自分磨きナビ

自分磨きナビは美容・コスメに関する最新情報を配信します。

肌荒れの原因は洗顔かも?正しい洗顔方法を知って美肌になろう!

「マスクで肌荒れしている肌には洗顔が大切って本当?」「洗顔時に気を付けるポイントって?」と疑問を抱いている方に向けて、マスクによる肌荒れと洗顔の深い関わりについて詳しくご説明していきます。

肌荒れのない健康的な肌をつくるには、洗顔についての基礎知識を把握することが大切です。

おすすめの洗顔料も併せてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

肌荒れとマスクの関係性

「マスクを身につけるようになってから、肌荒れが悪化した」という人は多いのではないでしょうか?

以前は花粉症の時期や風邪をひいた時に活躍するアイテムでしたが、新型コロナウイルスの流行にともなって、マスクは外出時に欠かせないアイテムです。

仕事や学校で、長時間マスクを付けているので、肌トラブルが起こりやすい状態になっているのです。

それでは、どうしてマスクを付けると肌荒れを引き起こしやすいのでしょうか?

マスクで肌荒れする原因

マスクによって摩擦が起きると、肌を外部刺激から守る役割であるバリア機能が低下してしまいます。

バリア機能が低下した肌は、乾燥しやすくなったり、肌荒れを引き起こしやすくなったりします。

さらに、マスクによって蒸れた状態が続いてしまうと、ニキビの原因であるアクネ菌が繁殖しやすい環境になるのです。

しかし、今の状況でマスクを外して外出することは推奨されていません。

マスクによって肌荒れが起きてしまった場合、しっかりとケアを徹底しましょう。

マスクの肌荒れの改善方法

「マスクが原因で起きた肌荒れはどのように改善すればいいの?」と疑問に持たれる方が多くいます。

まず、自分の肌質に合ったマスクを選びましょう。

布やガーゼタイプのマスクは肌が荒れにくいとされていますが、不織布マスクの方が感染を防止するのに効果的と言われています。

例えば、不織布マスクの下にガーゼを重ねるなどして工夫することが大切です。

マスクの中で蒸れを起こさないように、汗をしっかりと拭き取るようにしてください。

さらに、帰宅後に洗顔やスキンケアを行うことで肌荒れ対策を行うことができます。

特に、洗顔は肌荒れを予防、改善するのに重要な役割を担うプロセスです。

どうして洗顔は肌荒れ対策に重要なのでしょうか?

  • Point
  • マスクは肌トラブルが起こりやすい
  • 汗をしっかりとふき取ると良い
  • 帰宅後にはスキンケアを行う

洗顔が肌荒れ対策に大切な理由

そもそも洗顔は肌荒れにどれくらい関与しているのでしょうか?

