自分磨きナビ

自分磨きナビは美容・コスメに関する最新情報を配信します。

フェイスラインにニキビができる原因とは?改善方法やおすすめ商品をご紹介!

「フェイスラインにニキビができやすいのはどうして?」「顎や口周りのニキビを改善するにはどうすればいいのか?」と疑問をお持ちの方に向けて、フェイスラインのニキビに関して詳しくご説明します。

ニキビなど肌トラブルの改善を目指すには原因について知ることが大切です。

効率的にスキンケアを行うことができるおすすめの美顔器も併せてご紹介しますので、ニキビでお悩みの方は必見です。

フェイスラインにできやすいニキビとは

フェイスラインにできやすいニキビにはどのような特徴が挙げられるでしょうか?

フェイスライン(Uゾーン)のニキビ

Uゾーンとも言われる顎や口周りのフェイスラインにできるニキビは、20代以降に見られる大人ニキビとなっています。

フェイスラインから延長して首周りやデコルテまで、ニキビが拡大することも多いです。

思春期ニキビと違い乾燥肌の人にもできやすいニキビで、多くの人がフェイスラインにできるニキビに関する悩みを抱えています。

フェイスラインや首周りのニキビを改善するためには、まずニキビができてしまう原因についてしっかりと知ることが大切です。

  • Point
  • 20代以降の大人ニキビはUゾーンに多く見られる
  • フェイスラインのニキビができてしまう原因から知る必要がある

フェイスラインにニキビができる原因

フェイスラインにニキビができる原因には、どのようなものがあるのでしょうか?

まずは、フェイスラインにニキビができてしまう理由を説明しましょう。

フェイスラインにニキビができるのはどうしてでしょうか?

原因を詳しくご紹介します。

マスクが原因

新型コロナウイルスによるパンデミックにより新しい生活様式が定着し、今まではマスクをつけることが習慣化されていなかった方でも、毎日長時間マスクをつけるようになりました。

マスクをつけた生活にも慣れた方が多いですが、同時にニキビや肌荒れに悩まされる方も増えています。

なぜなら、常にマスクが密着する部分であるフェイスラインは、アクネ菌が増殖しやすく毛穴の詰まりを招く恐れがあるのです。

特に暑い季節はマスクの中が蒸れやすくなるため、より菌を活発にさせてしまいます。

また、できてしまったニキビがマスクに触れ刺激を受けて、さらに状況を悪化させてしまうこともあるでしょう。

マスクをつけた生活は、ニキビができやすく治りにくい環境だと言えます。

ホルモンバランスの乱れが原因

ニキビはできる場所別にその原因が違うことを知っていますか?

鼻のニキビは皮脂による毛穴の詰まりが原因であることが多く、こめかみのニキビは偏った食事やシャンプーの洗い流しが原因であることが多いなどがその例だと言えるでしょう。

