自分磨きナビ

自分磨きナビは美容・コスメに関する最新情報を配信します。

フェイスリフトアップの方法って?施術やマッサージ、美顔器などの方法をご紹介!

「顔のリフトアップの効果って?」「フェイスリフトアップの方法は?」と疑問や悩みを抱えている方に向けて、リフトアップの効果や方法について詳しくご説明します。

年齢を重ねるとともにほうれい線や顔のたるみが目立つようになっていきます。

リフトアップを行って顔の気になるたるみやシワなどを改善しましょう。

たるみの原因

年齢とともに頬のたるみやフェイスラインの崩れが気になる時は、顔のたるみが始まっているサインです。

実は、肌のたるみは顔以外のパーツが原因になっている場合もあります。

頭皮のたるみ

私たちの肌は、頭皮から顔まで一枚肌で繋がっており、頭皮も顔も皮膚構造は同じです。

なので、顔がたるむように頭皮にもたるみが生じます。

頭皮がたるむ原因は、紫外線や加齢によってお肌のハリを保つためのコラーゲンやエラスチンが減少することで皮膚を支える力が弱まってしまうことです。

「頭皮が1mmたるむとお肌は1cmたるむ」と言われるほど、頭皮と顔のたるみは連動しています。

加齢による筋肉の衰え

年をとるとともに顔の筋肉も衰えるため、顔を上に上げる力が低下してしまいます。

すると、目元・口元をはじめ肌が全体的に下垂し、顔のたるみが生じます。

乾燥

肌が乾燥すると、肌の保水をしているヒアルロン酸や、肌の奥の真皮層で肌の弾力を保つためのコラーゲンやエラスチンという繊維が減少してしまいます。

そのため、顔のたるみや肌のこわばりを感じやすくなるのです。

睡眠不足

毎日安定した睡眠時間をとることは、お肌のためにもとても大切です。

睡眠は、お肌の成長や回復に大きく影響を与えます。

とくに、夜の10時から深夜2時までは「お肌のゴールデンタイム」と呼ばれる時間帯で、成長ホルモンが分泌されやすくなる時間帯です。

成長ホルモンが正常に分泌されるとお肌のターンオーバーが整っていくため、肌の調子は良くなります。

しかし、睡眠不足になると成長ホルモンの分泌が減少してしまうため、ターンオーバーの乱れから顔のたるみにつながる可能性があるのです。

肩こり

肩こりは、筋肉が緊張することや血行不良になることで出てくる症状です。

さらに、肩こりになると、肩でなく首回りも硬くなり、血行が悪くなる可能性が高くなります。

また、肩のこりや硬さが出ると、顔の筋肉が引っ張られるような状態になり、顔の肉が下垂してしまうため、たるみの原因になります。

偏食(食生活の乱れ)

食生活も、肌のたるみと密接に関係しています。

偏った食事をしていると、消化吸収力が弱まってしまい、栄養が摂取しにくくなるのです。

その結果、肌の健康状態が悪くなってしまうことから、たるみの原因となってしまいます。

  • Point
  • 頭皮がたるむと顔もたるむ
  • 筋肉が衰えると顔がたるむ
  • 食生活が悪いと肌の健康状態が悪くなり顔がたるむ

【たるみに悩んでいるなら】
NEWAリフト・NEWAリフト+(プラス)
・たるみに働きかけること専用の美顔器だから満足度が高い
・スマホより軽いコンパクトサイズ
・米国エジソン賞を受賞


顔のリフトアップの効果

そもそもリフトアップとは何のことを指すのでしょうか。

顔のリフトアップの効果について詳しくご紹介します。

そもそもリフトアップとは?

リフトアップとは顔の筋肉が衰えてできたたるみやシワを改善するための美容方法の手段です。

マッサージや整形、顔の体操などでリフトアップを行います。

リフトアップを行うことはアンチエイジングケアにも繋がり、顔の表情を明るくすることができます。

リフトアップの具体的なケア方法には何が挙げられるでしょうか?

