自分磨きナビ

自分磨きナビは美容・コスメに関する最新情報を配信します。

目の下のシワやたるみをなくす方法とは?原因や改善方法についてもご紹介!

目の下のシワやたるみは老けた印象を与えて、疲れているように見えてしまいます。
明るく若々しい印象を持たれるためにも、目元のケアは重要です。

目元の変化は加齢の影響だけでなく、生活の中でのクセやスキンケア不足も原因となります。

今回の記事では、目の下にシワやたるみができてしまう原因、予防と対策方法をご紹介します。
毎日のケア次第で目元の印象は変えることができます。今すぐ目元ケアを始めましょう。

目元のシワやたるみの原因

目元のシワやたるみができてしまう原因は主に3つあります。

  • 乾燥
  • 疲労
  • 刺激

それぞれの原因について詳しく解説していきます。

乾燥

目の周辺の皮膚は頬と比べると1/10ほどの薄さのためデリケートです。皮膚が薄いと水分を保持する力が弱いため、目元は乾燥しやすい部分になっています。

水分不足は肌の弾力の低下や細かいシワを作り、何も対策をしなければシワはどんどん深くなり、取りにくくなってしまいます。

特に「ちりめんじわ」と言われている目尻の細かいシワは乾燥が原因です。目元は表情筋の中でもよく動かす部分なので、乾燥を放置しておくと細かいシワが深いシワになってしまいます。

乾燥肌の原因については「肌が乾燥してしまう原因とは?改善方法も紹介!」で詳しく解説しています。

疲労

疲労がたまると血流やリンパの流れが滞り、必要な栄養が行き渡らなくなるため、肌の代謝が悪くなります。
ストレスや睡眠不足、必要な栄養素の不足で疲労がたまることだけでなく、スマホやパソコンの見過ぎも目元の疲労の原因になります。

画面の見過ぎでまばたきの回数が減ると、眼精疲労を起こすこともあります。長時間画面を見ていたり、同じ体勢を続けたりしないようにしましょう。

血流が悪いとたるみやシワの原因になるだけでなく、クマもできやすくなります。

刺激

クレンジングの時のこすりすぎや、マッサージで刺激を与えてしまうのもシワやたるみの原因です。
濃いアイメイクや落ちにくいマスカラは、綺麗に落とすためにクレンジングの時間も長くなり、刺激を与えてしまいます。

過度なマッサージも返ってシワやたるみを作ってしまいます。目元の皮膚は薄いため、強い圧をかけながらマッサージをしたり、何も塗らずに肌が乾燥した状態でマッサージをしたりすると肌への負担が大きいです。
また、アレルギーや花粉症で無意識に目をこすってしまうこともシワやたるみの原因になります。

かゆみを感じたらすぐに目薬などをし、できる限り無意識に触ってしまうことを減らしましょう。

  • Point
  • 目元のシワやたるみの原因は、乾燥、疲労、刺激の3つがある
  • 目元は皮膚が薄く、デリケートである

マスクの着用が目の下のシワに影響している?

 
新型コロナウイルスの影響もあり、マスクを着用する機会が増えています。マスクを着用することによって、目の下のシワが目立つと感じている方もいるでしょう。

マスクが目の下に及ぼす影響について、解説します。  

表情を使う機会が減る

マスクを着用したままでは、表情を交えた会話をすることが難しくなっているため、マスク無しの時に比べて、目を酷使している可能性があります。
目を使いすぎることで目の周りにある眼輪筋が疲労します。また、マスクで口を隠しているため、普段よりも口を大きく開けて話す機会が減ります。

顔の筋肉を使わなくなると、頬の肉が弛んでしまい、それに引っ張られるようにして目の皮膚が垂れ下がることも考えられます。

顔の表情筋を使わないことが、目の下のシワに影響を及ぼしている可能性が高いでしょう。

皮膚が圧迫される

  

マスクを着用することによって、マスク上端が目の下の皮膚を圧迫するように押し上げてしまっていることが考えられます。
目の下を押し上げることで、シワが寄りやすくなります。また、マスク上端にはノーズフィッターと呼ばれるワイヤーが入っています。それを鼻の形に合わせるように圧迫すると、目の下の皮膚が引っ張られます。

一度の圧迫がわずかであっても、毎日長時間に亘ってマスクを着用することによって、目の下の皮膚への影響は少なからずあるでしょう。   

  • Point
  • マスクの着用は、目の下のシワに影響する
  • マスクの着用する頻度が増えると、表情を使う機会が減り、皮膚が圧迫される

目の下のシワやたるみは若い人もできる?

 
目の下のシワやたるみは20代のような若い人でもできます。若い人の小ジワの原因は様々ですが、中でも乾燥は大きな原因になります。
特に秋や冬は乾燥する季節であり、潤いが減ることでシワになりやすいでしょう。また、紫外線の影響によってもシワができる可能性があります。

年齢に関係なく、肌にとって悪影響を与えないことが大事になるでしょう。

目元の皮膚が薄い

20代の若い人の目元にシワができるのは、目の下の皮膚が薄くデリケートであることも大きな原因です。
皮膚が薄いとそれだけ潤いを保つことが難しく、乾燥状態が続くことでシワができやすくなります。特に目の周りの保湿ケアをすることが、若い人の目元のシワ対策になり、乾燥対策にもなるでしょう。  