そして、フェイスラインのニキビはホルモンバランスの乱れが原因であることが多いです。

ホルモンバランスが乱れて、肌のターンオーバーのバランスが崩れ、皮脂の分泌量が増えてしまうのです。

女性は特に加齢や体調によってホルモンバランスが乱れやすいため、生活習慣の見直しなどを行い、ホルモンバランスを整える必要があるでしょう。

寝具の汚れ

毎日長時間も肌に触れる寝具は、フケ・皮脂・雑菌が溜まりやすく、寝具の雑菌が肌に付着してニキビを引き起こしてしまうこともあります。

また、フケ・皮脂はダニの餌になるため、ダニの被害に遭ってしまう恐れもあるでしょう。

パジャマや衣類を毎日洗っていても、寝具のお手入れは不足している方が多いため、注意しなくてはいけません。

髪の毛の刺激

髪の毛が顔にあたりやすい状態は、衛生的とは言えません。

髪に付着した雑菌が肌につくと、ニキビができてしまいます。

また、ワックスなどの整髪料も肌には刺激が強すぎるものです。

できてしまったニキビに髪が触れるだけでもニキビを刺激してしまうでしょう。

混合肌

フェイスラインにニキビができやすい人の特徴として「混合肌」であることが考えられます。

混合肌とは乾燥しやすい一方、皮脂の分泌量も多いという特徴を持つ肌のことです。

特に顎周りは幹線が少なく、乾燥しやすい場所になっているため、乾燥状態を改善しようとして皮脂が多く分泌されてしまいます。

過剰な皮脂の分泌によりニキビなどの炎症に繋がるという仕組みです。

敏感肌

敏感肌の人は摩擦やこすれなど外部からの刺激を受けやすいという特徴を持ちます。

例えばマフラーやマスクを付けるだけでも肌が荒れやすいという人は、この敏感肌に該当するでしょう。

また、顎周りは日焼け止めクリームを塗り忘れやすかったり、衣類などでカバーしにくい場所であるため、紫外線からのダメージを受けやすくなります。

肌が刺激を受けてしまうとニキビなどの炎症が引き起こされるのです。

肌質の見分け方について詳しく知りたい方は「肌質ってどう見分ければいいの?肌質を改善するケア方法やアイテムについてもご紹介!」の記事を御覧ください。

生活習慣の乱れ

睡眠不足だったり、必要な栄養素が不足していたりするなど、生活習慣が乱れている場合にフェイスラインにニキビが見られることが多くあります。

肌トラブルを改善するのに大切な成長ホルモンは、睡眠中に多く分泌されるため、睡眠時間が確保できていない人は、肌の状態がなかなか改善されません。

さらに外食が多い、ファーストフードを好むといった場合にも、肌の再生に必要な栄養素が不足してしまい、ニキビが改善されない状態に陥ります。

美肌を作る生活習慣について詳しく知りたい方は「美肌を作る生活習慣とは?肌が綺麗になる方法を解説!」の記事を御覧ください。

  • Point
  • マスクをつけているとフェイスラインにニキビができやすい
  • フェイスラインのニキビはホルモンバランスの乱れが原因であることが多い
  • 寝具や髪に付着した雑菌がニキビを引き起こす場合がある
  • 生活習慣の乱れやストレスによってフェイスラインのニキビができる

肌質が原因のこともある

フェイスラインにニキビができてしまう原因を説明しましたが、同じような状況であってもニキビができる方・できない方はいます。

ニキビができるかどうかは肌質に影響を受けるのです。

混合肌の場合

混合肌は顔の一部はオイリーであるのに、他の部分は乾燥しているような肌のことです。

そのため、オイリーな部分にはニキビができ、乾燥部分は粉をふいてしまうなど、現れるトラブルも違ってきます。

どちらかの肌質に合わせると逆の肌質の問題を悪化させてしまうなど、ケアが難しい肌であるとも言えるでしょう。

混合肌の場合、特に皮脂が過剰に分泌されるTゾーンにニキビができやすくなるため、多くの方がTゾーンのケアを優先させてしまい、皮脂の取り除きすぎ・洗顔のしすぎにつながります。