私たちの肌は常に外部にさらされており、1日の終わりには皮脂や汗、ホコリや花粉などの汚れが付着している状態です。

目には見えにくい汚れではありますが、こういった汚れが蓄積していくと毛穴が詰まっていきます。

毛穴の詰まりはニキビやイボなど、肌荒れの大きな原因です。

毎日洗顔を行って汚れを落とすことで「毛穴の詰まりを解消し、肌荒れのない肌を目指す」ことができます。

正しい洗顔方法

間違った方法で顔を洗ってしまうと肌の状態が悪化してしまう可能性があります。

肌荒れ防止に効果的な正しい洗顔方法をご紹介します。

手や顔の油分を落とす

まず、手をきれいな状態にするために石鹸で手のひらの隅までしっかりと洗います。

続いて、顔に付着している油分を落とす必要があるので、水かぬるま湯で顔を素洗いしましょう。

油分が顔や手に残っている状態だと、洗顔料を上手く泡立たせることができません。

洗顔の前準備を忘れないように気をつけてください。

洗顔料を泡立たせる

手のひらに水分が残っている状態で洗顔料を適量とり、空気を含ませるように意識しながら泡立てていきましょう。

手のひらを逆さにしても泡が落ちないようになるくらいまで、しっかりと泡立てるのが理想です。

途中でぬるま湯を足していくと、洗顔料がより泡立ちやすいです。

洗顔料を泡立てるのが苦手という方は、洗顔用の泡立てネットなどのアイテムを利用するようにしてください。

顔を洗う

洗顔料をしっかりと泡立てた状態で、いよいよ顔を洗っていきます。

顔全体を優しく泡でカバーするように、丁寧に洗っていきましょう。

特に毛穴が詰まりやすい鼻や、皮脂のべたつきが気になるTゾーンなどは、肌を傷つけないように指の腹を使うようにしてください。

全体を洗い終えたら、ぬるま湯で1分程度を目安にすすいでいきます。

洗顔料が残っていないか確認したら、タオルで水気を取るように優しく拭いていきましょう。

自分に合った洗顔料を選ぶ方法は「自分にあった洗顔料の選び方って?おすすめの洗顔料もご紹介」で詳しく紹介しています。

  • Point
  • 洗顔時は手を綺麗にする
  • 洗顔料をネットでしっかり泡立てる
  • 鼻やTゾーンは指の腹を使って洗う

洗顔時のNG行為

洗顔時にやってはいけないNG行為をご紹介していきます。

洗顔料を使わない

洗顔料を使わないと、皮脂など油性の汚れを落とすことができません。

「朝はそこまで汚れていないから大丈夫」と考えている人は特に注意が必要です。

就寝時でも予想以上に汗をかいたり、皮脂が分泌されたりしているので朝の洗顔時もしっかりと洗顔料を使用するようにしましょう。

熱いお湯を使う

洗顔時に熱いお湯を使用するのは、肌荒れに繋がってしまうので避けましょう。

熱いお湯を使用すると皮脂が取れすぎてしまい、肌の潤いを保つことができません。

洗顔後につっぱりを感じる人はお湯の温度が高すぎる可能性があります。

泡立ちが少ない

泡立ちが足りていないと、肌に泡が付着する面が少なくなってしまうため、汚れを落とすことが難しいです。

さらに泡立ちが少ないと肌に刺激を与えてしまう可能性があるので注意が必要です。

顔をすすぐときも泡切れが悪くなってしまいます。

過剰な頻度の洗顔

洗顔は肌荒れ防止に大切な行為ですが、あまりに頻度が多すぎると逆効果になってしまいます。

過度な洗顔により皮脂が取れすぎてしまい乾燥の原因につながってしまうので、洗顔頻度を見直してみてください。

基本的に朝晩の2回が理想的です。

すすぎ残し

洗顔料が肌に残っている状態だと肌荒れに繋がってしまう可能性があります。

額の生え際や、あごから耳にかけてのフェイスラインはすすぎ残しが起こりやすい場所です。

鏡などで洗顔後に泡が残っていないか確認するようにしましょう。

タオルで肌をこする

洗顔後、顔に付着している水分を拭き取るためにタオルでゴシゴシと顔をこすっていませんか?

強く顔をこすってしまうと皮膚が刺激を受けて、肌トラブルに繋がってしまう可能性が高いです。

タオルをあてるように、優しく拭き取ることを意識しましょう。

洗顔後のスキンケアについては「スキンケアの正しい順番とは?各アイテムの種類や特徴・選び方についても解説」で詳しく紹介しています。

  • Point
  • 朝も洗顔料を使って顔を洗う
  • 洗顔はぬるま湯を使う
  • 洗顔は1日2回までに抑える
  • 洗顔料はしっかり洗い流す
  • 水分はタオルを当てるようにして優しく拭き取る

