Open

BLOG

肌荒れの原因とは?原因別の対策やおすすめのスキンケア商品を紹介!

肌荒れ、赤みやブツブツの原因や症状とは?

肌荒れの原因について

肌荒れの原因について解説していきたいと思います。

紫外線

弱い紫外線であっても、繰り返し浴びていると、身体が紫外線の内部への侵入を防ごうとして肌を守ろうとするため、肌の表面は余分な角質が剥がれ落ちにくくなり、角質が厚くなった状態になります。

一方、肌の内部はバリア機能が低下して水分が蒸散しやすくなるため、より乾燥が進みます。

また、バリア機能が低下した肌は刺激を受けやすい状態となります。

内部に紫外線が、簡単に侵入してしまうので、乾燥はさらに進み、炎症を起こしてしまうのです。

乾燥

肌の乾燥に大きく関わっているのが、肌の一番外側にある角層という部分です。

角層は角層細胞や細胞間脂質がすきまなく並ぶことで「肌のバリア機能」が働き、肌内部から水分が蒸散するのを防いでいます。

しかし、乾燥によって「肌のバリア機能」が低下すると、水分が逃げやすい状態になり、外からの刺激に弱くなって炎症が起こりやすくなってしまいます。

花粉

花粉症のある人は、花粉の飛散時期には肌も敏感になります。

そのため、かゆみなどが出やすくなりますが、バリア機能が弱った状態ですと、花粉の刺激を受けやすくなるので、さらに肌荒れの症状が重くなります。

ストレス

ストレスを受けると、ホルモンバランスがうまくコントロールできなくなり、男性ホルモンの一種であるアンドロゲンが大量に出ます。

このアンドロゲンが出ると皮脂の分泌が多くなり、ニキビや吹き出物ができやすくなってしまいます。

間違ったスキンケア

汚れをしっかり落とそうと、クレンジングや洗顔を強くし過ぎると、摩擦が生じて肌を痛めてしまい、バリア機能が低下してしまいます。

また化粧水をつける時に強くパッティングしたり、乳液やクリームををすりこんだりすると、刺激を与えてしまい、かえって肌に負担がかかり、炎症の原因となってしまいます。

肌荒れの対策について

正しいスキンケアを行う

クレンジングの使用量は少ないと摩擦が生じますので気を付けましょう。

適量を顔全体に伸ばし、指先に力を入れずに優しくクルクルと円を描くようにメイクと馴染ませ、汚れが浮いたらしっかりと洗い流しましょう。

洗顔料はたっぷり泡立て、泡で洗うことを意識してやさしく洗いましょう。

洗い流す時は、お湯の温度にも気を付けましょう。

熱いお湯は角層から保湿成分を取り去ってしまうので、ぬるめのお湯ですすぐようにしましょう。

洗顔や入浴後は、角層から水分が逃げやすい状態なので、すぐにに保湿しましょう。

化粧水で肌にうるおいを与え、乳液やクリームでうるおいを持続させます。

乾燥が気になる季節は、基本のアイテムに、より保湿力の高い成分が入ったクリームや美容液をプラスするのもよいでしょう。

紫外線も日焼けによる乾燥を招きます。

また、肌内部のコラーゲンを傷つけ、シワやたるみの原因にもなります。

日焼け止めやUVカット効果のある化粧下地で肌を守り、紫外線の強い夏だけでなく、一年を通して紫外線対策を行いましょう。

生活習慣を改善する

睡眠不足など、生活リズムが不規則になると肌のターンオーバーも乱れてしまいます。

ターンオーバーのサイクルが通常よりも長くなると、古い角層細胞がはがれ落ちず、角層部分が分厚くなり、くすみ・ざらつき・乾燥を招きます。

サイクルが短すぎると、「天然保湿因子(NMF)」が整わず、未熟な角層細胞が積み重なることで、肌の保湿力やバリア機能も低下してしまいます。

肌のターンオーバーは、生活習慣と深く関係しています。

寝不足や無理なダイエット、お酒の飲みすぎや喫煙は、肌荒れを悪化させるので、気をつけましょう。

食生活を見直す

内側からのケアもとても大切です。

肌や身体を作るタンパク質を基本に、便秘を防ぐ食物繊維、ターンオーバーの働きを助けるビタミン・ミネラル類を補給できる食事を心がけましょう。

ビタミンCやβ-カロテンは肌や粘膜をすこやかに保つ働きがあるほか、活性酸素から身体を守る抗酸化作用もあります。

肌荒れを防ぐおすすめのスキンケアについて

角質細胞内にある「天然保湿因子(NMF)」の約半分はアミノ酸で出来ています。

天然保湿因子は、角質層の中で水分を含み、保持する役割があり、アミノ酸は肌の”うるおいの素”になる大切な成分です。

リベラータの化粧品は製法と原料にこだわり、アミノ酸をたっぷり含んだ「やんばる豚プラセンタ」のみを使用しています。

この、「やんばる豚プラセンタ」は、一般に化粧品原料として流通している米国産豚プラセンタと比べて圧倒的なアミノ酸濃度を誇ります。

非必須アミノ酸11種類のうち9種類、必須アミノ酸9種類に至っては全てを含有しています。

また、お肌の成長に欠かせないEGF・FGF(成長因子)を「リン脂質」というカプセルに包み込んでいます。

このカプセルはナノ構造で作られ、生体膜と非常に良く似た構造をしている為、EGF・FGFを肌の奥深くまですばやく届けることができるのです。

まとめ

肌荒れの原因はいくつかありますが、肌荒れを防ぐのに一番大切なことは、お肌のバリア機能を守ること。

正しいスキンケアを行い、生活習慣を見直し、お肌に合った刺激のないスキンケア商品を選ぶようにしましょう。