Open

BLOG

クリームで消えるシミってあるの?シミ消しクリームの選び方や使い方、注意点などをご紹介します!

年齢とともに増えていくシミ。
若い頃にはなかったシミを見つけて、鏡の前で落ち込んでいる方も多いのではないでしょうか?

実は、シミに対応したクリームで消せる可能性があります。
今回はシミにお悩みの方のために、シミ消しクリームで効果が期待できるシミの種類やクリームの成分などを解説していきます。
また、シミ消しクリームの選び方や使い方、注意点などにも触れていますので見逃さないようにお願いします。

クリームで消せる可能性のあるシミの種類

シミができる原因にはいくつか種類があるのをご存じですか?
シミ消しクリームと言われていますが、全てのシミに効果があるかと聞かれると難しい部分があります。
シミの原因を知っておくことで、適切な対処が可能になります。
まずは、クリームで消せる可能性のあるシミの種類について確認していきましょう。

そもそもシミってどうやってできるの?

シミ全般に言えることですが、シミとは簡単に言うと色素沈着のことです。
この色素はメラニンと呼ばれているのですが、肌にダメージが加わることでが過剰に作られます。
ただし通常は、肌の細胞が一定の期間で新しい細胞と入れ替わる、ターンオーバーを行っているため、肌に色素沈着が起こることは少ないです。

しかし、何らかのダメージや加齢などに伴って、肌のターンオーバーが周期的に行われにくくなります。
そうなると、メラニンが肌に定着するようになってしまい、シミの原因となるわけです。

紫外線が原因のシミ

紫外線はメラニンを増やす一番の原因です。
原因が紫外線であるシミは、老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)や日光性黒子(にっこうせいこくし)と呼ばれています。
年齢とともに蓄積された紫外線が表面化してくるもので、シミの種類の中でも一番多い種類になります。

ニキビ跡が原因のシミ

炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)と呼ばれるこのシミは、その名の通りニキビなどで炎症が起きた後に褐色の跡になってしまったものを言います。
ニキビの他にも、化粧品や虫などのかぶれ、やけどなども原因になります。

女性ホルモンの乱れなどが原因のシミ

妊娠や加齢などに従ってホルモンバランスが崩れることもシミの原因の1つです。
肝斑(かんぱん)と呼ばれており、女性に多く生じます。
また、左右の頬に大きめなシミが同じようにできるのが大きな特徴です。

シミの原因についてもっと知りたい方には「シミの原因って何?シミの種類や改善方法、予防法をご紹介します」で詳しく解説しています。

シミに効果のあるクリームの成分とは?

シミに効果的なクリームの成分には何があるのでしょうか?
代表的なものを中心にご紹介します。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体はメラニン色素の発生を抑止してくれる成分の一つです。また、シミを消すことを期待できるだけでなく、新たなシミを予防する役割も担ってくれます。
ただ、ビタミンC誘導体は肌を乾燥させる成分でもありますので、使う際には保湿成分を補ってあげる必要があります。

プラセンタ

プラセンタはターンオーバーを正常に働かせるのに適した成分です。
細胞を活性化する作用があるため、新しい細胞との入れ替わりを手助けしてくれます。

トラネキサム酸

トラネキサム酸は、女性ホルモンが乱れることによって生じる肝斑の改善に効果的な成分です。
女性ホルモンに直接働きかけるわけではなく、色素の沈着を押さえる作用になっています。

美白成分配合のもの

いくつかシミの改善に効く成分をご紹介しましたが、この他にも様々なものがあります。
リノール酸やアルブチン、4-MSKなど種類がとても豊富です。
シミ消しクリームは様々な種類の成分が多様な配合になっていますので、これらの成分が入っているものを選べばよいでしょう。

シミを消すクリームの選び方

シミ消しクリームはどのような基準で選んだらいいのでしょうか?
選び方を知ってシミに効果的なクリームを見つけ出しましょう。

自分のシミに効果のある成分が配合された物を選ぶ

ご紹介したように、シミに効果のあるクリームの成分には多数の種類があります。
多くの場合、シミに効果的な成分は他の肌トラブルにも有効です。
自分が求めている成分のものを選択してみてください。
選ぶのに困ったときには、「美白」や「薬用」、「医薬部外品」の文字を参考にして選ぶのがオススメです。