皮脂を取り除きすぎてしまうと、肌は「皮脂不足」と勘違いして、より多くの皮脂を過剰分泌させてしまうのです。

その結果、いくら皮脂を取り除いても肌が脂っぽい・ニキビができるような悪循環に陥ります。

敏感肌の場合

敏感肌の方は肌の表面にある角質の水分量や油分のバランスが乱れ、肌のバリア機能・抵抗力が低下してしまっているため、些細な刺激で炎症が起きやすくなっています。

そのためニキビができやすいだけでなく、できてしまったニキビは治りにくくなり、何度も再発を繰り返してしまうのです。

自分が敏感肌であることに自覚がない方が多いため、ニキビや肌トラブルを繰り返す場合には、敏感肌用のスキンケアを試してみるのも良いでしょう。

  • Point
  • 混合肌はTゾーンにニキビができやすい
  • 敏感肌は外部の刺激に弱く肌が荒れやすい

フェイスラインのニキビを改善する方法

フェイスラインのニキビを改善するにはどうすればいいのでしょうか?改善方法を詳しくご紹介します。

洗顔方法を見直す

間違った洗顔はニキビの状態を悪化させてしまう恐れがあります。

正しい洗顔ができているか、一度自分の洗顔方法を見直してみましょう。

肌を強い力でこすっていないか、適温で洗顔をしているか、すすぎ残しはないか、肌に合った洗顔料を使用しているかなどのポイントが重要です。

また、肌に合わないような刺激の強い洗顔料を使用している方は、刺激の少ない洗顔フォームを使用するようにしてください。

正しい洗顔方法について詳しく知りたい方は「肌荒れの原因は洗顔かも?正しい洗顔方法を知って美肌になろう!」の記事を御覧ください。

スキンケアを徹底する

洗顔後は特に肌が乾燥しやすい状態になっています。

乾燥状態はニキビなどの炎症に繋がるため、スキンケアを行って保湿するように徹底しましょう。

保湿成分の配合された美容液などを利用して、肌の保湿を行っていきます。

高い保湿効果を実感するために、化粧水、美容液、乳液の順番でケアを行うようにしてください。

マスクの種類を工夫する

マスクを原因としたニキビに悩んでいるのなら、マスクの素材やサイズを見直すという方法があります。

小さすぎるマスクや触り心地がチクチクするようなマスクは、肌への摩擦を引き起こし、ニキビや肌荒れにつながるためです。

自分に最適なサイズのマスク・肌に優しい素材を選びましょう。

マスクの素材を変えることが難しい場合には、マスクと肌との間にガーゼなどを挟むのもおすすめです。

きれいな寝具を使う

寝具を定期的に選択する・日光消毒する機会を増やします。

シーツや枕カバーを1週間〜2週間に1回の頻度で洗う方が多いようですが、ニキビができやすい方は週に2〜3回以上の頻度で寝具を洗濯するようにしましょう。

もし、寝具を洗う時間が用意できない方は、シーツ・枕カバー・布団カバーなどのセットを3つほど用意し、数日ごとに寝具をローテーションしながら使うようにすると良いです。

髪の毛を結ぶ

髪には雑菌や、ヘアケアのために使用している整髪料が付いていることがあります。

そのため髪が顔にかかることは、刺激が強く衛生的とは言えないのです。

特にニキビ肌に悩んでいる方は、髪を結ぶ・ヘアバンドやヘアピンを使うなどの工夫をして、日常的に髪が顔にかからないようにしましょう。

それだけで繰り返すニキビや、なかなか治らないニキビの悩みから解放される可能性があります。

外出時は髪を下ろしたいという方は、帰宅後だけでも髪を結ぶようにすると良いでしょう。

美顔器を使用する

より効果的な保湿ケアを行うために「美顔器」を使用することをおすすめします。

美顔器は本格的なケアを家で簡単に取り入れることができるアイテムとして高い人気を集めている美容グッズの一つです。

特に保湿効果のあるRF波やLEDトリートメントなどの機能を持つ美顔器を選ぶことをおすすめします。

こういった機能により成分が肌の深層部まで行き届くため、手では実感できない効果を感じることができるため人気のあるアイテムです。

美顔器の効果について詳しく知りたい方は「美顔器ってどんな効果があるの?美顔器には様々な肌の悩みを解消する機能があります!」の記事を御覧ください。

紫外線対策を行う

紫外線対策はニキビなどの肌トラブルを改善するために欠かせません。

外出時は日焼け止めクリームを塗ったり、日傘・帽子などで紫外線を防止したり工夫しましょう。

特にスポーツなどで屋外にいる時間が長いという人は注意が必要です。

こまめに日焼け止めクリームを塗り直すようにしてください。

  • Point
  • 刺激の少ない洗顔を行うことでニキビを改善できる
  • 保湿を徹底することでニキビのできにくい肌にできる
  • 美顔器を使うことで美容成分が肌に浸透しやすくなる

フェイスラインのニキビに効果的な商品をご紹介

フェイスラインのニキビを改善するためにおすすめの商品をご紹介します。

「ララルーチュRF」

リベラータの「ララルーチュRF」は様々な悩みに対して、総合的なアプローチを行うことができるアイテムとして高い人気を集めています。

特にニキビケアに効果的なLEDトリートメント機能によって、ニキビの原因となる菌を退治することができるのです。

他にもシミ、シワ、くすみ、たるみなどの悩みを改善することができるためおすすめのアイテムになります。

「クリアアップセラム」

ララルーチュRFの専用ジェルであるクリア アップ セラムは美容成分を99%以上含むアイテムです。

ニキビの改善に大切な保湿ケアを効率的に行うことができます。

また、エイジングケアに効果のある「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「エラスチン」などの成分も配合されています。

まとめ

フェイスラインにニキビができやすい原因と、その対処法について紹介しました。

この記事を参考に、まずは自分がフェイスラインにニキビができてしまう原因な何かを考え、その原因に適した対処法を見つけましょう。

場合によっては複数の原因が影響していることもありますが、どの対処法もニキビだけでなく美肌効果の期待できるものばかりなので、試してみる価値はあるでしょう。

特におすすめの商品として紹介したララルーチュRFは、ニキビ以外の美肌効果が高いため、フェイスラインのニキビ対策をしながら美しい肌が手に入ります。

今回の記事では「フェイスラインのニキビを改善するためにはどうすればいい?」と疑問を抱えている方に向けて、フェイスラインのニキビについて詳しくご説明しました。

混合肌や敏感肌の人はフェイスラインにニキビができやすいという特徴を持ちますが、生活習慣の乱れも肌トラブルの原因となります。

フェイスラインのニキビを改善するためにはスキンケアを徹底したり、紫外線対策を行ったりすることが大切です。

おすすめのアイテム「ララルーチュRF」はより効率的にケアを行うことができるため、ぜひチェックしてみてください。