自分磨きナビ

自分磨きナビは美容・コスメに関する最新情報を配信します。

日焼け止めをする方法は?日焼けしてしまった後のアフターケアも

「日焼けのアフターケアってどうして大切なの?」「日焼け止めの効果を高める方法は?」と日焼けについて疑問を抱いている方に向けて、日焼けのアフターケアの方法や日焼け止めの方法について詳しくご説明していきます。

ケアを行う際に気を付けるべきポイントも同時にご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

日焼け止めの方法

日差しが強くなる季節になると、紫外線によるダメージや日焼けで悩む人が増加します。

肌が日焼けしてしまうと、ダメージによって乾燥しやすくなったり、肌トラブルを引き起こしたりする場合があるため、しっかりとUV対策を行うことが大切です。

それでは、日焼けを防ぐにはどうすればいいのでしょうか?

日焼け止めの方法を詳しく紹介します。

日焼け止めクリームを塗る

日焼け対策の基本は「日焼け止めクリーム」です。

日焼け止めクリームとは肌を紫外線から守る役割のあるアイテムで、様々な製品が販売されています。

サラサラタイプや、しっとりタイプなど、テクスチャも製品によって異なるため、自分が使いやすいものを選びましょう。

効果を持続させるために、こまめに塗り直したり、汗で流れないようにウォータープルーフの製品を購入したりしましょう。

UVカットを身に着ける

UVカット効果のある服や帽子を身につけるのも、日焼け止めの一つの手段です。

例えば、「UVカット」「紫外線対策」などの記載があるアイテムが販売されています。

帽子やサングラス、アームカバーなどのグッズも直射日光を防ぐのに効果的です。

日焼け止めクリームだけでなく、このようなUVカットアイテムを身につけて工夫しましょう。

日陰を利用する

直射日光を防ぐために、日陰を意識して歩いたり、日傘をさして日陰を作ったりして日陰を利用しましょう。

例えば、日傘でUV効果カットスプレーをかけて使用している人もいます。

日差しが強い日は屋外でスポーツをするのではなく、ジムや室内プールなどを利用して運動すると良いでしょう。

  • Point
  • 日焼け止めには種類がある
  • できる限り直射日光を防ぐ

日焼けのアフターケアが大切な理由

日焼けのアフターケアはどうして大切なのでしょうか?理由を詳しくご説明します。

ヒリヒリとした痛みが生じる

日焼けは「日光皮膚炎」とも呼ばれるやけどの一種なので、放置しているとヒリヒリとした痛みが生じてきます。

さらにひどいケースだと痛みとともに、見た目も腫れあがってしまう可能性があるので注意が必要です。

最初は痛みや腫れがない場合でも、しっかりとアフターケアをしないと症状が悪化してしまいます。

肌トラブルに繋がる

日焼けによって紫外線を浴びた肌はバリア機能が低下している状態です。

通常時よりも外部の刺激を受けやすくなっているため、傷つきやすくなっています。

肌トラブルのリスクを減らすためにも、日焼け後のケアを欠かさないようにすることが大切です。

肌の老化の原因になる

アフターケアをしないで日焼けを重ねていくと、シミやしわ、たるみなどの老化現象に繋がってしまいます。

紫外線によるダメージを受けた肌は、過剰に生成されたメラニンが蓄積してしまっている状態です。

肌に蓄積したメラニンがシミやくすみとして皮膚表面に現れ、表情が老けて見えてしまいます。

「肌年齢を若く保ちたい」という人は特に日焼けのアフターケアは欠かせません。

紫外線の対策については「紫外線の対策って何があるの?対策グッズやアフターケア方法も解説!」で詳しく紹介しています。

  • Point
  • 日焼けはアフターケアをしないと症状が悪化してしまう
  • 紫外線は肌のバリア機能を低下させる
  • 日焼けはシミ・シワ・たるみなどの老化現象につながることがある

