自分磨きナビ

自分磨きナビは美容・コスメに関する最新情報を配信します。

クリームで消えるシミってあるの?シミ消しクリームの選び方や使い方、注意点などをご紹介します!

年齢とともに増えていくシミ。

若い頃にはなかったシミを見つけて、鏡の前で落ち込んでいる方も多いのではないでしょうか?

実は、シミに対応したクリームで消せる可能性があります。

今回はシミにお悩みの方のために、シミ消しクリームで効果が期待できるシミの種類やクリームの成分などを解説していきます。

また、シミ消しクリームの選び方や使い方、注意点などにも触れていますので見逃さないようにお願いします。

シミができる原因

シミ全般に言えることですが、シミとは簡単に言うと色素沈着のことです。

この色素はメラニンと呼ばれているのですが、肌にダメージが加わることでが過剰に作られます。

ただし通常は、肌の細胞が一定の期間で新しい細胞と入れ替わる、ターンオーバーを行っているため、肌に色素沈着が起こることは少ないです。

しかし、何らかのダメージや加齢などに伴って、肌のターンオーバーが周期的に行われにくくなります。

そうなると、メラニンが肌に定着するようになってしまい、シミの原因となるわけです。

  • Point
  • シミとは色素沈着のこと
  • 肌のターンオーバーが周期的に行われないことによってシミになる

クリームで消せる可能性のあるシミの種類

シミができる原因にはいくつか種類があるのをご存じですか?

シミ消しクリームと言われていますが、全てのシミに効果があるかと聞かれると難しい部分があります。

シミの原因を知っておくことで、適切な対処が可能になります。

まずは、クリームで消せる可能性のあるシミの種類について確認していきましょう。

紫外線が原因のシミ

紫外線はメラニンを増やす一番の原因です。

原因が紫外線であるシミは、老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)日光性黒子(にっこうせいこくし)と呼ばれています。

年齢とともに蓄積された紫外線が表面化してくるもので、シミの種類の中でも一番多い種類です。

ニキビ跡が原因のシミ

炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)と呼ばれるこのシミは、その名の通りニキビなどで炎症が起きた後に褐色の跡になってしまったものを言います。

ニキビの他にも、化粧品や虫などのかぶれ、やけどなども原因になります。

ためしてガッテンでも放送!普段の癖が原因のシミ

シミができる原因は紫外線だけだと思われがちですが、普段なにげなくしている癖が原因でできることもあります。

無意識に顔を触ってしまうこともあるでしょう。

肌に摩擦が加わるとシミができやすくなります。

年齢とともに気になるシミですが、きちんと対処することで、きれいに消えたり薄くすることができます。

シミには「赤いシミ」「茶色いシミ」などの種類があります。

「赤いシミ」は毛細血管拡張によっておこると言われています。

「茶色いシミ」は、メラニンが増えることによりできるそうです。

これからためしてガッテンで放送された例をふまえて説明するので、普段から気をつけて行動することでシミを防ぐことができます。

・右利きの人は右の顔のシミが多い場合が多く、シミを隠そうと、メイクの時についついスポンジを何度もつける人は肌の摩擦によってシミが増えます

スポンジをやわらかい物に変えたり、何度もつけないように工夫をすると良いでしょう。

・口周りのほうれい線やざらつきをクレンジングでごしごしこすったりふき取ったりしている人は、刺激や摩擦によってシミができる原因になります。

洗顔をする時になるべく顔に負担がかからない方法を選ぶのがおすすめです。

優しく顔をなでるようにクレンジングをしましょう。

・知らない間につい髪を触った後に肌を触ってしまう癖のある人は、癖を直すように心がけましょう。

髪を触った手には細菌がついているかもしれないので、肌トラブルの原因になりうるかもしれません。

必ず髪を触ったら手を洗うなどの行動に気を配りましょう。

・髪の毛で顔を隠そうといつも髪の毛が肌に当たっている人は、その部分が炎症によってシミの原因になります。

髪がなるべく顔に当たらないように髪を結ぶように心掛けましょう。

・目が疲れやすく無意識で目の周りを触っている人は、目が疲れないうちに一休憩をおきましょう。

手で刺激をあたえることによって摩擦がおこりシミの原因になります。

女性ホルモンの乱れなどが原因のシミ

妊娠や加齢などに従ってホルモンバランスが崩れることもシミの原因の1つです。

肝斑(かんぱん)と呼ばれており、女性に多く生じます。

また、左右の頬に大きめなシミが同じようにできるのが大きな特徴です。

シミの原因についてもっと知りたい方には「シミの原因って何?シミの種類や改善方法、予防法をご紹介します」で詳しく解説しています。

男性もシミ対策を

男性も若いうちからシミやシワなど肌への対策をしないと生理現象での老化にプラスされて、より早くおじさん顔になってしまいます。

ひげ剃りを使うのでより深刻化してしまう可能性もあります。

まずは食生活から見直しましょう

普段から栄養面に気をつけて野菜やフルーツなどに含まれるビタミンCを吸収して内側から補っていきましょう。

また紫外線防止のために日焼け止めを塗り、洗顔や化粧水、乳液などの保湿ケアをして外側の保湿力をアップさせることもシミ対策にとって大切です。

シミに効果のあるクリームの成分とは?