ほうれい線の解消や小顔効果

リフトアップにはどのような効果があるでしょうか?まず一つに「ほうれい線の解消」が挙げられます。

年齢を重ねるごとに顔の筋肉がたるんでくるため、顔の構造上ほうれい線が目立つようになりますが、しっかりとリフトアップのケアを行うことで、ほうれい線の解消を目指すことができるのです。

さらに「小顔効果」もリフトアップの効果の一つに挙げられます。

リフトアップはフェイスラインを引き締めてくれるので顔が小さく見えるのです。

見た目が若く見える

リフトアップを行うことでほうれい線を目立たないようにできると先述しましたが、他にも顔全体のシワやたるみの改善が期待できるため、見た目が若く見えます。

シワやたるみは顔が老けて見える原因の一つです。

老け顔で悩んでいるひとはぜひリフトアップケアを行うようにしましょう。

  • Point
  • リフトアップすると顔が小さく見える
  • リフトアップすると若く見える

フェイスリフトアップ方法

フェイスリフトアップ方法ごとに、それぞれの特徴についてご紹介します。

美容外科での糸リフト治療など

美容外科や美容クリニックで糸リフトの治療を受けるのはフェイスリフトアップの手段の一つです。

整形によってリフトアップを行うことで施術後すぐに効果を実感できます。

しかし一方で、効果の継続期間が短いなどのデメリットも存在するため、美容整形でのリフトアップを考えている人は、施術前にメリット、デメリットを慎重に考えることが必要です

自宅でのマッサージ

手軽に行うことができるケアとしてマッサージが挙げられます。

ふと鏡を見たときに気になる目もとや口もとのたるみ…年齢肌のお悩みでも上位に挙げられる顔のたるみは、お肌のハリや弾力を保つために必要なコラーゲン、エラスチンなどが減少することが原因です。

たるみの原因は、加齢をはじめ、お肌の感想、睡眠不足、食生活など様々ありますが、たるみを放置して進行させてしまうと、卵型だった顔が四角になるなど、輪郭が変化する場合もあります。

顔のたるみは老化のサインでもあるので、たるみを感じるようになったら、これまでより少し丁寧なスキンケアをしていくことが大切です。

とくにほうれい線や口もとの「マリオネットライン」が目立つようになると、実年齢よりも老けて見られる「老け顔」になってしまいがちです。

老け顔の原因でもある顔のたるみは、自宅でできるマッサージで解消を目指すことも出来ます。

お肌のハリや弾力を取り戻すためにも、日々のマッサージを習慣にすることはとてもおすすめです。

しかし、お顔のマッサージは間違えた方法で行ってしまうと、効果が出にくいことや、逆効果になってしまう場合もあるため、正しいマッサージ方法を知ることが大切です。

そこで今回は、気になる顔のたるみを解消するためのセルフマッサージ方法やエクササイズ方法をご紹介します。

「まだまだ私は大丈夫」という人も、顔のたるみで悩んでいる人も、いつでもどこでも出来る簡単なエクササイズやマッサージをしながら、お顔のリフトアップを目指しましょう。

筋トレ(エクササイズ)

年とともに筋肉は衰えていくのですが、お顔の筋肉も同様に衰えていきます。

皮膚の下には「表情筋」という筋肉がたくさんあるのですが、加齢や日々の表情の癖によって緊張や緩みを繰り返し、表情筋の繊維の緩みや、筋肉の質が低下してしまい、お顔にたるみが生じてしまうのです。

とくに口まわりの筋肉は、話し方や笑い方、歯並びなどによって、それぞれ筋肉の使い方が違います。

口もとのたるみは顔の第一印象を大きく左右する箇所です。

「フェイスラインが下がってきた」「いつもぼんやり顔になっている」「ほうれい線が目立つ」などのお悩みがある人は、たるみを予防するためにも、さっそく今日からお顔の筋トレ(エクササイズ)を始めましょう。

