Open

BLOG

肌荒れの原因は洗顔かも?正しい洗顔方法を知って美肌になろう!

「正しく洗顔できていないと肌荒れしやすいって本当?」「洗顔時に気を付けるポイントって?」と疑問を抱いている方に向けて、肌荒れと洗顔の深い関わりについて詳しくご説明していきます。
肌荒れのない健康的な肌をつくるには、洗顔についての基礎知識を把握することが大切です。
おすすめの洗顔料も併せてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

洗顔が肌荒れ対策に大切な理由

そもそも洗顔は肌荒れにどれくらい関与しているのでしょうか?
私たちの肌は常に外部にさらされており、1日の終わりには皮脂・汗、ホコリや花粉などの汚れが付着している状態です。
目には見えにくい汚れではありますが、こういった汚れが蓄積していくと毛穴が詰まっていきます。
毛穴の詰まりはニキビやイボなど、肌荒れの大きな原因です。
毎日洗顔を行って汚れを落とすことで「毛穴の詰まりを解消し、肌荒れのない肌を目指す」ことができます。

正しい洗顔方法

間違った方法で顔を洗ってしまうと肌の状態が悪化してしまう可能性があります。肌荒れ防止に効果的な正しい洗顔方法をご紹介します。

手や顔の油分を落とす

まず、手をきれいな状態にするために石鹸で手のひらの隅までしっかりと洗います。
続いて、顔に付着している油分を落とす必要があるので、水かぬるま湯で顔を素洗いしましょう。
油分が顔や手に残っている状態だと、洗顔料を上手く泡立たせることができません。
洗顔の前準備を忘れないように気をつけてください。

洗顔料を泡立たせる

手のひらに水分が残っている状態で洗顔料を適量とり、空気を含ませるように意識しながら泡立てていきましょう。
手のひらを逆さにしても泡が落ちないようになるくらいまで、しっかりと泡立てるのが理想です。
途中でぬるま湯を足していくと、洗顔料がより泡立ちやすくなります。
洗顔料を泡立てるのが苦手という方は、洗顔用の泡立てネットなどのアイテムを利用するようにしてください。

顔を洗う

洗顔料をしっかりと泡立てた状態で、いよいよ顔を洗っていきます。
顔全体を優しく泡でカバーするように、丁寧に洗っていきましょう。
特に毛穴が詰まりやすい鼻や、皮脂のべたつきが気になるTゾーンなどは、肌を傷つけないように指の腹を使うようにしてください。
全体を洗い終えたら、ぬるま湯で1分程度を目安にすすいでいきます。
洗顔料が残っていないか確認したら、タオルで水気を取るように優しく拭いていきましょう。

自分に合った洗顔料を選ぶ方法は「自分にあった洗顔料の選び方って?おすすめの洗顔料もご紹介」で詳しく紹介しています。

  • Point
  • 洗顔時は手を綺麗にする
  • 洗顔料をネットでしっかり泡立てる
  • 鼻やTゾーンは指の腹を使って洗う

洗顔時のNG行為

洗顔時にやってはいけないNG行為をご紹介していきます。

洗顔料を使わない

洗顔料を使わないと、皮脂など油性の汚れを落とすことができません。
「朝はそこまで汚れていないから大丈夫」と考えている人は特に注意が必要です。
就寝時でも予想以上に汗をかいたり、皮脂が分泌されたりしているので朝の洗顔時もしっかりと洗顔料を使用するようにして下さい。

熱いお湯を使う

洗顔時に熱いお湯を使用するのは、肌荒れに繋がってしまうので避けましょう。
熱いお湯を使用すると皮脂が取れすぎてしまい、肌の潤いを保つことができません。
洗顔後につっぱりを感じる人はお湯の温度が高すぎる可能性があります。

泡立ちが少ない

泡立ちが足りていないと、肌に泡が付着する面が少なくなってしまうため、汚れを落とすことが難しくなります。
さらに泡立ちが少ないと肌に刺激を与えてしまう可能性があるので注意が必要です。
顔をすすぐときも泡切れが悪くなってしまいます。

過剰な頻度の洗顔

洗顔は肌荒れ防止に大切な行為ですが、あまりに頻度が多すぎると逆効果になってしまいます。
過度な洗顔により皮脂が取れすぎてしまい乾燥の原因につながってしまうので、洗顔頻度を見直してみてください。
基本的に朝晩の2回が理想的です。

すすぎ残し

洗顔料が肌に残っている状態だと肌荒れに繋がってしまう可能性があります。
額の生え際や、あごから耳にかけてのフェイスラインはすすぎ残しが起こりやすい場所です。
鏡などで洗顔後に泡が残っていないか確認するようにしましょう。

タオルで肌をこする

洗顔後、顔に付着している水分を拭き取るためにタオルでゴシゴシと顔をこすっていませんか?
強く顔をこすってしまうと皮膚が刺激を受けて、肌トラブルに繋がってしまう可能性が高いです。
タオルをあてるように、優しく拭き取ることを意識しましょう。

洗顔後のスキンケアについては「スキンケアの正しい順番とは?各アイテムの種類や特徴・選び方についても解説」で詳しく紹介しています。

  • Point
  • 朝も洗顔料を使って顔を洗う
  • 洗顔はぬるま湯を使う
  • 洗顔は1日2回までに抑える
  • 洗顔料はしっかり洗い流す
  • 水分はタオルを当てるようにして優しく拭き取る

おすすめの洗顔料

おすすめの洗顔料をご紹介します。

「シルキー リッチ フォーム (50ml)」

リベラ―タの提供する「シルキー リッチ フォーム (50ml)」はきめの細かい滑らかな泡が特徴的な洗顔料です。
毛穴の奥の汚れ、古いメラニン角質までしっかりと洗い取ってくれるだけでなく、肌に優しい低刺激の洗顔料なので、敏感肌の人からも高い人気を集めています。
肌のくすみやにごりなどで悩んでいる人に嬉しいアスタキサンチン、ヒトオリゴペプチドなどの有効成分も配合されており、しっとりと透明感のある肌に仕上がるアイテムです。

まとめ

今回の記事では「洗顔が肌荒れ防止に大切って本当?」「正しく洗顔を行うにはどうすればいい?」と肌に関して悩んでいる方に向けて、洗顔と肌荒れの関係について詳しくご説明しました。
皮脂や汗、ホコリなど目には見えにくい汚れが付着している状態だと毛穴が詰まってしまい、肌荒れに繋がってしまいます。
しっかりと泡立てて顔を洗ったり、ぬるま湯を使うようにしたりなどのポイントに気を付けながら正しく洗顔を行っていきましょう。
洗顔料はシルキーリッチフォームなど、刺激の少ない成分が配合されたものをおすすめします。

リベラータ
LINE公式アカウント

お得なキャンペーンや抽選などを
配信してまいります!!
あなたの肌診断実施中!