シミに効果的なクリームの成分には何があるのでしょうか?

代表的なものを中心にご紹介します。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体はメラニン色素の発生を抑止してくれる成分の一つです。

また、シミを消すことを期待できるだけでなく、新たなシミを予防する役割も担ってくれます。

ただ、ビタミンC誘導体は肌を乾燥させる成分でもありますので、使う際には保湿成分を補ってあげる必要があります。

ほかの例としてこのような成分もあります。

エナジーシグナル

エナジーシグナルとは、母細胞のエネルギー代謝が高まるのはもちろん、ターンオーバーを促進することにより古くなった細胞を排出することから、メラニンの蓄積をおさえ、シミやそばかすを防いでくれる成分です。

若々しい肌を保つためにはエネルギー代謝の活性化が重要なのです。

リノール酸S

リノール酸Sは、植物由来で体に溶け込みやすく安全性の高い成分。

チロシナーゼを分解することによりメラニンの生成を減少させます。

また肌のターンオーバーを促すことでスムーズにメラニンの排出を助けてくれます。

レチノール

レチノールは、ビタミンAのひとつです。

人はビタミンを体内で作ることができないので、食べ物などから吸収します。

ターンオーバーを促進することでメラニンが抑えられる効果があります。

アンチエイジングに効果があり、コラーゲンを生成するサポートをしてくれます。

プラセンタ

プラセンタはターンオーバーを正常に働かせるのに適した成分です。

細胞を活性化する作用があるため、新しい細胞との入れ替わりを手助けしてくれます。

トラネキサム酸

トラネキサム酸は、女性ホルモンが乱れることによって生じる肝斑の改善に効果的な成分です。

女性ホルモンに直接働きかけるわけではなく、色素の沈着を押さえる作用になっています。

ほかの例としてこのようなものがあります。

グリチルリチン酸ジカリウム

グリチルリチン酸ジカリウムは、中国西部や東ヨーロッパなどにある多年草植物の甘草です。

抗炎症、抗アレルギー作用があるので肌荒れを防いでくれます

グリチルレチン酸ステアリル

グリチルレチン酸ステアリルは、中国、ロシア、中央アジア、欧州などにある多年生植物です。

とても優れた抗炎症作用を持ち、肌への負担が少ないことで知られています。

シミの原因となる大人ニキビを防いでくれ、炎症を鎮める効果も期待できます。

アラントイン

アラントインは、表皮組織を形成しやけどなどの治癒にも使われている成分です。

角質細胞の増殖を促し、上皮細胞を正確にするように働きかけるからだといわれています。

白血球が一時的に増加するため、そのような効果がもたらされるそうです。

美白成分配合のもの

いくつかシミの改善に効く成分をご紹介しましたが、この他にもさまざまなものがあります。

リノール酸やアルブチン、4-MSKなど種類がとても豊富です。

シミ消しクリームは様々な種類の成分が多様な配合になっていますので、これらの成分が入っているものを選べばよいでしょう。

  • Point
  • ビタミンC誘導体はメラニン色素の発生を抑止してくれる
  • プラセンタはターンオーバーを正常に働かせてくれる
  • トラネキサム酸は肝斑を改善してくれる

シミを消すクリームの選び方

シミ消しクリームはどのような基準で選んだらいいのでしょうか?

