自分磨きナビ

自分磨きナビは美容・コスメに関する最新情報を配信します。

肌のバリア機能って何?健康な肌を保つための方法やおすすめアイテムをご紹介!

「肌のバリア機能って何のこと?」「バリア機能を保つためにはどうすればいいの?」と疑問をお持ちの方に向けて、バリア機能について詳しくご説明します。

バリア機能は肌を乾燥させないために重要な役割を持つため、バリア機能を低下させないようにケアをすることが大切です。

おすすめの美顔器などの美容アイテムも併せてご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

肌のバリア機能について

バリア機能がある肌は些細な刺激に負けることはなく、肌トラブルを防ぐ力を持っています。

そのため、肌のバリア機能が強いほど、肌を美しい状態で保てると言えるでしょう。

この記事では肌のバリア機能についての詳しい情報や、バリア機能を強くする対策を紹介します。

肌のバリア機能とは?

肌のバリア機能という言葉を耳にしたことがある人が多いのではないでしょうか?
バリア機能とは、肌の最も外側である角質層が、外部からの物理的な刺激や皮膚内へ異物が入るのを防ぐ役割や、皮膚内にある水分が失われるのを防ぐ役割を持ちます。

バリア機能が低下することで、かゆみが生じたり、炎症が生じたりすることがあるため、バリア機能が正常に働いている状態を保つことが大切です。

生活習慣の乱れ、ストレス、紫外線など様々な要因によってバリア機能が低下してしまいます。

肌の状態が良くない人はバリア機能が低下している可能性が高いため、改善が必要です。

肌のバリア機能の回復期間

残念ながら、一度低下してしまったバリア機能は簡単に回復できません。

低下してしまった肌のバリア機能を回復するためには、最低でも数週間〜数ヶ月の時間が必要なのです。

回復までに必要な期間を考えると、できる限り肌のバリア機能を低下させない努力をすることが大切です。

肌のバリア機能が低下してしまう原因を理解して、しっかりとした対策をしましょう。

肌のバリア機能が低下してしまう原因

ここからは肌のバリア機能が低下してしまう原因を紹介します。

内部的な原因

肌のバリア機能が低下してしまう原因には、食生活の栄養バランスが取れていないことがあります。

特に肌荒れの改善・肌のターンオーバーのサイクルの正常化に影響のあるビタミンやミネラルの不足が肌のバリア機能を低下させてしまうのです。

「肌は内臓の鏡」と言われるように、肌荒れは自分の食生活が反映されていると考えましょう。

また、睡眠不足や運動不足や過度のストレスも肌バリアに悪い影響をもたらします。

食生活だけでなく生活習慣の見直しも行う必要があるでしょう。

外部的な原因

紫外線は肌バリアの大敵であると言えます。

紫外線は肌の潤いを奪い去り、肌のバリア機能を低下させるため肌が無防備状態になってしまうでしょう。

その状態でさらに紫外線を浴びると、シミ・ソバカスの原因になるだけでなく、肌のターンオーバーが乱れ、ますます肌のバリア機能が低下するという悪循環に陥ります。

また、誤ったスキンケアによって肌に強い刺激を与えてしまう・肌質に適していないスキンケアグッズを使用するなどの理由で、肌のバリア機能を低下させてしまうこともあります。

  • Point
  • 肌のバリア機能はビタミン・ミネラル不足で低下する恐れがある
  • 運動不足や睡眠不足は、肌のバリア機能の低下につながる
  • 肌のバリア機能は紫外線の影響で低下してしまう
  • 誤ったスキンケアで、肌のバリア機能を低下させてしまうこともある