スマホの影響により目が疲れている

スマホを使うことが日常的になっている現代では、想像以上に目を酷使しています。また、仕事でもパソコンを使うことが当たり前になってきています。

これだけ目の負担が増えると、眼精疲労による影響が出やすくなるでしょう。疲れ目で目がショボショボしてきた時に目をこすると、薄い皮膚にシワが寄りやすくなります。

目を温めながら優しくマッサージをして、目元の血行を良くすることで、シワの予防に繋がります。    

化粧品による刺激を受けている

目の周りのシワや目の下のたるみは、化粧品の刺激が原因になる場合もあります。アイシャドウなど目の周りの化粧品を頻繁に使用すると、それだけ薄い皮膚に刺激を加えることになります。

また、化粧品そのものに含まれる成分によって刺激を受けることもシワやたるみの原因となる場合もあります。   

  • Point
  • 若い人はスマホを使う機会が多く、目を酷使している
  • 化粧品による刺激は、目の周りのシワやたるみを引き起こす可能性がある

目の下のシワやたるみをなくす方法とは

目の下のシワやたるみをなくすためには、日々のお手入れが大切です。
毎日のお手入れの方法次第では目の下のシワやたるみを解消し、予防することができます。

普段から意識すると良いことやスペシャルケアについてご紹介します。

スキンケアの見直し

シワやたるみの原因となる乾燥には保湿が大切です。

化粧水で顔全体に潤いを与えたあと、目元だけ化粧水をたっぷり含ませたコットンパックで保湿するのがおすすめです。
2枚のコットンに化粧水を含ませて絞れる手前くらいまでヒタヒタにし、左右の目元にそれぞれ乗せます。
乗せる時間は3~5分ほどにしましょう。長く乗せすぎると返って乾燥してしまうので注意してください。

スキンケア方法については「スキンケアの正しい順番とは?各アイテムの種類や特徴・選び方についても解説」で詳しく解説しています。

シワクリーム

シワやたるみの改善にシワクリームは必須です。目元専用のクリームは皮膚の薄い目元の保湿に特化しており、保湿力が高くハリを与えます。

シワクリームはテクスチャーが重いイメージがあるかもしれませんが、ジェルの軽いタイプもあります。
夜のスキンケアの後には少し厚めに塗って集中的にケアしていきましょう。特別な日の前夜などは上からラップをして10分ほど放置すると浸透がよくなるので効果的です。

メイクの見直し

目元のメイクは、まぶたはアイシャドーやマスカラ、目の下は下地にコンシーラー、ファンデーションと重ねてつけるため、クレンジングの時にどうしても重点的に落とす部分になります。

クレンジングはアイメイク専用のものを使い、コットンにクレンジングをつけて目元に置いてなじませてから優しくふき取るようにすると刺激を与えずに綺麗に取れます。

目元の印象を変えるためにアイラインやマスカラを濃くしている方は、まつ毛エクステがおすすめです。目元がはっきりしてマスカラも不要になるため、クレンジングによる刺激が減らせます。

紫外線から守る

紫外線は肌だけでなく、目へのダメージもあります。
紫外線によって目の角膜がダメージを受けて充血や痛みを起こします。それにより目の周りの神経や筋肉が疲れ、眼精疲労を起こして目の周りにシワができやすくなってしまいます。

目元に重点的に日焼け止めを塗ることも大事ですが、日差しの強い日はUVカット効果のあるサングラスや眼鏡で目元をガードしましょう。

紫外線対策については「紫外線の対策って何があるの?対策グッズやアフターケア方法も解説!」で詳しく解説しています。

美顔器

美顔器を使ったスペシャルケアもおすすめです。

シワに効果的なのは保湿効果を上げる「コアパルス」や「LED」といった機能で、美容成分の浸透力を高め、皮膚の薄い目の下にも刺激を与えることなく成分を浸透させます。

また、たるみの改善には目元の周りの筋肉の「眼輪筋」を鍛えることができる「EMS」が効果的です。筋肉に電気刺激を与えて人口的に収縮運動を起こして筋肉を鍛えます。
セルフマッサージは圧のかけ方やリンパの流し方などが難しく、かえって刺激を与えて悪化させることもあります。美顔器を使えば肌に当てるだけでケアできるので簡単です。

美顔器の効果については「美顔器ってどんな効果があるの?美顔器には様々な肌の悩みを解消する機能があります!」で詳しく解説しています。

  • Point
  • 正しい保湿やシワクリームの使用は、目の下のシワやたるみに効果的である
  • 美顔器は、美容成分の浸透力を高めたり、眼輪筋を鍛えたりすることができる

目の下のシワやたるみに効果的な美顔器

ララルーチュRF

ララルーチュRFは1台で5つもの機能がある多機能な美顔器です。
「コアパルス」「LED」「EMS」の他に、温熱効果のある「ラジオ波」で血流をよくし、「ゲルマ配合半導体チップ」で目元のたるみを引き締める機能もあります。

これらの機能を使い、一日5分だけで目元を集中的にケアできます。
ハンドマッサージでは圧の加減が難しい目元ですが、ララルーチュRFを使えば肌への負担をかけることなく簡単にマッサージ効果が得られます。使うごとに目元の潤いとたるみが改善されるでしょう。

まとめ

目元にシワやたるみができる原因や対策についてご紹介してきました。
目元は加齢によるサインが出やすい部分なので、早めの対策が必要です。

いつものスキンケアを徹底してたっぷり保湿をし、目元専用クリームや美顔器も活用してケアをすれば、たるみやシワを改善・予防することができます。
日々のケアの積み重ね、目元の印象を変えていきましょう。

リベラータ
LINE公式アカウント

お得なキャンペーンや抽選などを
配信してまいります!!
あなたの肌診断実施中!

関連テーマから探す