自分磨きナビ

自分磨きナビは美容・コスメに関する最新情報を配信します。

混合肌の人必見!混合肌の悩みを改善するスキンケア法をご紹介!

「混合肌とはどのような肌質のこと?」「混合肌に合うスキンケアとは?」と肌質に関して疑問を抱えている方に向けて、混合肌の悩みを解消するスキンケア方法をご紹介します。

混合肌の悩みを解消するには、まずは肌質の特徴を認識することが大切です。

おすすめの美顔器も併せてご紹介するので、透明感のある肌や健康的な肌を目指したい人はぜひチェックしてみてください。

混合肌とは

混合肌とは「脂性肌と乾燥肌の両方の特徴を持つ肌」のことを指します。

顔の場所によってオイリーな部分と、乾燥している部分が混在していますが、全体としては水分量が少ないのが共通している特徴です。

肌トラブルは比較的少ないですが、肌の特徴を踏まえたスキンケアを行う必要ががあります。

乾燥肌

乾燥肌とはその名前の通り、「乾燥しやすいという特徴を持つ肌」のことです。

皮脂の分泌量が少なく、皮膚の水分を保つことが難しいため、肌トラブルを引き起こしやすいのです。

ターンオーバーの乱れ、紫外線によるダメージ、加齢による乾燥など様々な原因が考えられますが、乾燥肌は肌のバリア機能が低下している状態です。

脂性肌

「皮脂の分泌量が多く、オイリーっぽくなりやすい肌」は脂性肌です。

しっとりとツヤのある触り心地ですが、ファンデーションが崩れやすい、毛穴が目立ちやすいという特徴を持ちます。

肌のテカリが気になったり、ニキビができやすかったりなどの悩みを抱えている人が多いです。

自分に合ったスキンケアを使用したり、使用量をしっかりと守るようにしてください。

普通肌

普通肌とは「皮脂量と水分量のバランスが取れている特徴を持つ肌」のことを指します。

オイリーすぎず、乾燥しすぎず、バランスの取れた肌質であるため、健康的な肌であると言えるでしょう。

普通肌である場合でも、季節によっては肌質が変化する可能性があるため、肌のコンディションを常にチェックすることが大切です。

  • Point
  • 混合肌は乾燥肌と脂性肌の両方の特徴を持つ状態
  • 乾燥肌は肌の油分や水分が少なく乾燥している状態
  • 脂性肌は皮脂の分泌や水分量が多い状態
  • 普通肌は皮脂・水分共にバランスの取れた状態

混合肌のスキンケア方法

混合肌の特徴を持つ人はどのようにスキンケアを行えばいいのでしょうか?

Tゾーンを中心に行う

Tゾーンとは額や鼻などのパーツを指しますが、皮脂の分泌量が多い場所です。

クレンジングや洗顔を行う際は、まずはTゾーンから洗っていきましょう。

皮膚が比較的硬い場所であるTゾーンは、保湿成分が浸透するのに時間がかかるため、一番最初に化粧水やクリームを塗るようにしてください。

「皮脂が多いから保湿ケアを控える」という認識は間違っていて、皮脂の分泌量が多いパーツもしっかりと保湿ケアを行うことが大切です。

混合肌に合った洗顔方法

混合肌の朝の洗顔は、皮脂の分泌量が多い部分と少ない部分で洗い分けると良いです。

先ほどもお伝えしたように、皮脂の分泌量が多い額・鼻などのTゾーンは最初に洗顔料を使用して洗います。

力を入れて洗顔をすると肌がこすれてダメージを受けてしまうため、しっかりと泡立てた洗顔料でT ゾーンを包み込むように優しく扱いましょう。

特にニキビや吹き出物ができてしまっている部分は、爪や摩擦で傷つけないように注意しながら洗顔してください。

Tゾーンの洗顔をした後に、皮脂の分泌量が少ない目元・口元、輪郭部分を洗顔料を使用せずにぬるま湯のみで洗います。

肌が乾燥している部分を洗い過ぎると、本来肌が必要としている皮脂まで洗い流してしまい、肌の乾燥を悪化させてしまう恐れがあるためです。

また、ぬるま湯洗顔に限らず、洗顔に使うお湯は、人肌程度の温度にしてください。

お湯の温度が高すぎると肌に必要な皮脂まで洗い流してしまい、温度が低すぎると油脂が固まって洗い流せないです。

もちろん洗顔時にTゾーンと乾燥ゾーンを完璧に分けることは難しいですが、一手間かけた洗顔をすることで、混合肌ならではの「どちらかの肌質に合わせると、片方の状態が悪化していく」というトラブルを防げるようになるでしょう。

