自分磨きナビ

自分磨きナビは美容・コスメに関する最新情報を配信します。

デコルテを綺麗にするには?きれいに見えない原因や正しいケアを解説!

デコルテが綺麗な人を見て魅力を感じた経験がある人は多いのではないでしょうか?一方で、デコルテ周りがなかなか綺麗に見えずに、悩んでいる人も多くいます。

そこで、今回の記事では綺麗なデコルテの確認方法やデコルテが綺麗に見えない原因、デコルテを綺麗にするスキンケアやマッサージを紹介します。

この記事を読むことで、綺麗なデコルテを目指すためのアクションを起こせるようになります。

効果的にケアできるおすすめの美顔器についても紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

綺麗なデコルテの確認方法

デコルテ 確認

デコルテとは、首筋から肩まわり、胸元までの範囲を指します。

綺麗なデコルテか判断するには、何を基準にすればいいのでしょうか?ここでは、綺麗なデコルテの確認方法を紹介します。

鎖骨の向き確認

最初に鎖骨の向きを確認しましょう。

鎖骨は並行になっていることが望ましいとされています。

厳密に言うと鎖骨は真っ直ぐではなく、湾曲しているのですが、左右並行になっている鎖骨は綺麗に見られやすいです。

鏡を見たときに鎖骨が左右でどのようなバランスになっているか確認してください。

定規やノートなどのアイテムを活用して、どれくらい並行か比べてみると良いでしょう。

鎖骨の凸凹を確認

鏡を見て鎖骨の出っ張り具合を確認しましょう。

くぼみがはっきりとしている鎖骨は綺麗とされています。

手を前に伸ばした体制で、鎖骨のくぼみに指3本の第一関節までが入るか確認してみてください。

もしくぼみに指がすっぽりと入るようだったら、くぼみは十分あると言えるでしょう。

くぼみが十分ではない場合は、リンパ管に老廃物が溜まっていたり、むくんでいたりする可能性があります。

ハリの確認

デコルテ周りの肌のハリを確認しましょう。

肌のハリとは、柔軟性があり、押した時に押し返すような感覚がある肌の状態です。

皮膚細胞のコラーゲンやエラスチンが不足していると、肌のハリを保つことができません。

年齢を重ねるともにコラーゲンやエラスチンは減少してくと言われていますが、紫外線や摩擦などの刺激が加わることでも減少します。

ハリのないデコルテは乾燥しやすく、シワが目立ちやすくなります。

そのため、実際にデコルテを触った時にハリ感がない場合は、保湿などのケアが必要です。

デコルテが綺麗に見えない原因とは?

デコルテ 原因

デコルテが綺麗に見えない、汚くなってしまう原因は、どのようなことがあるのでしょうか。

姿勢が悪い

姿勢が悪いと、デコルテが綺麗に見えなくなってしまう可能性があります。

脊椎の一部である「胸椎」と呼ばれる場所が前屈みに曲がることで、鎖骨が内側に縮まってしまうためです。

さらに、姿勢が悪いと肩こりや首のこりが悪化してしまい、むくみや疲労を感じやすくなるだけでなく、リンパ管に老廃物が溜まりやすくなる可能性があるので注意しましょう。

特に、普段から猫背の人や姿勢が悪い人、デスクワークの人は、姿勢が悪くなりやすいので、日常的に姿勢に気をつける必要があります。

肌の乾燥や紫外線によるダメージ

デコルテ部分は、皮脂の分泌量が多く、ニキビやシミ・シワができやすい部分です。

スキンケアの時に、デコルテまで化粧水や乳液、クリームなどを塗っていれば、乾燥を防ぐことはできますが、何もお手入れしていない場合、お肌の乾燥も進み、トラブルを起こしやすくなってしまいます。