日焼けのアフターケア方法

日焼けのアフターケアが大切な理由を説明してきました。

ここからは、実際にどのようなケアをすればよいか解説していきます。

まずは冷やす

日焼けのアフターケアで、まず第一に行うことは「冷却」です。

日焼けをしている部位に、タオルに包んだ保冷剤や、冷水を入れたビニール袋などを当てるようにしてください。

また、洗面器などに冷水をためてひたしたり、シャワーなどで流したりするのも手段の一つです。

刺激が強いと肌が傷ついてしまう可能性があるので冷やすときは気を付けましょう。

保湿ケアを行う

日焼けした肌は脱水が起きている状態なので、冷却後に欠かさずに保湿ケアを行うようにしましょう。

肌にある角質はバリア機能を担っていますが、紫外線によるダメージで角質が厚くなっていきます。

角質が暑くなると肌の水分が蒸散しやすく、乾燥状態に繋がってしまうのです。

化粧水や乳液、クリームなどを利用して保湿ケアを行ってください。

スキンケア用品を選ぶ際は自分の肌タイプに合ったものを選ぶことが大切です。

美白ケアをする

肌のコンディションが落ち着いたら、将来シミにならないように美白ケアに移ります。

メラニンの生成を抑制し、シミやくすみの発生を防ぎましょう。

美白ケアは即効性が現れにくいため、継続してケアを行っていくことが大切です。

肌の状態が落ち着いていない状態で美白ケアを行ってしまうと、肌荒れに繋がってしまう可能性があります。

インナーケアを行う

肌の表面だけでなく、体の内側からケアを行うことも大切です。

肌の代謝を促して、ターンオーバーを正常に機能させることで、新しい肌を生み出すことができます。

必要な栄養素を体内に取り入れることができる食材やサプリメントは、日焼けのアフターケアとして効果的です。

メラニンの生成を抑制する栄養素もあるので、スキンケアに加えてインナーケアも徹底して行いましょう。

食事

肌のターンオーバーを促進するビタミンB2・B6は、赤身や、ヒレ肉やささみの他、ビタミンやさつまいも、パプリカなどに多く含まれます。

さらにビタミンCはメラニンの働きを抑制するのに効果的な栄養素です。

キウイフルーツやイチゴ、レモンなどのフルーツや、ブロッコリーやピーマンなどの野菜に多く含まれます。

必要な栄養素をバランスよく食事に取り入れることが大切です。

サプリメント

基本的に栄養素は食事から摂取しますが、「仕事の都合で外食が多い」「忙しくて料理をする暇がない」という人はサプリメントで補うと良いでしょう。

ビタミンやファーンブロック、L-システインなど、日焼けに効果的な成分が配合されたサプリメントを選んでください。

特に、紫外線を多く浴びてしまった日などは、サプリメントで栄養素を補完するのがおすすめです。

肌に良い食べ物については「肌に良い食べ物って何がある?美肌効果のある食事や飲み物を紹介」で詳しく紹介しています。

  • Point
  • 日焼けをした部位を冷水や保冷剤で冷やす
  • 冷却後はしっかり保湿する
  • 美白ケアや睡眠・食事などのインナーケアを継続しておこなう

アフターケアでパーツ別に気を付けるポイント

日焼けのアフターケアを行う際に気を付けるべきポイントを部位別にご紹介します。

顔の皮膚は比較的薄く刺激を感じやすい場所であるため、丁寧に優しくケアを行う必要があります。

例えば洗顔時は洗顔フォームをしっかりと泡立てて使用したり、低刺激のクレンジングオイルを使用したりして工夫しましょう。

化粧水や乳液などでスキンケアを行う際も肌を傷つけないように優しく触れてください。

髪・頭皮

意外と感じる人も多いですが、日焼けは肌だけでなく、髪や頭皮にもダメージを与えています。

長時間外にいたときに髪がパサついているという経験をしたことがある人はいるのではないでしょうか?

洗髪する際は指先で優しく頭皮をマッサージするようにしていきます。

また、頭皮が乾燥している状態なので保湿成分の含まれたシャンプーや、トリートメントを利用するようにしましょう。

日焼けのアフターケアをする範囲が広い、足、腕、背中などの部位は、シャワーを浴びて体を冷やすと効率が良いです。

特に日焼けがひどい場所にはボディクリームやボディローションなどをケアを行ってください。

  • Point
  • 冷却後はしっかり保湿する
  • 肌だけでなく髪や頭皮の保湿ケアも行う

日焼けのアフターケアの盲点

日焼けのアフターケアを行うにあたって、気をつけるべきポイントがあります。

アフターケアで見落としがちなポイントを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

日焼けを忘れがちな部位

日焼けをしていることに気づかずに、ケアが徹底できないと、せっかくアフターケアを行っても限定的にしか効果が得られません

日焼けのアフターケアを行うときには、目立ちやすい顔や腕、足だけでなく、体のあらゆる部位をケアすることが大切です。

具体的にどのような部位を忘れやすいのでしょうか?