洗顔料のおすすめの選び方

マスクによって引き起こされた肌荒れを改善するのに、効果的な洗顔料はどのように選べばいいのでしょうか?
洗顔料を選ぶ上で気をつけるべきポイントを紹介します。

配合成分

洗顔料を選ぶ上で重要なのが「配合成分」です。

購入前にラベルに記入してある成分を確認するようにしてください。

インターネットで購入する場合も、配合成分が商品ページに記載されています。

肌が敏感な状態で、香料 、着色料、防腐剤などの刺激物が含まれている洗顔料を使用すると、状態が悪化してしまう可能性があるのです。

「敏感肌用」「低刺激」などの記載がある商品をおすすめします。

アミノ酸系や両性界面活性剤系は、肌に対する刺激が低い配合成分です。

さらに、保湿成分が配合された洗顔料は、洗顔時に肌が傷つきにくいです。

ヒアルロン酸、アミノ酸、セラミド、コラーゲンなどが保湿成分の代表例です。

タイプ

洗顔料には泡タイプや粉タイプなど、様々な状態の商品が販売されています。

自分の肌質に合ったタイプの洗顔料を選びましょう。

きめ細かい泡が出せる固形石鹸は、皮脂量の分泌が多い人におすすめです。

洗顔は毎日行うものなので、泡の質感や使い心地の良いものを選んでください。

洗浄力

肌質によって必要な洗浄力が異なるため注意が必要です。

皮脂の分泌量が多い人は、洗浄成分の配合が多い洗顔料を選びましょう。

一方で、肌荒れがすでに起きている人や、敏感肌の人は洗浄力の低いものを選ぶようにしてください。

洗浄力の強い洗顔料で顔を洗うと、必要な皮脂まで取り除かれてしまう可能性があるためです。

効果

洗顔料によって効果のあるポイントは様々です。

ニキビなどの肌荒れが気になる方は、「抗炎症成分」や「殺菌成分」が配合された洗顔料を選びましょう。

ニキビの原因となる汚れや角質をしっかりと取り除くことができます。

さらに、毛穴の洗浄を徹底したい場合は、「クレイ」や「酵素」が配合された洗顔料が効果的です。

「毛穴に効く」「ニキビ肌におすすめ」などラベルに記載があるため、購入前に確認するようにしてください。

価格

洗顔料は毎日使用するので、定期的に購入する必要があります。

効果と価格のバランスを見て、どの洗顔料を購入するか検討するようにしましょう。

例えば、コストのかかる洗顔料を使用していたとしても、悩みを改善する成分が配合されていないと効果を実感するのが難しいです。

  • Point
  • 配合成分はしっかり見る
  • 自分の肌質にあった洗浄力を選ぶ
  • 自分の悩みに効果的な洗顔料を選ぶ

おすすめの洗顔料

おすすめの洗顔料をご紹介します。

「シルキー リッチ フォーム (50ml)」

リベラ―タの提供する「シルキー リッチ フォーム (50ml)」はきめの細かい滑らかな泡が特徴的な洗顔料です。

毛穴の奥の汚れ、古いメラニン角質までしっかりと洗い取ってくれるだけでなく、肌に優しい低刺激の洗顔料なので、敏感肌の人からも高い人気を集めています。

肌のくすみやにごりなどで悩んでいる人に嬉しいアスタキサンチン、ヒトオリゴペプチドなどの有効成分も配合されており、しっとりと透明感のある肌に仕上がるアイテムです。

まとめ

今回の記事では「マスクによって肌荒れが起きた場合、どうすればいい?」「肌荒れを改善するために、どのような洗顔を行えばいい?」とマスクによる肌荒れで悩んでいる方に向けて、洗顔と肌荒れの関係について詳しくご説明しました。

マスクによって摩擦が起き、乾燥しやすい状態になっている肌だと、ニキビや吹き出物などの肌荒れができやすくなってしまいます。

しっかりと泡立てて顔を洗ったり、肌質に合うような洗顔料を選んだりなど、ポイントに気を付けながら正しく洗顔を行っていきましょう。

洗顔料はシルキーリッチフォームなど、刺激の少ない成分が配合されたものをおすすめします。