夜の洗顔については、化粧を落とすという役割があるため、顔全体のメイクを落とした後に洗顔料で洗う必要があります。

その際にも、Tゾーンなどの皮脂の分泌量が多い部分から洗う順番は変えないようにしてください。

どちらの場合も、肌は優しく洗い流すものであることを意識し、力を入れてこするようなことを避けましょう。

また、洗顔後の水分もタオルで吸い取るように優しく取り除いていきます

タオルで拭き取るというよりも、タオルを肌の上に乗せて水分を吸い取らせる感覚です。

乾燥しやすい部位もケアする

乾燥している部分はクリームなど保湿効果の期待できるスキンケアアイテムで、潤いをキープするようにしましょう。

乾燥をしている状態だと皮脂が多く分泌されてしまうため、Tゾーンも乾燥しやすい場所と併せて保湿ケアを行うようにしてください。

日焼け対策を行う

紫外線によるダメージを肌が受けてしまうと、肌は乾燥しやすい状態になります。

乾燥状態を改善しようと肌は皮脂を多く分泌しようとするため、日焼け対策を行うことが大切です。

日焼け止めクリームや日傘、長袖、帽子などUV対策アイテムを利用して、肌を紫外線によるダメージから守りましょう。

詳しい紫外線対策については「紫外線の対策って何があるの?対策グッズやアフターケア方法も解説!」で詳しく紹介しています。

  • Point
  • 皮脂の分泌が多いTゾーンを中心にスキンケアをする
  • 洗顔は部分ごとに洗顔方法を変える
  • 日焼け止めや日傘などで日頃から日焼け対策を行う

混合肌のトラブル例

混合肌はベタつき・カサつきが混合するため、どちらかの特徴のみに注目して、自分が乾燥肌や脂性肌だと思い込んでしまう方がいます。

その結果、自分の肌質に適していない誤ったスキンケアを続け、より多くの肌トラブルを引き起こしてしまっているのです。

混合肌の肌トラブルにはどのようなものがあるのでしょうか?自分の肌トラブルは混合肌の肌トラブルであるかを考えてみましょう。

混合肌の肌トラブルは部位によって変わる

混合肌は皮脂の分泌量が多い部分・少ない部分によって表れる肌トラブルに違いがあります。

それぞれのゾーンで発生やすいトラブルは下記のようなものです。

どちらのトラブルにも対処可能なケアを知るべきでしょう。

Tゾーン

Tゾーンは特に皮脂の分泌が多い部分になるため、脂が浮いてテカり、ファンデーションが崩れやすくなります。

あぶらとり紙などを使用してテカリを抑えようとしても、すぐに脂が出てきてしまうため、なかなか改善が難しい部分です。

さらに、皮脂が多過ぎることでニキビや吹き出物もできやすく、一度できてしまったニキビ・吹き出物は過剰な皮脂の影響を受けて、赤くなったり大きくなってしまう恐れがあるでしょう。

Tゾーンは顔の中心に位置しているため、Tゾーンの肌トラブルは多くの方にとってストレスであり、毎日を楽しめない原因につながってしまいます。

Uゾーン

皮脂の分泌が少なく乾燥しやすい部分であるUゾーンはカサカサしたり、粉をふいてしまうことがあります。

特に乾燥しやすい時期である冬には、その状況が悪化しやすくなるでしょう。

また、肌の乾燥が進むと余分な角質が厚くなり、毛穴を防いでしまってニキビができてしまうこともあります。

Uゾーンは手元が当たりやすい部分でもありますので、できてしまったニキビは刺激を受け、なかなか治りにくいです。

さらに、Uゾーンと同じように乾燥しやすい部分である目元・口元が乾燥していると、シワやたるみにつながります。

目元と口元は相手の年齢イメージを決めるパーツなので、混合肌の乾燥部分を放置してしまうと「老けて見られる」恐れがあるのです。

アイテム選びに悩む

乾燥肌向け・脂性肌の方は、自分の肌に最適なケア方法が分かりやすく、ケア用品やコスメ選びも難しくありません。

しかし混合肌の方は、顔に皮脂の分泌が多い部分・少ない部分が存在しているため、スキンケアアイテムやコスメ選びに悩んでしまうようです。

先ほども説明したように、自分が混合肌であることに気づかず、乾燥肌や脂性肌用のアイテムを使い続けてしまうと、肌トラブルをより悪化させてしまう恐れもあるでしょう。

混合肌の方ほど、スキンケア・コスメアイテム選びには注意しなくてはいけません。

「感想だけを何とかしたい」「脂っぽいのだけを何とかしたい」など気になる部分のみにスポットを当てて、アイテム選びをしないようにしてください。

  • Point
  • 混合肌の肌トラブルは部位によって変わる
  • 混合肌はスキンケア・メイクアイテム選びが難しい

混合肌の悩みを改善する方法

肌質を改善するにはどうすればいいのでしょうか?

