自分磨きナビ

自分磨きナビは美容・コスメに関する最新情報を配信します。

糖化によって引き起こされる肌の老化現象とは?原因や改善方法をご紹介

「糖化によって引き起こされる肌の老化現象は?」「糖化の原因を知って改善をするにはどうすればいい?」と悩みや疑問を抱えている方もいることでしょう。

糖化は肌の老化や黄ぐすみの原因となるため、抗糖化ケアを行なっていくことが大切です。

そこで、この記事では、糖化現象や糖化が引き起こす黄ぐすみについて詳しく説明していきます。

また、たるみやシワなどの老化現象に対して美容ケアに有効的な美顔器をご紹介します。

肌の黄ぐすみとは

黄ぐすみとは、真皮や表皮でメラニン色素が沈着し、肌が黄色くくすんで見える状態のことをいいます。

黄ぐすみの主な原因は肌の老化で、30代後半から黄ぐすみがはじまる人もいます。

最近、肌が黄色っぽくくすんでいるなと感じたら、黄ぐすみの可能性を模索してみましょう。

黄ぐすみの原因となる老化は、主に肌の「糖化」や「カルボニル化」によって引き起こされます。

さらに黄ぐすみは、たるみの原因にもなることが分かっています。

これは、糖化が、お肌にハリを与えるエラスチンやコラーゲンにも悪影響を及ぼすためです。

また、カルボニル化は、お肌のたんぱく質を変性させてしまいます。

黄ぐすみは、生活習慣の見直しやスキンケアによって予防し、改善することが可能です。

糖化によって引き起こされる肌の老化現象

糖化とはどのような現象のことを意味するのでしょうか?

糖化の原因や糖化によって引き起こされる症状をご紹介していきます。

糖化とは

糖化とは血液に含まれている過剰分の糖とタンパク質が結合し、AGE(Advanced Glycation End Products)という物質が生成されることを意味します。

このAGEという物質は老化の原因とされており、シワやシミ、肌のたるみなどを引き起こす物質です。

そのため若々しい肌を保つためには抗糖化ケアを行なっていく必要があります。

糖化が引き起こす症状

糖化によって引き起こされる症状について詳しくご説明します。

たるみやシワ

肌の弾力性を保つ働きのある物質は、皮膚の真皮にあるコラーゲン繊維とエラスチン繊維です。

これらの繊維が張り巡されていて、肌のハリをキープしています。

しかし、タンパク質や脂肪と糖が結びつくことによって引き起こされる糖化は、肌の伸縮性が失われる原因です。

また肌のハリを保つ働きのあるケラチン繊維がAGEによって劣化してしまい、シワに繋がります

キメの低下

糖化によって生成されるAGEは、肌のキメの低下をもたらします。

肌の表面は、毛穴を中心として縦横や放射状の皮溝、皮丘、そして皮野から成り立っています。

これを皮紋と呼びます。

皮紋の凸凹が細かく整っているとキメの細かい美しい肌を形成しますが、老化により皮紋の皮溝が浅くなってくると、毛穴が大きくなり、キメが低下します。

AGEの一種であるCMLは、真皮より表皮に蓄積しやすく、表皮に含まれるケラチン10に蓄積する性質があります。

CMLが糖化により表皮の角層に蓄積していくと、肌に老化をもたらしキメが低下することが分かっています。

皮膚色の変化

糖化によってシミやくすみが生じる可能性があります。

シミの原因となるのはメラニンと呼ばれる色素です。

紫外線の害から肌を守る役割のあるメラニンですが、肌のターンオーバーによって古くなった角質と一緒に排出されます。

しかしAGEによって新陳代謝が低下してしまうと、メラニンがうまく排出されずに溜まっていってしまうのです。

そのため皮膚色が変色してしまい、シミや肌のくすみに繋がります。

シミの原因について詳しく知りたい方には「シミの原因って何?シミの種類や改善方法、予防法をご紹介します」で詳しく解説しています。

動脈の硬化

悪玉コレステロールである「LDL-C」が糖化してしまい、白血球のマクロファージが分解できなくなってしまうと、「LDL-C」がどんどん体内に蓄積されていきます。

この「LDL-C」は泡沫細胞となって血液内に溜まっていくことは、動脈の硬化を引き起こす原因です。

動脈の硬化は最悪の場合、心筋梗塞や脳卒中を引き起こしてしまいます。

組織の炎症

糖化によって生成されたAGEはラージと呼ばれる物質と結びついて「炎症性サイトカイン」という物質を作り出します。

「炎症性サイトカイン」とは組織に炎症を引き起こす物質です。

つまり糖化が起きてしまうと組織の免疫力が低下してしまいます。

また他にも糖化は骨粗鬆症、アルツハイマー病、生活習慣病などの原因となります。

  • Point
  • 糖化はシワやシミ、肌のたるみなどの原因である
  • 糖化によって皮膚の色も変化する

糖化の原因とは

糖化が引き起こされるのはどうしてでしょうか?