肌のバリア機能の3大保湿因子

バリア機能の3大保湿因子をご紹介します。

「NMF(天然保湿因子)」

天然由来の保湿成分であるNMFはアミノ酸を主成分とする水溶性の物質です。

吸水性が高い物質であるため、角質層の水分を保つ働きを持ち、角質層内を整列した状態に保つことができます。

アミノ酸は肌の潤いを保つ成分ですが、NMFにはアミノ酸が40%程度含まれています。

また、アミノ酸から作られる天然の保湿成分であるPCAが約12%含まれており、潤いを保つのに大切な成分です。

「細胞間脂質」タイプ

角質層をセメントのように繋ぐ役割のある細胞間脂質は角質を正常に保つために重要です。

セラミドやコレステロール、遊離脂肪酸などの成分が含まれています。

他にも肌内部の水分が蒸発するのを防ぐ役割があり、保湿機能を担っている物質です。

肌が乾燥してしまうと細胞間脂質が不足し、外部から刺激を受けやすくなります。

「皮脂膜」タイプ

皮脂膜とは皮脂と汗が混ざって出来た天然の皮膚保護膜のことを指します。

皮脂に含まれている脂肪酸エステルや脂肪酸、汗が乳化して作られた天然のクリームが皮脂膜の主成分です。

肌に弾力を生み出し、肌を外部刺激から守る役割の持ちます。

他にも雑菌が増加するのを防ぎ、肌を正常な状態に保つ効果があります。

  • Point
  • 肌のバリア機能には3つの保湿因子がある
  • 細胞間脂質は肌内部の水分が蒸発するのを防ぐ役割がある
  • 皮脂膜は肌に弾力を生み出し、雑菌や刺激から肌を守る役割がある

肌のバリア機能が低下するとどうなるのか

肌のバリア機能が低下すると、肌にどのような問題が起こるのでしょうか?

ここからは、肌のバリア機能が低下することによって引き起こされる問題を説明しましょう。

乾燥する

肌のバリア機能は、肌を外部からのさまざまな刺激から守るだけでなく、肌に含まれた水分を肌に閉じ込める役割も持っています。

そのため肌のバリア機能が低下すると、肌に必要な水分が蒸発しやすい状態になってしまい、肌が乾燥しやすくなるのです。

乾燥肌はシワ・たるみにつながるため、肌の加齢を進めてしまうと考えて良いでしょう。

かゆみが出る

肌バリアが低下した肌は潤いを失い、外部からの刺激に敏感になります。

そのため、些細なことで肌が刺激を受けてかゆみを感じやすくなるのです。

かゆみを感じて肌をかくことで、肌を傷つけたり乾燥を悪化させたりするなど、より多くの肌トラブルを招く恐れがあるでしょう。

「肌が乾燥してかゆい」と思った経験がある方は多いと思いますが、その段階ではすでに肌バリアが低下してしまっているということです。

湿疹が出る

肌バリアが低下している肌は、外部から異物の侵入を防ぐ能力も不足します。

本来であればバリア機能によって肌の内部まで浸透することがなかったアレルゲンなどが肌の奥底まで届いてしまい、炎症を起こした結果、湿疹ができてしまうのです。

アレルゲンの例には、ダニ・ほこり・カビ・細菌などがありますが、私たちが日常生活を送る中でこのようなアレルゲンを完全に除去することは困難です。

肌のバリア機能が低下してしまうと、普段は問題のなかったことでも湿疹などのトラブルにつながる恐れがあると言えるでしょう。

  • Point
  • 肌のバリア機能が低下すると、肌の水分が失われやすくなる
  • 肌のバリア機能が低下すると、肌にかゆみを感じる・湿疹が出るなどのトラブルが起こる

