自分磨きナビ

自分磨きナビは美容・コスメに関する最新情報を配信します。

目の下のクマはどうしてできてしまうの?クマ解消に効果的なアイテムについてもご紹介!

「目の下のクマがなかなか改善されない」「クマができてしまう原因とは?」と疑問や悩みを抱えている人に向けて、目のクマの種類、原因、改善方法について詳しくご紹介していきます。

クマの種類によって原因や改善方法が異なるため、まずは自分のクマの状態を把握することが大切です。

しっかりとケアを行ってクマの改善を目指しましょう。

そもそも目のクマって?

そもそも目のクマとは何のことを指すのでしょうか?

目のクマとは目の周りが黒ずんでいる状態のことを指します。

「寝不足だとクマができてしまう」という話は有名ですが、クマには他にも肌のたるみや、ドライアイなど、多くの原因が考えられます。

クマが目立ってしまうと表情が不健康に見えてしまったり、顔が疲れて見えるので年齢よりも老けて見られたりすることがあり、悩んでいる人が多いです。

クマの種類、クマができてしまう原因や改善方法をしっかりと把握してケアしていくことが大切です。

クマの種類

クマにはいくつか種類が存在します。

それぞれにどのような特徴があるか説明していきますので、自分のクマがどの種類か考えてみましょう。

茶クマ

「茶クマ」とは目の下が茶色くくすんで見える特徴を持つクマです。

目尻を引っ張ってもクマの色に変化はなく、皮膚が動くとともにクマも一緒に動きます。

特にアトピー性皮膚炎にかかったことがある人は、茶クマが見られることが多いです。

茶クマができてしまうと改善までに時間がかかります。

青クマ

皮膚の下にある静脈がうっすらと見えている状態のクマを「青クマ」といいます。

目の下が青みがかった黒色に見えてしまいますが、コンシーラーやファンデーションで隠すことができるクマです。

ストレスがたまっている場合に青クマが見られる可能性があります。

黒クマ

目の下がたるんでしまい、影ができてクマのように見える状態のことを「黒クマ」といいます。

目の下にふくらみやへこみがある場合や、顔を上向きにするとクマが薄くなる場合は、この黒クマである可能性が高いです。

黒クマはコンシーラーやファンデーションでは隠すことができないものであるため、顔が老けて見えてしまうと悩んでいる人が多いクマの一種です。

  • Point
  • 目のクマには種類がある
  • クマによって原因が違う
  • メイクで隠せるクマと隠せないクマがある

それぞれの原因と改善法

クマの種類によって改善方法が異なります。

茶クマ、青クマ、黒クマそれぞれの原因と改善方法を説明していきますので、「クマがなかなか治らなくて悩んでいる」という人は必見です。

茶クマの原因

茶クマの最も大きな要因の一つに「色素沈着」が考えられます。

皮膚がこすれてしまい外部刺激が皮膚に与えられている状態や、紫外線によって皮膚がダメージを受けている状態は色素沈着の原因の一つです。

例えば日焼け止めを塗らないで外に長時間いたり、メイクを落とすときに肌をこすりすぎたりすると茶クマができやすくなります。

茶クマの改善方法

茶クマを改善するには「保湿ケア」をこまめに行うことが大切です。

肌が乾燥している状態だとターンオーバーが乱れてしまい、皮膚が新しいものに生まれ変わりません。

レモンやアセロラなど「ビタミンC」を積極的に摂取することで肌のターンオーバーを助長します。

帽子を被ったり、日焼け止めクリームを塗ったり、紫外線対策を徹底することも大切です。

特に暑い夏場は紫外線が強くなるので気を付けるようにしましょう。

肌のターンオーバーについては「肌のターンオーバーが乱れる原因や改善方法を詳しく解説!」で詳しく解説しています。

青クマの原因

青クマの原因には「血行不良」が挙げられます。

血流が悪くなると皮膚が薄い部分である目の周りに青クマが表出するのです。

特に冷え性の人や頭痛持ちの人に青クマが見られることが多いと言われています。

青クマの改善方法

青クマを改善するには「温活」をすることが効果的です。

温活とは体を冷やさないように、生活習慣を意識して基礎体温を保つことを指します。

基礎体温を上げるには積極的に運動したり、入浴したりすることが必要です。

他にもタンパク質やミネラルなどの栄養をしっかりと摂取するようにしてください。

特にカシスに含まれるポリフェノール、アントシアニンは血流を良くする働きがあります。

マッサージをして血行を促進したり、十分な睡眠を取ってストレスをためないようにしたり、総合的なアプローチも大切です。

目元のツボ押し+マッサージ法

青クマの対策として、目の周りのツボ押しとマッサージを行う方法もあります。

目の下にある青クマに効果が期待できる具体的なツボは、下記のようなものです。

・清明(せいめい):目頭にあるツボ。

・承泣(しょうきゅう):涙袋の中央のすぐ下にあるツボ。

・瞳子りょう(どうしりょう):目尻より少し内側のくぼみにあるツボ。

これらのツボを全て刺激できるマッサージを紹介しましょう。

【目元にあるツボを刺激するマッサージの方法】