特に、デコルテ部分は紫外線の影響や、空調による影響も受けやすいので、お肌がダメージを受けやすいのです。

デコルテ部分が開いている洋服を着る時は、日焼け止めをしっかり塗ったり、ストールを巻いたりして、お肌を守ってあげるようにしましょう。

しっかりと保湿し、乾燥を防ぐだけでも、デコルテは綺麗になっていきます。

紫外線対策について詳しく知りたい方は「紫外線の対策って何があるの?対策グッズやアフターケア方法も解説!」の記事をご覧ください。

リンパによるむくみ

デコルテ部分周辺は、リンパ管が集まっている部分です。

そのため、リンパの流れが悪くなると老廃物が蓄積してしまいます。

老廃物が蓄積すると、むくみやすくなるので、デコルテから顔にかけてむくみが出てしまいます。

特に、鎖骨の部分はむくんでしまうと、鎖骨が埋もれてしまい、デコルテ部分が綺麗に見えなくなってしまいます。

さらに、老廃物が流れないということは、代謝も悪くなるので、シミやシワもできやすくなってしまうのです。

汗による蒸れ

デコルテ部分は、汗をかいて蒸れやすい部分です。

洋服と擦れてかゆみが生じたり、あせもができるなど、トラブルが起こりやすい部分となっています。

特に夏は、汗を沢山かくので、デコルテ部分は、肌荒れしやすくなってしまいます。

お肌の代謝が悪いと、古い角質も残ってしまうので、デコルテがざらついたり、落としきれていない汚れが溜まり汚くなったりしてしまうことがあります。

  • Point
  • デコルテ部分は、紫外線や空調など外的要因で乾燥しやすい
  • デコルテ部分のリンパの流れが悪いと、むくみで鎖骨が埋もれてしまう
  • デコルテ部分は、汗で肌トラブルを起こしやすい

正しい姿勢にするには?

正しい 姿勢

綺麗なデコルテを目指すためには、正しい姿勢を保つことが大切です。

ここでは、正しい姿勢にする方法を紹介しますので、姿勢が悪い人は参考にしてみてください。

正しい姿勢とは

姿勢の悪人が綺麗なデコルテを目指すためには、まず姿勢の改善を行いましょう。

正しい姿勢とは、耳や肩、股関節の出っ張り、くるぶしを線で結んだ時に、一直線になっている状態を指します。

反対に、背中が曲がっていたり、顔が前傾していたりする体勢は、姿勢が悪い状態です。

自分が正しい姿勢か確認するために、壁に背中をつけて立ってみてください。

後頭部や肩甲骨、お尻、踵を壁に付けた時に、腰と壁の間に手のひらが入る程度の隙間があれば、正しい姿勢と言えるでしょう。

正しい姿勢を身につける方法

正しい姿勢を身につけるには、普段の生活から姿勢を意識することが大切です。

無意識のうちに姿勢が悪くなってしまうため、仕事をする際や家事を行う際なども、正しい姿勢を保つことを心がけましょう。

また、ストレッチやマッサージなどのケアを行うのも効果的です。

例えば、ストレッチポールの上に仰向けの状態で乗っかって、肩甲骨周りをほぐすことで、姿勢の改善が期待できます。

他にも呼吸法で腹筋を鍛えて姿勢を改善する方法など、姿勢を改善する方法は様々です。

デコルテを綺麗にするスキンケア

デコルテ スキンケア

では、デコルテ部分を綺麗にするためにできるスキンケアにはどのようなものがあるのでしょうか?

まずは毎日スキンケアでデコルテを綺麗にしていく方法をご紹介します。

化粧水や乳液で保湿する

デコルテは、普段使っているスキンケア化粧品で簡単にケアできます。

デコルテ専用のアイテムもありますが、新しく買うと費用もかかるので、手持ちのアイテムを活用しましょう。

顔に使っている化粧水や乳液を、スキンケアの時に、首やデコルテまでつけてください。

乾燥がひどい時は、クリームを使うのもおすすめです。

この時、マッサージをしながらつけることで、リンパの流れもよくなります。

正しい保湿方法について知りたい方は「スキンケアの正しい順番とは?各アイテムの種類や特徴・選び方についても解説」をご覧ください。

日焼け止めを塗って紫外線対策

紫外線対策として、日焼け止めを使っている人は多いと思いますが、意外と忘れてしまいがちなのが、顔以外の部分の紫外線対策です。

紫外線がデコルテ部分にあたると、シミやシワの原因となってしまいます。

若々しい首やデコルテを維持するために、日焼け止めは首やデコルテにも丁寧に塗りましょう。

日焼け止めと合わせて、ストールやスカーフなどを合わせて使えば、しっかり紫外線対策ができますよ。

  • Point
  • デコルテを綺麗にするため、化粧水や乳液でしっかり保湿する
  • シミやシワ対策のため、デコルテにも日焼け止めを塗る
  • マッサージも取り入れて、デコルテ部分の老廃物を流す

デコルテを綺麗にするにはマッサージも効果的?