継続的に使用できるクリームを選ぶ

シミ消しクリームは、数ヶ月単位で長期的に継続して使うのが基本です。
効果が高いからといって、肌に合わないものや金銭的な負担が大きいものを利用するのはオススメできません。

シミに効果的なクリームの使い方と注意点

シミ消しクリームは正しい使用法を知ることでより効果を高められます。
また、その際に注意するべきポイントもありますので、使い方と同時に知っておきましょう。

シミ消しクリームの使い方

シミ消しクリームは、適切なスキンケアやピーリングなどと組み合わせて使うのがオススメです。
それでは詳しく説明していきます。

通常のスキンケアをする

まずは基本のスキンケアを行います。
汚れた肌にシミ消しクリームを使ってしまうと、肌によくないものを閉じ込めることになり逆効果です。
たっぷり泡立てた泡で優しく顔を洗い、化粧水や美容液を肌にしみこませます。
その後、シミ消しクリームを顔全体に優しく塗ってあげてください。

正しいスキンケア方法について知りたい方には「スキンケアの正しい順番とは?各アイテムの種類や特徴・選び方について解説」で詳しく解説しています。

ピーリングも併用する

ピーリングにはターンオーバーを促す働きがあり、メラニンを排出する効果があります。
ただし、使いすぎは絶対にNGです。
ピーリングの洗浄作用は刺激が強く、かえって肌を傷つけシミを増やすことに繋がりかねません。
シミに効果的ですが、心配な方は医師などに相談するなど適切な方法で使用するのがいいでしょう。

ピーリングの効果について知りたい方には「ピーリングはシミの解消に効果的って本当?ケア方法を解説!」で詳しく解説しています。

シミ消しクリームの注意点

間違った使用法はシミを悪化させてしまうことにも繋がりますのでしっかりと注意点を確認しましょう。

クリームでは薄くならないシミがあることを知っておく

最初にご紹介しましたが、クリームでは薄くなりにくいシミがあります。
そばかすや、背中や肩にできやすい花弁状色素斑(かべんじょうしきそはん)と呼ばれるシミが代表例です。
これらのシミを改善したい場合は、美容医療などを利用してください。

成分が肌に合うか確認する

敏感肌の方や妊娠中でホルモンバランスが崩れている方など、自分の現在の体質によっては体が成分を受け付けないこともあります。
肌に合わないと感じたらすぐに使用を中止して、医師などに相談しましょう

また、ハイドロキノンという美白効果が大いに期待できる成分があります。
しかしこの成分は肌へのダメージが懸念されており、配合量が多いと少し危険です。
もし使用する際は十分に気をつけ、少しでも異変を感じたらすぐに病院に行ってください。

オススメのクリーム

美容効果が高くシミにも美肌にも効果的なクリームをご紹介します。

リベラータのクリアアップセラムは、ビタミンC誘導体やプラセンタなどのシミに効く成分を配合した商品です。
その他にも様々な美容成分を配合しており、内容量の99.5%が美容成分でできています。

もともとララルーチュRFという美顔器の効果を高めるために開発された商品で、美顔器も一緒に使用することでより高い効果が期待できます。

美顔器の効果について知りたい方には「美顔器の効果とは?おすすめの美顔器も紹介!」で詳しく解説しています。

まとめ

シミに効果のあるクリームに関して解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?
シミの種類や効果のある成分など、シミ消しクリームを選ぶ際の参考になれば幸いです。

シミ消しクリームと一般的に言われていますが、絶対にシミを消せるとは言い切れません
薬ではなく化粧品の一つであることを肝に銘じて、使用するようにしてください。

リベラータ
LINE公式アカウント

お得なキャンペーンや抽選などを
配信してまいります!!
あなたの肌診断実施中!