①目頭に中指と薬指を置き、目尻に向かってやさしく押し流します。

まぶたの上下も同じようにしてください。

②最後にこめかみを親指でやや強めに押します。

目元の周りは肌が敏感なので、爪が長い方は特に肌を傷つけないように注意してください。

またコンタクトをしている人は、コンタクトを装着したままマッサージを行うと眼球を傷つけてしまう恐れがありますので、コンタクトを外してから実施します。

すでに青クマが気になっている場合はもちろん、毎日マッサージを実施することで青クマの発生を予防する効果も期待できるので、このマッサージを習慣にすると良いでしょう。

黒クマの原因

肌がたるんでしまうと黒クマが見られることがあります。

年齢を重ねるとともに顔の筋肉がゆるんでいき、ハリが失われるためです。

さらに目の下にできる脂肪である、眼窩脂肪が飛び出てくる場合にも黒クマが現れることが多くなります。

黒クマの改善方法

黒クマを改善するためには、表情筋を鍛えて顔のたるみを解消したり、コラーゲンの生成を促したりすることが大切です。

マッサージは青クマの解消だけでなく黒クマの解消にも効果的であるため、目元のマッサージを行うことをおすすめします。

コラーゲンの効果については「コラーゲンの効果って何?美肌を目指す人必見!」で詳しく解説しています。

  • Point
  • クマの種類にあった改善方法を行う必要がある
  • 茶クマに効果的なのは皮膚に刺激を与えないこと
  • 青クマや黒クマに効果的なのはマッサージをすること

目の下のクマが病気に関係することも

目の下のクマの原因はこちらの記事で紹介した疲労や加齢以外に、何らかの病気のせいで発生することもあります。

その場合は自分自身の努力では改善することは難しく、病院での治療が必要でしょう。

普段から目の下のクマに悩んでいる方は、一度下記のような病気の可能性も考えるようにしてください。

バセドウ病

バセドウ病は甲状腺疾患の一種で、何らかの理由によって甲状腺ホルモンが過剰に分泌されてしまう病気です。

主な症状としては動機・息切れ・手の震え・下痢・発汗などの症状の他に、初期症状として眼球が前に押し出される眼球突出がみられることがあります。

眼球が突出すると必然的に目の下にクマが発生しやすくなるでしょう。

バセドウ病の治療には薬物療法・手術療法・アイソトープ治療などがあり、患者の症状や希望によって治療方法が変わります。

どの治療方法も数カ月以上の期間を必要とするため、快方に向けて長期的な取り組みが必要です。

ADM(エーディーエム)

ADMとは後天性真皮メラノサイトーシスとも呼ばれる10代後半から30代の女性に多い病気です。

本来であればシミが存在しないはずの真皮(皮脂の深い部分)に色素沈着と色素細胞が見られ、シミ・アザと間違えられることが多いようです。

しかし色素が存在する場所が違うためシミ・アザが明るい茶色であることに比べてグレーや若干青みがかった独特の色味をしており、ファンデーションを塗ると色味がより強調されてしまうこともあります。

ADMの原因ははっきりとしたことが分かっていませんが、女性ホルモンや慢性的な刺激が影響していると考えられています。

レーザー治療が可能で、使用するレーザーの種類は医院によって変わるため、直接確認が必要でしょう。

  • Point
  • 目の下のクマには病気が潜んでいることもある
  • 常にクマがある人は病気の可能性もある
  • 病気の場合は病院で治療する必要がある

間接的にクマを目立たせてしまう病気

直接目の下にクマを作るのではなく、間接的にクマを目立たせてしまう病気も存在します。

なかなかクマが改善しない場合には、ただのクマだと考えずに、他の病気の可能性も考えるようにしましょう。

目の下のクマがきっかけで、自分の抱えている病に気がつくこともできるのです。

ガン

ガンだけに限らず急激に体重が落ちてしまう病気にかかると、皮脂がたるんでクマができてしまう場合があります。

健康的なダイエットとは違った痩せ方ですので、目の下にクマができてしまうほど痩せてしまったときには、他に気になる症状がないか注意してください。

貧血

貧血は多くの女性が悩んでいる問題ですが、血行不良になって顔色が悪くなると目の下の皮膚が透けてしまい、赤クマに見えてしまうことがあります。

貧血は生活習慣を変えることで良い方向に進む場合もありますので、まずは貧血を直すための食事改善や生活改善を考えてみると良いでしょう。

肝機能障害・肝不全

肝機能障害・肝不全とは、何らかの原因で肝機能に問題が発生し、肝細胞の破壊・炎症が起こってしまう病気です。

そのまま肝臓の機能が低下し続けると黄色い色素が血中で増加し黄疸となり、肌のトーンが下がってクマが分かりやすくなります。

また、その他の病気と同じように肝機能障害によって体重が減ると、よりクマが目立ってしまうでしょう。

花粉症・アトピー性皮膚炎

花粉症やアトピー性皮膚炎は非常に多くの方が抱えている疾患ですが、アレルギー反応による目のかゆみから目をこすりすぎてしまい、色素沈着が発生して茶グマにつながることがあります。

