そういった場合の対処法としては、まず低刺激の石鹸などで、すぐに洗い流すことをおすすめします。

アレルギーの原因成分が付着していると、いつまで経っても症状がおさまらない可能性があるからです。

そして、速やかに病院を受診したり、薬局などに駆け込みましょう。

間違っても自分だけで対処しようとせず、専門家の意見を仰いで、適切な措置を受けてください。

化粧品でアレルギーを起こさないためには?

化粧品でアレルギーを起こさないためはどのようにすればよいのでしょうか?

ここではその方法を解説していきます。

使用前にパッチテストを行う

化粧品の販売元や開発元だけでなく、原料を作るメーカーでは、何度も試験を重ねて安全を確認し、対象の製品の販売を行います。

しかし、アレルギー反応を起こす可能性をゼロにできるかと言うと、そうではありません。

安全テストを徹底していても、使用者の肌に合わないとアレルギーの症状が出てしまいます。

そのため、使用者の側でもパッチテストなどを利用し、トラブルを回避するようにしましょう。

購入前に成分を確認する

化粧品によるアレルギー症状を起こさないためにも、化粧品を購入する前に内容成分を確認するようにしましょう。

自分が何アレルギーかわからない場合は。病院などでアレルギー検査をすることをおすすめします。

肌の調子がよい時に新しい化粧品を試す

肌の調子がよい時に新しい化粧品を試してみるといった方法も、アレルギー反応を予防する手立てとなります。

バリア機能は、肌の調子がよい状態であれば少々の刺激であっても十分に耐えることができます。

しかし、月経前などはホルモンのバランスが崩れている可能性もあるため、新しい化粧品の試用はおすすめできません。

新しい化粧品を試してみる際は、月経前を避け、肌の調子がよい時期を選びましょう。

化粧品でアレルギーを起こさないために美顔器でケアしよう!

  • イオン導入機能・・・ターンオーバーの促進
  • LED機能・・・コラーゲンの生成
  • EMSG・・・リフトアップ

美顔器で肌をケアすると、上記のような効果から肌質改善をし、化粧品によるアレルギー反応を予防する効果が期待できます。

化粧品が肌に合わないと言う方は美顔器でのケアを検討してみてはいかがでしょうか?

美顔器の効果について詳しく知りたい方は「美顔器ってどんな効果があるの?美顔器にある様々な肌の悩みを解消する機能をご紹介!」も合わせてご覧ください。

まとめ

化粧品を起因とするアレルギー反応は、誰にでも起こりうるトラブルです。

メーカー側や原料の販売元でも、安全テストを何度も行っていますが、絶対に問題が発生しないとは言い切れません。

そこで、私たち消費者としても化粧品を選ぶ際は、パッチテストをしたり、成分をよく確認するなどの努力が求められます。

また、化粧品や美顔器についても、より安全性の高いものを選び、さらなる安全・安心につなげることも重要です。

今回、紹介した化粧品や美顔器は、アレルギー対策に特化したものばかりなので、参考にしてみてください。