選び方を知ってシミに効果的なクリームを見つけ出しましょう。

自分のシミに効果のある成分が配合された物を選ぶ必要があります。

ご紹介したように、シミに効果のあるクリームの成分には多数の種類があります。

多くの場合、シミに効果的な成分は他の肌トラブルにも有効です。

自分が求めている成分のものを選択してみてください。

選ぶのに困ったときには、「美白」や「薬用」、「医薬部外品」の文字を参考にして選ぶのがオススメです。

継続的に使用できるクリームを選ぶ

シミ消しクリームは、数カ月単位で長期的に継続して使うのが基本です。

効果が高いからといって、肌に合わないものや金銭的な負担が大きいものを利用するのはオススメできません。

肌に刺激の強い成分が入っていないか

継続して使用できるシミクリームを選ぶ際は、肌に刺激が強い成分が入ってないか確認をしてから選びましょう。

パラベン系

パラベン系は、80年以上前から化粧品の長期保存を可能にするために使われはじめました。

雑菌の繁殖を抑えるために重要な役割をしてくれているのです。

天然物なので身近にある野菜やフルーツにも含まれています。

人との適応力も高く、体内で分解されて排出されている成分なのです。

肌に合わない場合を除いて特別心配する必要はないです。

エタノール

エタノールはアルコールの中の1つで、さまざまな成分を化粧品の中に溶かしたい時に使われます。

そして肌への浸透力を良くするだけでなく、皮脂や汚れなどを取り除く作用もあるので化粧品にはかかせない成分です。

また抗菌や防腐剤としての役割に配合されています。

ただし極度の敏感肌やアルコール過敏症の人は気を付けてください。

注射の際に赤くなる人、お酒を飲むと調子が悪くなる人は要注意です。

香料

香料は、原料そのものの匂いをカバーするだけでなく、化粧品の使用感を高めるために使われています。

心地よい香りに誘われて商品を買ってしまうこともあるでしょう。

それは満足感や高揚感、リラックス効果が得られるからです。

中には香料によって抗菌作用の効果があることもあります。

肌への危険性は低いですが、合う合わないは個人差があるので極度の敏感肌の人は気を付けてください。

塗り心地や香り、使いやすさは良いか

シミを消すためには、長期的に使用しないと効果が発揮できないので塗り心地や使いやすさにこだわりましょう。

さっぱりしたタイプやしっとりしたタイプの塗り心地など、お好みのタイプをお選びください。

自分が好きな匂いだと、毎日のケアが癒やされて楽しいものになるからおすすめです。

ローズ系から柑橘系まで、さまざまな香りがあるのでお試しください。

使いやすさは容器の形状やタイプによっても違います。

チューブタイプは、好きな量に自分で調節ができて使い心地が抜群です。

丸型容器だと一度にたっぷりの量をつけられるのが魅力ですね。

筒形容器のポンプ式だと、一度に使う量をワンプッシュで調節をしてくれるので使いやすいです。

長期的に使用することがシミ対策には不可欠なので、自分に合った使い心地が良いものを選びましょう。

  • Point
  • 長期的に使う物の為使い心地がいいものを選ぶ
  • アルコールが入っている物は気をつける

シミに効果的なクリームの使い方と注意点

シミ消しクリームは正しい使用法を知ることでより効果を高められます。

また、その際に注意するべきポイントもありますので、使い方と同時に知っておきましょう。

シミ消しクリームの使い方

シミ消しクリームは、適切なスキンケアやピーリングなどと組み合わせて使うのがオススメです。

それでは詳しく説明していきます。

通常のスキンケアをする

まずは基本のスキンケアを行います。

汚れた肌にシミ消しクリームを使ってしまうと、肌によくないものを閉じ込めることになり逆効果です。

たっぷり泡立てた泡で優しく顔を洗い、化粧水や美容液を肌にしみこませます。

その後、シミ消しクリームを顔全体に優しく塗ってあげてください。

正しいスキンケア方法について知りたい方には「スキンケアの正しい順番とは?各アイテムの種類や特徴・選び方について解説」で詳しく解説しています。

ピーリングも併用する

ピーリングにはターンオーバーを促す働きがあり、メラニンを排出する効果があります。

ただし、使いすぎは絶対にNGです。

ピーリングの洗浄作用は刺激が強く、かえって肌を傷つけシミを増やすことにつながりかねません。

シミに効果的ですが、心配な方は医師などに相談するなど適切な方法で使用するのがいいでしょう。

ピーリングの効果について知りたい方には「ピーリングはシミの解消に効果的って本当?ケア方法を解説!」で詳しく解説しています。

シミ消しクリームの注意点

間違った使用法はシミを悪化させてしまうことにも繋がりますのでしっかりと注意点を確認しましょう。

最初にご紹介しましたが、クリームでは薄くなりにくいシミがあります。

そばかすや、背中や肩にできやすい花弁状色素斑(かべんじょうしきそはん)と呼ばれるシミが代表例です。