バリア機能を保つ方法

肌のバリア機能を保つにはどうすればいいでしょうか?ケア方法をご紹介します。

スキンケアに気を付ける

肌のバリア機能を保つためには、毎日のスキンケアを見直すという方法があります。

特に洗顔時にゴシゴシと擦るような洗い方・熱すぎるお湯を使用している方は、スキンケアのたびに肌のバリア機能を傷つけてしまっているのです。

洗顔は人肌と同じくらいの温度のお湯を使って、肌を擦らないように優しく行い、タオルの使い方にも注意しましょう。

洗浄力の強すぎる洗顔フォームや刺激の強すぎるスキンケア用品は避け、肌に優しい商品を選ぶと良いです。

また、肌のバリア機能を強くする成分であるセラミドやヘパリン類似物質が含まれた化粧水を選択するのもおすすめです。

スキンケアは毎日複数回行うものなので、肌の影響がとても大きいと言えるでしょう。

紫外線ケアを行う

肌が紫外線によるダメージを受けると、肌の酸化を引き起こしバリア機能を低下させます。

紫外線による刺激を感じた細胞は活性酵素を発生させますが、必要以上に活性酵素が再生されると、皮膚がんの原因となるため注意が必要です。

他にも肌のハリを保つ役割のあるヒアルロン酸やセラミドに影響を及ぼす可能性があります。

日焼け止めクリームや日傘、帽子などのアイテムを使用して紫外線対策を行うようにしましょう。

紫外線対策について詳しく知りたい方は「美紫外線の対策って何があるの?対策グッズやアフターケア方法も解説!」の記事を御覧ください。

生活習慣の見直し

睡眠時間が足りているか、必要な栄養を食事で摂れいるかなど生活習慣の見直しを行いましょう。

ストレスが溜まっていると、ホルモンバランスに影響を及ぼす可能性があります。

ウォーキングやジョギングなどの運動を行ったり、趣味の時間を使ったり、ストレス発散の時間を設けるようにしましょう。

喫煙も肌のバリア機能を低下させる要因になるため注意が必要です。

サプリメントを飲む

食生活でビタミンやミネラルを十分に摂取することが難しい方は、サプリメントを活用して必要な栄養素を補うという手段もあります。

ビタミン・ミネラルだけでなくコラーゲン・セラミド・ヒアルロン酸を同時に摂取できる商品もあるため、そのような商品を選べば、肌のバリア機能の強化だけでなく美肌効果も期待できるでしょう。

サプリメントの飲用は手軽であり、忙しい方でも生活に取り入れやすい方法だと言えます。

美顔器を使う

肌のバリア機能を低下させないように美顔器でスキンケアをするのも一つの手段です。

LEDトリートメント、RF波、イオン導入などスキンケアの効果を高める機能を持つ美顔器が多く販売されています。

家でのケアをより本格的に、効率的にしてくれるアイテムなので、肌で悩んでいる方におすすめのアイテムです。

美顔器の効果的な使い方については「美顔器の効果的な使い方について紹介!」の記事を御覧ください。

  • Point
  • 肌バリアに悪影響のないスキンケアを心掛ける
  • 正しいスキンケアができれば肌のバリアを強化できる
  • 紫外線を浴びるとハリを保つ成分であるヒアルロン酸やセラミドに影響を及ぼす
  • 生活習慣が乱れると外レスがたまり、ホルモンバランスに影響を及ぼす
  • サプリメントで肌バリアを強くしながら美肌を手に入れることもできる

おすすめ商品をご紹介

肌のバリア機能を保つためにおすすめしたい美容グッズをご紹介します。

リベラータの美顔器「ララルーチュRF」

リベラータの多機能性美顔器である「ララルーチュRF」はスキンケアの効果を高めて、肌質改善におすすめのアイテムです。

EMS、コアパルス、RF波、LEDトリートメントなど機能を持ち、シワ、シミ、たるみ、むくみ、ニキビなどの悩みを改善します。

一日たった5分のシンプルケアで本格的なケアを行うことができるため、効率的にケアを行いたい人におすすめです。

旅行先などにも持ち運びやすいコンパクトサイズで、使い勝手の良さが人気を得ています。

肌のバリア機能を保つために、保湿成分の浸透をサポートし、スキンケアの質を向上させるアイテムです。

「クリアアップセラム」

ララルーチュRFの専用ジェルであるクリア アップ セラムは美容成分を99%以上含みます。

より高い効果を実感したい人は美顔器と併せて専用ジェルを使用しましょう。

「コラーゲン」「エラスチン」「ヒアルロン酸」など、エイジングケアに効果のある成分も含まれているため、シミやシワなどが気になる人にもおすすめです。

刺激の強い成分が配合されていないため、敏感肌の人でもご使用いただけます。

肌のバリア機能が失われる原因である乾燥を防ぐのに有効的な保湿成分も配合されているアイテムです。

まとめ

肌のバリア機能が低下してしまう理由・それにより発生するトラブルや、肌のバリア機能の改善方法を紹介しました。

肌のバリア機能が低下している状態では、どのような努力をしても美肌を手に入れることが難しくなります。

まずは肌のバリア機能を強化し、外部からの刺激に強い肌・必要な水分が失われることのない肌を手に入れるようにしましょう。

肌のバリア機能が強くなれば、多くの肌トラブルの予防・改善ができるのです。