日焼けを忘れがちなポイントを紹介します。

デコルテ

デコルテとは首筋から肩、鎖骨、胸元にかけたエリアです。

トップスなどで隠れていると思われがちですが、クルーネックやVネックの間から、肌は意外と紫外線によるダメージを受けています。

鏡を見ずに日焼けを確認しようとすると、首周りは自分で確認できないので見過ごしてしまうことがあるのです。

日焼け止めクリームも塗り忘れやすい場所なので、アフターケアを行う際はデコルテ付近も一緒に行ってください。

目は日焼けによるダメージを受けやすい場所です。

目が日焼けを起こすと、充血したり、目が痛くなったりなどの症状が現れます。

紫外線によるダメージを受けたら、まず目を閉じてゆっくりと休ませましょう。

時間が経過しても改善しない場合は、目の炎症を抑えるための目薬を使用したり、病院に行って検査してもらいましょう。

目は非常にデリケートなので、扱いには充分気をつけてください。

季節

「紫外線対策は夏だけ行っていれば大丈夫」と勘違いしている人が多く存在します。

しかし、紫外線は一年中放出されているため、季節を問わず日焼けをする可能性があるのです。

冬だからといって屋外に出る際は日焼け止めクリームを塗らないなどしてしまうと、知らずのうちに肌はダメージを受けてしまいます。

一年中紫外線対策、日焼けのアフターケアを行うことが大切です。

天候

「紫外線=晴れている日に放出される」というイメージが強いのではないでしょうか?

曇りや雨が降っている時でも、紫外線は放出されています。

季節と同様で、天候によって日焼け止めケアや対策を行うか判断するのではなく、しっかりと外出する際は対策を行うことが必要です。

  • Point
  • 日焼けしたことを忘れがちな部位もしっかりアフターケアする
  • 晴れていなくても紫外線は放出されている

日焼けのアフターケアにおけるNG行為

日焼けのアフターケアを行う際にやってはいけないNG行為をご紹介していきます。

美容成分配合のシートパック

美容成分が配合されたシートパックなど、様々な成分が含まれているアイテムは日焼け直後の肌には刺激が強すぎる可能性があります。

「毎日使用しているから問題ない」と感じる人も、日焼け後は避けるようにしましょう。

まずは肌のクールダウンと保湿ケアを行って、肌のコンディションを整えるようにしてください。

パッティングやマッサージ

パッティングとは化粧水などを肌に付ける際に、パタパタと肌を軽く叩くように塗っていくことです。

パッティングやマッサージは、日焼け後のバリア機能が低下している肌には刺激が強い可能性があります。

スキンケアを行う際は優しく肌に触れるようにしましょう。

肌のコンディションが整ってからパッティングやマッサージを行うようにしてください。

正しいスキンケアについては「肌荒れの原因とは?原因別の対策やおすすめのスキンケア商品を紹介!」で詳しく紹介しています。

  • Point
  • 日焼け後の肌は敏感なので美容成分が含まれているアイテムの使用に注意する
  • パッティングやマッサージなどの刺激は控える

リベラータの美顔器とジェルをご紹介

美白ケアをより効果的に行いたいという方におすすめしたいのがリベラ―タの「ララルーチュRF」。

テレビや雑誌でも注目を集めている、シミ、しわ、たるみ、くすみ、ニキビ、乾燥など、様々な悩みに対応するタイプの多機能美顔器です。

特にLEDトリートメントはコラーゲン生成や血流を促進して、美白やシミ予防の効果を期待できる機能になります。

ララルーチュRFの専用ジェル「クリアアップセラム」は美容成分を99%含むアイテムです。

ジェルと併せて美顔器を使用することで、より高い効果が期待できます。

まとめ

今回の記事では「日焼けのアフターケアってどうして大切なの?」「効果的に日焼け止めを行うには?」と紫外線によるダメージを防ぎたい、もしくはケアしたい方に向けて詳しくご説明しました。

日焼けはヒリヒリとした痛みや腫れに繋がるだけでなく、肌トラブルや老化の原因となります。

アフターケアは冷却と保湿ケアを行ってから、美学ケア、インナーケアを行など、流れをしっかりと守って行うことが大切です。

刺激の強すぎるシートパックや、刺激を肌に与えてしまうパッティングやマッサージには気を付けましょう。

まずは季節や天候を問わず、日焼け止め対策を徹底することが大切です。

日焼け止めクリームやUV対策グッズを利用して肌を紫外線から守りましょう。