これらのシミを改善したい場合は、美容医療などを利用してください。

成分が肌に合うか確認する

敏感肌の方や妊娠中でホルモンバランスが崩れている方など、自分の現在の体質によっては体が成分を受け付けないこともあります。

肌に合わないと感じたらすぐに使用を中止して、医師などに相談しましょう。

また、ハイドロキノンという美白効果が大いに期待できる成分があります。

しかしこの成分は肌へのダメージが懸念されており、配合量が多いと少し危険です。

もし使用する際は十分に気をつけ、少しでも異変を感じたらすぐに病院に行きましょう。

  • Point
  • 汚れた肌にシミ消しクリームを使うと逆効果
  • そばかすや花弁状色素斑(かべんじょうしきそはん)はクリームでは薄くなりにくい

クリーム以外でできるシミ対策

クリーム以外でできるシミ対策をご紹介します。

日焼け止めを塗る

シミの原因になる紫外線防止には日焼け止めを塗るのが効果的です。

SPFの数値や肌質に合ったものを使いましょう。

日常生活、レジャースポーツ、海水浴などのシーンによって、使い分けるのがおすすめです。

汗などにより効果が薄まる可能性もあるので、2〜3時間おきくらいにこまめに塗り直すことがシミ予防対策のポイントです。

出かける前には必ず紫外線を浴びる場所にまんべんなく塗るように心がけましょう。

レーザー治療をする

レーザーでシミ対策をする方法は、気になるシミの部分にレーザーを照射し、メラニンを破壊することによって、シミをとることができるのです。

即効性が高く、一番早い方法でシミをとることができる方法のひとつです。

多少の痛みと費用がかかるのが特徴です。

シミの種類によって自分に合うレーザー治療をすることがおすすめです。

食事に気を付ける

毎日食べる物に気を付けるだけでも、十分なシミ対策です。

体の内側からもケアをして天敵のシミを追い出しましょう。

食べ物の中でも抗酸化作用の含まれているビタミンCは、濃いシミを薄くする効果もあるのだとか。

キウイ、レモンなどに多くまれています。

メラニンの生成を抑制するビタミンAはかぼちゃ、トマトに含まれています。

ビタミンCをサポートする役割があるのは、ビタミンEを多く含むアボカド。

メラニンを体外に出す働きがあるL-システィンは、大豆や小麦などに含まれています。

これらの食べ物をバランスよく摂取することでシミ予防の対策になるでしょう。

食べ物に関する詳細はこちらをご覧ください。

肌に良い食べ物って何がある?美肌効果のある食事や飲み物を紹介

美白点滴やピーリングを行う

美白を目的とした点滴は、グルタチオンを体内に取り入れます。

そしてとても強い抗酸化作用で人間の体をさびから守ってくれます

胃腸ではほとんど体内に吸収されないので、点滴が効果的です。

メラニンを抑制し、シミを改善してくれる作用があります。

そして老化の原因である活性酸素の抑制をおさえてくれます。

ピーリングは、古い角質をやわらかくして取り除く方法です。

紫外線によりできたシミのメラニン色素をはがすことにより、シミを薄くする対策になります。

肌を整えることにより、色素沈着を防ぐことで顔のくすみが改善されます。

美顔器を使う

ララチュールRFなら、1台で5つの機能がついている優れものです。

1日5分肌にあてるだけで美肌ケアができます。

忙しい生活を送る女性の方にも継続して使っていただきやすいです。

この美顔器を使えば、通常では浸透しない肌の深部まで美容成分を浸透させることができます

ターンオーバーを改善することで、シミやシワの改善、肌のトーンなどをアップする効果が期待できます。

  • Point
  • 体の内側からもシミ対策をすることが大切
  • 治療や点滴は即効性があるが痛みや費用がかかる
  • 美顔器は忙しい人にもおすすめ

オススメのクリーム

美容効果が高くシミにも美肌にも効果的なクリームをご紹介します。

リベラータのクリアアップセラムは、ビタミンC誘導体やプラセンタなどのシミに効く成分を配合した商品です。

その他にもさまざまな美容成分を配合しており、内容量の99.5%が美容成分でできています。

もともとララルーチュRFという美顔器の効果を高めるために開発された商品で、美顔器も一緒に使用することでより高い効果が期待できます。

美顔器の効果について知りたい方には「美顔器の機能はたくさんある!8種類のタイプ別に機能をご紹介!」で詳しく解説しています。

美顔器の機能はたくさんある!8種類のタイプ別に機能をご紹介!

まとめ

シミに効果のあるクリームに関して解説してきました。

シミの種類や効果のある成分など、シミ消しクリームを選ぶ際の参考になれば幸いです。

シミ消しクリームと一般的に言われていますが、絶対にシミを消せるとは言い切れません。

薬ではなく化粧品の一つであることを肝に銘じて、使用するようにしてください。

リベラータ
LINE公式アカウント

お得なキャンペーンや抽選などを
配信してまいります!!
あなたの肌診断実施中!

関連テーマから探す