糖化の主な原因をご紹介します。

血糖値の急激な上昇

血糖値の急激な上昇は、体内で糖化を引き起こす原因となります。

食後30分~1時間は、誰でも血糖値が高い状態になります。

これは、糖尿病をかかえている人だけではなく、健康な人にもいえることです。

通常であれば、健康なすい臓はインスリンというホルモンを分泌し、それによって血液の糖は細胞に吸収され、血糖値は下がります。

しかし、食後の血糖値の急上昇と急降下が頻繁に行われると、体内の余分な脂肪やたんぱく質、糖が結合して、糖化が進んでしまいます。

そのため、食事の回数を減らしたり、間食を減らすなどして、血糖値の上がり下がりを減らすことが大切だといわれています。

また、先に食べるものを変えるだけで、血糖値の上昇はゆるやかになります。

具体的には、ご飯よりサラダなどを先に食べることです。

血糖値は70〜140(mg/dl)以内におさえることが、健康的であると言われています。

早く食べる

食べ物を早く食べると、糖化をまねく原因となります。

空腹の状態で、炭水化物やお菓子などの糖質をたくさんふくんでいる食品を急いで食べると、血糖値が急激に上昇してしまい、糖化を促進してしまいます。

また、血糖値を下げる役割を果たすインスリンは腸から吸収され、すい臓のβ(ベータ)細胞に達する糖の量によって分泌量が変わってくるので、急いで食べると、その分一気に血糖値が急降下することになります。

この急上昇と急降下で体の糖化が進んでしまうので、食べ物はゆっくりと食べるようにしましょう。

糖分を摂取しすぎている

普段、糖分を摂取しすぎている方は、注意が必要です。

糖を取り過ぎると、急激に血液の糖分が増え過ぎてしまい、赤血球のたんぱく質やヘモグロビンと結合し、糖化が進みます。

糖化をふせぐためにも、バランスの良い食生活を心がけるようにしましょう。

糖とタンパク質の長時間の摂取

糖化の原因は、糖分の摂り過ぎだけではありません。

糖分と結合することで糖化をまねくタンパク質や脂質の摂り過ぎにも気をつける必要があります。

また、糖とタンパク質を長時間摂取する行為は、それらを結合させやすくするので、おススメできません。

  • Point
  • 血糖値の急激な上昇は、体内で糖化を引き起こす原因である
  • 糖を取り過ぎると、急激に血液の糖分が増え過ぎる

糖化による老化を防ぐには

糖化による老化を防ぐにはどのような対策を行えばよいでしょうか?

改善方法をご紹介します。

食品に気をつける

糖化を防ぐには「食事に気を付ける」ことが非常に大切です。

食事をする際は急激に血糖値を上げない食品を摂取するようにしましょう。

食品を選ぶ際にGI値が低いものを選ぶと、血糖値の上昇を避けることができます。

GI値とは食後2時間までの血液中の上昇度合いを示した数値です。

大豆食品やさつまいも、そばなどが低GI食品の例として挙げられます。

また、焼いたり揚げたりすることで、AGEの量を増加させてしまう可能性があるため、調理方法にも気をつけるようにしましょう。

食事の順番に気を付ける

糖化による老化をふせぐためには、食事の順番に気を付けましょう。

先に食べるものを変えるだけでも、血糖値の上昇はゆるやかになります。

おススメは、サラダなどの生野菜を先に食べることです。

糖質をたくさんふくむご飯やパンといった炭水化物を野菜のあとに摂るだけで、血糖値の急上昇をふせげます。

また、同じ野菜類でも油で調理することで血糖値を上昇させてしまうので、食事の最初に食べる野菜は、生野菜またはゆでた野菜がおススメです。

ドレッシングやマヨネーズなど油分が多い食品にも気をつけましょう。

食事を抜かない

糖化による老化を予防するには、きちんとした生活習慣が大切です。

空腹時に、突然糖分を摂取すると血糖値が急上昇することは、さきほどご説明しました。

血糖値が急上昇や急降下することで、体内の糖化が進んでしまいます。

なるべく、空腹の状態をさけるためには、食事を抜かないことが大切です。

しかし、空腹を避けるためとはいえ、間食を増やすのは避けましょう。

かえって逆効果になってしまいます。

過食はしない

過食しないようにすることも、糖化をふせぐためには大切なことです。

ストレスによる暴飲暴食は、糖質や、脂質、タンパク質を過剰に摂取することになり、血糖値を急上昇させてしまいます。

とくに、外食やレトルト食品にありがちな加工肉、焼いた肉、フライドポテトにはAGEが多くふくまれているので、注意が必要です。

糖化につながるような生活習慣は、その根本となるsストレスの原因を見つめなおしたり、運動によって改善するようにしましょう。

糖質を摂りすぎない

糖質の摂りすぎは、糖化による老化を促進させてしまいます。

ふだん、甘いものを食べないようにしていても、知らず知らずのうちに果物や炭水化物を食べ過ぎているということはないでしょうか?