デコルテ マッサージ

デコルテを綺麗にするスキンケアでも、少しご紹介していますが、デコルテのマッサージを行うことで、美しくしていくことができます。

デコルテを綺麗にできるマッサージ

デコルテ周辺には、リンパ管が沢山あるので、老廃物が蓄積されやすくなっています。

この老廃物を優しく流してあげることで、むくみが解消され、血流もよくなります。

むくみが取れると、埋もれてしまった鎖骨も綺麗に出てきますし、首も長く見えます。

小顔効果も期待できます。

デコルテを綺麗にするマッサージをご紹介

デコルテを綺麗にする簡単なマッサージをご紹介します。

マッサージを行う時は、お風呂上りがおすすめです。

手を清潔にしてから、クリームや美容オイルをマッサージする部分になじませてください。

耳の下のくぼんでいる部分から、首すじを通り、鎖骨の上まで優しく撫でます。

鎖骨の上にきたら、鎖骨の中心から外に向かって優しく撫でます。

鎖骨部分は痛みを感じるところを丁寧にほぐしてあげましょう。

指先で優しくマッサージしたら、鎖骨のくぼみをゆっくり押します。

最後にわきの下のリンパ節まで、指を滑らせます。

さらに詳しくマッサージについて知りたい方は「デコルテはマッサージで美しくなる!効果を高めるアイテムもご紹介
」をご覧ください。

デコルテを綺麗にするストレッチをご紹介

デコルテを綺麗にするストレッチとして、肩回しのストレッチが挙げられます。

まず、両手を左右に大きく広げてください。

伸ばした状態から両手を左右の肩に乗せます。

続いて胸を張った状態で、両肘を前に突き出し、肘で大きく円を描くように回しましょう。

呼吸をしながらゆっくりと時間をかけて回すのがポイントです。

肘を回して後ろに持ってくる際に、肩甲骨を寄せるようにイメージしてください。

この動作を数回繰り返します。

毎日継続して行うことで効果を得られるので、隙間時間に試してみてください。

美顔器を使うことで効果アップ

マッサージでも、デコルテを綺麗にすることはできますが、手が疲れる、摩擦が気になるという人は、美顔器を使うのがおすすめです。

美顔器を使うと、美容成分をしっかり浸透させる効果も期待できるので、デコルテをより綺麗にすることができるでしょう。

効率よくケアできるのでおすすめです。

美顔器の効果について詳しく知りたい方は「美顔器ってどんな効果があるの?美顔器には様々な肌の悩みを解消する機能があります!」をご覧ください。

  • Point
  • デコルテを綺麗にするにはマッサージがおすすめ
  • デコルテを綺麗にするポイントは鎖骨周辺
  • 美顔器でさらにデコルテが綺麗になる

デコルテを綺麗にできる美顔器をご紹介!

デコルテ 商品

デコルテを綺麗にするために効果的な美顔器をご紹介します。

ご紹介する美顔器リベラータのララルーチュRFは、デコルテだけでなく顔にも使うことができるので、様々なお悩みを解決できますよ。

ララルーチュRFに搭載されている機能を簡単ご説明します。

コアパルス機能

特殊な電磁パルスで皮膚細胞に一時的に隙間を作ることができるので、美容成分をお肌の奥にしっかり浸透させることができます。

お肌にしっかり潤いが届くことで、肌の乾燥やシワ対策が可能です。

RF機能

お肌を温めて美容液が浸透しやすくしてくれます。

お肌の代謝もサポートしてくれるので、透明感がアップします。

デコルテのむくみもにも効果的です。

EMS機能

電気刺激で血行を促進することができるので、凝りやむくみが解消されやすくなります。

デコルテのシワケアにも最適です。

LED機能

光の力でお肌にハリを与えてくれます。

これらの機能で、デコルテ周りのケアをしっかりと行えるので、若々しく美しいデコルテ作りに役立ってくれますよ。

専用の美容液を使うことで、さらに美しいデコルテになります。

まとめ

今回の記事では、綺麗なデコルテを目指している方に向けて、綺麗なデコルテの確認方法やデコルテを綺麗にするスキンケア・マッサージの方法を解説しました。

綺麗なデコルテとは、鎖骨の向きが並行で、ハリがある状態のデコルテです。

デコルテの改善を目指すために、正しい姿勢を心がけて、保湿ケアや紫外線対策を行いましょう。

効果的なケアを行いたい人には、美顔器を使用することをおすすめします。

リベラータの「ララルーチュRF」はコアパルス機能やRF機能、EMS、LEDトリートメントなど複数の機能を兼ね備えた美顔器です。

顔だけでなくデコルテ周りのケアも行えるので、気になる方はチェックしてみてください。