ほうれい線

頬のたるみが出始めると、ほうれい線が目立って来ます。

ほうれい線をケアするためには、舌で口まわりや、目から口につながる筋肉を刺激することが大切です。

口を閉じたまま、舌先を鼻の下に当てて、舌でほうれい線をなぞるようにゆっくり左右とも動かしましょう。

二重あご

お顔に皮下脂肪が溜まっていくことと、あごがだんだん二重になってしまい、二重あごになります。

二重あごを予防するためには、顎や首回りを鍛えることが大切です。

首を少し上へ傾け、しっかり舌を真上へ出して5秒キープ。

その後口を閉じながら、ゆっくり舌と顔を元の位置に戻します。

舌を上手に使うことは、あごや首回りのトレーニングになるので、たるみ予防とともに、フェイスラインのリフトアップにもおすすめです。

簡単なエクササイズ

顔のたるみやむくみ、筋肉のコリをほぐしていくためにおすすめのエクササイズをご紹介します。

顔の血液の巡りを良くなるので、顔色が良くなり、アンチエイジングにもおすすめです。

リラックスしながらチャレンジしてみると良いでしょう。

1. 口ではなく、鼻から息を吸う。

2. お腹から息をフーッと全部吐き出す。

中心に顔をギュッと集めるような気持ちで行なうと良いです。

3. パーッと大きく口を開いて、顔の筋肉を一気に緩めます。

4. 口から「フーッ」と息をゆっくり吐きながら力を抜きます。

※この流れを、3回繰り返してみましょう。

「表情筋が固まっているな」と感じる方は、ほぐれるまでに時間がかかりますので、3回以上やってみましょう。

このエクササイズは、座っていても立っていても、いつでもどこでも出来ます。

意識して取り組んでみると、顔のたるみのケアはもちろん、表情筋が凝り固まってしまうことを予防する効果が期待できます。

  • Point
  • マッサージや筋トレをすることが効果的
  • 改善したい場所によってストレッチの仕方が異なる

小顔やリフトアップに効果的なグッズ

顔のたるみを解消するためには、フェイスラインを引き締め、顔のむくみを解消するようにサポートする美容グッズを使うこともおすすめです。

そこで、顔のたるみを解消するおすすめケアグッズをご紹介します。

日々のケアでたるみを解消して、キュッと引き締まった小顔を目指しましょう。

カッサ

手に持ちやすく、フェイスラインにもフィットしやすい形のカッサは、むくみやたるみ、コリなどの解消に役立ちます。

温熱式や振動機能が搭載されたカッサは、ただ軽く撫でるだけで簡単にケアすることが可能です。

フェイスローラー

肌を摘まみ上げる効果とリンパを流す効果が期待出来るフェイスローラーは、お顔を引き締めるようサポートしてくれます。

遠赤外線が出ている炭素のフェイスローラーであれば、じんわり暖かくリラックスしながらたるみケアをすることが可能です。

口周りのトレーニング機器

口周りのトレーニング機器は、表情筋を鍛えるのにおすすめです。

口の周りの「口輪筋」という筋肉は、意識して動かさなければなかなか使わないため、口角が下がり顔のたるみに繋がります

口輪筋を鍛えていくと、頬のたるみやほうれい線の改善にも効果が期待できますので、積極的に口周りのトレーニングをしていきましょう。

口輪筋を鍛えるためには、口にくわえて表情筋を鍛えていくケアグッズがおすすめです。

口にくわえると本体が振動して遠心力によって回る仕組みになっており、口輪筋だけでなく、表情筋まで鍛えられます。

美顔器

美顔器を使用してリフトアップをするのも一つの手段です。

美顔器のリフトアップ効果

ラジオ波やEMS機能のある美顔器はフェイスラインのリフトアップを期待できます。

微振動によって顔のこわばりをほぐしたり、たるみを引き延ばしたりしていくことができるアイテムです。

洗顔時やメイク前に美顔器によるマッサージを行うことで顔にハリが出ます

効率的にリフトアップを行いたい人はぜひ美顔器を試してみてください。

美顔器の効果については「美顔器ってどんな効果があるの?美顔器には様々な肌の悩みを解消する機能があります!」で詳しく解説しています。

ララルーチュRF

おすすめの美顔器「ララルーチュRF」をご紹介します。

リフトアップにも効果的な多機能美顔器

多機能美顔器としてテレビや雑誌で取り上げられている「ララルーチュRF」。

リフトアップの効果を期待できるEMS機能などを始め、様々な機能があるため、顔のたるみ以外にも多面的にアプローチすることができます。

EMS機能とはプロのアスリートもトレーニングやダイエットで採用している機能で、注目を集めている機能です。

このEMS機能によりフェイスラインを引き締めることができます。

まとめ

今回の記事では「顔のリフトアップって効果的なの?」「どのようにリフトアップケアを行えばいいの?」と疑問を抱えている方に向けて、リフトアップの効果、フェイスリフトアップの方法について詳しくご説明しました。

リフトアップには様々な方法が存在しますが、それぞれメリットやデメリットを見極めて自分に合ったケア方法を取り入れましょう。

ララルーチュRFなど様々な機能を持つ美顔器を使用するのもリフトアップの手段の一つです。

美容アイテムを上手に利用して、フェイスラインの引き締めを目指しましょう。