全く糖質を摂らないのは、かえって体重の増加や不健康な状態をまねくので危険ですが、食事のバランスを考えながら、糖質を多く含んでいる食べ物を摂り過ぎないように気をつけることが大切です。

美肌に効果のある食べ物についてもっと知りたい方には「美肌に効果のある食べ物特集!毛穴やニキビ改善にも効果抜群なレシピを紹介」で詳しく解説しています。

サプリメントを摂り入れる

糖化を効果的に予防したいけれどなかなか時間がとれないという方におススメなのが、抗糖化が期待できるサプリメントを摂り入れることです。

抗糖化の効果があるとされているのはショウガ科の植物で、これにはウコン、ミョウガ、黒ガリンガルなどがふくまれます。

これらが配合されたサプリが市販されているので、上手に普段の食生活にとりいれてみましょう。

ストレスを減少させる

ストレスを溜めることは、過食や暴飲暴食をまねいてしまいます。

結果として、血糖値を急上昇させ、糖化を進めてしまうことにもなりかねません。

ストレスを減少させるためには、早寝早起き、運動などをして生活のリズムを整えることが先決です。

そのうえで、何がストレスの原因となっているかを理解し、改善していきましょう。

もし、自分で改善できなさそうな場合は、専門家の助けを借りることも時には大切です。

運動を行う

運動を行うのも糖化を防ぐのに有効な手段の一つです。

血糖値が上がるのは食後1時間程度になっています。

この時に血糖値を上げないように、適度な運動を行うことをおすすめします。

例えば30分から1時間のウォーキングは糖化を防ぐのに非常に効果的です。

また運動は糖化だけでなく、生活習慣病の予防やストレスの低減など様々な効果が期待できます。

無理のしすぎは禁物ですが、適度な運動を行うようにしましょう。

美容ケアを行う

アンチエイジングの手段として美容ケアを行うのも非常に大切です。

肌のくすみを解消するために有効的な成分が配合された美容液を使用したり、顔のたるみを解消するためにマッサージをおこなたり、美容ケアを継続していきましょう。

糖化を引き起こさないように予防をするのも大切ですが、すでに起きてしまっている老化の改善を目指すことも大切です。

アンチエイジングの方法について知りたい方には「美肌を叶えるアンチエイジング方法! 肌の老化を食い止めるための対策方法を紹介」で詳しく解説しています。

美顔器

美顔器はアンチエイジングケアにおすすめの美容グッズです。

エステやクリニックで行うような本格的なケアを家で簡単に行うことができるため、現在雑誌やテレビでも注目を集めています。

EMS機能、LEDトリートメント、イオン導入など美顔器によって掲載されている機能が異なるため、悩みに合った美顔器を選ぶことが大切です。

美顔器の効果について知りたい方には「美顔器の効果とは?おすすめの美顔器も紹介!」で詳しく解説しています。

おすすめの美顔器を紹介

おすすめの美顔器「ララルーチュRF」はリベラータが提供する人気のアイテムです。

最近ではテレビや雑誌などでも取り上げられるど、注目を集めています。

「ララルーチュRF」はシワ、たるみ、くすみ、肌トラブルなど様々な悩みを一気に解消してくれるアイテムで、EMS機能やLEDトリートメント、コアパルスなどの機能が掲載されています。

デートやパーティーなどの大切なイベントの前でも、手軽に肌のコンディションを整えることができるため、美容ケアグッズとして人気の商品です。

EMS機能について知りたい方には「EMS美顔器の効果とは?使用方法や使用する際の注意点も解説!」で詳しく解説しています。

まとめ

今回の記事では「糖化によって引き起こされる肌の老化現象は?」「糖化ってどうして引き起こされるの?」と疑問を抱えている方に向けて、糖化や、糖化がもたらす黄ぐすみについてご説明しました。

糖化は血糖値が上がると引き起こされやすくなるため、食事内容に気をつけたり、適度な運動を行なったりして、抗糖化ケアを行なっていくことが大切です。

また、すでに進行している老化現象に対しては美容ケアを行なっていくようにしましょう。

美顔器は様々な効果が期待できるアイテムとして注目を集めています。

美顔器を利用してアンチエイジングを行ないましょう。

リベラータ
LINE公式アカウント

お得なキャンペーンや抽選などを
配信してまいります!!
あなたの肌診断実施中!

関連テーマから探す