かゆみを我慢することは難しいので、目薬や投薬で対処するようにしてください。

  • Point
  • 目の下のクマには間接的に関係する病気の可能性もある
  • 肌自体のトーンが正常でないためにクマが目立ってしまうことがある
  • 色素沈着が原因でクマにつながってしまうことがある

クマの解消におすすめグッズ

ここからは、クマの解消が期待できるおすすめグッズを紹介します。

どれも気軽に利用できているものばかりですので、試してみると良いでしょう。

アイクリーム

アイクリームは、目の周りの乾燥を防ぐためにあり、目元に潤いを与えて長時間キープします。

クマだけでなくシワ・シミを予防する効果も期待できるので、アンチエイジングのために多くの女性が利用しています。

目元以外にも口元や首のケアに使うこともできるでしょう。

コンシーラー

すでにできてしまったクマを隠すにはコンシーラーの利用がおすすめです。

普段のメイクに加えれば、簡単に気になるクマを隠せるようになるでしょう。

中には美白・保湿などの効果が期待できる商品もあります。

コンシーラーはクマの種類によってカラーを変えなくてはいけませんので、下記を参考にしてください。

青クマ

青クマにはオレンジ系のコンシーラーが良いです。

クマの青みを打ち消し、血色感をプラスできます。

茶クマ

茶クマは同系色のイエロー系のコンシーラーがおすすめです。

明るさがプラスされて生き生きとした目元に仕上がるでしょう。

あまりにクマの色が濃い場合にはグリーン系のコンシーラーを使っても良いです。

黒クマ

黒クマはピンク系のコンシーラーを使って黒みを飛ばします。

さらに自然なパール感があるものを選べば、パールの光沢で綺麗にクマを消せるでしょう。

美顔器によるケア

美顔器を使用してクマの改善を目指すのも一つの手段です。

美顔器に掲載されている機能によって効果が異なります。

効果や注意点をご紹介していきます。

ラジオ波やEMSによる血行促進

ラジオ波やEMS機能が掲載されている美顔器は血行を促進できます。

細かい振動で表情筋をほぐしたり、フェイスラインのたるみを引き延ばしたりすることで顔のたるみが改善されるため、黒クマの解消に効果的です。

さらに目の周りに刺激を加えることで血行が促進されて、青クマの改善にもつながります。

コアパルスやイオン導入による保湿ケア

美容液に含まれている美容成分を肌の深層部に浸透させるために、コアパルスイオン導入の掲載された美顔器は効果的です。

わずかな電流を帯びさせることで、美容成分の肌への浸透を防ぐものを場外できます。

目元に使える美顔器であるかに注意

美顔器を選ぶときは目元に使えるものか事前に確認することが非常に大切です。

目の周りはデリケートな部分であるため、万が一刺激の強すぎる美顔器を使用してしまうと、ダメージを受けてしまう可能性があります。

使用説明書をしっかりと読んでから美顔器を使用するようにしてください。

ララルーチュRF

ララルーチュRFはコンパクトなサイズ感が使いやすいとテレビや雑誌でも評判の美顔器です。

目元のマッサージを行いやすいだけでなく、EMS機能など筋肉をほぐしてくれる機能がクマで悩んでいる人から高い人気を集めています。

ララルーチュRFは他にもコアパルス、RF波、LEDトリートメント、ゲルマ配合半導体チップといった機能が掲載されている美顔器です。

血行促進や肌のたるみに効果的なEMS機能や、保湿効果を高めるコアパルスなど、クマに悩んでいる人におすすめしたいアイテムです。

まとめ

今回の記事では茶クマ、青クマ、赤クマそれぞれのクマができてしまう原因や改善方法をご紹介しました。

色素沈着、血行不良、顔のたるみなどクマの原因はさまざまです。

紫外線対策を強化したり、マッサージを行ったりしてクマの改善を目指しましょう。

クマの改善に効果的なアイテムとして美顔器もご紹介しました。

リベラ―タの提供するララルーチュRFはさまざまな機能が掲載されているので多角的なアプローチが可能です。

コンパクトで目元に使いやすい点もおすすめしたいポイントです。

ぜひ自分のクマに合わせた方法で目元のケアを徹底しましょう。

リベラータ
LINE公式アカウント

お得なキャンペーンや抽選などを
配信してまいります!!
あなたの肌診断実施中!

関連テーマから探す