混合肌の悩みを改善する方法をご紹介します。

食事バランスに気を付ける

肌トラブルを引き起こしにくい肌をつくりだすために、食事バランスに気を付けることが大切です。

脂っこい食べ物、辛いものやアルコールなどの刺激物を摂取しすぎると、皮脂の分泌が活性化されてしまいます。

豆腐、魚などに多く含まれるタンパク質、ほうれん草やカボチャに多く含まれているビタミンAなど、肌質改善に効果的な栄養素をしっかりと摂るようにしてください。

食事で栄養素が摂取しきれない場合はサプリメントなども併せて利用することをおすすめします。

肌に良い食べ物は「肌に良い食べ物って何がある?美肌効果のある食事や飲み物を紹介」で詳しく紹介しています。

睡眠時間を確保する

就寝している間は成長ホルモンが多く分泌されて、肌のターンオーバーが行われています。

健康的な肌を目指すためには十分な睡眠時間を確保することが大切です。

睡眠不足はニキビなどの肌トラブルの原因です。

寝る直前にスマートフォンやパソコンを触ったり、コーヒーなどに含まれるカフェインを過剰に摂取したりなど、快適な睡眠を阻害する行為は避けるようにしてください。

室内環境を調節する

エアコンなどにより部屋の湿度が低下すると、肌が乾燥しやすい状態になります。

エアコンを使いすぎないようにする他、室内の適度な湿度を保つために、加湿器などのアイテムを利用しましょう。

また、エアコンの風が肌に直接当たってしまうと、肌が乾燥してしまうので気をつけてください。

メイクを工夫する

混合肌の方は特に皮脂の分泌が多いTゾーンのファンデーションが崩れやすい問題があります。

一度ファンデーションが崩れてしまうと、化粧直しが難しいため、多くの方を悩ませている問題だと言えるでしょう。

さらに、毛穴が開きやすいため、ファンデーションが毛穴に落ちてしまい、ファンデーションを厚塗りしてしまいがちです。

それでも時間が経過すると、やはり毛穴が目立ってくることもあるでしょう。

そのため、混合肌の方はベースには毛穴の凹凸をカバー能力の高い下地を使い、皮脂のバランスを調整してくれる皮脂吸収パウダーなどが含まれるファンデーションを使用すると良いです。

乾燥の気になる冬はリキッドタイプファンデーション・ベタつきの気になる夏はパウダータイプのファンデーションというように季節によってファンデーションを使い分けるのもおすすめです。

混合肌用のスキンケア商品を使用する

混合肌用に開発されたスキンケア商品を使用すれば、部分ごとにスキンケアを変えるなどの手間をかけなくて良いです。

乾燥とベタつきを同時にケアしてくれる「混合肌用」の表記があるスキンケア商品を見つけるようにしましょう。

これらの商品には、混合肌の方が持っている肌の特性に適したケアができる成分が含まれており、使用することで皮脂のバランスを整えることができるのです。

もし自分が混合肌であることに確信が持てない場合には、肌質別のスキンケア商品を扱っているお店に行って、肌の状態を見てもらい肌質についてプロの意見をもらうと良いでしょう。

一度自分の肌質について理解を深められれば、今後のスキンケア商品選びやコスメ選びがしやすいです。

美顔器を使用する

美顔器を使用するのも混合肌の悩みを解決する一つの手段です。

本格的なケアを手軽に行うことができるので、多くの人に選ばれています。

くすみ、しわ、シミ、ハリなど自分の抱えている肌の悩みに合わせた機能の掲載されている美顔器を選ぶようにしましょう。

肌を綺麗にする生活習慣は「肌を綺麗にする方法とは?おすすめのスキンケアを紹介!」で詳しく紹介しています。

  • Point
  • 栄養バランスを考えて食事を摂るように意識する
  • 毎日の睡眠時間をしっかり確保する
  • 室内が乾燥しすぎないように加湿器を使う
  • 混合肌用のコスメ・スキンケア用品を使う

おすすめ商品をご紹介

おすすめの美顔器をご紹介します。

リベラータの「ララルーチュRF」

「ララルーチュRF」は様々な肌に関する悩みを抱えている方に、おすすめしたい多機能美顔器です。

美容液の有効成分を角質層に行き渡らせる「コアパルス」、フェイスラインのたるみを解消する「EMS」、成分の浸透をサポートする「ラジオ波」、肌のターンオーバーを整える「半導体チップ」、効果的なスキンケアである「3色LED」などの機能を持っています。

特に、ラジオ波やコアパルスは保湿成分をより浸透させる働きを持つため、混合肌の人にも嬉しい機能です。

まとめ

今回の記事では「混合肌ってどのような特徴の肌のこと?」「混合肌にはどのようなスキンケア方がいいの?」と疑問を抱えている方に向けて、混合肌の人に効果的なスキンケアをご紹介しました。

混合肌とは脂性肌と乾燥肌の特徴を併せ持つ肌質のことです。

混合肌の特徴をしっかりと把握した上で、スキンケアを行うようにしましょう。

スキンケアの他にも、睡眠や食事など生活習慣に気を付けることが大切です。

おすすめの美顔器もご紹介したので、肌質で悩んでいる方はぜひチェックしてみてください。